ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「高級コンパクト」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「高級コンパクト」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「iPhone XS/XR」でハッキリした“進化の道筋” Appleは何をやりたいのか
米サンフランシスコで行われたAppleの発表会を現地で取材し、iPhone XS/XS Max/XRを知って見て触ってハッキリしてきたこと、Appleが今後何をやろうとしているのかをお伝えする。(2018/9/17)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
見やすいファインダーを搭載したクラシカルでカッコいい入門機「X-T100」
富士フイルム「X-T100」はコンパクトで可愛いレトロ一眼レフ風のミラーレス一眼だ。一番の注目は、自撮りに対応したユニークなモニターの機構。これは面白い。(2018/8/9)

“小さくてよく写るカメラ”ならコレ コンデジ好きにうれしいパナソニック「DC-TX2」
カシオが撤退するレベルのコンデジ不況の中、パナソニックがやってくれた。高級コンデジのクオリティーと高倍率の利便性の両方を持つ「DC-TX2」だ。(2018/6/23)

カシオがもたらしたデジカメの歴史を振り返る
2018年5月9日。カシオ計算機がコンパクトデジカメからの撤退を発表し、多くのカメラファンに衝撃を与えた。そんなカシオの歴史を振り返りつつ、哀しんでみたい。(2018/5/19)

都会派コンパクトクロスオーバー:
新型SUV「レクサスUX」世界初披露 日本発売は18年冬
トヨタは、レクサスブランドの高級コンパクトSUV「レクサスUX」を初披露した。(2018/3/6)

IFA 2017:
狭額縁化やデュアルカメラには追随しない? Xperia新機種の狙いを聞く
ソニーモバイルがIFA 2017に合わせてXperiaシリーズの3機種を発表した。中でも「Xperia XZ1」と「Xperia XZ1 Compact」は日本での発売が期待される。3機種投入の狙いを、ソニーモバイルの安達晃彦氏に聞いた。(2017/9/11)

素晴らしく良くなった“オトナの道楽カメラ”、富士フイルム「X100F」
(2017/4/12)

ニコン、開発中のコンデジ「DLシリーズ」発売中止 不具合で収益見込み立たず
発売を延期していた「DLシリーズ」計3モデルが発売中止。(2017/2/13)

超望遠にスマホ連携、散策や旅行にちょうどいいコンデジ「COOLPIX A900」
「COOLPIX A900」は小型高倍率で旅行に最適、てな位置づけの普及型コンデジ。数社がこのクラスにラインアップしているが、他社が30倍ズームなのに対し、A900は35倍とスペックでちょっと上回ってる。スマートフォンとの連携もすごく便利。(2017/1/31)

やっとミラーレス一眼の時代がやってきた――2016年を振り返りながら2017年のデジカメトレンドを予想してみよう
2017年のデジカメ界はどうなるか! って考えてたのだけど、2016年に各社のフラッグシップがおおむね出そろってるから、なかなか難しいのだよね。その辺を踏まえ、2016年を振り返りつつ2017年の話をしようかと思うわけである。(2017/1/2)

外での電池切れも心配なし! モバイルバッテリーで充電できるデジカメのススメ
USBケーブルで充電できるコンパクトデジタルカメラをカメラ好きな記者の独断でピックアップしました。(2016/12/3)

これは“史上最強のコンデジ”!? パナソニック「DMC-FZH1」のゴツい感じがたまらない
パナソニックのレンズ一体型カメラ「DMC-FZH1」がすごい。そうだなあ、一言でいえば、「ボクが考えた史上最強のコンデジ」だ。……コンパクトではないのでコンデジとは言いにくいのだが、まあ最強クラスのレンズ一体型カメラなのだ。(2016/11/28)

シンプルなボディにF1.4という明るいレンズ、パナの高級コンデジ「DMC-LX9」の実力は?
とうとうパナソニックが高級コンデジ主戦場にカメラを投入してきた。「DMC-LX9」は、ソニーの「RX100シリーズ」やキヤノンの「G7 Xシリーズ」とガチでぶつかるスペックである。真っ向勝負である。(2016/11/11)

