ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「労働時間」最新記事一覧

関連キーワード

Microsoft Focus:
時間の使い方を可視化し、AIがアドバイス 「MyAnalytics」は働き方をどう変える?
「生産性の向上に目を向けることなく、単に労働時間だけを減らしても、ビジネスの成長を伴った働き方改革は実現できない」――。そう指摘するマイクロソフトが、AIを使った働き方改革を提案している。その中身は?(2017/2/25)

機動力を高めるツール活用術:
PR:多様化する「社内コミュニケーションツール」 企業が抱える導入の課題点とは?
企業の生産性を高める上で欠かせない「社内コミュニケーションツール」――。メールを始め、グループウェアやファイル共有、社内SNS、ビジネスチャットなどさまざまなツールを導入したのの、うまく活用できていないケースも見られるようだ。ツールを有効活用するためにはどうすればいいのか。(2017/2/20)

36時間連続勤務、遺品に「丸投げ禁止」「重圧かけるな」……過労自殺で刑事告訴 業務上過失致死容疑で
西日本高速道路の社員だった男性が自殺したのは、長時間労働を減らす対策を怠ったのが原因だとして、男性の遺族が、同社の計8人を業務上過失致死容疑で告訴した。(2017/2/17)

あの職業は「月60時間」で過労死ライン 残業規制は何時間が適切か
残業時間規制について政府は、過労死ラインとされる「月80時間」を念頭に、月平均で60時間を残業の上限とする意向だが、政府案に待ったをかけたのが……。(2017/2/16)

禁止の会社は77.2%:
社員の副業を認めている企業は2割、ダメな理由は?
就業規則で社員の副業・兼業を認めている企業はどのくらいあるのだろうか。リクルートキャリアの調査によると、「容認している」と答えたのは22.6%だった。(2017/2/15)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(26):
残業がなくなれば、人生はバラ色になるの?――ワークライフバランスの正しい取りかた
ワークライフバランスが叫ばれている昨今、残業も大きな問題になっています。しかし、「残業=悪」なのでしょうか。仕事の不満や悩みを解消するヒントをお届けする本連載。今回のテーマは、エンジニアの「仕事と残業の在り方」です。(2017/2/13)

キャリアニュース:
ワークライフバランス満足度が最も高いのは「派遣社員」
派遣のお仕事まとめサイト「エン派遣」が「ワークライフバランス」についてのアンケート調査結果を発表した。ワークライフバランス満足度が最も高かったのは「派遣社員」で、47%が「(バランスが)良い」と回答した。(2017/2/10)

最高としか言いようがない オリックス、“5日間連続で有給休暇を使うとレジャー費用を支給してもらえる制度”導入
弊社にも! 弊社にも!(2017/2/9)

東京ライフ・ワーク・バランス認定企業:
残業削減、育児両立――中小企業が取り組む働き方改革
2016年度「東京ライフ・ワーク・バランス認定企業」が発表。企業の経営課題であり、強みにもなる「働き方改革」だが、中小企業にとってモデルケースとなる取り組みにはどのようなものがあるだろうか?(2017/2/9)

月60時間、年720時間を上限に:
残業規制「繁忙期」焦点に 政府案に連合反発
政府は長時間労働是正に関する本格的な議論を始めた。法定化する罰則付きの残業時間の上限について、月60時間、年720時間とした上で、繁忙期は一時的に月100時間まで認める方針だが、連合からは早くも異論が出ている。(2017/2/7)

賞与の増加など影響:
16年の実質賃金、0.7%増で5年ぶりプラス 厚労省
厚生労働省が2月6日発表した毎月勤労統計調査(速報)によると、実質賃金が5年ぶりに増加していたことが分かった。(2017/2/6)

アニメーターの待遇問題は改善されているか “アニメーター寮”に住む若手に聞いた
現役若手アニメーターと今年から働く新人を取材しました。(2017/2/5)

