ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「PowerShot S」最新記事一覧

中古デジタルカメラ販売ランキング(4月28日〜5月4日):
人気機種が競り合う中、キヤノン「EOS 5D Mark III」が首位を獲得 10位には「PowerShot G7 X」も
マップカメラで売れている中古デジタルカメラのランキング。キヤノンの人気機種「EOS 5D Mark III」が首位を獲得した他、キヤノンのコンパクトデジタルカメラ「PowerShot G7 X」が10位に登場した。(2016/5/10)

1型ハイエンド機がここまでコンパクトになった――キヤノン「PowerShot G9 X」
横幅が10センチを切る超コンパクトなボディが魅力の「PowerShot G9 X」。ポケッタブルなハイエンド機として人気があったPowerShot Sシリーズの真の後継機といえそうだ。(2015/11/14)

ハイエンドコンデジの全機能全部入りに迫る本格派――キヤノン「PowerShot G5 X」
キヤノンのPowerShot Gシリーズでは唯一のEVF内蔵モデルとなる「PowerShot G5 X」。ハイエンドコンデジに求められる機能をしっかりと押さえ、今後の定番モデルとなりそうな製品だ。(2015/11/11)

2014年3大ハイエンド機の饗宴:
「RX100 III」「G7 X」「LX100」プレミアムコンデジはどれを選べばいいのか!?
1型以上の大きなイメージセンサーを採用したプレミアムクラスのコンパクトデジカメが今注目を集めている。先駆けのソニー「Cyber-shot RX100 III」とガチンコ勝負を挑んだ「PowerShot G7 X」、そしてさらなる高みを目指した「LUMIX LX100」を比較する。(2014/12/5)

EVFは欲しかったけど:
コンパクトなボディに“G”の名にふさわしい高画質――「PowerShot G7 X」
キヤノンから登場した、1型センサー搭載のハイエンドコンパクト「PowerShot G7 X」は、ボディのサイズ感こそPowerShot S120をほうふつとさせるが、その画質の高さはプレミアムコンパクトの名にふさわしい。(2014/10/9)

生地を溶かしてくっつけています:
ケンコー・トキナー、高い防水性能を発揮する「インターセプター」シリーズのデジカメ用ポーチ
防水の生地を縫い合わせずに溶着で仕上げた、防水性能が高いデジカメ用ポーチが登場する。(2014/7/25)

1万9800円の「PowerShot G16」「S120」用 40メートル防水ハウジング
(2014/5/28)

30倍ズームの動画デジカメ「PowerShot SX700 HS」で春の動物園を撮ってみる
いまさらと言わず、家族との行楽ならばぜひとも手にして欲しいのが最新のコンパクトデジカメ。30倍ズームでフルHD動画もブレずに撮れて携帯も苦にならない、そんなキヤノン「PowerShot SX700 HS」を手に動物園へ出掛けてみた。(2014/4/17)

「PowerShot G16」「PowerShot S120」限定パッケージが値下げ
キヤノンが同社直販サイトのみで販売している「PowerShot G16」「PowerShot S120」限定パッケージが値下げされた。(2014/2/27)

キヤノン、スリムな光学18倍 動画コンパクト「PowerShot SX600 HS」
キヤノンはコンパクトデジタルカメラ「PowerShot SX600 HS」を発売する。18倍ズームレンズと強力な動画性能をスリムなボディに搭載し、「クリエイティブショット」も備えた。(2014/2/12)

表現力を増した“動画コンパクト”第二章 キヤノン「PowerShot SX700 HS」
ヤノンはコンパクトデジタルカメラ「PowerShot SX700 HS」を発売する。「PowerShot SX280 HS」の優れた動画性能はそのままにレンズを強化、さらには1シャッターで“いい感じ”の写真が撮れる「クリエイティブショット」も搭載した。(2014/2/12)

「Yoga 2 Pro」ロードテスト:
第2回 「Yoga 2 Pro」はテツ趣味に適するか、フジサン特急に乗って確かめた
前回は13.3型3200×1800ドットの超高精細ディスプレイで紅葉を再現して見せてくれた「Yoga 2 Pro」。今回はズバリ「本当に自分の趣味に適合するか」を検証すべく、冬の河口湖駅まで行ってみた。(2014/2/7)