PR:コンパクト&高画質スマートフォン――「AQUOS SERIE mini SHV33」を選ぶべき10の理由
「AQUOS SERIE mini SHV33」は、KDDIから発売される、シャープ製のコンパクトなスマートフォン。シャープならではの高画質かつ省電力なIGZO液晶や、光学式手ブレ補正対応の約1310万画素カメラを搭載しており、スペックも十分だ。そんな本機の魅力を解説したい。(2016/1/22)

中古デジタルカメラ販売ランキング(10月29日〜11月4日):
ニコン勢が健闘するもキヤノン「EOS 5D Mark III」が首位を獲得
マップカメラで売れている中古デジタルカメラのランキング。今週はキヤノンの「EOS 5D Mark III」が1位に返り咲き。2位と3位はニコン勢が押さえた。(2015/11/10)

中古デジタルカメラ販売ランキング(10月22日〜10月28日):
好調のリコーイメージング「GR」が1位を獲得
マップカメラで売れている中古デジタルカメラのランキング。今週はリコーイメージングの「GR」がトップ。ニコン「D7100」が2位に急上昇。(2015/11/4)

中古デジタルカメラ販売ランキング(10月15日〜10月21日):
リコーイメージングの「GR」が好調 トップは「EOS 7D」
マップカメラで売れている中古デジタルカメラのランキング。今週はキヤノンの「EOS 7D」がトップを獲得。リコーイメージングの「GR」は17位からの急上昇で3位にランクイン。(2015/10/27)

中古デジタルカメラ販売ランキング(10月8日〜10月15日):
歴代EOS 5Dが好調 トップは「EOS 5D Mark III」
マップカメラで売れている中古デジタルカメラのランキング。今週は1位、3位、4位とキヤノンのEOS 5Dの兄弟モデルが上位を占めた。(2015/10/20)

中古デジタルカメラ販売ランキング(9月24日〜9月30日):
キヤノン勢が上位を独占 トップは「EOS 6D」
マップカメラで売れている中古デジタルカメラのランキング。今週は1位から4位をキヤノンのボディが独占した。(2015/10/5)

中古デジタルカメラ販売ランキング(9月3日〜9月9日):
ソニー「α7R」がランキング急上昇 キヤノン「EOS 7D」は3週連続トップ
マップカメラで売れている中古デジタルカメラのランキング。今週はキヤノンの「EOS 7D」が3週連続でトップを獲得し、相変わらずの人気を見せた。(2015/9/15)

リコー「GR BLOG」が「ひとまず終了」 スタートから10年
高級コンデジ「GR DIGITAL」についてリコー社員が情報を届けるブログ「GR BLOG」が9月10日で「ひとまず終了」する。(2015/9/1)

中古デジタルカメラ販売ランキング(8月20日〜8月26日):
キヤノンのハイアマチュア向け「EOS 7D」がトップ
マップカメラで売れている中古デジタルカメラのランキング。先週のツートップが、入れ替わる形でまたもツートップに。不動の人気を見せつけた。(2015/9/1)

中古デジタルカメラ販売ランキング(8月13日〜8月19日):
リコーイメージングの「GR」が急上昇 トップはキヤノン「EOS 5D Mark II」
マップカメラで売れている中古デジタルカメラのランキング。今週はキヤノンの「EOS 5D Mark II」がトップを獲得した。一方でリコーイメージングの「GR」や、ソニーの「RX100」といった高級コンデジも人気だ。(2015/8/24)

中古デジタルカメラ販売ランキング(5月14日〜5月20日):
トップは2週連続でキヤノン「EOS 7D」が獲得
マップカメラで売れている中古デジタルカメラのランキング。先週に続き、今週もキヤノンの「EOS 7D」がトップを維持した。(2015/5/26)

中古デジタルカメラ販売ランキング(5月7日〜5月13日):
トップは1カ月ぶりにキヤノン「EOS 7D」が返り咲き
マップカメラで売れている中古デジタルカメラのランキング。今週は、キヤノンの「EOS 7D」がトップを獲得した。(2015/5/19)

