ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「New York Times」最新記事一覧

ガリガリ君、世界デビュー
ガリガリ君の値上げが、New York Timesの記事になった。(2016/5/24)

Facebook、「ライブ動画」普及のため著名メディアに報奨金供与
ニュースフィード上にライブストリーミング動画を投稿できる「ライブ動画」の普及に注力するFacebookが、New York TimesやHuffington Postなどの著名メディアに報奨金を支払っていると、Re/codeが報じた。(2016/4/7)

米大手サイト多数に不正広告、ユーザーにマルウェア感染の恐れ
GoogleやAOLなどの広告ネットワークを経由して、米New York TimesやMSNなど米国の大手サイトに不正な広告が掲載されていた。(2016/3/17)

New York Times、広告ブロックツールのユーザーをブロックするテストを実施
昨年秋にはWashington Postも同様のテストを行っていました。(2016/3/9)

アデル、最新アルバム「25」のストリーミング配信を拒否か
アデルの約5年ぶりの最新アルバム「25」が11月20日に世界同時発売されたが、Apple MusicやSpotifyなどのストリーミングサービスでの配信はされないと、New York Timesが報じた。(2015/11/20)

21世紀でも成功するための手段とは
新聞ビジネスと生物学は同じ? New York Timesが取り組んだデータ分析とは
インターネットの登場によって、ほとんどの印刷媒体が苦戦する中、New York Timesは、データ分析で有利に進めている。その手法とは一体どのようなものなのだろうか。(2015/10/22)

New York Times、Googleとの提携でVRコンテンツ提供へ
New York Timesが100万人以上の購読者にGoogle Cardboardのゴーグルを無償提供し、専用アプリ経由でVRコンテンツを提供する「NYT VR」プロジェクトを立ち上げた。(2015/10/21)

Facebook、レーベルとの交渉の狙いはYouTube対抗の音楽ビデオか
Facebookが3大レーベルと交渉しているのは、ストリーミングサービスの立ち上げが目的ではなく、ニュースフィード上に音楽ビデオを投稿させ、広告収入を得ることが目的とNew York Timesなどが報じた。(2015/7/11)

米大手新聞、少年ブロガーに釣られる 乱射事件の記事に偽の証言を掲載
New York Timesが、16歳少年がでっちあげた証言を記事に掲載していました。(2015/6/23)

New York TimesはiOS優先のアプリ戦略を実験中
苦悩する老舗メディア、モバイルアプリに社運を託したが……
米New York Timesの最高情報責任者(CIO)を退任することを2015年5月半ばに発表したマーク・フロンス氏は、デジタルメディアで成功を収めるための最短経路を「実験の文化」に見いだしている。(2015/6/15)

Siri対応の「Apple TV」、WWDCでは登場せず?──New York Times報道
Appleは、6月8日のWWDCで「Apple TV」の新モデル発表を予定していたが、“まだ完成していない”として発表を延期したとNew York Timesが報じた。(2015/6/4)

Facebook、メディアの記事を公式モバイルアプリ内で読める「Instant Articles」
Facebookが、New York Timesなどの記事をニュースフィード上で最後まで読める「Instant Articles」を発表した。パートナーメディアが記事をFacebookのサーバに保存することで記事の読み込みが速くなる。記事内広告の収入は100%メディアのものになり、解析ツールも利用できるなどメディア側のメリットも多い。(2015/5/13)

New York Timesの月額8ドルだった「NYT Now」アプリが無料に
New York Timesが昨年月額7.99ドルで立ち上げたニュースアプリ「NYT Now」が広告ベースの完全無料アプリになった。(2015/5/12)

HPが米紙の見解に反論、「IaaSやSaaSだけの勝負ではない」
AWSやAzureに比べてHPが劣勢――米紙New York Timesの報道に対して日本HPのクラウド事業責任者は、「IaaSやSaaS事業者との競争だけがビジネスではない」と述べた。(2015/4/13)

Facebook、大手メディアとオリジナルコンテンツ掲載で交渉中──New York Times報道
Facebookが、New York Times、Buzz Feed、National Geographicなどと、Facebookページに記事のリンクではなくオリジナルのコンテンツを掲載するよう交渉しているとNew York Timesが報じた。(2015/3/24)

情報工場、書籍ダイジェスト配信サービス「SERENDIP」で関連ニュースの同時提供を開始
ピックアップ元は現在、ダイヤモンドオンライン、米国ワシントンポスト、ニューヨークタイムズの3媒体。(2014/11/14)

Facebook、匿名ディスカッションアプリを準備中?──米報道
実名でのアカウント作成を義務付けているFacebookが、特定のテーマについて匿名で話し合える単体アプリを開発中であるとNew York Timesが報じた。(2014/10/8)