低価格な衛星測位の実力は?:
PR:自動車・低空・農地で「誤差数センチ」、小型GNSS受信モジュールの性能が分かった
人工衛星を利用した高精度測位が変わろうとしている。低コストのモジュールを利用して、従来と同等の位置精度「数cm」を確保できそうだからだ。民生市場に広く役立つ見込みがある。研究者が発表した同モジュールの評価・検証結果を紹介する。(2017/1/26)

長時間労働の是正から:
「働き方改革」は、健康寿命を延ばす
徐々にでも労働時間が減っていくのは、今の生活というより、むしろ先々に必ず迎える高齢期を見据えると、非常に良いことである。(2017/1/24)

キャリアトレック調べ:
あなたの会社も?「残業多い」「生産性低い」6割上回る
「ウチの会社、残業が多くて生産性が低い……」そんな悩みを抱えるビジネスパーソンは多い――人材サービスのビズリーチ調べ。(2017/1/20)

「違法な時間外労働が約44%の事業場で確認」 厚労省が長時間労働に関する監督指導結果を公表
脳・心臓疾患を発症した労働者が、その直近6カ月間平均で月92時間の時間外労働を課されていた事例も。(2017/1/18)

働き方改革の1つ:
プレミアムフライデーって本当にできるの?
経済産業省と経団連、業界団体などは、毎月末の金曜日に早めの退社を促し、個人消費を喚起する取り組み「プレミアムフライデー」を2月24日から実施する。停滞する個人消費の拡大とライフスタイルの変革を目指す。(2017/1/16)

三菱電機を書類送検 違法な長時間労働で 研究職の男性に残業月160時間、上司が過少申告指示
三菱電機の研究職の男性に違法な長時間労働をさせた疑いで、神奈川労働局が11日、同社と当時の上司を書類送検した。(2017/1/11)

2017年 新春インタビュー特集:
働き方を含めたビジネスインフラの変革に注力――富士通・阪井常務
ワークスタイル変革やデジタル変革といった数々の“変革”が叫ばれるが、それらは企業のビジネスインフラに直結する。世界16万人の社員が働き方変革を実践する富士通が、2017年に目指すものとは――。(2017/1/11)

キャリアニュース:
自社の労働生産性を「低いと感じる」ミドル層は64%
転職サイト「ミドルの転職」が「労働生産性」についてのアンケート調査結果を発表した。自社の労働生産性が「低いと感じる」人は64%で、生産性を妨げることとして「1人当たりの業務量過多」を挙げた人が最も多かった。(2017/1/6)

2017年 新春インタビュー:
デジタル改革で変わるべきはIT、そして人――日本マイクロソフト・平野社長
多くの企業がデジタル改革の必要性に気付き始めた2016年。クラウドファーストの製品や技術、ワークスタイル改革のノウハウでそれを支援するのが日本マイクロソフトだ。企業がデジタル改革を成功させるために欠かせない要素として、同社社長の平野氏が挙げたのは……。(2017/1/5)

エン・ジャパン 退職のきっかけ:
退職を考えるきっかけは? 年代問わず「給与・待遇への不満」が最多
エン・ジャパンが運営する総合求人・転職支援サービス「エン転職」は、「退職のきっかけ」についてのアンケート調査結果を発表した。(2016/12/28)

エイベックス松浦社長、労基署からの是正勧告に持論 GLAY・TERUも賛同
「法律が現状と全く合っていないのではないか」としています。(2016/12/23)

「等身大のCIO」ガートナー重富俊二の企業訪問記:
IT活用で最大限の「おもてなし」――そのためにはシステム部門は良きユーザー部門であれ
2020年に向けビジネスの拡大が見込める観光業界。その一方では、人手不足という課題も抱えている。少数精鋭で最大限の「おもてなし」を提供するためには、ITの活用が不可欠になる。(2016/12/21)

キャリアニュース:
退職のきっかけ――トップは「給与・待遇への不満」
転職支援サービス「エン転職」が「退職のきっかけ」についての調査結果を発表。退職を考えるきっかけは、年代を問わず「給与・待遇への不満」が最も多かった。(2016/12/13)

