ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「保育所」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「保育所」に関する情報が集まったページです。

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
来年の手帳、あなたは紙かデジタルか
書店に手帳コーナーが現れるシーズンがやってきました。(2018/10/18)

待機児童問題を「妻任せ」にするな:
わが子を保育園に入れるために父として下した決断
10年以上会社員を経験した筆者は、今年起業し社長になった。なぜか? その理由には「待機児童問題」が関係している。実体験を基にした、子どもを保育園に入れるために夫ができる「解決策」――。(2018/10/17)

サービス事業者が5Gを提供するB2B2Xモデル
5Gで何が変わるのか? 「品質保証」だからできるIoT時代のサービス
2020年に実用化を目指す「5G」。これまでの移動通信ネットワークとの違いはどこにあるのか、国内の課題と用途を想定して考える。(2018/10/17)

「ご近所限定SNS」人気の理由 子育て世代にヒット、自治体にも広がる輪
情報過多の時代を反映して、いま注目を集めているのが「地域限定のSNS」である。そのひとつ「マチマチ」に取材をしてみた。(2018/10/16)

強面だけど優しさの塊 見た目ヤンキーのお兄ちゃんが“生活の知恵”を授ける漫画にギャップ萌えが止まらない
ギャップがありすぎて天然人たらしなヤンキー。(2018/10/13)

BIMの可能性「BIM×FM」:
日本郵政の本社移転で試された、BIMによるオフィスビルのファシリティマネジメント
日本郵政グループ本社は2018年9月、霞が関から、大正時代から遁信省があったゆかりのある大手町へと、50年ぶりに本社機能を移転した。グループ社員6000人が一度に移転する一大プロジェクトで、最近のBIM(Building Information Modeling)のトレンドとなっているBIMモデルを活用したFM(ファシリティマネジメント)も試みられた。(2018/10/12)

本城慎之介、軽井沢風越学園創設への道【前編】:
30歳で楽天を辞めた元副社長が私財を投じて学校を作る理由
かつて三木谷浩史とともに楽天を創業し、副社長を務めた本城慎之介。彼は2002年11月に30歳で楽天副社長を退社して以降、教育畑に転身した。現在は長野・軽井沢の地で幼稚園・小・中学校の混在校である「軽井沢風越学園」の開校を目指している。彼が成し遂げようとしていることの本質を探った。(2018/10/12)

「2歳児が30分近く静かになった」 “シンカンセンスゴイカタイアイス”が育児の神アイテムと注目集まる
硬さが決め手。(2018/10/11)

U&Iターンの理想と現実(50):
徳島編:IT系イベントは東京比で100分の1――僕がUターンで失ったもの
アイデアソンもねえ、ハッカソンもねえ、勉強会もそれほどやってねえ。AIねえ、ブロックチェーンねえ、たまにあるのはRubyくらい――そんな徳島で僕は絶対的幸福を手に入れました。(2018/10/11)

U&Iターンの理想と現実(49):
徳島編:東京は僕を選ばなかった――Uターンで起業したエンジニアの逆転人生
1DKから脱出できず、満員電車には慣れず、都会の距離感が解せず、友人もできず――「ITエンジニア U&Iターンの理想と現実」。徳島編は「東京に選ばれなかったエンジニア」が、徳島で人生を取り戻すお話です。(2018/10/4)

真価が問われる:
商店街は消費税増税を懸念、憲法改正には期待 安倍改造内閣に向けられる目、どう舵を切るのか
第4次安倍改造内閣が2日、発足した。来年10月に実施される消費税増税、解決が急がれる北朝鮮の拉致問題、そして憲法改正……。待ち受ける諸課題に新内閣は、どう向き合っていくのか。真価が問われる正念場のかじ取りが始まった。(2018/10/3)

【マンガ】保育園で頑張りすぎている長女 「家ではガンガン甘やかして」臨床心理士のアドバイスが反響
先生からの思ってもみないアドバイスに目から鱗が落ちる……!(2018/9/24)

「ママ、手、取れちゃった?」 「森三中」大島美幸が手首を骨折 家族に見せた“大号泣”がなぜかほっこり
心配だけどほっこり。(2018/9/22)

