ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  R

  • 関連の記事

「Rolly」最新記事一覧

なんだか“巻きずしみたい”なヤツを試してみよう:
スピーカーごとクルクル巻けるBluetoothキーボードを試してみた
知る人ぞ知る“くるくる巻ける”キーボードの新モデルが上海問屋から登場。今度はスピーカーを内蔵し、スピーカーまで一緒にくるくる巻き取れる。(2017/7/7)

家の中に「LIXIL」ってロゴがあったらチャンス! 自宅でバーチャル宝探しができる抽選キャンペーン - PR
スマホでいますぐ参加可能です。(2016/10/11)

Windows/Android/iOSで試してみた:
くるくる巻き取れるBluetoothキーボード「KBB-710」は面白いが実用に耐えるのか?
巻き取ることでスティック状にして持ち歩けるBluetoothキーボード、LG「Rolly Keyboard」に5列キーを採用した新モデルが登場した。特異な機構に注目が集まる製品だが、その使い勝手はどうなのか。(2016/9/5)

「Cortex-A73」/「Mali-G71」:
ARMの新型コアでAR・VRの普及が加速か
「COMPUTEX TAIPEI 2016」で新しいCPUコア/GPUコアを発表したARMは、ゲームやスマートフォンでのVR(仮想現実)、AR(拡張現実)ユーザー体験を向上し、それらの普及を加速させるとしている。(2016/6/3)

くるっと巻けるBluetoothキーボード、LG Electronicsが韓国で発売へ
LG Electronicsが、巻くと五角柱になるBluetoothキーボード「Rolly Keyboard 2」を韓国で発売した。価格は12万9000ウォン(約1万2000円)。Android、iOS、Windows、OS Xをサポートする。(2016/4/18)

ぷり〜ずぷり〜ず売買しましょ:
「なんだこの濃い空間は!」――お台場でガジェット好きによる「ガジェットフリマ2015」開催
お台場でガジェット好きなら絶対に楽しめるフリーマーケットが開催。アレ……じゃなかった、レアなお宝ガジェットが会場にたくさん集まった!(2015/12/24)

ニッポンのカワイイと体毛とヒゲを盛り込んだアイドル「LADYBABY」新曲MV公開! ビアちゃんのデスボイスに酔いしれろ
「カワイイ」と「ヒゲ」がたくさん詰まったお土産ソング!(2015/7/5)

任天堂「スプラトゥーン」、世界販売100万本突破
Wii U向けソフト「Splatoon」の世界累計販売本数が100万本を超えた。(2015/6/24)

玩具屋か音楽屋か:
スピーカーになるおしゃべりロボットとしゃべるBTスピーカー、買うならどっち?
スマホを使って会話ができるロボット「オハナス」が登場したが、実はソニーモバイルが発表した愛らしい球形ボディのBluetoothスピーカー「BSP60」も簡易なエージェント機能を搭載している。欲しいのはどっち?(2015/6/4)

Mobile World Congress 2015:
「新型Rollyではありません」――しゃべって動くBTスピーカーの狙いをソニーモバイルに直撃
ソニーモバイルが「MWC 2015」でお披露目したBluetoothスピーカーの名前は「BSP60」。かわいらしい球体型ロボットを思わせる新製品の特徴を担当者に聞いた。(2015/3/13)

ITmedia ニュース読者感謝祭:
2ちゃんねる、mixi、iPhone――IT業界10年の歩み 2004〜2014アクセスランキングTOP100
2004年にスタートしたITmediaニュース。誕生から11年の各年ごとのアクセスランキングTOP100をまとめました。……全1100個!(2015/2/18)

zenmono通信:
ソニーから飛び出して、ベンチャー立ち上げ! 生体認証技術をビジネスに
モノづくり特化型クラウドファンディングサイト「zenmono」から、モノづくりのヒントが満載のトピックスを紹介する「zenmono通信」。今回は、モフィリアの天貝佐登史さんにお話を伺った。(2014/10/20)

フジテレビでiPadだけの音楽フェス開催 4月1日深夜
ほとんどのメンバーが初体験の音楽アプリ「GarageBand」を覚えてステージに上がり、繰り広げる熱いプレイにちょっとウルウル。(2014/3/31)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/5/8)

踊るマッチョなスピーカーロボ「mRobo Ultra Bass」
人型に変形する踊るロボットスピーカー「mRobo Ultra Bass」は、マッチョにサングラスでちょっと強面だ。(2012/1/23)

