ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「New York Times」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「New York Times」に関する情報が集まったページです。

Facebookの退社予定の幹部、Definers問題について謝罪「責任は自分にある」
New York Timesに社内問題を暴露されたFacebookの幹部、エリオット・シュレージ氏が、従業員宛書簡でこの記事について説明し、責任は自分にあると語った。シュレージ氏は間もなく退社する。(2018/11/22)

Facebook、New York Timesによる社内問題暴露記事に逐一反論
New York Timesが「Facebookは2016年の米大統領選攪乱目的のロシアの介入を早くから知っていたがすぐに対処しなかった」という記事に反論した。幹部にiPhone利用を禁止していることについても説明した。(2018/11/16)

Google、New York Timesの数百万枚の報道写真をデジタルライブラリ化
GoogleとNew York Timesは、同メディアが1896年からキャビネットに保管している500万〜700万点の写真やニュースクリップをデジタル化し、検索可能なライブラリにするプロジェクトを立ち上げた。印画紙裏の手描きメモもCloud Vision APIで読み取り、情報化する。(2018/11/12)

アンディ・ルービン氏のGoogle退社はセクハラ発覚後だったが高額退職金──New York Times
“Androidの父”として知られるアンディ・ルービン氏は2014年にGoogleを退社したが、その前に社内セクハラを報告されていたにもかかわらず、9000万ドルもの退職金を支給されたとNew York Timesが報じた。(2018/10/26)

トランプ大統領のiPhone通話を中国とロシアが盗聴──New York Times報道
トランプ大統領が政府支給の端末ではなく、私物のiPhoneでの通話をしており、それを中国やロシアが盗聴しているとNew York Timesが報じた。(2018/10/25)

Twitterのエンジニアをサウジアラビアがスパイとして使っていた──New York Times報道
サウジアラビア政府がTwitterのエンジニアを懐柔し、反体制派のアカウントにアクセスして情報を収集させていたと、New York Timesが報じた。西側情報機関から警告されたTwitterはこのエンジニアを解雇した。(2018/10/22)

Googleの従業員、中国での“検閲版”検索サービス「Dragonfly」反対署名運動
Googleが中国での“検閲版”検索サービスを秘密裏に進めているという報道を受け、同社従業員が幹部の倫理を問う署名運動を展開。1400人以上が署名したとNew York Timesが報じた。(2018/8/17)

Facebook、AppleやSamsungにユーザー情報への無断アクセスを許可しているとの報道に反論
New York Timesが、FacebookはAppleなど60社のスマートフォンメーカーが、Facebookユーザーに無断で友達情報を収集できるようにしていると報道し、Facebookはこれに反論した。(2018/6/5)

後任はソロモンCOO:
米GSのブランクファインCEO、12月に退任 ビットコインには否定的だった……?
米Goldman Sachs(ゴールドマン・サックス)のロイド・ブランクファインCEO(最高経営責任者)が12月に退任し、その後任はデービッド・M・ソロモン社長兼COO(最高執行責任者)が務めると、The New York Timesが5月18日に関係者による情報として報じた。(2018/5/21)

ケンドリック・ラマーの「DAMN.」にピュリッツァー賞
2018のピュリッツァー賞音楽部門がラッパーのケンドリック・ラマーのアルバム「DAMN.」に贈られた。公益賞は「#MeToo」のきっかけを作ったNew York TimesおよびNew Yorkerが、国内報道賞は大統領選へのロシア政府介入を報じたWashington PostおよびNew York Timesが受賞した。(2018/4/17)

Facebookの5000万人の個人情報、トランプ陣営が不正利用か
Facebookのユーザー、約5000万人の個人情報を、2016年の米大統領選でドナルド・トランプ陣営がキャンペーンに利用していたとNew York TimesとGuardianが報じ、波紋を呼んでいる。Facebookは記事が出る前日、復数の関係者アカウントを停止したと発表した。(2018/3/19)