昼寝中の幼児の呼吸異変検知 ソフトバンク系、IoTセンサーで新サービス
昼寝中の乳幼児突然死症候群のチェックのため保育士は数分おきに園児の確認をしており、ハグセーフティの導入を促すことで、保育士の負担軽減と死亡事故防止を図る。(2018/9/20)

待機児童数は4年ぶりに減少するも……:
見通せぬ「待機児童ゼロ」 公園内や高架下にも保育園、「質」も課題
認可保育所などに申し込んでも入れない「待機児童」が今年4月1日時点で全国1万9895人(前年比6186人減)となり、4年ぶりに減少した。東京都など都市部で受け皿づくりが進んだ結果だが、保育需要は高まる一方で楽観はできない。希望の施設に入れないとの不満も渦巻き、保育士不足も深刻化している。政府が掲げる「平成32年度末までの待機児童ゼロ」の目標達成は、予断を許さない状況だ。(社会部 三宅陽子)(2018/9/20)

闇の宴「自分の史上最高にダサい服で集まる飲み会」開催 10万いいねを集めた優勝者のお召し物を御覧ください
飲み代がタダでも割に合わない気がしてきた……。(2018/9/19)

「家事にもいろいろ役立ちます」 杉浦太陽、ムキムキ筋肉が目立つ姿で家族のためにトレーニング
ムッキムキじゃないですか!(2018/9/15)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
東京モーターショー再生への提案
東京モーターショーの地盤沈下はもはや誰の目にも明らかだ。来場者や出展者の数はどんどん減っている。一体どうすればいいのか?(2018/9/3)

省エネ機器:
業務施設のエネルギー消費動向、トップは「事務所・オフィスビル」
調査会社の富士経済が「2018年版 業務施設エネルギー消費実態調査」を公表。施設ストック数やエネルギー消費量が多い業務施設7分野50業種のエネルギー消費特性を明らかにした。(2018/8/31)

常見陽平のサラリーマン研究所:
あえて言おう。私は「家畜」である
小さな子どもの育児や家事に追われている父親はどんな悩みを抱えているのだろうか。筆者の常見陽平氏もそのひとり。育児や家事に追われる日々を送ることで、どんなことが分かってきたのか。(2018/8/31)

「シャクレルプラネット」×「たべっ子どうぶつ」コラボグッズがヴィレヴァンより発売
可愛い動物のあごが全部シャクレてます。(2018/8/30)

0歳児保育を受ける子は「かわいそう」なのか? 当事者が事情描く漫画に意見百出
子どもが0歳のうちから親と離れて暮らすのも大変ですが、親だって大変なわけで……。(2018/8/24)

ショボいけど、勝てます。 竹島水族館のアットホーム経営論:
内気な野球少年が悲しみを乗り越えて大人気水族館の「カピバラ王子」になるまで
休日には入場待ちの行列ができ、入館者数の前年比増を毎月達成している水族館が、人口8万人ほどの愛知県蒲郡市にある。飼育員たちのチームワークと仕事観に迫り、組織活性化のヒントを探る。(2018/8/21)

来店客の情報をマーケティングに生かす:
PR:小売店のデータ活用に革命!? 来店客の数や年齢、性別分析で店舗はどう変わるのか?
POSデータや会員カードの購買履歴データなどの分析・収集が一般的になっているが、来店客の数・年齢・性別を瞬時に判別するシステムがある。大手家具チェーンの東京インテリア家具ではこのシステムを導入し、さまざまな成果をあげているという。どのような仕組みなのだろうか。(2018/8/20)

Twitter漫画「アフリカ少年が日本で育った結果」が書籍化 カメルーン系日本人が見た日本の姿は
人の内にある思い込みや偏見を、明るく軽妙に描いています。(2018/8/19)

福利厚生が充実した企業が人気:
不動産業界の「働きやすい企業」 1位は「朝食無料」「仮眠OK」の、あの会社
不動産業界の中で最も働きやすい企業は?――グローバルウェイ調べ。(2018/8/14)

適応を迫られる企業:
逼迫する雇用需給、賃金より「働き方」 企業に変革も
労働者の求めるものが変わりつつある中、深刻な人手不足も相まって、採用する側の企業も変革を迫られている。(2018/8/13)

