ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「レンダリングエンジン」最新記事一覧

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10のEdgeとアプリを強化する鍵は「PWA」か
Edgeブラウザの開発チームを強化するMicrosoft。その背景には、Windows 10のWebアプリ実行プラットフォームとしての性能を強化する鍵になる「Progressive Web Apps(PWA)」の影響があるようだ。(2018/4/19)

特集:マイクロソフトテクノロジーの現在と未来:
AIをサポートする「Windows ML」APIと新しい「WebView」の登場で見えてくるもの
機械学習モデルをアプリで活用するためのWindows ML、Edgeベースの新たなWebViewコントロールなど、次期Windows 10に搭載予定の新機能を見てみよう。(2018/3/13)

より簡単に機械学習の実験が可能に:
「モダンアプリケーション」「AI」「IoT」がポイント――Microsoft、次期Windows 10アップデートSDKの主な改良点を発表
次期Windows 10アップデートのSDKでは、「従来型デスクトップアプリケーションのモダナイズ」「Windowsでの人工知能(AI)活用」「Windows IoTによるインテリジェントエッジのサポート」を柱とするさまざまな改良が行われる。(2018/3/9)

Mobile World Congress 2018:
Google、iOS/Androidアプリ開発向けオープンソースSDK「Flutter」をβ公開
Googleが、iOSおよびAndroidアプリを同時に開発できるオープンソースのSDK「Flutter」のベータ版を公開した。Android Studioだけでなく、Visual Studio Code、Swift、IntelliJ IDEAをサポート。高速に、高品質なモバイルアプリを開発できるとしている。(2018/2/28)

「Webの将来の鍵を握る」技術を推進:
新しいアプリの形になるか――Microsoft、「プログレッシブWebアプリ」に関する取り組みが前進
Microsoftは、「Microsoft Edge」ブラウザのプレビュー版で「プログレッシブWebアプリ」(PWA)の基盤技術の一部をデフォルトで有効にした他、Microsoft StoreでのPWAの提供に向けたロードマップを打ち出した。(2018/2/8)

「Firefox Quantum」(バージョン58)公開 さらに高速化、多数の脆弱性修正
Mozilla Foundationが、「Firefox Quantum」と呼ぶWebブラウザの初のアップデート「バージョン58」を公開した。画像処理機能強化でさらに読み込みが速くなり、Android版ではPWA機能が追加された。(2018/1/24)

世間を騒がす「プロセッサ脆弱性」 何が本当の問題なのか
2018年の年明け早々、新たに発見されたプロセッサの脆弱性「Meltdown」「Spectre」に関して、さまざまな情報が飛び交い、一部では誤解や混乱を招いている。この問題の概要、影響や対策についてまとめた。(2018/1/6)

IoT問題はモバイル技術で解決せよ:
「エッジにシフト」なIoTでQualcommを選ぶ理由
IoT(モノのインターネット)の活用が広がるとともに従来の「エッジ→クラウド転送→サーバ処理」では対応できない場面が増えつつある。エッジ側の処理能力向上が急務だが、そこには解決しなければならない問題が山積している。(2017/12/18)

高度なセキュア機能を備えた産業IoT機器向けマイコン:
PR:ルネサス最新MCU「RX65N/RX651」のHMI機能を手軽に評価できるキットを初披露
2017年11月15〜17日に開催された展示会「ET2017」のIAR社ブースで、ルネサス エレクトロニクスの新しい産業用IoT機器向けマイコン「RX65N/RX651」の評価キット「Envision Kit」が初披露された。RX65N/RX651が備えるLCDコントローラ、2D描画エンジンなどのHMI(ヒューマンマシンインタフェース)機能を手軽に試せる評価キットとして注目を集めた。(2017/11/28)

ルネサス RX65N/RX651:
ルネサス、IIoTに適したセキュリティ強化マイコン
ルネサス エレクトロニクスがセキュリティ機能を強化し、産業機器などIIoTでの利用に適した32bitマイコン「RX65N/RX651グループ」のサンプル出荷を開始した。(2017/11/27)

「Firefox Quantum」(バージョン57)公開 高速化とUI刷新
Mozillaが「2004年のFirefox立ち上げ以来最大のアップデート」と称する「Firefox Quantum」の正式版を公開した。新ブラウザエンジン「Servo」で高速化、省メモリ化を実現したとしている。(2017/11/15)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
iPhone/Android対応でEdgeブラウザは復活できるのか
Windows 10標準ブラウザの「Microsoft Edge」に、iPhone/Android向けのプレビュー版が登場。今後シェアを上昇させる契機になるか。(2017/10/15)

