ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「SFC Open Research Forum」最新記事一覧

3Dプリンタニュース:
74作品から選ばれた最優秀賞は? ファブ3Dコンテスト審査結果発表会レポート
ファブ地球社会コンソーシアムは、2016年8月1日〜10月31日に募集した「ファブ3Dコンテスト2016」の審査結果を発表した。74の応募作品から選ばれた最優秀賞は誰の手に?(2016/11/22)

3Dプリンタニュース:
ぶっ飛んだアイデアも待ってるよ! 大人も子どもも楽しめる「ファブ3Dコンテスト 2016」を開催
ファブ地球社会コンソーシアムが3Dプリンタによるモノづくりコンテスト「ファブ3Dコンテスト 2016」を開催する。小学生・中学生の部、家族の部、フリースタイルの部、プロ/セミプロの部の4カテゴリを設け、幅広い層から作品を募る。(2016/8/5)

SFC ORF 2013 Report:
超音波で重力に挑む! 黒い粒が空中浮遊するコバエアート「lapillus bug」
慶応SFCの「ORF2013」で超音波を使った物体浮遊アートが展示された。黒い粒が小刻みに振動しながら飛行する姿は、コバエそのものだ。(2013/11/25)

SFC Open Research Forum 2013:
人工のクモの糸が鋼鉄より強い“世界一タフな繊維”に 新素材、実用化目前
人工クモ糸繊維を利用した新素材の開発を行うバイオベンチャー企業スパイバーが、最新素材を使ったドレスをプロトタイプとして「SFC Open Research Forum 2013」で展示する。2015年の実用化を目指し、研究を進める。(2013/11/22)

SFC ORF 2012 Report:
“QWERTYキーボード×フリック操作”で入力、タブレット向け新入力インタフェース「Blossom」がスゴい
慶應SFCのイベント「ORF」で、タブレットの文字入力に最適化した入力インタフェースが公開されていた。QWERTYキーボードとフリック操作を組み合わせた新しい入力方法が特徴で、2013年春にAndroidアプリとしてリリースする予定という。(2012/11/27)

SFC ORF 2012 Report:
進みつつある自治体連携
市町村長が集って議論する全国自治体ICTサミットが「SFC ORF 2012」の中で開催された。(2012/11/26)

SFC ORF 2012 Report:
街中のツイートを声で聴こう “寄り道”支援アプリ「WalkON」
ヘッドフォンをして街を歩けば、誰かのツイートが音声で聴こえてくる――そんなiPhoneアプリ「WalkON」がSFC Open Research Forum 2012で展示されていた。(2012/11/26)

SFC ORF 2012 Report:
“聞こえない音”が情報を届ける 超音波でデジタル情報送る技術「SteganoSonic」
超音波に載せてデジタル情報を伝達する研究が慶応SFCの「ORF2012」で展示された。端末をある場所に持って行くと、スピーカーから受信した情報が画面に表示されるというものだ。(2012/11/26)

SFC ORF 2012 Report:
「かわいいカフェ」「きれいなカフェ」を自動検索――女子大生が開発した「Cafe Palette」
都内の数あるカフェの中からブロガーがおすすめする「かわいいカフェ」「きれいなカフェ」などを条件検索できるサービスを女子大生が開発。来年3月の正式サービス化を目指している。(2012/11/22)

SFC ORF 2012 Report:
医療情報は誰のもの? 有識者たちが語る理想社会
今年のSFC ORFでは、情報社会における医療や健康についてのパネルディスカッションが行われた。神奈川県が現在取り組む「マイカルテ」の狙いなどが紹介された。(2012/11/22)

SFC Open Research Forum 2012プレ対談:
PR:大規模データの活用が日本社会にもたらす“可能性”とは?
モバイル端末の普及や情報通信インフラの発達によって、インターネット上の情報は日々増大している。こうした膨大なデータの活用で、日本社会はどのような価値を見出すことができるのか。NTTコミュニケーションズと慶應義塾大学のキーマンが語り合った。(2012/11/12)

PR:SFCの英知を結集した“バザール”は社会に何をもたらすのか
慶應義塾大学SFCでの研究成果を発表するイベント/研究発表「SFC ORF」が今年も東京・六本木で行われる。開催を前に、現在SFCが掲げるテーマの1つである「デザイン」について、金子郁容、山中俊治両教授が語った。(2012/11/9)