地方で働く:
東京のマスコミ生活を捨て、地方で暮らして思い知ったこと
私は10年間勤めたマスコミを退職して、関西の製造業に転職しました。「転職」「脱東京」に踏み切った背景には家庭の事情があります。東京を去りたかったわけではなかったし、年収も2割下がりましたが、決断に誤りはなかったです。そのわけは……。(2018/8/8)

新連載:パーフェクトウーマン 女性が拓く新時代:
ガス会社勤務だった女性が「世界最大級のデジタルコンテンツ会社」を率いるまで
完璧な人間はいない――。だが、仕事も私生活も充実させ、鮮やかにキャリアを築く「女性リーダー」は確実に増えてきた。企業社会の第一線で活躍する女性たちの素顔に迫り、「女性活躍」のリアルを探る。(2018/8/7)

PR:「女性社員が輝ける環境を」 全体の6割が女性社員のJTBグループが取り組むダイバーシティーへの挑戦
(2018/8/6)

「学校に来ると声が出せなくなる子」にどう寄り添うか 小学校に潜む病や障壁と向き合う『放課後カルテ』で作者が描こうとしたもの
マンガのレビュー連載「虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!」第94回は6月に完結を迎えた『放課後カルテ』の日生マユ先生にインタビューしました。(2018/8/5)

再開発:
福岡市の青果市場跡地に、九州初の「キッザニア」や「ららぽーと」を計画
福岡市は、2016年に移転した青果市場跡地の再開発で、三井不動産を代表とするグループを事業者に決めた。計画では九州初となる職業体験型テーマパーク「キッザニア」やショッピングモール「ららぽーと」が整備される計画だ(2018/7/25)

諦めずに働き続けるには?:
女性キャリアを停滞させる原因にメス ブラザー工業が講じた施策とは?
他社に先駆けて女性活躍推進やダイバーシティに取り組んできたブラザー工業。しかし、現場の女性社員に聞くと「当社は働きやすいが、昇進には二の足を踏んでしまう」という声が少なくなかったという……。(2018/7/18)

「保育所空いてないんですよ!!」 魔王討伐に行けない魔法使い描くRPG風漫画『伝説のお母さん』書籍化
ファンタジーなのに妙にリアルで、ネットで話題に。(2018/7/15)

地味だけど意外と効くライフハック:
超バタバタの朝をちょっと楽にする「寝る前にやることリスト」
「毎朝マジでバタバタでつらい」をちょっぴり楽にするライフハック。(2018/7/12)

製造業がサービス業となる日:
“第7の感覚器官”を作り出す村田製作所、IoT時代の空間情報プロバイダーへ
デバイスメーカーにとって曲がり角ともいえるIoT時代を迎えて、新たな取り組みを始めているのが電子部品大手の村田製作所だ。同社は2017年10月の「CEATEC JAPAN 2017」において、仮想センサープラットフォーム「NAONA」を発表。このNAONAは、IoT時代の“第7の感覚器官”になるという。(2018/7/11)

「主婦獲得の成否」が立地選択の決め手に:
郊外で激化する「ママ人材」獲得競争 人手不足対策に大和ハウスが“次の一手”
深刻な人手不足から、関東圏の郊外では「ママ人材」の奪い合いが起きている。テナント企業が主婦層を採用しやすくするために、大和ハウス工業が仕掛けた“次の一手”とは――。(2018/7/9)

「週休3日」の次の一手:
ヤフーが「企業内保育所」開設へ オムツ完備、読み聞かせも実施
ヤフーは、社員の産休・育休後の復職支援・継続就業支援を目的とした企業内保育所を7月2日より開所する。(2018/6/28)

「ちかづかないほうがよいかべ」イラストに 3児の父の研究員、通学路の危険解説
大阪北部地震で、小学4年の女児が倒壊したブロック塀の下敷きになり死亡した事故を受け、防災科学技術研究所の研究員が、通学路に潜む危険箇所を示すイラストを作成した。(2018/6/27)

