ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  R

  • 関連の記事

「Razorfish」最新記事一覧

【連載】初めてのロケーションベースキャンペーン 後編:
ターゲティングだけじゃない、位置情報があるから見える「刺さるメッセージ」の作り方
位置情報系を使った広告配信が増える中で「どれがいいの?」「何が違うの?」と迷うマーケターは少なくありません。この連載では位置情報を活用する意義から具体的なサービス選択のポイントまで解説します。(2016/11/11)

初めてのロケーションベースキャンペーン 前編:
モバイル広告に「位置情報」がなくてはならない理由
位置情報系を使った広告配信が増える中で「どれがいいの?」「何が違うの?」と迷うマーケターは少なくありません。位置情報を活用する意義から具体的なサービス選択のポイントまで解説します。(2016/11/1)

海外Webサービスのトリセツ(22):
Evernote社もご愛用〜InVision(インビジョン)の使い方:登録編
海外Webサービスの使い方を「日本語で」分かりやすく説明するシリーズ、今回はプロトタイピングツール「InVision(インビジョン)」の登録方法を説明します。(2015/2/2)

行動履歴データ活用の壁:
7割のマーケター、「データドリブン・マーケティングに失敗」と認識
7割以上のマーケターが行動データに基づく顧客ターゲティングに失敗しているという調査結果が出た。顧客の行動履歴データ活用に向けて欠けていることは何だろうか。(2014/4/1)

Adobe Summit 2014 レポート:
デジタルマーケティングの“再創造”は「Technology」「Customer」「Leader」「Quantative」がカギを握る
アメリカ合衆国ユタ州ソルトレイクシティで開催中の「Adobe Summit 2014」。午前中の基調講演に続いて、午後は企業のマーケティング責任者たちによるパネルディスカッションが行われた。昨年も行われたこのセッション。顔ぶれは違うが、議論の俎上に乗せられた主要なテーマはやはり「CMOとは何者か」だった。(2014/3/26)

リテールテックJAPAN 2014 リポート:
「Beacon」「NFC」「音響通信」――スマホ活用進む! 購買体験を革新する注目技術
第30回流通情報システム総合展「リテールテックJAPAN 2014」が、2014年3月4〜7日の4日間、東京ビッグサイトで開催された。本稿では“近未来の購買体験”を実現する、スマートフォンを活用した来店・販売促進の取り組みをリポートする。(2014/3/11)

Computer Weekly製品導入ガイド
激増するビッグデータ用データに苦慮するユーザーたち
ビッグデータ分析では、バックエンドインフラをアプリケーションのニーズに合わせる従来型のアプローチを改める必要がある。(2013/11/8)

【連載】コンテンツマーケティングとは何か?:
第5回 コンテンツストラテジストとは何者なのか?
コンテンツマーケティングが必要とされる背景、コンテンツとはそもそも何なのか、適切なコンテンツをロジカルに導き出すためのコンテンツストラテジー、そして、コンテンツにエモーショナルな力を吹き込むストーリーと4回に渡って紹介してきました。最終回の今回は、コンテンツマーケティングを実践する上で最も重要な役割を担う、コンテンツストラテジストという役割について紹介したいと思います。(2013/6/14)

【連載】清水誠のWeb解析ストラテジー:
第6回 データはアウトプットではなくインプット
Web解析=効果測定、というイメージがあるが、終わった施策の効果を後で調べ、改善の余地があれば改善するのは従来型の古いWeb解析。データの取得と解析を最後のアウトプットではなく、最初のインプットとして位置づけることのメリットについて紹介する。(2013/2/18)

【連載】清水誠のWeb解析ストラテジー:
第5回 「PDCA」の意外な歴史と本質
略語が1人歩きし「改善は継続が大事。がんばろう」で終わっていることが多い「PDCAサイクル」は、デミング博士によって1950年に日本に輸入され、サンプリングと分布という統計的なアプローチと品質管理の概念は日本の産業に大きく影響を与えた。100年の歴史から学ぶべきことについて、改めて整理する。(2013/1/9)

【連載】清水誠のWeb解析ストラテジー:
第4回 「アクセス解析」でも「Web解析」でもない
Web Analyticsは「アクセス解析」や「Web解析」と訳されますが、実はどちらも微妙に異なります。「分析」と「解析」の違い、「アナリシス」と「アナリティクス」の違い、「ログ」や「アクセス」ではない理由など、紛らわしく悩ましい現状について整理しつつ、注意点をまとめました。(2012/12/3)

【連載】清水誠のWeb解析ストラテジー:
第3回 「メルマガ」ではなく、「newsletter」では?
言葉の持つイメージによって、理解が制約を受けることがある。企業が配信するメール=メルマガと比喩的に表現すると、面白い文章を書いて全員に一斉配信するもの、と思い込んでしまいがち。米国生活中に実際に届いたメールの内容とタイミングについて具体的に紹介する。(2012/11/1)

【連載】清水誠のWeb解析ストラテジー:
第2回 メーカーサイトでもここまで分かる貢献度
ページビュー、ユーザー数、広告のビューやクリック数……。Webのアクセス解析で一般的なこれらの指標は果たして、あなたの会社の経営判断に寄与しているだろうか? 「清水誠のWeb解析ストラテジー」第2回では、製造業のサイトを例に、適切な意思決定を支援する指標の定義方法およびレポーティング方法を解説する。(2012/9/10)

【連載】清水誠のWeb解析ストラテジー:
第1回 レポート分析のプロトタイピングで意思決定フローを作る
ページビュー、ユーザー数、広告のビューやクリック数……。Webのアクセス解析で一般的なこれらの指標は果たして、あなたの会社の経営判断に寄与しているだろうか? 「清水誠のWeb解析ストラテジー」第1回では、メディアサイトを例に、適切な意思決定を支援する指標の定義方法およびレポーティング方法を解説する。(2012/8/8)

