ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「労働時間」最新記事一覧

キャリアニュース:
上場企業の時給ランキング2017――1位は時給7682円
企業リサーチサイト「Vorkers」が「上場企業の時給ランキング2017」を発表。M&Aアドバイザリー会社の「GCA」が時給7682円で1位を獲得した。また、トップ10の企業は全て時給が5000円を超えた。(2017/6/23)

常見陽平のサラリーマン研究所:
やっぱり、生産性向上に必要なのは「投資」だ
生産性についてを論じるとき、よく「日本人はダラダラ仕事をしている」と労働者をせかす意味で使われるが、これはやや勘違いをしている。生産性を上げるために必要なのは、投資なのだ。(2017/6/23)

約1万2000人の申告者増加:
ヤマトの未払い残業代、約230億円に拡大
ヤマトの過年度の未払い残業代が、4月公表の190億円から230億円に膨らむ見通し。確認を進めたところ、申告者増と申告時間増があったという。(2017/6/21)

政府が男性に簡単な料理を提案する「おとう飯」始動 イクメン増加目指す施策に「労働時間の削減が先決」との指摘も
お父さんだって料理をしようにも、技術以前に時間がないとする意見が多数。(2017/6/14)

5大商社が上位に:
上場企業の給与を「時給」で換算 1位は?
上場企業の給与を時給換算すると、どの企業が高給なのだろうか――Vorkers調べ。(2017/6/13)

PR:「思い込みは捨てよ!」――ライフネット生命・出口会長が斬る、日本人が働き方を変えなくてはならない理由
政府が躍起になって推進する「働き方改革」だが、日本企業の取り組みはまだこれからといった状況だ。企業で抜本的な働き方改革を進めるには、どうしたらよいのか。自社でいち早く、在宅勤務や同一労働・同一賃金、定年制廃止などの制度を取り入れてきたライフネット生命保険の出口治明会長に聞いた。(2017/6/12)

週刊「調査のチカラ」:
現代人の時間の価値 オンタイムは3669円、オフタイムは6298円
生活者の時間に対する意識、子どもの意識の20年間における変化など、「時間」をキーワードに関連調査データを集めてみました。(2017/6/10)

課題は?:
宅配ボックスで再配達49%→8%に激減 パナの実験結果
パナソニックによると、宅配ボックスを設置する実証実験の結果、開始前に49%だった再配達率を8%にまで減らすことができたという。(2017/6/8)

パナソニック、宅配ボックス実証実験の最終結果報告 4カ月間で再配達率が49%から8%に減少
福井県あわら市と協力しての、再配達ゼロの町を目指すプロジェクトがおよそ成功。(2017/6/8)

宅配ボックスで再配達率が49%→8%に、パナが実験 一方「使えない」不満も……
パナソニックが一戸建て約100世帯に宅配ボックスを設置したところ、再配達率が49%から8%に。ただ、使わなかった世帯も……なぜ?(2017/6/8)

「週休3日制」 佐川に続きヤマトと日通も視野
佐川急便が一部地域で正社員のドライバーに週休3日制を導入した。ヤマト運輸や日本通運でも待遇改善の動きが相次ぐ。(2017/6/8)

ログアウトのない人生……スマホは社員を縛る「電子足輪」か
家に帰っても会社とつながっているのが長時間労働の元凶――韓国で動き始めた「働き方改革」で、スマートフォンがやり玉に挙がっている。(2017/6/7)

東京・山梨の事業所で:
佐川急便、週休3日制導入 ドライバーの「働き方」変える
佐川急便が、東京都と山梨県の事業所に週休3日制を試験導入したことを明らかにした。(2017/6/6)

佐川急便、ドライバーに「週休3日制・副業OK」 試験的に導入
佐川急便がセールスドライバーの正社員採用で、週休3日制を試験的に導入。週休2日制より1日当たりの勤務時間は延びるが、給与などの待遇は同等だ。(2017/6/6)

スピン経済の歩き方:
日本の生産性が低いのは「たばこ後進国」だから?
数年ほど前から「日本企業の生産性が低い」といった話をよく耳にする。労働時間を短縮したり、効率化を図ったり、さまざまな取り組みをしているが、喫煙者の問題はあまり話題にならない。仕事中に「ちょっと一服」と言って、何度も離席する人は生産性がいいのだろうか。(2017/6/6)

キャリアニュース:
AI時代に重要な能力は「対人関係力」と「創造力」
総合人事/人財サービスを展開するアデコが「AI(人工知能)時代に求められるスキル・能力」についての調査結果を発表。AI時代に部下に求める「ビジネスで重要な能力」として「対人関係力」「創造力」を挙げた人が多かった。(2017/6/6)