Apple、「High Sierra」や「iOS 11.0.1」のセキュリティ情報公開
「High Sierra 10.13」では、OS X Lion 10.8以降のバージョンに存在していた多数の脆弱性に対処した。「iOS 11.0.1」「iCloud for Windows 7.0」も公開された。(2017/9/27)

独立レンダリングパイプラインを大幅改良:
Windows 10 Fall Creators Updateの「Microsoft Edge」は「EdgeHTML 16」アップデートで何がどれだけ速くなる?
Windows 10 Fall Creators Updateに含まれるMicrosoft Edgeは、ブラウザエンジンが「EdgeHTML 16」にアップデートされる。独立レンダリング機能が強化され、Webアプリやサイト表示のパフォーマンスが大幅に向上するという。(2017/8/22)

Samsung、広告ブロック可能な独自Webブラウザのβ版をAndroid 5.0以降の端末に開放
Samsungが、これまで自社製Android端末にプリインストールしてきた独自ブラウザのβ版「Samsung Internet Browser Beta」をGoogle Playストアで公開した。Android 5.0以降のすべての端末をサポートするとしている。広告ブロック機能やハイコントラストモードなどが使える。(2017/8/15)

「The Next Platform」で読むグローバルITトレンド(6):
GOAIはデータベース、アナリティクス、機械学習を全てGPUに統合しようとしている
GPUベースのソフトウェアを開発する新興ベンダー数社が、データベース、アナリティクス、機械学習を同一のGPUメモリで動かすことで、データ移動をしなくて済むような基盤を生み出すための活動「GOAI」を始めた。この取り組みについて取材した。(2017/8/14)

商用3D CAD製品カタログ 2017年版:
上流工程の全てが「CATIA」に詰まっている! 気軽に導入できるクラウド版も
ハイエンド3D CADの代名詞的な存在である「CATIA」。最新バージョンの「CATIA 3DEXPERIENCE」では、ダッソー・システムズが提唱する「3DEXPERIENCEプラットフォーム」の上で動作し、「デザイン」「機械設計(エンジニアリング)」「制御(システムエンジニアリング)」に関する豊富な機能群を、CATIAという単一アプリケーション上で提供する。(2017/8/4)

商用3D CAD製品カタログ 2017年版:
“派手さ”はないが本来の設計業務で輝きを放つ、堅実派3D CAD「SOLIDWORKS」
ミッドレンジ3D CADとして幅広く活用されている「SOLIDWORKS」。1995年に「SolidWorks 95」がリリースされ、ダッソー・システムズの買収を経て、現在に至るまでの歩みと、誕生以来変わらぬ製品思想とその特長を紹介する。また、現行バージョンの注目機能、次期バージョンに搭載予定の機能についても取り上げる。(2017/7/28)

Enterprise IT Kaleidoscope:
Windows 10 Fall Creators Updateの影響を考える
Windows 10のアップデートが、春と秋の年2回、定期的に行われることになった。次のFall Creators Updateの機能については、まだ全貌が見えたわけではないが、企業ユーザーにどんな影響があるのか考えてみよう。(2017/6/28)

特選プレミアムコンテンツガイド
Windows 10では「Internet Explorer」「Microsoft Edge」のどちらを使うべきか
「Windows 10」では、長らくWindowsの標準ブラウザとして採用されてきた「Internet Explorer」と、新たな標準ブラウザ「Microsoft Edge」を利用できる。どちらを使えばよいのだろうか。(2017/6/23)

日本語環境を改善、開発者向けツールのUIも工夫:
Chromiumベースのブラウザ「Vivaldi」に新バージョン 技術者・パワーユーザー向け機能を強化
Chromiumベースのブラウザ「Vivaldi」の最新版「バージョン 1.10」が公開された。日本語環境を改善し、ダウンロードファイルの並べ替えなどの新機能を追加。開発者ツールを使いやすくする工夫も取り入れた。(2017/6/19)

Tech Basics/Catalog:
仕事に役立つおすすめGoogle Chrome拡張機能
Google Chromeの拡張機能を取り上げる。Gmailの受信トレイにある未読のメール数を表示するものや、複数ページを結合して1ページで表示するものなど、仕事に役立つおすすめの拡張機能を紹介する。(2017/6/14)

