ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術」最新記事一覧

プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術:
電子書籍の出版プロセスを図解する
私たちは情報をインプットして、理解し、記憶するときには必ず「絵」にしています。今回は筆者が原稿を書いて、本が読者に届くまでの出版ビジネスを図解してみます。(2014/2/27)

プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術:
ビジネスモデルは図解でスッキリ
私たちは情報をインプットして、理解し、記憶するときには必ず「絵」にしています。今回は「ビジネスモデル」を他人に分かりやすく伝える方法を考えていきましょう。(2014/2/24)

プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術:
自分の強みと弱みを「数字」で語ろう
ライバルが持っていなくて、あなたの持っているものは何ですか? 面接の場などで聞かれる自分の強みや弱みについて語るには、市場ニーズに対してどう高いのかを説明できる必要があります。(2012/5/31)

プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術:
会社の壁の至るところがホワイトボードになっている理由
図解思考は1人よりもチームで使う方がより生産性が増します。チームで、あるいは顧客との打ち合わせ時にさっと図を書いてお互い理解を確認し合えるスペースを作ってみてはいかがでしょう?(2012/5/24)

プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術:
一見難解な出来事も、「形」を覚えれば公式要らず
例えば円すいの表面積を求め問題があった場合、公式を知らなくても基本的な数式ルールを知っていてば解けますよね? これは数学に限った話ではなく、経済、統計、科学などさまざまな分野で応用できるのです。(2012/5/18)

プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術:
コンピュータ以上? 無駄なものを覚えない人間の脳
人間の脳はパターン化によって効率を上げることが得意です。コンピュータの強みである数字や文字列の処理能力と人間の脳の良いところをうまく組み合わせることで、より効果的な学習効果が得られるでしょう。(2012/5/11)

プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術:
プレゼンをすっきりと見せるピラミッド型の論述
誰かに自分の論述を伝える場合、一般には2つのストーリー仕立てがありますが、ビジネスの場合には、結論からスタートするのが定石です。例文を基にその意図を解説しましょう。(2012/4/27)

プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術:
新任マネジャーは「戦略」「作戦」「戦術」の違いを図解で理解しよう
マネジャークラスの人は、会社の経営のことを念頭において活動しなければなりません。今回は会社経営をピラミッドに例え「戦略と戦術の境界線は?」というテーマで図解してみました。(2012/4/19)

プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術:
ギッシリ書き込む人は要注意! メモやノートは「余白」が大事
プレゼンのアイデアを整理するための「まとめノート」。今回はそんな、まとめノートを有効活用するためのちょっとしたルールを紹介したいと思います。(2012/4/12)

プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術:
金利と為替の関係を図解でスッキリ理解する
金利や為替は多くの指標が関係しているため、具体的にどのように変動しているのかを理解するのは難しいです。そんなときは、事象をキーワードで示し、原因と結果の関係を図解でまとめてみるとよいでしょう。(2012/4/6)

プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術:
韓国サムスンやLG技術者の間で広がる図解思考への興味
競争社会の韓国で成功を収めようとするエリート社員は、日夜必死に自分のスキルを磨いています。そんな彼らから最近、スキルを磨く1つの手段として「図解思考の技術」に関する質問が増えているのです。(2012/3/29)

プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術:
オリンパス事件をブロック図で解説すると?
ここ最近世間を賑わせているオリンパスの不正会計事件。損失隠しをしたわけですが、その兆候はBS(貸借対照表)の中の怪しい動きにありました。今回はこの不正会計をレゴブロック的に考察してみたいと思います。(2011/11/16)

プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術:
マクドナルドの笑顔が粗利を10%改善する?
今回のテーマは粗利。粗利は売り上げから商品原価(変動費)を引いたもので、売り上げから原価を除いたものが粗利益です。粗利益を高める構造を、マクドナルドを例に解説してみたいと思います。(2011/11/2)

プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術:
コストコが運転資金ゼロでもビジネス成立するわけ
前回に続き、レゴブロック的に企業会計や経営分析を考察していきます。今回のテーマは「運転資金」。成功企業を例にとって解説します。(2011/10/26)

プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術:
レゴブロック的会計で理解する中古物件がお買い得な理由
自己資金ゼロの状態で一戸建てを購入した場合のBS(貸借対照表)は? 前回までに解説してきたレゴブロック的な考え方で物件購入時の資産管理の仕組みを解いてみましょう。(2011/10/11)

プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術:
指令:レゴブロック思考で顧客を分析せよ!
複雑そうに見える事象を、非常に単純なパーツの組み合わせや基本パターンの繰り返しで表現できる方法を紹介します。(2011/10/4)

プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術:
図解思考を使った誰でも分かるレゴブロック的会計
会計の勉強って退屈。でも、図解思考を使うとものすごくシンプルで面白い分野であることが分かります。今回は引き続きBS(貸借対照表)とPL(損益計算書)の関係をおさらいします。(2011/9/27)

プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術:
グリーの成長を図解思考で確認する
携帯ゲームのSNSで急成長するグリー。その経営状況を図解思考で確認してみましょう。(2011/9/13)

プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術:
日本財政は破綻するのか――図解思考で見極める
マスメディアが競って日本財政の破綻を揶揄(やゆ)しています。ですが、本当に日本は破綻するのでしょうか。かなりざっくりではありますが、今回は日本の財政問題を身近に感じる図解思考を紹介しましょう。(2011/9/6)

プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術:
時間がないならコレだけでも! 会計の勉強に図解思考
「会計の勉強と図解思考って親和性高っ!」と思った、お盆休みに改めて会計の勉強をしていた筆者です。会社経営やっているから会計知っていて当然と考える人も多いようですが、意外に会計オンチな経営者って多いんですよ。(2011/8/25)

プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術:
ジャーゴン、スラング、あるいは生産性の高い略号たち
チンプンカンプンの業界専門用語は「ジャーゴン(訳の分からない言葉)」と呼ばれ、多くのプレゼン指南書では「使わないように」と解説しています。ですが、こうした専門用語もメリットがあるんです。(2011/8/18)

プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術:
経営会議の要点を図解思考でスマートにまとめる
経営会議とは、取締役や執行役員などが集って、事業の進捗確認や経営戦略の見直しを行なう重要なミーティング。通常、財務担当が期初に立てた予算と実績の数値を報告し、課題を解消する具体的な施策を検討するのが通例です。今回は、この経営会議の要点を、図解にまとめてみましょう。(2011/8/2)

プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術:
商品の一生を「図解思考」で見極める
新規事業を起こす時に考えたいことがいくつかあります。その1つが商品やサービスのライフサイクル。今は投資の時期なのか、それとももうかる時期なのか、はたまた事業撤退の時期なのか――。(2011/7/27)

プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術:
新商品のプロモーション活動を図解で整理してみる
新規事業が難しいのは採算性だけでなく、告知の問題もあります。内容をどのように充実させようとも、見込み顧客に知られなければ、存在しないのと同じ。そこで今回はプロモーション活動を図解思考で整理してみました。(2011/7/21)

プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術:
新規事業の採算性を「図解思考」で実感する
新規事業の計画というとなんだか重大な感じがしますが、実は採算性と最大リスクをチェックできればOKなのです。この2つを実感するのにExcelは向いていません。ぜひ手書きでグラフを書いてみませんか。(2011/7/11)

プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術:
本当に役立つ図解メモ、活用のルール
筆者がおすすめの図解メモ。今回は、ビジネスのさまざまなシーンで有効なメモ術の活用ルールを紹介します。(2011/6/30)

プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術:
図解メモのクラウド化計画(JotNot Scanner編)
ショットノートやairpenPocketを活用して図解メモのクラウド化を推進してきた筆者。今回はスマートフォン用のアプリ「JotNot Scanner」を使ってみました。(2011/6/21)

プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術:
無料サービスのビジネスモデルを描いて思うこと
「図解思考」のセミナーで必ず参加者にやってもらうことの1つに、身近な企業のビジネスモデルを描いてもらう、というのがあります。今回は、無料でのコンテンツ配信サービスのビジネスモデルを描いてみて、あらためて発見したことについて説明したいと思います。(2011/6/14)

プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術:
図解メモのクラウド化計画(airpenPocket編)
たまに昔のメモを見たいと思うことがありますが、書き込んだ手帳をすべて持ち歩くわけにもいきません。そこでメモをスマートフォンで持ち歩きたいと考え、いくつかの方法を試行錯誤中です。今回は「airpenPocket」を使ったメモのクラウド術を紹介します。(2011/6/8)

プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術:
図解メモのクラウド化計画(ショットノート編)
たまに昔のメモを見たいと思うことがありますが、書き込んだ手帳をすべて持ち歩くわけにもいきません。そこでメモをスマートフォンで持ち歩きたいと考え、いくつかの方法を試行錯誤中です。今回は「ショットノート」を使ったメモのクラウド術を紹介します。(2011/6/1)

プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術:
プレゼンの構想図を描いてみる――「図解プロット」で上司に新規事業を提案する
プレゼンのアウトラインを固めるために必要なのは、まず構想図を完成させること。今回のお題は「新規事業の提案」です。一緒に考えて見ましょう。(2011/5/24)

プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術:
プレゼンの構想図を描いてみる――「図解プロット」で引っ越し問題を解決
プレゼンのアウトラインを固めるために必要なのは、まず構想図を完成させること。今回は、その構想図の「図解プロット」を用意しました。読者のみなさんと一緒に埋めながら、問題解決に挑戦してみたいと思います(2011/5/18)

プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術:
優れたアイデアマンは視点を変えられる――ロゴに隠されたメッセージ
思考の“歯垢”を取り除きましょう――。今回は、そのためのテストをしたいと思います。題材は企業ロゴです。(2011/5/10)

プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術:
夏場の電力不足問題――ロジックツリーで解いてみる
問題解決において一番重要なのは、問題点の発見や対策を系統だって考えられるかどうか。今夏の電力不足問題について、ロジックツリーで問題解決を考えてみましょう。(2011/4/26)

プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術:
プレゼンのアイデアをマトリクスのパズルから考えてみる
プレゼンに入れ込むアイデアをどのように考えるか? すでに聴衆が答えを持っていて、それを具現化すればいい場合。問題解決型の時は、わりとこのパターンが多いです。もう1つは、独創的なアイデアが欲しい場合。今回は、そんな場合にマトリクスの組み合わせを使って、アイデアを生み出す方法を紹介したいと思います。(2011/4/12)

プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術:
プレゼンにどのくらいの時間をかけるべきか?
プレゼン内容をしっかり伝えるには、聞き手の集中力を考慮しましょう。聞き手が興味をもって持続して聞ける最適な時間はいったいどの程度でしょうか? そのヒントが「10/20/30ルール」です。(2011/4/5)

プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術:
要注意! そのプレゼン、ストライクゾーンはどこですか?
プレゼンテーションで失敗しない予防策は、前回の「聴衆分析」と聴衆のストライクゾーンを知ること。ストライクゾーンを事前に、正確に把握しておきたいところです。このため、先方とのヒアリングが重要になりますが、どうやってヒアリングをすればいいのでしょうか。(2011/3/29)

プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術:
プレゼンがうまい人の「聴衆分析」――3つのポイント
プレゼンで真っ先に考えるべきは「どのような人々がそれを聞くのか」ということ。これが「聴衆分析」です。例えば、福島原発の問題や計画停電における東京電力の記者発表も1つのプレゼンでしたが、聴衆分析はできていたでしょうか? われわれ国民の知りたいことに答えていたでしょうか?(2011/3/23)

プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術:
失敗しない永田式プレゼンの「ラフ」ギャラリー(グラフの注意点編)
スライドのラフを描かずに、PowerPointやWordでいきなり提案書を作っていませんか? 何事も、アウトラインを固めてから作業に移ったほうが、最終的に効率がよくなるものです。今回はグラフを書くときの注意点を紹介します。(2011/3/15)

プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術:
失敗しない永田式プレゼンの「ラフ」ギャラリー(グラフ編)
スライドのラフを描かずに、PowerPointやWordでいきなり提案書を作っていませんか? 何事も、アウトラインを固めてから作業に移ったほうが、最終的に効率がよくなるものです。(2011/3/9)

プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術:
失敗しない永田式プレゼンの「ラフ」ギャラリー(後編)
スライドのラフを描かずに、いきなりPowerPointやWordで提案書を作っていませんか? 何事も、アウトラインを固めてから作業に移ったほうが、最終的な効率はよくなるものなのです。後編は「スケジュール」「予算」「体制」のラフを紹介します。(2011/3/1)

プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術:
失敗しない永田式プレゼンの「ラフ」ギャラリー(前編)
スライドのラフを描かずに、パワポやWordでいきなり提案書を作っていませんか? 今回はそんなあなたのために、ラフのテンプレートを用意しました。何事も、アウトラインを固めてから作業に移ったほうが効率がよくなるものです。お試しあれ!(2011/2/23)

プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術:
はじめに全体像――イントロダクションの基本
引き込まれるプレゼンはイントロダクションが優れています。冒頭のイントロで話の概要を伝え、聞き手の集中力を高めるからです。こうしたイントロの基本を押さえておきましょう。(2011/2/15)

プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術:
マインドマップで“1人ブレスト” 書類の整理整頓にも役立った
プレゼンの時にどんなアイデアを提案するかは、一番重要なポイント。特に自分1人で考えるときに、マインドマップはとても重宝しています。今回は「整理整頓のアイデア」を見つけるためにマインドマップを使ってみました。(2011/2/8)

プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術:
実際のスライド作成時に気をつけるべき10の鉄則とKISS
スライドの構想も、手描きのラフの作成も完了したら、ようやくPCの出番。ただし、これから説明する「10の鉄則」を必ず守ること。この根底にあるのが「KISS」という考え方です。(2011/1/31)

プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術:
気が短く、せっかちな上司も納得! 1枚の「図解サマリー」
せっかくプレゼンの内容がきっちり決まっても、肝心の決裁者に理解してもらわなければ何の結果にも結びつきません。そこで決裁者向けの概要書である「エグゼクティブサマリー」を作ってみましょう。ペーパーは1枚だけ。「図解プロット」を効果的に。(2011/1/24)

プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術:
記憶に焼きつくメッセージはここが違う! コンセプトに磨きをかける6つの方法
プレゼンの伝えたいことは同じでも、伝え方次第で聞き手の印象や記憶への定着度は異なります。ではどうやって伝え方をブラッシュアップさせるのでしょうか。(2011/1/17)

プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術:
提案のアイデアは短い言葉にまとめる
プレゼンテーションを成功させるには、まず骨子を決めること。本当に伝えたい1つのことに絞り込むために、いくつかの視点を持って検討すべきです。この骨子、言い換えると「コンセプト」を決めるために図解思考を活用してみましょう。(2010/12/27)

プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術:
実践! プレゼンのプロット図を描いてみよう
最終回は実践です。あなたは中堅アパレルメーカーの営業企画部の責任者。通販サイトを構築して売上を拡大することを提案します。それでは、やってみましょう。(2010/12/22)

プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術:
スライドは「いきなりPC」で作らない――ラフの手書きから
スライドのクオリティを高めるには「いきなりPC」上でスライドを作り始める習慣をやめましょう。ラフを手書きするというと、何だか1つ手間が増えるように思えますが、資料のクオリティを高め、作成時間を短縮する上で大きな威力を発揮。まず「ラフは手描き」が鉄則です。(2010/12/21)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。