スマホで未来を明るくする学生のアイデア、募集中――「ケータイ未来コンテスト」
慶應義塾大学SFC研究所が「ケータイ未来コンテスト」を開催。小学生から大学院生までの学生からケータイで未来を明るくするアイデアを募集する。(2012/9/4)

「異様な進化」遂げる日本の恋愛 AKBオタクが“搾取”されても片思いを続ける理由
日本社会ではAKB48のような既存の恋愛を超えた“謎のシステム”が生まれている――小説家の平野啓一郎さん、アニメ脚本家の櫻井圭記さんらが「アーキテクチャとしての恋愛」を語った。(2011/12/6)

SFC ORF 2011 Report:
「何か行動しなくては」――“地球丸ごとスキャン”計画の展望、伊藤穰一氏ら語る
膨大な環境データの共有で、社会はどう変わるのか――MITメディアラボの伊藤穰一所長と慶應義塾大学の村井純教授が、放射線データ共有プロジェクトの展望を語った。(2011/11/25)

とぴトピ!:
SFC ORF2011とわんとぴちゃん(ONETOPIピックアップ11/19〜11/25分)
わんとぴちゃんと愉快な仲間が、今週ONETOPI(わんとぴ)でつぶやかれたえりすぐりのトピックをピックアップし、紹介してまいります。(2011/11/25)

SFC ORF 2011 Report:
面白い研究に「いいね!」 慶応SFCの研究発表会でいいねもシンカ
SFCの研究成果を発表する年次イベント「SFC ORF 2011」が開催された。会場では展示ブースごとにFacebookへ「いいね!」を投稿できる仕掛けが用意されていた。(2011/11/24)

SFC ORF 2011 Report:
アルミダクトがぶるんぶるん 新感覚の楽器「Ryo-On」
アルミダクトが震えて雷のような音を出す不思議な楽器が慶応SFCの「ORF2011」で展示された。(2011/11/24)

SFC ORF 2011 Report:
携帯電話とセーターが融合――慶大のスマホコンテスト、最優秀賞を発表
スマートフォンの電話帳を“親密度”ベースで刷新するアプリ、セーターと携帯電話の融合など、未来の情報社会を明るく楽しくするアプリ/アイデアコンテストの入賞作品が発表された。(2011/11/24)

SFC ORF2011 Report:
「革新を生み出す空間に」――ソーシャルメディアの今と未来、勝間和代さんなど議論
ソーシャルメディアの普及は、企業のビジネスや個人の活動にどのような変化をもたらすか――経済評論家の勝間和代氏、ネットイヤーグループ代表の石黒不二代氏などが議論を交わした。(2011/11/23)

SFC ORF 2011 Report:
地方自治体は事業継続できるのか
昨年に引き続き、自治体ICTサミットが開催。東日本大震災の経験を基に、災害時における地方自治体の取り組みが議論された。(2011/11/23)

SFC ORF 2011 Report:
復興格差は本質的な問題ではない
慶應義塾大学の日ごろの研究成果などを発表する「SFC Open Research Forum 2011」が開幕した。初日の基調講演では、震災を経て日本がとるべき対応などが議論された。(2011/11/22)

SFC ORF 2011 Report:
「だらだらとPCで遊ぶためのUI」――タブレットでPCを操作する新しいインタフェース
慶応SFCのイベント「ORF」で、タブレットをリモコンにして、PCの操作を行うインタフェース「ContextDial」が展示されている。画面上のダイヤルを回して操作するという非常に直感的なインタフェースだ。(2011/11/22)

SFC ORF 2011 Report:
速く歩けば間に合ったのに! ナビアプリ「STEP NAVI」なら歩くペースまで教えます
慶応義塾大学SFCが開発したナビアプリ「STEP NAVI」は歩く速度を教えてくれるので、目的地に早く着いてしまったり、うっかり到着が遅れてしまったりすることを防ぐことができる。(2011/11/22)

PR:科学への不信感に「そうじゃない」――SFCの「学問ノシンカ」、ORF 2011で確認せよ
慶應SFCが研究成果を発表する「ORF 2011」のテーマは「学問ノシンカ」。展示やセッションを通じ、今後の日本社会を変えていくであろう最先端の「学問」の真価に触れられる。(2011/11/10)

SFC Open Research Forum 2011 プレ対談:
PR:情報通信インフラの優位性を生かし、世界における日本のプレゼンスを!
日本企業のグローバル展開が叫ばれて久しく、年々その必然性は増している。先の大震災では多くの企業が打撃を受けたものの、情報通信インフラなど日本の強みも浮かび上がった。これから日本が進むべき方向性について、NTTコミュニケーションズの澤田常務と慶應義塾大学の村井学部長が語る。(2011/11/8)