連載:簡単! Visual Studio 2017入門:
第4回 Visual Studio 2017のひな型コードを理解する
開発環境が自動生成するWindowsアプリケーションのひな型コード。これをマスターして本格的なVisual Studio開発に乗り出そう。(2017/5/26)

プログレッシブWebアプリ、WebVR、Payment Request API、Chakraなど:
Build 2017の「Webサービス開発者向けセッション」で紹介された、Web技術とEdgeの現在と近未来
マイクロソフトの開発者向けイベント「Build 2017」で行われたWebサービス開発者向けのセッションから、近日登場する新機能、注目される開発中のサービスを抜粋して紹介する。(2017/5/23)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
EdgeブラウザのChrome対抗策 次なる一手はWindows 10からの分離か
Windows 10世代の新しい標準Webブラウザとして登場した「Edge」だが、度重なるアップデートにもかかわらず、シェアでは苦戦している状況だ。Chromeに対抗するための次の一手とは?(2017/5/23)

アクセル/京都マイクロコンピュータ SOLID Starter Kit for AG903:
組み込み機器向けグラフィックスLSIと統合ソフトウェア開発基盤をセットで提供
アクセルは、同社の組み込み機器向けグラフィックスLSI「AG903」の採用拡大に向け、京都マイクロコンピュータ(KMC)と協業することを発表した。(2017/4/26)

「Firefox 53」公開、40件以上の脆弱性を修正
「Firefox 53」では40件以上の脆弱(ぜいじゃく)性を修正。Windows XPとVista、および32ビットのMac OS Xに対するサポートは打ち切られた。(2017/4/20)

アプリで電話番号URLをタップしただけでトラブルに?
Apple「WebKit」の脆弱性を悪用してスマホから勝手に電話、その手口は
Appleの「WebKit」フレームワークの脆弱(ぜいじゃく)性を悪用すると、被害者のスマートフォンアプリから電話を発信させることが可能になる。この攻撃の仕組みを、専門家が解説する。(2017/4/17)

VRニュース:
製造業や建築業向けの“プロフェッショナルVR”、NVIDIAイベントで各社がデモ
VR(仮想現実)を製造業や建築業向けに応用する“プロフェッショナルVR”のイベント「NVIDIA Pro VR Day 2017」の展示コーナーでは、各社がVR体験デモンストレーションを実施した。(2017/2/6)

Google、iOS版Chromeをオープンソース化
Googleが、iOS版Chromeを他のプラットフォーム同様にオープンソース化した。これによりiOS版の開発スピードが上がるとしている。また、サードパーティー製の新たなiOS向けブラウザを開発できる。(2017/2/1)

「Chrome 56」の安定版リリース リロードが28%高速化、HTTPでの警告を追加
Googleがデスクトップ版Chromeをバージョン56にアップデートした。特にFacebookで時間のかかっていたページのリロードが28%高速化し、Firefox 51と同様のHTTPページでの警告が追加された。(2017/1/27)

Autodesk University 2016:
設計や製造でVRを使いこなせ、オートデスクが4種の体験型デモでアピール
Autodesk(オートデスク)は、ユーザーイベント「Autodesk University 2016」の展示会場で、製品設計や製造プロセスといったエンジニアリングにVR(仮想現実)を生かすための体験型デモンストレーションを実施した。(2016/11/28)

利便性とセキュリティの両立を図るには
iPhone/Androidの“危ないWebアプリ作者”にならないための「5つのやることリスト」
モバイルデバイス向けアプリケーションをWebアプリケーションとして開発することの支持が広がりつつある。一方でモバイルWebアプリケーションの採用に当たり、IT部門が考慮すべきことは少なくない。(2016/11/22)

Firefoxの高速化プロジェクト「Project Quantum」始動 2017年中に新エンジン提供へ
Mozillaが、Firefoxの次世代ブラウザエンジン「Quantum」のプロジェクトを発表した。Geckoを基にした高速でスムースなこの新エンジンを、2017年中にiOS以外(Android、Windows、Mac、Linux)向けに提供する計画という。(2016/10/31)

Google、デスクトップ向け「Chrome 54」の安定版を公開
危険度「高」の脆弱性など21件の問題が修正された。(2016/10/14)

Tech Basics/Catalog:
HTMLレンダリングエンジン
Webブラウザの主要コンポーネントであるHTMLレンダリングエンジンとは、どういった機能を提供するものなのか。またどのようなHTMLレンダリングエンジンがあるのか。主要なHTMLレンダリングエンジンの一覧とその特徴などを解説する。(2016/9/29)

