ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「体罰」最新記事一覧

関連キーワード

再現度が高すぎてファン歓喜! 舞台「こどものおもちゃ」の舞台裏をちょっとだけ覗いてみた
まろちゃんもいる! ちちくりマンボも踊る! 都庁で羽山とキスもする! 羽山の下半身丸出しスッポン写真も舞台で再現されるぞおおおおおお!!!!(2015/8/21)

虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!第51回:
部活動に打ち込むということ、何かに一生懸命になるということ――「その娘、武蔵」田中相先生インタビュー
前回に続いて、今回もインタビュー企画です。「千年万年りんごの子」でも紹介した、田中相先生にお会いしてきました!(2015/8/8)

虚構新聞「ウィキペディア書籍化」記事でお詫び 「虚構記事が現実化してしまった」
2012年に掲載した「ウィペディアが書籍化 全2万3千巻で出版へ」という記事が原因で。(2015/6/22)

仕事ができない人ほど信じる3つの「きれいごと」
(2015/5/26)

誠編集部員が振り返る、年間ランキング総集編:
8年間ありがとうございました! Business Media 誠8年分PVランキング
2007年4月にスタートしたBusiness Media 誠は、2015年3月31日に終了し、4月1日から「ITmedia ビジネスオンライン」になります。誠としての最後の記事となる本記事では、8年間の記事ランキングをまとめて振り返ります。2013年まで在籍していた堀内(元)記者にも参加してもらいました。(2015/3/31)

子どもの人生を台無しにする「毒親」5つのタイプ
毒親カウンセラーとして活躍する影宮竜也さんによる、毒親の5つのタイプを紹介。(2014/10/21)

今もっとも過酷な仕事? 「教師」が身につけるべき心構えとは?
求められる要素が多くなった今、教師とはどうあるべきなのか? 「教師のあり方」を探る『「プロ教師」の流儀―キレイゴトぬきの教育入門』を紹介します。(2014/9/25)

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
なぜ巨人の原監督は“プラス思考”でいられるのか
なんだかんだと言われながら、やっぱり今年の巨人は強い。常勝軍団の指揮官を務める原監督は、各方面から叩かれてきたが、なぜ“プラス思考”でいられるのか。その理由は……。(2014/7/10)

誠 Weekly Access Top10 特別編:
年収二極化、体罰問題、就職難――2013年、Business Media 誠で最も読まれた記事は?
2013年ももう終わり。東京オリンピック開催決定、半沢直樹、PC遠隔操作事件などさまざまな話題がありましたが、Business Media 誠で最も反響があった記事は何だったのか。ランキング形式で発表します。(2013/12/26)

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
鉄拳制裁はなくなった? 楽天・星野監督の人心掌握術
楽天イーグルスを球団創設9年目で日本一に導いた闘将・星野仙一。一部メディアで「最近の星野さんは怒ることがほとんどなくなって、好々爺になった」と指摘されるが……。(2013/11/14)

YouTubeに投稿された動画で体罰発覚、浜松日体高校が謝罪
体罰はいかなる理由があっても許されないとコメントしている。(2013/9/18)

メディアとWebと人材と:
ブラック「企業」という捉え方で、ブラック「業界」問題から目を背けないで
8月11日に「ブラック企業大賞2013」が開催されました。大賞を受賞したワタミフードサービスにとっては不名誉な賞だったと思います。今回はブラックな「企業」ではなく、「業界」という単位で考えてみたいと思います。(2013/8/20)

メディアとWebと人材と:
あなたの言う「ブラック企業」は、本当にブラックなのか
ここ最近、ブラック企業問題について報道されるようになりましたが、そもそも“ブラック企業”って何でしょう? 自分を成長させてくれる“ハードワーク企業”と一緒にしないためにも、問題提起しようと思います。(2013/8/14)

藤沢とおる「仮面ティーチャー」が藤ヶ谷太輔主演でドラマ化
『GTO』で知られる藤沢とおるの人気マンガ『仮面ティーチャー』がKis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔主演で連続ドラマ化される。(2013/5/27)

「砂の栄冠」三田紀房さんインタビュー:
「人格者を探す方が難しい」高校野球監督の実態
ベストセラーズインタビュー。今回は『砂の栄冠』を連載中の三田紀房さんにお話を伺いました。(2013/5/14)

ニコニコ超会議2:
「やばいと思っても性欲を抑えられればOK」 生主討論会で「今のニコ生は出会い系か?」など大激論
生主ならではの過激な意見も次々と飛び出しました。(2013/4/27)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/4/24)

無慈悲:
北朝鮮の無慈悲な「事実上勝利宣言」で虚構新聞が無慈悲に謝罪
虚構がまた現実になってしまう事案が発生。(2013/4/16)

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
なぜプロ野球選手は「タバコ」がやめられないのか?
WBC3連覇に向けて2次ラウンド進出を決めた侍ジャパン。代表という重圧をどのように緩和しているのか。今大会で選手や首脳陣、そしてスタッフに取材して見ると、意外にも多かった答えが「タバコ」だった。(2013/3/7)

月刊エンジニアライフ(55):
「いつやるの? 今でしょ!」が流行ったワケ
(2013/3/6)

“迷探偵”ハギーのテクノロジー裏話:
いじめ報道とパワハラの共通点
職場などで問題となるパワハラと、昨今の「いじめ事件」の報道には根本的なところで重なる部分が少なくない。それは一体なにか――。(2013/3/1)

小倉智昭氏が自身のなりすましに憤慨 髪型についても発言
小倉智昭氏の「着てる髪」という言い間違いにネット騒然。(2013/2/21)