中古デジタルカメラ販売ランキング(4月30日〜5月6日):
トップはニコン「D700」――「D7100」は1週で陥落
マップカメラで売れている中古デジタルカメラのランキング。今週はニコンの「D700」がトップを獲得した。(2015/5/11)

高速AFが魅力、ポケットサイズの高級コンパクト――富士フイルム「FUJIFILM XQ2」
富士フイルム「FUJIFILM XQ2」は、手のひらサイズの小さなボディに光学4倍ズームを搭載したプレミアムコンパクトデジカメだ。起動やAFが高速なので、目に留まったものを直感的にスナップする用途に最適だ。(2015/3/13)

実写画像も公開:
絶妙な距離感を楽しめる「SIGMA dp3 Quattro」
2014年のCP+でお披露目されてから約1年。35ミリ判換算で75ミリ相当の中望遠レンズを搭載した「dp Quattro」の3番機がついに完成した。実写画像とともにいち早くそのインプレッションをお届けする。(2015/2/26)

小寺信良が見た革新製品の舞台裏(3):
老舗が生んだ革新、“全天球カメラ”誕生の舞台裏
“360度の空間を撮影するカメラ”として新たな市場を切り開くリコーの全天球カメラ「RICOH THETA」。そのアイデアはどこから生まれ、そしてそれを形にするにはどんな苦労があったのだろうか。革新製品の生まれた舞台裏を小寺信良氏が伝える。(2015/2/24)

2014年注目したカメラ&トピックス(フォトグラファー 永山編):
ほかにはない個性が際立つ高級コンパクトデジカメ3選
レンズ交換式のカメラが成熟する一方で、付加価値を追求した高級コンパクトデジカメがますます面白くなっている。2014年お気に入りの3台を紹介する。(2014/12/30)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
年に一度の総決算! 「麻倉怜士のデジタルトップ10」(後編)
この1年間を振り返り、とくに印象に残ったデジタル機器やコンテンツをランキング形式で紹介する恒例「麻倉怜士のデジタルトップ10」。後編は第6位からカウントダウン!(2014/12/30)

2014年注目したカメラ&トピックス(フォトグラファー 三井編):
キラリと光る特徴を持つデジカメとレンズが目を引いた
2013年同様、2014年のカメラ業界は、スマートフォン人気の影響が色濃かったことは間違いない。話題になった新製品も少なかった印象だ。しかし、光る個性を持ったカメラやレンズは輝いて見えた。(2014/12/29)

ファインダーで光学像と電子像が見られる新体験――「FUJIFILM X100T」
写真愛好家層を中心に人気を集める高級コンパクト「FUJIFILM X100」シリーズの3代目として「X100T」が登場。OVFとEVFが融合した新ファインダーによって、これまでにない視覚体験が楽しめる。(2014/11/17)

EVFは欲しかったけど:
コンパクトなボディに“G”の名にふさわしい高画質――「PowerShot G7 X」
キヤノンから登場した、1型センサー搭載のハイエンドコンパクト「PowerShot G7 X」は、ボディのサイズ感こそPowerShot S120をほうふつとさせるが、その画質の高さはプレミアムコンパクトの名にふさわしい。(2014/10/9)

photokina 2014の注目製品を振り返る
今年は2年に1回のphotokinaイヤーということで、このタイミングでさまざまな新製品が登場した。そんな中でも現地の取材で特に興味深かった製品をまとめて紹介しよう。(2014/10/7)

パナソニック、世界初4/3型センサー搭載の高級コンパクト「LX100」発表
パナソニックが世界で初めてフォーサーズ規格と同サイズの4/3型センサーを搭載したコンパクトデジタルカメラ「LX100」を発売する。(2014/10/2)

いつか見た、あのフィルムの色を再現できる「FUJIFILM X30」
色にこだわる富士フイルムから、新顔の高級コンパクト「FUJIFILM X30」が登場した。注目は、おもむきのある色が得られる新しいフィルムシミュレーションモードと、より実用的に改良されたビューファインダーだ。(2014/9/29)