「Android 7.0」はiOS並みの安全性
最新版登場でも残る危険な“レガシーAndroid”、原因はGoogleかスマホメーカーか
Android端末のセキュリティ機能が最新バージョンの「Android 7.0 Nougat」で強化される。ただしこの恩恵を全てのユーザーが享受できるかどうかは不明瞭だ。(2016/9/16)

Google、デスクトップ向けChromeを更新 危険度「高」の脆弱性を修正
最新版となる「Chrome 53.0.2785.113」では危険度の高い脆弱性も含め、複数のセキュリティ問題が修正された。(2016/9/14)

IT導入完全ガイド:
AIを活用する次世代ERPの実力
人工知能を活用する次世代型ERPの代表的な製品として、ワークスアプリケーションズの「HUE」とSAPジャパンの「SAP S/4HANA」を取り上げ、その特徴とユーザーメリットを紹介する。(2016/8/26)

Google、「Chrome 52」の安定版を公開 セキュリティ問題を修正
最新版の「Chrome 52.0.2743.82」では計48件のセキュリティ問題が修正された。(2016/7/22)

「Java Web Start」などの移行手段を解説
Javaのブラウザプラグインがついに廃止へ、「Javaアプレット」の“終活”は?
Oracleはセキュリティリスクを理由に、JavaのWebブラウザ用プラグインを廃止する。Javaベースのアプリケーションを開発してきた企業は、どう対処すべきなのか。(2016/6/24)

マウス、レンダリングエンジン「Mizuchi VR」推奨のGTX 1080搭載クリエイター向けPC
マウスコンピューターは、クリエイター向けPC「DAIV」のラインアップにシリコンスタジオ製レンダリングエンジン「Mizuchi」推奨のハイスペックモデルを追加した。(2016/6/21)

ITはみ出しコラム:
「WWDC 2016」見たさにWindows 10へアップグレードしてみます?
Windows PCでWWDC 2016の基調講演を見たいなら……。(2016/6/11)

プラグイン無しで音声やビデオ通話が可能
Appleが発表した「Safari」のWebRTC対応計画、大喜びはちょっと待つべき?
AppleはSafariで、Webブラウザで音声やビデオ通話が可能になる「WebRTC」対応することを発表した。これにより一部で祝杯ムードになっているが、専門家はそれは次期早々と話す。その理由とは。(2016/5/18)

変わるWindows、変わる情シス:
第7回 「Windows 10」の新ブラウザ「Microsoft Edge」って何がすごいの?
マイクロソフトの新OS「Windows 10」。もう使ったという人も、まだ試していないという人もいると思うが、あらためてそのポイントを“マイクロソフトの人”に解説してもらおう。第7回は「Windows 10」で登場したWebブラウザ「Microsoft Edge」について。(2016/4/1)

高性能でセキュアな実装を目指す:
次世代HTMLレンダリングエンジン「Servo」とそのブラウザのプレビューが6月に登場へ
「Firefox」向けに開発されているHTMLレンダリングエンジン「Servo」と、HTMLで実装されたServoブラウザ「Browser.html」の最初のバージョンのリリースが、2016年6月に計画されている。(2016/3/16)

Google、「Chrome 49」更新版公開 脆弱性を修正
「Chrome 49」の更新版では危険度「高」の脆弱性3件が修正された。(2016/3/10)

富士通、VRディスプレイ「zSpace」向けの多機能ビュワー「FZViewer」
富士通は、卓上設置型VRディスプレイ「zSpace」向けとなる多機能汎用ビュワー「FZViewer」の販売を開始する。(2016/2/25)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
これで「Edge」を使う気になる? 目玉の拡張機能は間もなく提供へ
MicrosoftがWindows 10とともに投入した新ブラウザ「Edge」。課題だった「IE固有機能の分離」と「Web標準へのさらなる準拠」は2015年で一段落し、2016年は攻めに転じようとしている。その鍵となる拡張機能は、間もなく提供されそうだ。(2016/2/8)

「WKWebView」採用で:
iOS版Chromeブラウザ、バージョン48で大幅高速化・安定化
Safariのクラッシュが世界規模で報告される中、Googleが大幅に高速化したiOS版「Chrome 48」をリリースした。レンダリングエンジンを「UIWebView」から「WKWebView」に切り替えたことで、安定性も70%向上したという。(2016/1/28)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。