最大3万円キャッシュバック、フォトツアーも当たる「ゴールドラッシュ[プレミアム]キャンペーン」
キヤノンは対象製品の購入で最大3万円をキャッシュバックする、「ゴールドラッシュ[プレミアム]キャンペーン」を開始する。応募者の中から抽選でプロ写真家と行く撮影ツアーもあたる。(2013/11/19)

激戦区参入 シンプルデザイン高級コンパクト「FUJIFILM XQ1」を検証する
富士フイルム「FUJIFILM XQ1」いわゆる高級コンパクトデジカメとして発売されるが、同分野にはライバルも多い。有力な選択肢として名乗りを上げるか、さっそく検証してみよう。(2013/11/15)

写真で見る 「FUJIFILM XQ1」
シリーズ最小ボディにF1.8レンズ、像面位相差AFのX-Trans CMOS IIと最新技術を詰め込んだ「FUJIFILM XQ1」を写真で紹介する。(2013/10/30)

高級コンパクト「S」はどこまできたのか 「Powershot S120」を試す
Powershot Sシリーズ最新作「Powershot S120」はいわゆる高級コンパクトだが、価格面も含め非常にバランスの取れた、いわば“鉄板”製品。いまのキヤノンの主力コンデジはこれではないのかと思わせるほどだ。(2013/10/25)

第13代“G”実力診断 「PowerShot G16」
いわゆるハイエンドコンデジの中でも歴史を重ねた「PowerShot G」シリーズ、その最新作が「PowerShot G16」。ちょっとボディは大柄だが描写や使い勝手はさすがの一言だ。(2013/10/22)

カラーパーツなどカスタマイズ可能な「PowerShot G16」「PowerShot S120」数量限定パッケージ
キヤノンが「PowerShot G16」「PowerShot S120」の数量限定パッケージを直販サイト限定にて販売する。刻印サービスのほかカラーパーツや限定ジャケットなどアクセサリーも含まれる。(2013/10/15)

新たな「PowerShot S」のスタンダード 「PowerShot S200」
高級コンパクトの定番、キヤノン「PowerShot S」が2013年秋は2ラインとなった。「S200」はスタンダードにあたる製品だがF2.0からの5倍ズームを薄型ボディに搭載しており、高級コンパクトらしさを十分に楽しめる。(2013/9/4)

デジタルカメラ総合販売ランキング(2013年8月19日〜25日):
「PowerShot S110」が急ランクアップ、そのほかジワリ変動も
キヤノンの高級コンパクト「PowerShot S110」が大幅ランクアップ。後継製品の登場がまもなくとなり高級コンパクトながらも実売価格が低下しており、お買い得感が高い。(2013/9/2)

「PowerShot S」にカジュアルな新顔 薄さ26.3ミリの「PowerShot S200」
キヤノンが「PowerShot S」の新製品、「PowerShot S200」を発売する。F2の明るい光学5倍ズームをスリムなボディに搭載したシンプルなモデルだ。(2013/8/22)

F1.8レンズ搭載の「世界最薄」コンパクトデジカメ 「PowerShot S120」
薄いボディに明るいレンズの「PowerShot S」がさらに進化。「PowerShot S120」はF1.8の5倍ズームレンズを搭載した「世界最薄」のプレミアムコンパクトだ。(2013/8/22)

センサーとレンズスペックから見る、高級コンパクトデジカメ今夏の傾向
ちらほらと夏期休暇が視野に入る時期。せっかくの休みなのだから、ちょっといいカメラを……というひとのために、「高級コンパクトデジカメ」の一覧情報をアップデートしました。(2013/7/23)

デジカメプラス 週間トップ10:
「DSC-RX100 II」は「買い」か 極私的考察
「DSC-RX100 II」は「買い」なのか。RX100ユーザー、そして、これから高級コンパクトを買いたいと考えるユーザー、2つの立場から極私的に考察した。(2013/7/8)

望遠に強い“ちょっといいカメラ” 「DMC-LF1」
パナソニック「DMC-LF1」は7.1倍ズームとEVFを備えた高級コンパクト。画質やレンズにこだわりたい人には物足りないかもしれないが、普及機よりワンランク上の画質で、なにより200ミリまでの望遠が魅力な、いいポジションの製品だ。(2013/7/5)