Googleに負けないものを作りたい――女子大生が挑む日本独自の「かわいい検索」
女の子の“かわいい”を検索できる「かわいい検索」は、アルゴリズムの設計からプログラミング、デザインまで、学生が中心になって作り上げたWebアプリ。Googleが無視している「Webページの見た目の雰囲気」という要素にこだわり、日本人独自の検索エンジンを目指す。(2011/6/29)

ORF 2010:
初音ミクへの思いこそ「究極の愛」か 現代の恋愛、人気作家など議論
「若者はコストパフォーマンスで恋愛を考えている」「初音ミクへの思いこそ、究極の恋かもしれない」――濱野智史さん、平野啓一郎さん、櫻井圭記さんが現代の「恋愛のアーキテクチャ」を語った。(2010/11/26)

SFC ORF 2010 Report:
駅は“マザーステーション”に生まれ変われるか
ラッシュの人混みや薄暗い構内――鉄道の駅にはネガティブな印象が付きまとう。慶應義塾大学SFC研究所の年次イベント「ORF 2010」のセッションでは、女性の視点から未来の駅がどうあるべきかについて、活発な意見交換が行われた。(2010/11/23)

SFC ORF 2010 Report:
アジア進出に不可欠な「標準化」
内需の成長が期待できない中、日本企業が売り上げ拡大に向けて躍起になっているのがアジア市場の攻略である。そのポイントについて、有識者が意見を寄せた。(2010/11/23)

ORF 2010:
楽譜をカメラで撮影するだけ♪ 誰でもピアニストに
楽譜が読めなくても演奏OK――慶応SRCのイベント「ORF」で、ピアニスト気分を味わってきた。(2010/11/22)

ORF 2010:
同じ電車のつぶやきまとめる「電車なう」に「GPS鬼ごっこ」 学生発の位置情報サービス
同じ電車に乗っている人のつぶやきをチェックできる「電車なう」に「GPS鬼ごっこ」――慶応SFCのイベント「ORF」で、位置情報を活用した学生発のサービスをチェックしてきた。(2010/11/22)

PR:iPadで触れる“HTML5のタンポポ” 慶應SFCの「安住なき先駆」、ORF 2010で確認せよ
慶應SFCの研究発表イベント「ORF 2010」のテーマは、「安住なき先駆」。常に最先端を走り続けてきたSFCの今を、展示やセッションを通じて体感できる。(2010/11/15)

SFC Open Research Forum 2010:
PR:情報通信技術はグローバル競争を勝ち抜く手段に、日本がとるべき戦略とは
グローバル化の波に直面する日本が成長を維持していくためには、海外進出が不可欠といわれる。厳しい競争を勝ち抜く上で、情報通信ネットワークが果たす役割はより大きなものとなった。国際舞台で日本はどのような立場を築いていくべきか。その展望をNTTコミュニケーションズの有馬社長とSFCの村井教授が語る。(2010/11/15)

ORF2009:
人工彼女「RIO」があなたの好み覚えます スケジュール管理も
ユーザーの好み合わせた情報を教たり、スケジュール管理をしてくれる“人工彼女”ソフト「RIO」を、慶大の学生が開発した。「最終的にはOSにしたい」という。(2009/11/25)

ORF2009:
シャボン玉や布もディスプレイに
「ORF2009」には変わった素材のディスプレイも。シャボン玉製ディスプレイや、熱で色が変わる布製ディスプレイが展示されていた。(2009/11/25)

イケメン好きのためにある……わけではない「面喰い検索」
ORF2009で、「面喰い検索」という検索エンジンを見つけた。イケメン好きとしては見逃せないと、チェックしに行ったのだが……(2009/11/24)

ふぉーんなハナシ:
ふぉーんな女子大生を撮ってきた
SFCの「ORF 2009」で見つけた“ふぉーんな美女”たちに、ケータイを見せてもらいました! 今ドキの女子大生が使っているケータイは?(2009/11/24)

ORF2009:
Twitter生かした研究いろいろ “iPod touchが生えた庭”も
つぶやきを表示して交流を促すテーブルや、会場全体が分かる“iPod touchの庭”など、「ORF2009」ではTwitterを活用したさまざまな展示や取り組みがあった。(2009/11/24)