世界を読み解くニュース・サロン:
人気者になるために、フォロワー購入はズルいことなのか
TwitterのフォロワーやFacebookの「いいね」の数を大量に購入している――。米ニューヨーク・タイムズ紙が購入者を実名で明らかにしたが、こうしたズルい行為のどこに問題あるのか。私たちの生活には関係ないと思っていたら……。(2018/2/15)

Twitter、偽のフォロワーを売るビジネスに「対処する」
New York Timesが「フォロワー工場」ビジネスを報じたことから。(2018/1/30)

Twitter、“ヒューマンエラー”でNew York Timesアカウントをロック
Twitterが、New York Timesの「トルドー首相が先住民に謝罪」という記事のツイートが「ヘイト行為」を禁じるポリシーに反するとして同メディアの公式アカウントをロック(一時的制限)したが、これが担当者によるミスだったとして謝罪した。(2017/11/28)

世界を読み解くニュース・サロン:
あなたがトップになるために、今やるべき3つの習慣
米ニューヨーク・タイムズ紙の名物企画だった「コーナー・オフィス(役員室)」をご存じだろうか。残念ながら、連載は10月末で終了してしまったが、ビジネスパーソンはこの企画からたくさんのことを学ぶことができるのだ。例えば、CEOに共通する項目として……。(2017/11/9)

Medium、有料会員へのBloombergやRolling Stoneなど9社のコンテンツ提供開始
「広告ベースのWebメディアは破綻する」として新たなビジネスモデルを模索中のMediumが、有料会員向けサービスとしてBloomberg、The New York Times、Rolling Stoneなど9社のプロメディアのコンテンツ提供を開始した。(2017/9/11)

VCによる女性起業家セクハラ問題、NYTの記事を受け2人の著名VCが謝罪
The Informtionに続き、New York TimesもシリコンバレーのVCによる女性起業家セクハラ問題に関する記事を掲載。ここで名前を出された著名VC、クリス・サッカ氏とデイブ・マクルーア氏がそれぞれ謝罪文を発表した。(2017/7/3)

Oculus VRの元CEO、パルマー・ラッキー氏がニュータイプの軍需企業を立ち上げか
VR HMD「Oculus Rift」の生みの親とされる元Facebookのパルマー・ラッキー氏が、「新しいタイプの軍需企業」を立ち上げたことを認めた。New York Timesによると、国境警備のコストを削減できる“バーチャル国境の壁”を開発しているという。(2017/6/6)

Alphabet傘下のWaymoと配車サービスLyft、自動運転で提携
Uberと自動運転技術の特許侵害で係争中のWaymoが、Uberの競合であるLyftと自動運転車の実用化で提携したとNew York Timesが報じ、両社がこれを認めた。(2017/5/16)

アプリ削除後もユーザー追跡?:
Apple、Uberアプリの規約違反でカラニックCEOを2015年に呼び出し
New York Timesによると、Uberの意識的なアプリ規約違反に気づいたAppleのティム・クックCEOが2015年、トラヴィス・カラニックCEOを本社に呼び出し、修正しなければApp Storeからアプリを削除すると警告したという。(2017/4/24)

Uber、特別プログラム「Greyball」で世界の役人を欺いている?
Uberがサービスを取り締まろうとする地域で、当局関係者によるおとり調査などを回避する目的で特別プログラムを使っているとNew York Timesが報じた。(2017/3/6)

トランプ大統領、まだ愛用のAndroid端末でツイート中
ドナルド・トランプ米大統領は、個人的なアカウント(@realDonaldTrump)でツイートする際、まだ政府非公認のセキュアではないAndroid端末を使っていると、New York Timesが報じた。(2017/1/26)

トランプ大統領、愛用のAndroid端末をあきらめる
ドナルド・トランプ新米大統領は、これまで@realDonaldTrumpアカウントでのツイートなどに活用してきた愛用のAndroid端末を、政府が定めたセキュアで暗号化された端末に交換させられたとNew York Timesが報じた。(2017/1/23)