体罰事件から企業が学ぶべきこと
大阪の桜宮高校バスケットボール部や女子柔道など、体罰問題が世間をにぎわせている。企業は体罰問題から、どんな教訓を得ればいいのだろうか。(2013/2/20)

虚構新聞「体罰.in」記事で“丸刈り”謝罪 「虚構が現実になってしまった」
社主「UKのことは嫌いになっても、虚構新聞のことは嫌いにならないでください」(2013/2/19)

虚構新聞がまた現実に 体罰通報サイト「体罰.in」公開
「虚構新聞」がまた1つ現実に──矢野さとるさんが体罰被害の収集・告発サイト「体罰.in」を公開した。(2013/2/19)

体罰情報を匿名で報告できるサイト「体罰.in」がオープン 虚構新聞の嘘ニュースが現実に
虚構新聞「嘘ニュースを現実にされた。ひどい!」(2013/2/18)

ビジネスパーソンの半数超、「不祥事を知ったら内部告発する」
組織内の人間が組織の不正などについて通報する内部告発。不祥事を知った時、ビジネスパーソンの半数超には通報する意思があるようだ。共同ピーアール調べ。(2013/2/14)

AKB48・峯岸みなみさんの謝罪動画が削除 「ファンの要望」で
ファンから、丸刈り姿で謝罪した峯岸みなみさんの動画を「取り下げてほしい」と要望があったという。(2013/2/3)

研究生に降格:
お泊まり報道のAKB48・峯岸みなみ 「丸刈り」頭でファンに謝罪
坊主頭については「週刊誌を見て居ても立ってもいられず、メンバーにも事務所にも相談せず、自分で決めた」とのこと。(2013/1/31)

ユーザーニーズがいつの間にか逆転 ひろゆき氏ニコニコについて語る
西村博之さんがニコニコに関してTwitterでユーザーとやり取りした話に注目が集まっている。(2013/1/29)

桜宮高生がTwitterに飲酒写真を投稿? 飲食店は酒の提供を否定
体罰問題に揺れる大阪市立桜宮高校の生徒がTwitterに投稿した写真について「飲酒しているのでは」と指摘があり、飲食店が否定する騒ぎに。(2013/1/28)

桜宮高生の飲酒疑惑、ネットで拡散 店側はブログで否定
生徒がTwitterに投稿した写真などから飲酒疑惑が持ち上がったが……。(2013/1/28)

アンケートに12万7千人が回答 ニコニコにて「体罰」に関する緊急アンケートを実施
「niconico」で、ニコ割アンケートを利用した「体罰」の実態に関する緊急ネット世論調査が実施された。(2013/1/21)

窪田順生の時事日想:
桜宮高校バスケ部キャプテンの自殺の原因は「体罰」ではない
大阪市立桜宮高校で、バスケ部の顧問の教師に暴力を受けていた男子生徒が自殺した。この問題を受け、マスコミは連日のように「体罰」として取り上げているが、どうもしっくりこない。この教師がやったことは「体罰」ではないからだ。(2013/1/15)

生き残れない経営:
イジメと虐待から子どもを守るために――企業経営の視点に立て
企業で重大な事故が発生した場合「知らなかった」とか「連絡が漏れた」ということが許されるだろうか。社会的制裁を受け、やがて淘汰されることは間違いない。当事者には、企業経営のような厳しさを求めたくなる。(2012/10/22)

海外ベストセラーに学ぶ、もう1つのビジネス視点:
決断するための本――戦略的に考えるための50のモデル
意思決定モデルは、選択肢をシンプルにし最も関係性のある要素だけを採用する。そして時間を効果的に管理するには、毎日の業務に優先順位を付けその順番に実行すること。(2012/6/6)

成功哲学への素朴な疑問:
入社前から罠がある
1987年に新社会人になった筆者が入社前に感付いたある“罠”とは……。(2012/4/2)

19.5%の親が「子どもを叱るときに、叩いてしまうことがある」
現在子育てをしている親は育児や児童虐待について、どのように向き合っているのだろうか。12歳以下の子どもと同居している親に、子どもを叱るときに度を越して叩いてしまいますかと聞いたところ「はい」と答えたのは19.5%だった。ネットエイジア調べ。(2011/7/11)

新連載・35.8歳の時間:
なぜ無酸素で8000メートル峰を登るのか――登山家・小西浩文
世界には8000メートル超の山が14座存在している。酸素と気圧は平地の3分の1、気温は平均マイナス35度の世界に、登山家の小西浩文氏は無酸素で頂上を目指している。なぜ彼は危険を冒してまで、山に登り続けているのだろうか。(2010/2/16)

破門のピンチに陥った貴乃花親方を救う「GTOの法則」
日本相撲協会の改革を唱えて無謀とも言える理事選出場に踏み切った貴乃花親方。しかし、既得権を持っている現理事の壁は高く、このままでは敗北は必至。角界の「社内政治」に打ち勝ち、変革を実現するために貴乃花が知らねばならない「GTOの法則」とは……。(2010/1/21)

松田雅央の時事日想:
森がぼくらの遊び場だ――デンマーク生まれの森の幼稚園
1950年代半ばにデンマークで誕生した「森の幼稚園」。ほとんどの時間を森で過ごす子どもたちは「表現力が豊か」で「体が丈夫」に育つという。教師、医師、エンジニアなど中流以上の家庭に支持される森の幼稚園とはどのようなところなのだろうか?(2008/5/27)

+D Style 最新シネマ情報:
「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」
シリーズ5作目。本作からのデビューは厳禁のイチゲンサンお断りムービー。受難続きのハリーがいい子からの脱却を図りダークな一面を見せ、そしてクライマックスの魔法対決も息をつかせない迫力。出演者のキャラの濃さにも注目。(2007/7/9)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。