Over the AI ―― AIの向こう側に(11):
おうちにやってくる人工知能 〜 国家や大企業によるAI技術独占時代の終焉
今回のテーマは「おうちでAI」です。といっても、これは「AIを自宅に実装すること」ではなく、「週末自宅データ分析およびシミュレーション」に特化したお話になります。さらに、そうなると避けては通れない「ビッグデータ」についても考えてみたいと思います。そして、本文をお読みいただく前に皆さんにも少し考えていただきたいのです。「ビッグデータって、いったいどこにあるのだと思いますか?」(2017/5/31)

Weekly Memo:
AIに“忖度”は無用 AI時代に求められるスキルとは?
AI時代に求められるスキルとは何か。人材サービス会社が行った調査結果が興味深い内容だったので、それを基に考察してみたい。(2017/5/29)

PR:働き方改革の第一歩 場所と時間にとらわれない申請・承認業務を実現するには?
現在、「働き方改革」の機運が高まっている。ただし、多くの企業では依然として紙ベースの業務が残っており、テレワークなどの働き方改革を進める上でのボトルネックになっている。こうした中、改めて注目されつつあるのが、ペーパーレスかつ場所と時間にとらわれない申請・承認を可能にするワークフロー製品だ。(2017/5/29)

「キントーン」広告に反響大:
改革で現場はため息? ネットで話題「働き方広告」の意図
「ノー残業、楽勝! 予算達成しなくていいからね」――現場からの声を取り上げた「キントーン」の広告がネットで話題に。果たしてその意図とは?(2017/5/26)

視点:
生産性向上に向けたデジタルの活用方法
昨今はさまざまな業務生産性に寄与するデジタルツールが展開されているが、自社内での業務整理ができていないままではその効力は最大限に発揮されない。デジタルと上手に向き合うためのポイントとは?(2017/5/22)

週刊「調査のチカラ」:
誰のための働き方改革? 調査で見えたビジネスパーソンの本音
「働き方改革」について、ビジネスパーソンの本音やいかに。残業規制やオフィスワーカーの労働環境に関する調査データをお届けします。(2017/5/20)

FacebookがビジネスSNSに本腰 「Workplace」日本展開の狙い
昨年10月に発表したビジネスSNS「Workplace by Facebook」を日本で正式提供。企業の業務効率を上げ、働き方改革を推進する狙い。(2017/5/18)

「ビジネスパートナーに」:
Facebook、企業向けSNS「Workplace」国内導入
Facebookが企業向けSNS「Workplace by Facebook」を日本市場に導入。社内の情報共有やコミュニケーションを促進する。国内では既にコロプラやビズリーチなどが導入し、社内交流が活発に。(2017/5/18)

「ノー残業、楽勝! 予算達成しなくていいならね」 上司に今すぐ突きつけたい広告が話題に
「とてつもない煽(あお)り力」と話題に。(2017/5/16)

3200台のiPhoneで医療現場の負担は減るのか 慈恵医大の挑戦
ITを活用した働き方改革は、企業だけでなく、医療の現場にも変化をもたらしている。約3200台ものiPhoneを導入し、医療、そして病院内のIT活用を進める東京慈恵会医科大学の取り組みを取材した。(2017/5/12)

「人材投資が柱」:
骨太の柱は「大学教育の機会均等」、見えない財源メド
経済財政運営の方針を示す今年の「骨太方針」の柱の1つに、大学教育の機会均等と質の向上が盛り込まれる公算が大きくなっている。(2017/5/11)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
2時間の差は人生の差
あと2時間早く帰れるだけで勉強したり、人に会ったりできる。2時間早く帰ることができる人と、できない人には仕事の量ではなく生産性の差がある。(2017/5/11)

トップインタビュー:
星野リゾート、ブランド作りの条件とは?
大阪・新今宮エリアに新たな都市観光ホテルの開業を目指すなど、その取り組みが注目を集めている星野リゾート。同社の経営トップである星野佳路代表に事業展望などを聞いた。(2017/5/10)

トヨタ ウェルウォーク WW-1000:
トヨタのリハビリロボットが商用化、歩行練習の効率を1.6倍に
トヨタ自動車は、歩行リハビリテーション支援ロボット「ウェルウォーク WW-1000」を発表した。2004年のコンセプト提案から始まった同社のパートナーロボット事業として、初めて有償で販売する製品となる。(2017/5/8)

ヒツジさん、おたる水族館で草刈り仕事に着任 「休憩時間は海を見ながらのんびり」とうらやますぎる労働条件
10月までの任務です。(2017/4/25)

ロイター企業調査:
残業規制で企業の4割が「支障」 働き方改革5割が費用増
新たに導入される残業上限規制の結果、事業に支障が出ると回答した企業が約4割に。(2017/4/21)

予想外のコラボにざわ…… アドビ公式トップにまさかのトネガワ登場、帝愛の長時間労働解決に乗り出す
社員の労働時間を気にする兵藤会長。(2017/4/19)

