ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ロケットスタート」最新記事一覧

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
道南いさりび鉄道の観光列車「ながまれ海峡号」勝利の方程式
北海道新幹線の開業と当時に、道南いさりび鉄道も開業する。並行在来線の江差線を継承する第3セクターだ。5月から運行を開始する観光列車「ながまれ海峡号」の予約も盛況という。この列車の仕掛け人に誕生の経緯を聞いた。(2016/3/25)

トップ1%の人だけが実践している思考の法則:
あのダイソンもそうだった――誰よりも早く「実行」する
ビジネスを成功させるには、ロケットスタートが一番。悩んでる時間にライバルは着々と実行に移しています。実行しなければ……そう、あなたのアイデアはまさに絵に描いた餅で終わってしまうのです。(2013/5/21)

ふるえるぞハート!:
あの「F-MEGA」がプリインストールだとォォォォッ! ドコモの「ジョジョスマートフォン」が本気すぎるッ!
開発者のジョジョ愛がにじむ、ディ・モールト・ベネ!!(非常に良しッ!!)なコラボケータイが登場する。(2012/5/16)

ロケットスタートが「nanapi」に社名変更
ハウツーサイト「nanapi」を運営するロケットスタートが社名を「nanapi」に変更。(2012/4/2)

「nanapi」運営のロケットスタート、3億3000万円をVCから調達
「nanapi」を運営するロケットスタートが、グロービス・キャピタル・パートナーズから3億3000万円の資金を調達した。(2010/11/29)

けんすうさんがFacebook講座 広瀬香美さんの番組で
「けんすう」ことロケットスタート社長の古川健介さんが、広瀬香美さんのUst番組「Friday Kohmi」に出演。Facebook講座を開く。配信は11月12日23時0分〜11月13日0時30分。(2010/11/12)

ねとらぼ:
登録159万人 Facebook、日本で流行の兆し
世界最大のSNS「Facebook」が日本で流行の兆しを見せている。Facebookに同時にログインして交流する「オン会」が企画されるなど、ユーザーサイドから盛り上げようという気運も。(2010/10/13)

ねとらぼ:
けんすうさんおめでとう! 個人の誕生日を祝うTwitter連携サイト
Twitterと連携した企業のキャンペーンサイトは珍しくないが、個人の誕生日を祝うサイトは、日本初かもしれない。(2010/6/2)

冬コミにTwitter本を出します
先週は乙女記者によるクリスマス記事がスパークした。“婚活中”の岡田記者はこの年末、再び冬コミにサークル参加します。(2009/12/28)

「1を10にする」ネットサービスの育て方:
「ペットじゃない、ゲームじゃない」から愛される So-net「リヴリーアイランド」
So-netの「リヴリーアイランド」は100万近い登録ユーザーがいる。ペット育成ゲームのようなサービスだが、「ペットでもゲームでもない」のが人気の秘密という。(2009/8/18)

ねとらぼ:
「Twitterがなかったら、きっと閉鎖してた」 “つぶやき”からサイト譲渡先見つかる
「ideamiを10万で買ってくれる人募集中」――Twitterに何気なく書いたつぶやきがきっかけで、アイデア共有サイト「ideami」は、閉鎖をまぬがれた。(2009/7/31)

「1を10にする」ネットサービスの育て方:
「それはできない」とは言わない 急成長する音声コミュニティー「こえ部」
3万ユーザーが利用する音声投稿サービス「こえ部」は、「お問い合わせドリブン」で開発・運営されています。ユーザーと運営者の距離が近く、お互いの“愛”が伝わっているようです。(2009/3/17)

「1を10にする」ネットサービスの育て方:
作るだけでは育たない 「1→10」支える“みんなの力”
「ミルクカフェ」「したらば」などを運営してきた、けんすうこと古川健介さんが、人気サイト運営者のインタビューを通じ、ネットサービスの育て方を伝える連載を始めます。(2009/3/16)

投稿ポエムをユーザーが朗読 「ポイミ!」と「こえ部」が連携
ユーザーが投稿した詩をユーザーが朗読――「ポイミ!」と「こえ部」が連携し、こんなサービスが始まった。(2009/3/10)

同人誌作りは甘くない 「焼き肉焼き鳥恋物語」ができるまで
初めて同人誌を作り、初めて冬コミに出展したIT戦士と仲間たち。それは厳しい戦いだった。(2008/12/29)