「PowerShot SX280 HS」に動画撮影時間最大約20%延長の最新ファームウェア
キヤノンはコンパクトデジタルカメラ「PowerShot SX280 HS」の最新ファームウェアを公開した。対象製品に適用することで動画撮影時間の延長(約20%増)が実現する。(2013/6/7)

デジタルカメラ総合販売ランキング(2013年5月6日〜5月13日):
デジタル一眼ランキング、しばし無風の予感
GWも過ぎ、新製品の販売開始まで間がある状態。デジタル一眼はしばらく無風の予感が漂う。(2013/5/20)

デジタルカメラ総合販売ランキング(2013年4月29日〜5月5日):
GW行楽需要にマッチか、「PowerShot S110」がランクイン
デジタル一眼ランキングでは引き続きEOSシリーズが人気。コンパクトデジカメランキングでは、バランスの良さが行楽需要にマッチすると評価されたか「PowerShot S110」が再ランクインしている。(2013/5/13)

写真も動画もスキのない常用カメラ 「PowerShot SX280 HS」
動画に強い高倍率ズームコンパクト「PowerShot SX280 HS」が登場した。「動画コンパクト」というフレーズで動画機能を強調しているが、動画撮影のみならず、さまざまなシーンで快適に使える便利なカメラだ。(2013/4/26)

DiGiC 6と5軸手ブレ補正、動画に強い多機能コンパクト「PowerShot SX280 HS」
キヤノンがDiGiC 6による強力な動画撮影機能が特徴の多機能コンパクト「PowerShot SX280 HS」を発売する。MP4形式による1080/60p動画を撮影可能なほか、5軸ブレ補正で積極的に動画を楽しめる。(2013/4/10)

センサーとレンズスペックから見る、高級コンパクトデジカメ今春の傾向
昨年秋から今春にかけて登場した各社高級コンパクトの仕様を、撮像素子とレンズを中心にまとめた。(2013/3/7)

「金のフォトフレーム」も当たる  キヤノンが最大1万円のキャッシュバックキャンペーン
キヤノンは対象製品購入者へ最大1万円をキャッシュバックする「ザ・ゴールドラッシュキャンペーン」を開始する。抽選で100名に「金のフォトフレーム」も当たる。(2013/2/18)

2012年注目したカメラ&トピックス(ライター 野村シンヤ編):
財布を直撃するフルサイズ
2012年も多くの新製品が登場し、話題がつきることはなかったカメラ業界。フルサイズセンサーのデジタル一眼レフの新型機から入門機、スマートフォンと連携するコンパクトデジカメ、さらなる盛り上がりを見せるミラーレス機など、いろいろ振り返ってみたい。(2012/12/25)

オススメモデルピックアップつき:
2012年冬「高付加価値コンパクトデジカメ」の選び方 
スマホカメラに押されがちなコンパクトデジカメだが、画質や利便性、機能など独自の付加価値を持ったモデルが多く登場している。そんな“高付加価値コンパクトデジカメ”をチェックした。(2012/12/11)

「RX100が引っ張りましたね」 ヨドバシに聞く コンパクトデジカメ売れ筋モデルと最新事情
デジカメの最新売れ筋情報は店員さんに聞くのが一番。というわけで、今回はコンパクトデジカメの最新事情と売れ筋モデルを、ヨドバシカメラマルチメディア梅田に尋ねた。(2012/12/7)

デジカメプラス 週間トップ10:
「DSC-RX1」の感想アレコレ
デジカメプラスにて、1週間に読まれた記事のアクセス数をランキングする週間トップ10。今回注目を集めたのは、やはりフルサイズセンサーを搭載した“サイバーショット”「DSC-RX1」の記事でした。(2012/11/12)

長期試用リポート:
「PowerShot S110」第3回――豊富なエフェクトと撮影機能を活用する
PowerShot S110はポケットへ気軽に入れておけるサイズながら、撮影機能がとにかく豊富。今回は簡単に作品風の写真を撮れる「クリエイティブフィルター」やさまざまな機能を使って歩き回りながら写してみた。(2012/11/8)