1型センサー搭載のプレミアムコンパクト「PowerShot G7 X」
PowerShot Gシリーズに、コンパクトボディの1型センサー搭載モデルが登場。高画質と高性能を手軽に持ち歩けるのがポイントだ。(2014/9/16)

photokina 2014:
パナソニック、センサーを大型化し明るいレンズを装備したコンパクト「LUMIX DMC-LX100」
一眼レフ並みの大型センサーを装備し、ライカの明るいレンズを搭載したコンパクトデジカメがphotokina前に姿を現した。(2014/9/15)

リアルタイム・ビューファインダー搭載の「FUJIFILM X30」を発表
富士フイルムのプレミアムコンパクトデジカメのラインアップに「FUJIFILM X30」が登場した。タイムラグの少ないEVF「リアルタイム・ビューファインダー」を新たに搭載したのが大きな特徴だ。(2014/8/26)

これだけそろえば使いやすいですよ:
ライカ、「ライカX2」にファインダーとハンドグリップをセットにした限定品
人気の高級コンパクトデジタルカメラに電子ビューファインダーとハンドグリップをセットにした限定品が登場する。(2014/8/1)

生地を溶かしてくっつけています:
ケンコー・トキナー、高い防水性能を発揮する「インターセプター」シリーズのデジカメ用ポーチ
防水の生地を縫い合わせずに溶着で仕上げた、防水性能が高いデジカメ用ポーチが登場する。(2014/7/25)

大切なカメラはしっかり守りましょう:
ケンコー・トキナー、「SIGMA dp2 Quattro」向けの液晶保護フィルム
カメラ背面の液晶ディスプレイには手の脂が付いたり、持ち運びの際に傷が付いたりすることが多い。ケンコー・トキナーは6月27日にシグマが発売したばかりの高級コンパクトデジタルカメラ「SIGMA dp2 Quattro」に向けた液晶保護フィルムを発売した。(2014/6/30)

必要なのは写真への好奇心だけ 深い写真表現を実現する、斬新デザインの新「dp」――シグマ「SIGMA dp2 Quattro」
大型センサーに高性能単焦点レンズという「高級コンパクト」のトレンドを作った、シグマ「dp」がフルチェンジ。Quattroとして眼前に現れた。dpらしさを引き継ぎ、扱いやすさを増したファン待望の1台だ。(2014/6/25)

AF性能改善など、「COOLPIX A」に最新ファームウェア
ニコン「COOLPIX A」の最新ファームウェアが提供開始された。通常AF時の最短撮影距離が約30センチに短縮されるほか、インターバル撮影中の消費電力改善などが図られる。(2014/6/11)

GPS使用時の不具合解消など、「COOLPIX P330」最新ファームウェア
(2014/5/20)

「PENTAX MX-1」 メニューで日本語が選択できない不具合 対象製品は無償対応
リコーイメージングはコンパクトデジタルカメラ「PENTAX MX-1」について、国内向けながらも言語設定で「日本語」が選択できない製品があると告知した。対象製品については無償対応する。(2014/2/27)

CP+ 2014:
“未来のデジカメ”を構成するデバイスたち
デジカメは日本メーカーの「お家芸」。国内最大級のデジカメ展示会「CP+(シーピープラス)」では、デジカメ技術者に“未来のヒント”を与えるデバイスたちが紹介されていた。(2014/2/17)

シグマ、高級コンデジ新製品「SIGMA dp」 センサー、ボディも「一から開発し直した」
シグマが「Foveon」センサーを搭載した高画質コンパクトデジタルカメラ「SIGMA dp」シリーズを開発。センサーやエンジン、レンズ、ボディなどを「一から開発し直した」という。(2014/2/12)

F1.8レンズのハイエンドコンデジがWi-Fi搭載 ニコン「COOLPIX P340」
ニコンがF1.8からの明るいレンズを搭載した高級コンパクト「COOLPIX P340」を発売する。レンズとセンサーは既存モデルから継承し、新たにWi-Fiを搭載した。(2014/2/7)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。