NASA、ドローン向け航空管制システムを開発中
AmazonやGoogleが商用ドローンによる配送サービスを発表する中、米航空宇宙局がドローン専用の航空管制システムを開発しているとNew York Timesが報じた。(2014/9/2)

Amazon対Hachetteでキングら約900人の作家が意見広告「べゾスCEOにメールを」
AmazonとHachetteが電子書籍の価格をめぐる争いに作家と読者を巻き込んでいるとして、906人の作家がAmazonに抗議する意見広告をNew York Timesに掲載した。(2014/8/11)

Flickr、ユーザーが写真を販売できるライセンスサービスを立ち上げ
FlickrのユーザーはMarketplaceプログラムに参加することで、米Yahoo!のサイトやNew York Times、BBCで自分の写真を有料で採用してもらえるかもしれない。(2014/7/30)

初代マスタングの新聞広告もはっきり表示
New York Timesは4万6592号分ものバックナンバー配信をどう実現したのか
米New York Timesが刷新した「TimesMachine」では、何十億枚にも及ぶ小さな画像を処理し、1851〜1980年のバックナンバーを配信できるようになった。その実現に不可欠だったのが米Amazon Web Servicesのクラウドサービスだった。(2014/6/23)

Mozilla、New York Timesらとオープンソースの記事コメントシステム構築で協力
MozillaがNew York Times、Washington Postと協力し、読者のエンゲージメントを深めつつメディアによる管理もしやすいコメント欄システムを構築する。システムは2年後に完成し、オープンソースで公開される見込みだ。(2014/6/20)

「ティム・クックCEOはデザインの重要性を理解している」とジョナサン・アイブ氏
New York Timesの「Time Cook, Making Apple His Own」という記事で、Appleのデザイン責任者、ジョナサン・アイブ氏はAppleのデザインプロセスはiPhone開発のころと変わっておらず、クックCEOとは週に3回は会っていると語った。(2014/6/16)

セルフパブリッシング作品、ベストセラーリストを支配
海外では、The New York Times、Amazon、Barnes & Nobleなどのベストセラーリストにセルフパブリッシング作品が数多く並ぶようになってきている。(2014/3/27)

New York Times、161年前の記事を訂正 Twitterで人名の誤り指摘受け
New York Timesが1853年の記事について訂正記事を掲載した。記事を読んだ読者からTwitterで指摘があったという。(2014/3/5)

New York Timesのオンライン版、更新システムを含む大幅刷新
大手新聞のオンライン化の先駆者的存在であるNew York Timesが数年ぶりに大幅にリニューアルした。(2014/1/9)

Googleのルービン氏、「次のムーンショットはロボット」──New York Times報道
3月にAndroidの責任者を退いたアンディ・ルービン氏は現在「Google X」でロボティクスのプロジェクトを率いており、将来は部品組み立てや配送用のロボットを販売する計画だ。(2013/12/5)

米Yahoo!、人気コラムニストのデビッド・ポーグ氏を新サイト責任者として採用
iPhoneのレビューなどで人気のコラムニスト、デビッド・ポーグ氏が13年間勤めたNew York Timesを辞め、米Yahoo!の新設Webサイトの責任者として同社に参加する。(2013/10/22)

被害防止にビッグデータを活用
再びサイバー攻撃を受けたNew York Times、被害最小化の理由は
内戦の続くシリア軍が米国のメディアであるNew York Times紙のWebサイトを乗っ取る事件が起きた。2012年にも中国からとされる攻撃を受けている同社が、ユーザーを守るために取った方法とは?(2013/10/9)

「シリア電子軍」によるWebサイトダウン、発端はドメイン登録事業者への攻撃
New York TimesやTwitterなど被害に遭ったWebサイトはいずれも、同じレジストラを通じてドメインを登録していた。(2013/8/29)

三国大洋の箸休め(9):
「記憶力増進には、エクササイズ中の学習が吉」とする研究結果
軽い運動をしながら新しいことを学ぶ方が学習効率が高い。そういった内容の記事がNYTimesに掲載された。デスクワークの多いこの業界、たまには運動してはいかがだろうか。(2013/8/12)

The Japan Times紙とInternational New York Times紙がセットに――デジタル購読サービスも本格始動
ジャパンタイムズがNew York Timesと業務提携し、The Japan TimesとInternational New York Timesとセット発行の「The Japan Times / International New York Times」として創刊する。(2013/8/7)

PCWorldは紙雑誌から撤退:
New York Times紙が電子雑誌ビジネスに参入
The New York Times紙がインタラクティブ電子雑誌を発行することを社内決定した模様。同社が電子雑誌のみの本格発行に踏み切るのは初めて。(2013/7/16)