長期試用リポート:
「PowerShot S110」第2回――Wi-Fi機能を活用するのだ
キヤノン「PowerShot S110」のもうひとつの目玉がWi-Fi接続による写真の共有化だ。こちらの使い勝手をチェックした。(2012/11/7)

長期試用リポート:
「PowerShot S110」第1回――バーで実用に耐えるか、高感度特性をチェックする
明るい大口径レンズに高感度センサーの組み合わせで大人気となったPowerShot Sシリーズの最新機種が「PowerShot S110」だ。まずは高感度性能をチェックしてみたい。(2012/10/31)

PR:美点を継承しイマドキの機能もプラス― 人に勧めたくなるカメラ「PowerShot S110」
見た目こそ派手とは言えないものの、小型軽量でどんなときでも確実にワンランク上のきれいな写真が撮れ、操作系は感覚的で、しかもWi-Fi搭載で撮った後も楽しめるという、実にバランスに優れた、よくできたカメラが「PowerShot S110」なのだ。(2012/10/17)

デジカメプラス 週間トップ10:
注目され続ける「NEX-5R」「NEX-6」 国内販売はいつからか
10月も中旬にさしかかることで各社新製品の概要もほぼ判明し、ランキングも新製品の話題でにぎやか。海外にて先行発表された「NEX-5R」「NEX-6」もそうした1台ですが、先行発表から約1カ月が経過しながら国内向けの詳細は明らかにされていません。(2012/10/15)

タッチパネルとWi-Fiで新提案――キヤノン「PowerShot S110」
コントローラーリングが特徴的なPowerShot S100に後継モデル、「PowerShot S110」が登場した。基本機能はそのままに、新たにタッチパネルやスマートフォンとの連携機能と言ったトレンドが盛り込んだ。(2012/10/11)

デジカメプラス 週間トップ10:
やっぱり気になる「EOS M」
7月の発表から2カ月、ようやくキヤノン製ミラーレスカメラ「EOS M」が販売開始されました。ミラーレスカメラとしては最後発となるだけに注目度は高いようです。(2012/10/9)

軽快さを高めた明るいレンズの多機能コンパクト――キヤノン「PowerShot G15」
携帯性と画質、それに操作性という要素のハイレベルな融合を目指したPowerShot Gの伝統を受け継ぐ存在、それが「PowerShot G15」だ。(2012/10/4)

写真で見る「PowerShot S110」(ホワイト)
キヤノン「PowerShot S110」は、全体的なフォルムこそ前モデル「S100」を踏襲するが、ホワイトはいままでのシリーズ製品に設定がなかったこともあり、新鮮な印象を与える。(2012/10/3)

「PowerShot S110」「PowerShot G15」の発売日が決定
キヤノンは、「PowerShot S110」「PowerShot G15」の発売日を10月12日と発表した。ソフトケースなど別売オプションも同時に発売される。(2012/10/3)

photokina 2012:
photokina2012を読み解く3つのキーワード
世界最大の写真関連見本市「photokina 2012」が閉幕した。数多くの新製品が登場し、各社ブースは盛り上がりを見せたが、展示会全体を見渡すと浮かび上がるキーワードがある。それが「フルサイズ」「スマホ」「ネットワーク」だ。(2012/10/1)

キヤノン、「PowerShot S110」など発売記念の「写真を愛する人のコンパクト。」キャンペーン
キヤノンが「PowerShot S110」などの発売に合わせキャンペーン「写真を愛する人のコンパクト。」を開始する。吉村和敏氏、土屋勝義氏、榎並悦子氏がPowerShot S/Gの最新機で作品を撮り下ろす。(2012/9/19)

photokina 2012:
「EOS 6D」の軽さに驚き、国内未発表PowerShotも多数展示 キヤノンブース
キヤノンブースで耳目を集めていたのは、やはり発表されたばかりのフルサイズ機「EOS 6D」だが、国内未発表の「PowerShot S110」や「PowerShot G15」などPowerShotシリーズの製品も多数展示されている。(2012/9/19)

新センサー搭載で画質向上 無線LANと静電タッチパネルも備えた「PowerShot S110」
F2.0から明るいレンズを備えた高級コンパクトが新型センサーを搭載して、「PowerShot S110」へと進化。無線LANとタッチパネル液晶によって、利便性と操作性の向上も果たした。(2012/9/19)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。