人手不足解消で業績絶好調!:
“ワンオペ”で叩かれた「すき家」のいま
2014年に人手不足によって国内1985店のうち1250店で深夜営業を休止した「すき家」。あれから約2年半。休止していた店舗の約9割が深夜営業を再開した。同社はどのようにして、深刻だった人手不足問題を解決したのだろうか。(2016/12/6)

1〜3位は全年代で共通:
退職を考えたきっかけ ベスト3は?
退職を考えたきっかけは?――エン・ジャパン調べ。(2016/12/1)

“グループ力”で「人」と「仕事」の課題を解決:
PR:なぜ、多くの企業は失敗するのか?――「人と仕事のプロ」が成功に導くワークスタイル変革のポイントとは
企業のクラウド/デバイスの活用が活発化したことで、ワークスタイルや仕事環境も大きく変化してきている。同時にサイバー攻撃や情報漏えいなどに対するセキュリティ対策も必要なってきている。インテリジェンス ビジネスソリューションズでは、クラウド/デバイスの時代に即した環境のセキュリティ対策を「Enterprise Mobility+Security(EMS)」で実現し、企業の“ワークスタイル変革”を強力に支援する。(2016/11/29)

違法状態もあった:
20代の約3割が「自社はブラック企業」と認識
自分の勤め先がブラック企業だと思う労働者の割合は24.6%――。連合総研の調べ。(2016/11/29)

“いま”が分かるビジネス塾:
技術革新は本当に長時間労働をなくすのか
残業の問題が生産性から来ているのだとすると、AI(人工知能)の普及はこの問題を一気に解決する救世主となるかもしれない。だがそのためには「時間」に対する考え方をもっと前向きに捉える必要がある……。(2016/11/29)

世界を「数字」で回してみよう(36) 人身事故:
飛び込みにまつわる「6つのなぜ」に新たな仮説が続々?
今回は、「なぜ7月に飛び込みが多いのか」「なぜ火曜日に飛び込みが減るのか」など、私が仮説立案できなかった6つの疑問に対して、読者の皆さまが寄せてくださった仮説の中から、私のハートにヒットしたものを紹介したいと思います。後半では、小田急線の人身事故に巻き込まれた人々の実際のTwitterを分析してみました。(2016/11/24)

高齢男性で家事をやっている人は、何%?
男性は、年をとっていくときに何を考えておくべきか。(2016/11/15)

経済産業大臣の発言「(残業は)帰宅後に自宅でやって」が逆の意味で拡散され炎上 「自宅なら残業にあたらない」は誤解
本来は残業削減を目的とした取り組みですが、「長時間労働を推奨している」と逆の意味で受け取られてしまっているもよう。(2016/11/9)

「何でコスプレするの?」 みんなの疑問をコスプレイヤー本人に聞いてみた
皆さんは「コスプレイヤー」にどんなイメージを持っていますか?(2016/11/6)

水曜インタビュー劇場(宇宙人公演):
えっ、放送枠を買って、自分の曲を歌う? 千葉の英雄「ジャガー」流の働き方
千葉の英雄「ジャガー」さんをご存じだろうか。地元テレビ局の放送枠を買い取って、自ら収録した番組を流す――。破天荒な功績をたたえて(?)、千葉テレビは社長賞を贈ることに。地元で知らない人はいないと言われるジャガーさんって、どのような人物なのか。調べてみると……。(2016/11/2)

時代は「特捜部」から「かとく」へ “ブラック企業”対策チーム 電通女性社員失い「鉄槌」へ
電通に厚生労働省の「過重労働撲滅特別対策班」が立ち入り調査を断行した。かとくは、いわゆる「ブラック企業」対策として設けられた特別なチームだ。(2016/10/27)

日本のソフト技術者、労働時間は最も長く、やりがいは最下位 国際比較
日本のソフト技術者は労働時間が長い一方、やりがいや満足度は低いという国際比較を同志社大が発表した。(2016/10/26)