マイクロソフトの働き方改革:
会議時間を27%短縮 無駄な時間の削減、AIが手助け
日本マイクロソフトが、自社の「働き方改革」の内容を報道陣向けに公開。人工知能(AI)を導入した分析ツール「MyAnalytics」を活用した取り組みなどを紹介した。(2017/4/19)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(28):
「やりたいこと」はなくていい――新入社員に贈る10のエール
「やりたいことをやろう」「スキルを磨こう」「努力しよう」「つらいことも辛抱しよう」――よくある新入社員への助言です。でも、もっと大切なことがあるのでは?(2017/4/19)

売れまくる「宅配ボックス」 必然のブームかバブルか
宅配ボックスの売り上げが急増しているが、バブルの気配も出始めた。(2017/4/18)

ビジネスの裏側:
売れまくる「宅配ボックス」 再配達49%→8%に
宅配ドライバーの負担を軽減する切り札になるとみられている宅配ボックスの売り上げが急増、新商品の発表も相次いでいる。(2017/4/17)

ヤマト運輸、宅急便の運賃を27年ぶり値上げ 労働環境改善の一環 ネット通販の荷物量抑制も示唆
ヤマト運輸が労働環境の改善に向けて、「働き方改革」の基本骨子5つを決定しました。(2017/4/13)

ロボット開発ニュース:
トヨタのパートナーロボットが初の商用化、歩行練習のリハビリの効率を1.6倍に
トヨタ自動車は、歩行リハビリテーション支援ロボット「ウェルウォーク WW-1000」を発表した。2004年のコンセプト提案から始まった同社のパートナーロボット事業として、初めて有償で販売する製品となる。(2017/4/13)

「働き方改革は日本の一丁目一番地」――半歩先の未来を体感できる「HPE Intelligent Spaces」とは!?
日本ヒューレット・パッカード(HPE)が、日本マイクロソフトとコラボレーションして日本の働き方改革を推進する。(2017/4/12)

残業上限「月100時間」は妥当か?
残業時間の上限規制は、繁忙期に月100時間未満とすることで決着した。これは妥当なのか?(2017/4/10)

年間720時間:
残業の上限規制100時間はどう評価すべきか
政府の働き方改革で焦点だった残業時間の上限規制は、繁忙期に月100時間未満。この上限規制をどう評価すべきか。労働問題に詳しい日本総合研究所チーフエコノミストの山田久氏と、過労死等防止対策推進全国センター共同代表幹事を務める弁護士の川人博氏に聞いた。(2017/4/10)

働きやすさは「合理的な武器」に ハンズラボの長谷川流ワークスタイル改革
デジタル改革を推進する武闘派CIOとして知られるハンズラボの長谷川秀樹氏。昼夜を問わずに働くタイプだった同氏が働き方改革を意識するようになったきっかけとは。(2017/4/5)

基準に満たなければ取り消しも:
厚労省、子育て支援企業認定の基準厳しく 過重労働防ぐ
厚生労働省が、「子育てサポート企業」認定(くるみん認定)を厳格化。労働時間に関する基準などが追加された。(2017/4/3)

ライフロボティクス CORO:
吉野家の食器洗浄を支援する協働ロボット、自動仕分けで78%の工数削減を目指す
ライフロボティクスは、同社の多関節型協働ロボット「CORO(コロ)」が吉野家の店舗における食器洗浄工程に導入されたことを発表。食器洗浄作業にかかる工数を約78%削減することを目指す。(2017/3/31)

「働き方改革」を諦めかけた企業へ
“残念な会議”を生産性向上の場に変える「Surface Hub」の実力とは
働き方改革に取り組んではいるが、具体的な成果が上がらない――。こうした企業が見落としているポイントとは何か。取るべき策とは。読者アンケートを踏まえて考える。(2017/3/31)

実行計画を策定:
非正規待遇差に事業者の説明義務=働き方改革会議
政府は安倍晋三首相を議長とする「働き方改革実現会議」を開催し、これまでの議論の成果として「働き方改革実行計画」をとりまとめた。(2017/3/29)

協働ロボット:
「ちょっと洗い物手伝って」吉野家が協働ロボ導入で78%の工数削減に成功
ライフロボティクスは、牛丼を主力とする外食チェーンの吉野家に同社が展開する“肘”のない協働ロボット「CORO」を導入。店舗における食器洗浄工程で約78%の工数削減に成功したことを明らかにした。(2017/3/29)

放送が落ちるのは「悪い状態」に慣れてしまっているから 女性アニメーターに聞くアニメ業界の今
女性アニメーターの小谷杏子さんにお話を聞きました。(2017/3/30)

提供:東日本電信電話株式会社
「ワークスタイル変革」調査:現場の声が教える成功のヒント
業務効率の向上やコスト削減などを目指して多くの企業が実践している「ワークスタイル変革」。その取り組みを成功させるには、どんなアプローチを取る必要があるのか。キーマンズネットの読者アンケートからその手掛かりを探る。(2017/3/23)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。