SFC ORF 2009 Report:
“ガラパゴス”からどう脱出するか、グローバル化するためのヒント
慶應義塾大学SFC研究所の年次イベント「ORF 2009」では、閉塞(へいそく)感の漂う日本企業がグローバル市場で活躍するためのヒントを探る討論が開かれた。インターネット企業の取り組みから、日本人が何を目指せば良いか。その模様をお伝えする。(2009/11/24)

SFC ORF2009 Report:
知識と創意を集約した庭
SFCの研究成果を発表する年次イベント「SFC ORF2009」が開幕した。会場では日本でも利用者数を急速に伸ばしているTwitterを活用した仕掛けなど、目新しい取り組みが紹介された。(2009/11/24)

PR:産学連携が実現する情報通信の明るい未来
情報通信サービスを安心できる社会基盤に発展していく舞台裏では、産学連携が重要な役割を果たしている。20年近くに及ぶ慶應義塾大学SFCとNTTコミュニケーションズの連携もその1つだ。両者の活動の原動力とは何かを聞いた。(2009/11/11)

PR:“創意の庭”で断面に触れる――SFCの「ORF 2009」、Twitterもフル活用
慶應SFCが年に1回、研究成果を発表するイベント「ORF」が今年も開かれる。庭を歩き回るようにして研究に触れながら、SFC 19年の歴史の断面を体験できる構成だ。Twitterもフル活用。イベント前から終了後まで盛り上がれるようにした。(2009/11/11)

SFC ORF2008 Report:
「10秒先の危険を検知」「雑踏でも聞きやすい」――慶大が提案する「安全を守る」ツール
視覚に障害のある歩行者に移動体の接近情報を知らせる端末、雑踏の中でも音が聞きやすいスピーカーなどが「慶應義塾大学SFC Open Research Forum 2008」で発表された。人々の生活をより安全なものにするツールを紹介する。(2008/11/25)

SFC ORF2008 Report:
「顔が見えるWebサービス」で大学病院と診療所を連携
「慶應義塾大学SFC Open Research Forum 2008」に出展したメディアデザイン研究科の奥出研究室は、病院と診療所間の連携を支援するサービスを開発中だ。安心して任せられる診療所に患者を受け入れてもらいたいという病院の要望を叶える、「顔が見える」Webサービスを提案する。(2008/11/25)

電子レンジでYouTube、改札の通過音をカスタマイズ――慶大生のアイデアいろいろ
Suicaで改札を通ると、自分の好きな音が流れたり、電子レンジに液晶ディスプレイを取り付けて「YouTube」を見たり――慶大SFC研究所のイベントで、生活をちょっと楽しくしてくれそうなアイデアが展示されている。(2008/11/21)

SFC ORF2008 Report:
米国に依存する時代は終わった
サブプライムローン問題、大手証券会社の相次ぐ破たんによる金融危機、イラク戦争の泥沼化……。巨大な覇権国家を築いた米国が苦境に立たされている。かたやBRICsに代表される新興国の台頭により、世界のパワーバランスは大きく変動している。今まさに日本は“賢い選択”を迫られている。(2008/11/21)

SFC ORF2008 Pre Report:
「経営も研究も極限を目指せ」――古川亨氏と夏野剛氏
慶應義塾大学SFC研究所のイベント「SFC Open Research Forum 2008」を前日に控えた11月20日に開催されたオープニングセッションでは、前マイクロソフト日本法人会長の古川亨氏と前NTTドコモの夏野剛氏が「エクストリーム」をテーマに議論を交わした。(2008/11/21)

SFC ORF2008 Pre Report:
メールのログ解析で社員の「心の病」を未然に防げ
「世間を騒がせるさまざまな医療問題は、医療現場でのコミュニケーションによって解決できる」と話すのは、「慶應義塾大学SFC Open Research Forum 2008」に登場する慶應義塾大学総合政策学部の秋山美紀専任講師。電子メールのログ解析で従業員の精神の不調にいち早く会社が気付くツールなどの研究成果を発表する。(2008/11/20)

PR:20年の産学連携が世界の社会基盤創造をリード
時間や場所の制限を受けずに、誰もがインターネットを介して情報を手に入れられるようになった。新たな社会基盤として機能しつつある情報通信ネットワークを率先して展開してきたNTTコミュニケーションズの海野副社長とSFCの村井教授に、産学連携の実績や今後の展望を語ってもらった。(2008/11/11)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。