目を光らせる7人の精鋭:
時代は「特捜部」から「かとく」へ 電通女性社員失い、過重労働撲滅に向け
東大卒の新入社員を自殺に追い込んだ、広告大手代理店の電通に厚生労働省の「過重労働撲滅特別対策班」が立ち入り調査を断行した。かとくは、いわゆる「ブラック企業」対策として設けられた特別なチーム。長時間労働が美徳だった時代は既に終わった。(2016/10/26)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(22):
「死にたい」と思うほど仕事でストレスを抱えたときに――最も大切なのは、あなた
仕事をしていると、ストレスを抱えることがあります。「死にたい」と思うほど仕事のストレスを抱えたときは、どうすればいいのでしょうか? 仕事の不満や悩みを解消するヒントをお届けする本連載。今回のテーマは「過度なストレスを抱えたとき、どうする?」です。(2016/10/19)

世界を読み解くニュース・サロン:
日本人、それってオカシイよ 「過労死」を生む日本企業の“常識”
過労死の問題が話題になっている。この問題に対して、海外メディアはどのように報じているのか。「労働時間」「残業」「休暇の取得」などは常識の範囲内で行っているつもりかもしれないが、外国人からは“非常識”に映っているようだ。(2016/10/18)

「受刑者の7時間労働が楽過ぎるので8時間へ」報道に驚きの声 「合わせるのが逆」「服役したい」
法制局は「国民の声を聞いて調整していく」との返答。(2016/10/17)

「遺書メールに誰を入れるか考えていた」 過労自殺の電通社員「苦悶の叫び」 壮絶「鬼十則」が背景か
電通に勤めていた高橋まつりさんが、過労を苦に自殺したことが波紋を広げている。高橋さんは直前の2カ月、友人や母親らに、「過労」をうかがわせる50通以上のメッセージを発信していた。(2016/10/17)

週刊「調査のチカラ」:
秋の調査特集「痛過ぎる代償」
組織の風評被害やECサイトでの情報漏えい事故の影響度、人工知能に過労まで、ビジネスパーソンの「知って備える」に役立ちそうな調査データをピックアップしました。(2016/10/15)

AAAタイトルは開発者を破壊する 「アンチャーテッド」ディレクターが語る過酷な「デスマーチ」事情
海外では“Crunch”と呼ばれ問題視されているようです。(2016/10/13)

月の残業80時間超える企業が20%超 政府が初となる「過労死白書」を作成
一般労働者の年間総実労働時間は2000時間前後と高いまま、有給の取得率は50%を切っています。(2016/10/7)

「みなし残業」めぐるトラブル 匿名ブログの指摘を受け「転職ドラフト」運営会社が謝罪
転職サービス「転職ドラフト」を開催するリブセンスが、「選考前に提示された年収と内定後の年収に差がある」という匿名ブログの指摘を受け、謝罪と今後の方針を発表した。(2016/9/27)

平凡でもフルーツでもなく、、、:
なぜ、IT技術者にはメンタル不調が多いのか?
心が折れる職場の10の特徴とは。SEが心に問題を抱える意外な理由とは。(2016/9/24)

マネーの達人:
「106万の壁」と「国民年金の第3号被保険者の廃止」は無関係ではない
平成28年10月1日から、パートやアルバイトなどの短時間労働者でも一定の条件を満たす人は健康保険や厚生年金保険などの社会保険に加入しなくてはなりません。今回は、俗に言う「106万の壁」と「国民年金の第3号被保険者の廃止」の関係について説明します。(2016/9/20)

仕事の満足度が高い職種は? 1位は……
仕事の満足度が高い職種は?――転職情報サイト「DODA」調べ。(2016/9/9)

キャリアニュース:
仕事に対する満足度調査――総合1位は「法務/知的財産/特許」
転職サービス「DODA(デューダ)」が「仕事に対する満足度調査」の結果を発表。「総合」「仕事内容」「給与・待遇」「労働時間」「職場環境」を指標別に点数付けしたところ、総合満足度が最も高い職種は「法務/知的財産/特許」だった。(2016/9/9)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。