ライフログを記録し、学習内容に合わせ光り、音を奏でる──新コンセプト「Polaris」
iidaとしては初めてのコンセプトモデルが、フラワー・ロボティクスをパートナーに迎え開発した「Polaris」だ。ユーザーの情報をライフログとして記録し、分析・学習した結果をモニターに映し出したり、学習内容に合わせて光、音を奏で、さまざまな動作を見せる。(2009/9/9)

“Rolly”リモコン操作、NTTドコモ端末にも対応
これまでau端末のみ対応だった“Rolly”のBluetooth操作が、NTTドコモ端末の一部でも可能になった。(2009/3/6)

写真で解説する「Walkman Phone, Premier3」
ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製の「Walkman Phone, Premier3」は、「Walkman Phone, Xmini」と同じく音楽機能に注力したモデルだが、基本スペックも高い“ほぼ全部入り”といえるのが大きな違いだ。洗練された「デュアルオープンスタイル」や、さまざまなシーンで楽しめる音楽機能を中心にチェックした。(2009/1/30)

モーションがより分かりやすく――「Rolly モーションパーク」リニューアル
“Rolly”のモーションパターンを配布するWebサイト「Rolly モーションパーク」がリニューアル。(2008/11/20)

今度のRollyはケータイで“踊る”
サウンドエンターテインメントプレーヤー“Rolly”の新製品「SEP-50BT」が発売。基本機能はそのままに、携帯/PCからのリモートコントロールが可能になった。(2008/10/28)

携帯やPCが「Rolly」のリモコンに 新モデル発売
「Rolly」の新モデルは、Bluetooth通信機能を搭載したPCや携帯電話を使って遠隔操作できる。(2008/10/28)

隣のメカ設計事情レポート(2):
SONYの音楽プレーヤー「Rolly」、5つの設計課題
踊る音楽プレーヤー「Rolly」の筐体設計の秘密を設計者自らが語る。小さなシンプルボディーには、思いとこだわりゆえの苦労と技術が詰まっていた(2008/9/17)

ソウルミュージック入り、ソニスタ限定ウォークマン&Rolly
ソニースタイルがウォークマンとRollyに5曲のソウルミュージックをプリインストールしたスペシャルパッケージを発売。(2008/5/23)

Rollyが踊る、「○○○○でエクササーイズ♪」
ソニーがWebサイト「“Rolly”モーションパーク」をリニューアル、第一弾としてお笑いコンビ「藤崎マーケット」とのコラボレーション企画「ラララライモーション」が追加された。(2008/4/18)

踊る音楽プレーヤー「Rolly」にブラックバージョン
ソニーの音楽プレーヤー「Rolly」に、ブラックモデルが追加。モーション共有サイトもリニューアルされ、「ラララライモーション」などコラボものも配信開始。(2008/3/31)

レビュー:
Bluetoothで「つながる」ウォークマン――「NW-A820」
ウォークマンに最新モデル「NW-A820シリーズ」が登場した。トンがった機能が満載というわけではないが、Bluetoothによる通信機能を搭載し、手堅く使い勝手のいい製品に仕上がっている。(2008/3/3)

写真で解説する“Cyber-shotケータイ”「W61S」(外観編)
“Cyber-shotケータイ”「W61S」は、ドコモ向け「SO905iCS」と同じ5メガCMOS+光学3倍ズーム+顔認識AF+スマイルシャッターというハイスペックカメラに加え、さらにワンセグとBluetoothを搭載したハイエンドモデルだ。(2008/1/29)

大型有機ELや「音楽×スポーツ」で「多様なニーズに対応」 au春モデル
auの春モデルは「多様なライフスタイルに対応する」とし、映像・音楽・カメラ機能などをそれぞれ強化した“専門端末”をラインアップした。ただ画期的な新サービスなどはなく、純増1位を走っていたころのアグレッシブさは見えない。(2008/1/28)

2008 International CES:
“飛ばさない”高速無線技術、ソニーが開発
米Sonyが1月から春にかけて北米市場に投入する新製品を紹介した。同社の説明会はブース内で行われるため、展示品の内覧会といったテイストを併せ持つ。今回も一足先に展示物を見ることができた。(2008/1/7)