三国大洋の箸休め(2):
「土壇場の力」を科学する - NBAとデータ分析
昨年のアメリカ大統領選で50州全部の予想を的中させた、NYTimesのコラムニストのネイト・シルバーが、ファイナルの試合結果を予想している。(2013/6/24)

The New York Times、電子版利用により米国以外への進出を計画
The New York Timesはポルトガル語、アラビア語、中国語、韓国語、スペイン語市場などに向けた事業拡大を計画しているようだ。(2013/5/24)

進化を続けるマルウェアの実態(前編)
比較して分かったウイルス対策製品の実力
米New York Timesを襲った中国からのサイバー攻撃は、その発覚まで4カ月以上かかった。ウイルス対策製品頼みのセキュリティ対策だけでは、先進的な攻撃を防ぐことは難しい。その手口を検証してみる。(2013/5/17)

New York Times、早くもGoogle Glassアプリをリリース
New York Timesが公開したGoogle Glass向けアプリでは、新着記事のプッシュ通知や記事概要の音声読み上げ機能を搭載する。(2013/4/26)

伊吹太歩の世界の歩き方:
米国 VS. 中国、サイバー戦争になったら勝つのはどっち?
ニューヨークタイムズ紙などの大手メディアをはじめ、アップル、ジープ、Facebookと続くハッキング攻撃。米国では、海外からの攻撃を受けたら宣戦布告なしに「先制攻撃」できると確認したというが……。(2013/2/28)

Googleが大手サイトへのアクセスを一時遮断、広告会社のマルウェア感染情報で
New York Timesなどの大手サイトにアクセスしようとすると、「マルウェアに感染する恐れがあります」という警告メッセージが表示される状態になっていた。(2013/2/6)

「我々も中国からハッキング攻撃を受けた」とWSJ、被害は明らかにせず
New York Timesが中国からサイバー攻撃を受けたと報道したことを受けて、Wall Street Journalも同様の攻撃を受けたと伝えた。複数の米メディアが狙われたもようだ。(2013/2/1)

New York Times紙に不正侵入、攻撃手法で対策の課題も明らかに
New York Timesが温家宝首相の不正蓄財疑惑をきっかけに中国のハッカーに不正侵入されたと報道。また、Symantecは「ウイルス対策ソフトだけでは不十分」と言い切った。(2013/2/1)

田原総一朗オフレコ!スペシャル ゲストはニューヨークタイムズ東京支局長
文化放送とニコニコ生放送で同時配信している「田原総一朗オフレコ!スペシャル」に、ニューヨークタイムズ東京支局長のマーティン・ファクラーさんが出演。配信は1月16日21時0分〜。(2013/1/9)

米出版界が驚き:
超辛口のNew York Times書評家ミチコ・カクタニが2012年ベスト10に個人作家作品を選出
謎めいたプロフィールと辛口な書評で米国の読書界に強い影響力を持つミチコ・カクタニ氏が年間ベスト作品にKindleで出版した個人作家の作品を挙げ、話題となっている。(2012/12/21)

脱ネイティブアプリ、New York Times紙も――HTML5採用のiPad向けWebアプリ提供へ
英Financial Times誌に続き、米New York Times紙がHTML5を採用したWebアプリを公開。脱ネイティブアプリに踏み切ろうとしている。(2012/10/3)

AppleがTwitterへの出資を検討したのは1年以上前の話――Wall Street Journal
New York Timesが伝えたAppleによるTwitterへの出資検討は、AppleがFacebookと敵対していた1年以上前の話だとWall Street Journalが指摘した。(2012/7/30)

AppleがTwitterに出資検討か
AppleがTwitterに対し出資を検討しているとNew York Timesが報じた。(2012/7/30)

New York Times、BlackBerryアプリのサポートを終了
米大手ニュースメディアのNew York Timesが、BlackBerry向けアプリのサポートを終了し、ユーザーにモバイルWebサイトでの購読を勧めている。(2012/7/26)

Stuxnetは米政府が開発、大統領が攻撃命令――New York Times報道
産業インフラに感染するマルウェア「Stuxnet」は、イランによる核兵器開発の進展を遅らせる目的で米国とイスラエルの政府が開発したものだったとNew York Timesが伝えた。(2012/6/2)

“Facebookフォン”のうわさが再浮上 元iPhone技術者を積極採用
Facebookが、AppleでiPhoneやiPadの開発にたずさわった技術者を複数採用し、オリジナルスマートフォン開発プロジェクトを拡大しているとNew York Timesが報じた。(2012/5/29)

The New York Times、新聞は死んでいないことを証明
新聞社のビジネスは電子データのマネタイズというアイデアが実際に開花しつつあるようだ。(2012/5/9)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。