Facebook、中国への再進出目指し自主規制プログラムを開発中とのうわさ
Facebookが中国再進出を目指し、問題のありそうな投稿を政府からの要請前に非表示にするためのプログラムを開発していると、米New York Timesが報じた。(2016/11/24)

「サービスで大事なのは愛」:
Slack、競合する「Microsoft Teams」発表に歓迎の全面広告
Microsoftによる競合するチームコラボレーションツール「Microsoft Teams」発表に合わせ、Slackがライバル登場を歓迎する全面広告をNew York Timesに掲載した。(2016/11/3)

Apple、自動運転車事業「Project Titan」を再考か?──New York Times報道
Appleが密かに進めているとうわさの自動運転車事業「Project Titan」で数十人のレイオフを行い、プロジェクトを“再起動”するとNew York Timesが報じた。車両設計・製造ではなく自動運転技術構築にシフトするという。(2016/9/12)

ガリガリ君、世界デビュー
ガリガリ君の値上げが、New York Timesの記事になった。(2016/5/24)

Facebook、「ライブ動画」普及のため著名メディアに報奨金供与
ニュースフィード上にライブストリーミング動画を投稿できる「ライブ動画」の普及に注力するFacebookが、New York TimesやHuffington Postなどの著名メディアに報奨金を支払っていると、Re/codeが報じた。(2016/4/7)

米大手サイト多数に不正広告、ユーザーにマルウェア感染の恐れ
GoogleやAOLなどの広告ネットワークを経由して、米New York TimesやMSNなど米国の大手サイトに不正な広告が掲載されていた。(2016/3/17)

New York Times、広告ブロックツールのユーザーをブロックするテストを実施
昨年秋にはWashington Postも同様のテストを行っていました。(2016/3/9)

アデル、最新アルバム「25」のストリーミング配信を拒否か
アデルの約5年ぶりの最新アルバム「25」が11月20日に世界同時発売されたが、Apple MusicやSpotifyなどのストリーミングサービスでの配信はされないと、New York Timesが報じた。(2015/11/20)

21世紀でも成功するための手段とは
新聞ビジネスと生物学は同じ? New York Timesが取り組んだデータ分析とは
インターネットの登場によって、ほとんどの印刷媒体が苦戦する中、New York Timesは、データ分析で有利に進めている。その手法とは一体どのようなものなのだろうか。(2015/10/22)

New York Times、Googleとの提携でVRコンテンツ提供へ
New York Timesが100万人以上の購読者にGoogle Cardboardのゴーグルを無償提供し、専用アプリ経由でVRコンテンツを提供する「NYT VR」プロジェクトを立ち上げた。(2015/10/21)

Facebook、レーベルとの交渉の狙いはYouTube対抗の音楽ビデオか
Facebookが3大レーベルと交渉しているのは、ストリーミングサービスの立ち上げが目的ではなく、ニュースフィード上に音楽ビデオを投稿させ、広告収入を得ることが目的とNew York Timesなどが報じた。(2015/7/11)

米大手新聞、少年ブロガーに釣られる 乱射事件の記事に偽の証言を掲載
New York Timesが、16歳少年がでっちあげた証言を記事に掲載していました。(2015/6/23)

New York TimesはiOS優先のアプリ戦略を実験中
苦悩する老舗メディア、モバイルアプリに社運を託したが……
米New York Timesの最高情報責任者(CIO)を退任することを2015年5月半ばに発表したマーク・フロンス氏は、デジタルメディアで成功を収めるための最短経路を「実験の文化」に見いだしている。(2015/6/15)

Siri対応の「Apple TV」、WWDCでは登場せず?──New York Times報道
Appleは、6月8日のWWDCで「Apple TV」の新モデル発表を予定していたが、“まだ完成していない”として発表を延期したとNew York Timesが報じた。(2015/6/4)