小売業におけるインテリジェントシステムズ:
面倒な試着もラクラクに――Kinect+Surfaceでショッピングが楽しくなる
日本マイクロソフトは、小売業にフォーカスした「Windows Embedded インテリジェントシステムズ」に関する記者説明会を開催。SUR40 for Microsoft SurfaceやKinect for Windows センサーを用いた次世代の衣料品店をイメージしたコンセプトデモを披露した。(2012/3/6)

Microsoft、商用アプリ向け「Kinect for Windows SDK」を2012年初頭に公開
Xbox 360のモーションコントローラーをWindowsで利用できるようにするための開発キットで、商用アプリを作成できるようになる。パイロットプログラムにはトヨタや広告企業のRazorfishが参加している。(2011/11/1)

電通とMSがソーシャルマーケティング事業で提携、コンテンツ管理ツールもリリース
電通グループとマイクロソフトが、ソーシャルメディアを使った企業マーケティングに関する事業で提携する。(2011/10/26)

iPhoneで食事を撮るとカロリー分かっちゃう 東大発の技術を応用したアプリ「TABLE FOR TWO」
食べ物の写真を撮るだけでカロリーと栄養バランスが分かるiPhoneアプリが登場する。途上国の飢餓と先進国の生活習慣病の解決に取り組むNPO団体「TABLE FOR TWO」のもので、東大発の食事写真解析技術を応用した。(2011/10/13)

御社のWebサイト、行き詰ってませんか:
リスティング広告は誘導係、説明係はどこへ行った?
リスティング広告は、ニーズが顕在化している顧客にアプローチするもの。いわば商品へのコンバージョンを高める最後の誘導係のようなものだ。それでは商品の存在自体を知らせたり、内容を説明するような広告は不要なのだろうか。(2010/1/26)

御社のWebサイト、行き詰ってませんか:
これから何を改善すればよいのだろう
Google AdWordsのようなキーワード連動型のリスティング広告。今や大企業だけでなく、中小企業や個人事業主ですら実施する広告手法となった。確かに一定の効果はあるようだが、次の一手は何だろうか――。(2010/1/7)

不振プログラムを相次ぎ終了:
Microsoft、Windows 7などのコアビジネスに再注力へ
EncartaやSoapbox、Popflyなどを次々と終了し、傘下のRazorfishを売却。一連の動きは、MSが伝統的な得意分野に注力する方針を打ち出したことを示している。(2009/8/12)

広告コンサルティング企業:
Microsoft、傘下のRazorfishを5億3000万ドルで仏Publicisに売却
電通なども名乗りを上げていたMicrosoftの子会社Razorfishの売却先は、フランスの広告代理店Publicis Groupeに決定した。(2009/8/10)

リスティング広告次の一手:
リスティング広告を改善する5つのチェックポイント
アクションタグを利用してますか? クリック率だけに注目してませんか? ――SEOやSEMを改善したくても、素人担当者だけでは改善策も浮かばない。自分たちだけでできるチェックポイントを5つ紹介します。(2009/5/18)

リスティング広告次の一手:
自社サイト、これから何を改善すればよいのだろう
Google AdWordsのようなキーワード連動型のリスティング広告。今や大企業だけでなく、中小企業や個人事業主ですら実施する広告手法となった。確かに一定の効果はあるようだが、次の一手は何だろうか――最新マーケティング手法を考える新連載が始まります。(2009/4/14)

Next Wave:
新しい「人脈力」をつけるための10カ条(後編)
前編に引き続き、データセクション代表取締役の橋本大也氏が自身の経験から考察した、ソーシャルネットワークを企業の知識経営に役立たせるための10の理論について紹介していきたい。(2008/12/18)

FacebookやTwitterの社内利用に肯定的な立場を貫くGartner
Facebook、Twitter、Wikipedia、Delicious、Diggはビジネスで有用なツールになり得る――Gartnerのアナリスト、ジェフリー・マン氏はこのような見解を示している。(2008/9/30)

見えてきた限界:
Googleは消える
「Googleって、やっぱ一発屋かな?」と、同僚のクリント・ボールトンが聞いた。わたしは答えた。「ネタは尽きたね。もうGoogleのマジックは終わりだよ」(2008/8/30)

ウィジェット広告でGoogleに挑むGigya
GigyaはSNSユーザーに広告を配信するウィジェット配信ネットワークで、GoogleやClearspringが争うウィジェット広告分野に乗り込む。(2008/1/15)

バルマーCEO、Microsoftの買収戦略を語る
FacebookやYahoo!を買収するとのうわさもあるMicrosoftだが、今後5年間は毎年約20社を5000万〜10億ドルで買収する計画だ。(2007/10/19)

MS、広告関連部門を新設
Microsortが、買収完了したaQuantiveの事業のほか、AdCenter、ゲーム内広告などをまとめた新部門を設立した。(2007/8/14)

MS、オンライン広告のaQuantiveを60億ドルで買収
オンライン広告企業の買収が相次ぐ中、MicrosoftがaQuantiveを買収。買収金額は、GoogleのDoubleClick買収金額の約2倍の60億ドルに達する。(2007/5/19)

MS、モバイル技術企業「Zenzui」立ち上げ
MicrosoftからスピンアウトしたZenzuiは、携帯機器向けのインタフェースを手掛ける。(2007/3/27)

今年のネット広告はビデオが拡大、ポップアップは衰退へ
ネット広告業界に関する展望報告書によれば、今年はオンラインビデオやゲームなどの成長が見込めるという。(2005/1/21)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。