女性が活躍する職場:
マミートラックとは無縁、ファンケルの管理職ワーママの仕事術
創業以来、女性の力を生かすことに努めてきたファンケルは、現在も社員の8割が女性である。では、同社の女性管理職はどのような働き方をしているのだろうか。子育てをしながら部長として38人のメンバーを率いる山本真帆さんに話を聞いた。(2018/6/26)

世界を「数字」で回してみよう(50) 働き方改革(9):
合理的な行動が待機児童問題を招く? 現代社会を映す負のループ
今回のテーマは「子育て」、とりわけ、働き方と深く関わってくる、保育園の待機児童問題です。少し前に取り上げた「女性の活躍」と切っても切り離せず、かつ深刻を極めている問題なのですが、政府の対応がうまくいっておらず、また、実は“当事者意識”を持ちにくい問題となっていることが、数字から見えてきました。(2018/6/26)

あの人のかばんの中身は?:
「大事なプレゼンの日は11センチヒールで!(キリッ)」からの転身。フリーランス広報青柳真紗美さんのかばんの中身
フリーランス広報・PRマンとして活躍しつつ、3歳男児を子育て中の青柳真紗美さんのかばんの中身は……?(2018/6/20)

再開発:
埼玉最大規模のマンション「SHINTO CITY」開発着手
駅周辺の大掛かりな再開発によって、2000年にはわずか1万5000人ほどだった乗車人員が、16年には5万人を越えた「さいたま新都心駅」。県内最大規模の分譲マンション「SHINTO CITY(シント シティ)」が2018年9月に着工する。周囲にも都市公園、公共公益施設、半導体やレンズの製造メーカー、アパレル企業の新本社など、続々と周辺一帯を含めた街づくりの一大プロジェクトが計画されている。(2018/6/8)

和田憲一郎の電動化新時代!(28):
MaaSを深掘り、新しい街づくりを起点にモビリティと都市交通の在り方を考える
前回に引き続きMaaS第2弾となる本連載。公共交通機関やレンタカー、タクシー、レンタサイクルなどを組み合わせて、人の移動をシームレスに行うサービス、「MaaS(Mobility as a Service)」という言葉が日本でも話題となっている。では、MaaSが普及すると、モビリティと街づくりの関係はどう変わるのであろうか。今回は先進的な検討を進めている関係者に話を聞いた。(2018/6/8)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
子どもを持つのは国のため? 「3人以上産んで」発言に潜む“幻想”
加藤寛治衆議院議員の「3人以上子どもを産んで」発言。「何が問題なのか」という声も聞こえますが、こうした発言が繰り返される理由を理解しておく必要があります。そこには、戦時中から変わらない「価値観」がはびこっていて……。(2018/6/8)

無邪気におちんちんで遊びながらも日々成長 『苺ましまろ』作者が連絡帳につづる息子の成長日記にほっこり
3歳児の豊かな発想にニンマリ。(2018/6/5)

ロボホンが絵本を読み聞かせ 子どもの会話で展開が変わる
NTTデータなどが「ロボホン」向けの絵本読み聞かせアプリケーションを開発した。ロボホンが絵本の投影、ストーリーの読み上げを行う。物語の途中で選択肢を提示し、子どもが選んだ内容に合わせ、ストーリーが変わるという。(2018/5/28)

東急、渋谷駅周辺再開発 南側複合施設「渋谷ストリーム」9月に開業
ストリームは「広域渋谷圏」の形成を目指して恵比寿や代官山と渋谷との結節点に整備する複合施設で、周辺に渋谷川を活用して水と緑の豊かな遊歩道を整備する。(2018/5/25)

中堅SIerの現場から:
「期待の星」の女性ITエンジニアが辞めるわけ
また女性ITエンジニアが辞めた。女性が辞める現場で何が起こっているのか。中堅SIerに勤務するSEが“現場”をレポートする。(2018/5/25)

「渋谷ブリッジ」も今秋開業:
東急、9月に大規模複合施設「渋谷ストリーム」を開業へ
東京急行電鉄(東急)は5月24日、旧東横線渋谷駅(東京都渋谷区)のホームと線路跡地を利用して開発中の大規模複合施設「渋谷ストリーム」を9月13日に開業すると発表した。(2018/5/24)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。