Facebook、メディアの記事を公式モバイルアプリ内で読める「Instant Articles」
Facebookが、New York Timesなどの記事をニュースフィード上で最後まで読める「Instant Articles」を発表した。パートナーメディアが記事をFacebookのサーバに保存することで記事の読み込みが速くなる。記事内広告の収入は100%メディアのものになり、解析ツールも利用できるなどメディア側のメリットも多い。(2015/5/13)

New York Timesの月額8ドルだった「NYT Now」アプリが無料に
New York Timesが昨年月額7.99ドルで立ち上げたニュースアプリ「NYT Now」が広告ベースの完全無料アプリになった。(2015/5/12)

HPが米紙の見解に反論、「IaaSやSaaSだけの勝負ではない」
AWSやAzureに比べてHPが劣勢――米紙New York Timesの報道に対して日本HPのクラウド事業責任者は、「IaaSやSaaS事業者との競争だけがビジネスではない」と述べた。(2015/4/13)

Facebook、大手メディアとオリジナルコンテンツ掲載で交渉中──New York Times報道
Facebookが、New York Times、Buzz Feed、National Geographicなどと、Facebookページに記事のリンクではなくオリジナルのコンテンツを掲載するよう交渉しているとNew York Timesが報じた。(2015/3/24)

情報工場、書籍ダイジェスト配信サービス「SERENDIP」で関連ニュースの同時提供を開始
ピックアップ元は現在、ダイヤモンドオンライン、米国ワシントンポスト、ニューヨークタイムズの3媒体。(2014/11/14)

Facebook、匿名ディスカッションアプリを準備中?──米報道
実名でのアカウント作成を義務付けているFacebookが、特定のテーマについて匿名で話し合える単体アプリを開発中であるとNew York Timesが報じた。(2014/10/8)

NASA、ドローン向け航空管制システムを開発中
AmazonやGoogleが商用ドローンによる配送サービスを発表する中、米航空宇宙局がドローン専用の航空管制システムを開発しているとNew York Timesが報じた。(2014/9/2)

Amazon対Hachetteでキングら約900人の作家が意見広告「べゾスCEOにメールを」
AmazonとHachetteが電子書籍の価格をめぐる争いに作家と読者を巻き込んでいるとして、906人の作家がAmazonに抗議する意見広告をNew York Timesに掲載した。(2014/8/11)

Flickr、ユーザーが写真を販売できるライセンスサービスを立ち上げ
FlickrのユーザーはMarketplaceプログラムに参加することで、米Yahoo!のサイトやNew York Times、BBCで自分の写真を有料で採用してもらえるかもしれない。(2014/7/30)

初代マスタングの新聞広告もはっきり表示
New York Timesは4万6592号分ものバックナンバー配信をどう実現したのか
米New York Timesが刷新した「TimesMachine」では、何十億枚にも及ぶ小さな画像を処理し、1851〜1980年のバックナンバーを配信できるようになった。その実現に不可欠だったのが米Amazon Web Servicesのクラウドサービスだった。(2014/6/23)

Mozilla、New York Timesらとオープンソースの記事コメントシステム構築で協力
MozillaがNew York Times、Washington Postと協力し、読者のエンゲージメントを深めつつメディアによる管理もしやすいコメント欄システムを構築する。システムは2年後に完成し、オープンソースで公開される見込みだ。(2014/6/20)

「ティム・クックCEOはデザインの重要性を理解している」とジョナサン・アイブ氏
New York Timesの「Time Cook, Making Apple His Own」という記事で、Appleのデザイン責任者、ジョナサン・アイブ氏はAppleのデザインプロセスはiPhone開発のころと変わっておらず、クックCEOとは週に3回は会っていると語った。(2014/6/16)

セルフパブリッシング作品、ベストセラーリストを支配
海外では、The New York Times、Amazon、Barnes & Nobleなどのベストセラーリストにセルフパブリッシング作品が数多く並ぶようになってきている。(2014/3/27)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。