ロケスタ「ePiano」、JASRAC管理曲の演奏・投稿が可能に
ロケスタが運営するオンラインピアノサイト「ePiano」でJASRAC管理楽曲を演奏できるようになった。記念企画として「演奏会」を開催。(2008/11/27)

オンラインピアノ「ePiano」 曲の保存・共有も
Webブラウザ上でピアノを演奏し、ほかのユーザーに聴かせることができるオンラインピアノ「ePiano」をロケスタが公開した。(2008/8/29)

ねとらぼ:
そのカーソルを撃ち落とせ! クリック対戦「マウスバトラー」
「マウスカーソルの先から何か出たらいいなぁと思って」――カーソル同士で弾を撃ち合って対戦するシューティングゲームを、ロケットスタートが開発した。(2008/8/27)

「世界初のこっくりさんコミュニティー」公開 ロケスタ夏休み企画で
質問を投稿すると、それを見たほかのユーザーが“こっくりさん”方式で答えてくれる「こっくりさん.jp」というサイトを、ロケスタが夏休み企画として公開した。(2008/8/20)

「学校裏サイト」管理人に聞く(上):
「学校裏サイト」とは何か 管理人に聞く実態
「学校裏サイト」が「いじめの温床になっている」と報じられている。そもそも学校裏サイトとはどんなサイトで、誰が管理しているのだろうか。ホスティングしている掲示板サービス管理人に聞いた。(2008/6/19)

犯行予告情報を防犯につなげるには 「予告.in」開発者の悩み
先週のアクセストップは、犯行予告を集約するサイト「予告.in」の紹介記事だった。集まった悪質な予告を110番通報したところ、オフィスに警察がやってきてびっくりしたそうだ。(2008/6/16)

ねとらぼ:
「予告.in」が1日で進化 携帯版も構築中
ネット上の犯行予告を集約・共有するサイト「予告.in」が1日で進化した。犯罪と関係のないいたずら書き込みを制御するためフォームを改良したほか、携帯電話用サイトも構築中だ。対抗サービス「予告.out」も登場。(2008/6/13)

犯行予告収集サイト「予告.in」公開 「0億円、2時間で作った」
「総務相が、ネット上の犯行予告を検知できるソフトの開発費を来年度予算の概算要求に盛り込むと発言した。費用は数億円」という報道を受け、開発者の矢野さとるさん(26)は、犯行予告収集サイトを1人で2時間で構築・公開した。(2008/6/12)

ひとりで作るネットサービス:
世界でウケるサービスを作って、売却してみたい──taskit.jp・mizzuさん
「世界一直感的なグループウェア」を目指して作ったtaskit.jp。せっかく作ったからには、ビジネスにしたいと意気込む。ひとりでネットサービスを作って売却してみたい、と話すmizzuさんが歩んできた道とは。(2008/4/24)

ゆるいつながり目指した掲示板「ミルフィール」
Twitterのようなひと言掲示板に、「みんな仲良く」「悪口言わない」などルールを設定して共有できる「ミルフィール」が公開された。「ゆるーいコミュニティーサイトにしたい」という。(2008/3/6)

みんなでパラパラ漫画描ける「flipbook.in」
Webブラウザ上で絵を描き、パラパラ漫画化して共有できるサービス「flipbook.in」をロケ☆スタが公開。「世界最大のパラパラ漫画共有サイトを目指す」という。(2008/2/14)

ビデオチャットで“飲み会”も――Skype×エキサイト「新たな活用事例を提案」
ビデオチャットで“飲み会”、グループチャットで社内ミーティング――Skypeの新しい使い方がユーザーから登場してきているが、今後はSkypeからも提案していきたいという。(2008/2/13)

オフィスはSkype 「ギリギリ狙う」5人のベンチャー「ロケ☆スタ」
オフィスはあるけど誰も来ない。Skypeで話した方が便利だから――26歳社長が率いるベンチャーが“ロケットスタート”を切った。普通の会社では作れない「ギリギリ」のサービスを作りたいという。(2007/10/17)

ネットラジオに「野次」飛ばせる「ヤジオ」
ネット上で公開されているMP3ファイルを再生しながら、任意のタイミングでコメントを書き込める「ニコニコ動画」の音声版のようなサービスを、ネットクリエイター集団・ロケットスタートが公開した。(2007/10/17)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。