2008 International CES:
ソニーの音楽プレーヤー「Rolly」、米国デビューへ
転がる音楽プレーヤー「Rolly」が春に米国に上陸する。(2008/1/7)

デジモノ家電を読み解くキーワード:
デジタル家電の2007年を振り返る(ポータブルオーディオ/デジタルカメラ編)
デジタル化の流れは絶えずして、しかも元の製品にあらず。今年も着実に進化を続けたこのジャンル、まだまだ目を離せそうにない。年末特別企画の第2弾となる今回は、2007年におけるポータブルオーディオとデジタルカメラのトレンドを振り返る。(2007/12/27)

トロとクロに聞きました 「ところで、ニコ厨ですか?」
「どこでもいっしょ」のトロとクロがニュースをゆるーく伝えるPS3の番組「トロ・ステーション」が人気だ。「初音ミク」とか「Nice Boat.」などネットの話題も満載。お2人、ひょっとしてニコ厨ですか?(2007/12/26)

LifeStyle Weekly Access Top10:
「うまい棒」は奥が深い
多彩なフレーバーをラインアップしている「うまい棒」。あなたは「メンタイ」派? 「ポタージュ」派? それとも……「なっとう」派?(2007/12/3)

プロフェッサー JOEの「Gadget・ガジェット・がじぇっと!」:
「iPodキラー」という見出しでグレムリンにされたモグワイ“Rolly”と遊ぶ
まったくの的はずれな期待とともに姿を現してしまったソニー「Rolly」だが、素顔の彼は秘密にしておきたいほどの魅力を持った“エンターテイナー”だ。(2007/11/28)

LifeStyle Weekly Access Top10:
ソニーブースの隠れた人気者
過去最高の20万人以上を動員して無事閉幕したCEATEC。有機ELとならぶソニーブースの人気者は?(2007/10/9)

CEATEC JAPAN 2007:
有機ELテレビを見逃すな
ソニーブースの見どころはやはり有機ELテレビ。世代違いの画質を体験できるとあってかなりの人気だが、MPEG-4対応のBDレコーダーや70V型のBRAVIA、ワンセグウォークマンなども注目。Rollyも踊ってる。(2007/10/2)

ダンスを交換――Rolly モーションパーク開設
ソニースタイルが「Rolly」のダンスモーション(モーションファイル)を共有するサイトを開設。アフィリエイトにも対応する。(2007/9/28)

東京ゲームショウ2007:
見れば分かる! その簡潔なまでの新作発表会に豪華ゲスト集う――「アクティビジョン カンファレンス 2007」
9月21日、アクティビジョンは今冬までに日本で発売される4タイトルの新作発表会を、水泳選手の北島康介さんをはじめ、ゲームが昔から大好きな山本モナさんら豪華ゲスト陣を招いて催された。(2007/9/22)

LifeStyle Weekly Access Top10:
「Rolly」、一番の楽しみ方は“みせる”こと?
先週のランキングも「iPod」関連記事に占められた。iPod以外のネタとしては、ソニーの新感覚オーディオプレーヤー「Rolly」関連の記事が2本食い込んでいる。(2007/9/18)

動画で見る「Rolly」
“サウンドエンターテインメントプレーヤー”「Rolly」の踊りっぷりを動画でチェック。(2007/9/10)

ソニー「Rolly」の正体は“転がる”音楽プレーヤー
ソニーの「Rolly」は、卵形・手のひらサイズのスピーカー一体型音楽プレーヤーだ。音楽に合わせて本体が回転したり、本体を転がして曲送りができるのが特徴。「サウンドエンターテインメントプレーヤー」として新市場を開拓する。(2007/9/10)

ソニーのiPodキラー?「Rolly」が正式発表
ソニーが新コンセプトの音楽プレーヤー「Rolly」を正式発表。“サウンドエンターテインメントプレーヤー”と銘打つその正体は?(2007/9/10)

News Weekly Access Top10(2007年8月19日−8月25日)
元ひきこもり・元無職 2人の社長の共通点
元ひきこもりのpaperboy&co.家入一真社長と、元無職の字幕.inの矢野さとる社長には、2つの共通点がある。(2007/8/27)

今度こそiPodキラー? ソニー、音楽プレーヤー「Rolly」を予告
ソニーは音楽プレーヤーの新製品「Rolly」(ローリー)を今秋発売する。9月の正式発表に先駆け、動画投稿サイトのようなプロモーションサイトを開設した。(2007/8/20)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。