ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「Samsung Gear VR」最新記事一覧

製造業VR開発最前線(後編):
「とにかくデータが巨大」「ケーブルが邪魔」――製造業VRの悩ましい課題を乗り越えよ!
製造業VR開発最前線 後編では、実際の導入を検討するにあたっての具体的な事項や、今後の具体的な発展、製造業でのゲームエンジンの利用によるVR開発の広がりについて説明する。(2016/9/26)

「Galaxy」シリーズの多くと互換性を確保
徹底レビュー:安価で手軽に仮想現実世界を体験、Samsung「Gear VR」2016年モデル
Samsung Electronics「Gear VR」の2016年版では「Galaxy」シリーズの多くと互換性が確保された。スマートフォンと接続するだけで本格的な仮想現実(VR)体験ができる新型ヘッドセットの実力に迫る。(2016/9/25)

タイトーステーションでVR作品の上映が開始 「攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver」など
ゲームセンターでVR体験!(2016/8/24)

Samsung、米国のGalaxyシリーズ専用音楽サービス「Milk Music」を終了へ
Samsungが2014年に米国のGalaxyユーザー向けに立ち上げた音楽ストリーミングサービス「Milk Music」を9月に終了する。“パートナーモデル”に移行するとしている。(2016/8/22)

甲斐寿憲のキニナルモバイル:
スマホとVRビジネスはどうなる? HTC NIPPONの玉野社長に聞く
日本市場に初のAndroidスマートフォンを投入したHTCが存在感を見せ始めている。最新のハイスペックスマートフォン「HTC 10」の販売が好調なほか、VR「Vive」も注目されている。変化のスピードが速い中で、次々に新製品を投入しているHTC NIPPONの玉野社長に話を聞いた。(2016/8/18)

マインクラフトがOculus RiftでVRプレイ可能に
マイクロソフトは、サンドボックスゲーム「マインクラフト」をVR対応HMD「Oculus Rift」でプレイできるようになったと告知した。Windows 10向け「Minecraft: Windows 10 Edition Beta」の無償アップデートで対応する。(2016/8/16)

Oculus Riftサポート版「Minecraft: Windows 10 Edition Beta」、8月15日に公開
Microsoft傘下のMojangは8月15日、「Minecraft: Windows 10 Edition Beta」をアップデートし、VR HMD「Oculus Rift」をサポートしたと発表した。(2016/8/16)

「マインクラフト」、ついに「Oculus Rift」をサポートへ
「マインクラフト」を手掛けるMicrosoft傘下のMojangが、8月15日の週にリリース予定の「Minecraft:Windows 10 Edition Beta」(バージョン0.15.6)で、VR HMDの「Oculus Rift」をサポートすると発表した。年内発売予定のコントローラー「Oculus Touch」もサポートする予定だ。(2016/8/13)

水中でも「Pokemon GO」ができる
徹底レビュー:進化を遂げた「Galaxy Note7」、iPhoneファンの気持ちを逆なでする機能とは
「Galaxy Note7」は、大きなディスプレイ、生産性を向上するスタイラスペンなど、「Galaxy Note」シリーズの最新機種として進化を遂げている。その実力を確かめてみよう。(2016/8/13)

石井英男の「週刊Gear VR」(第9回):
大人も子供もはまる!サンドボックスゲームの金字塔「Minecraft Gear VR」
GALAXYスマートフォンと組み合わせて気軽に本格VRが楽しめる「Gear VR」。本連載では、Gear VRで楽しめるアプリを毎週紹介していく。第9回目はサンドボックスゲームの金字塔「Minecraft Gear VR」を紹介したい。(2016/8/5)

Samsung、VR HMD「Gear VR」新モデルを価格据置(99ドル)で発売へ
Samsung Electronicsが「Galaxy Note7」で使える新しい「Gear VR」を発表した。コネクタを変えれば他のGalaxyシリーズでも利用できる。視野角が広がり、デザインもかなり変わったが価格は99ドルに据え置きだ。(2016/8/3)

本体+Sペンが防水仕様、虹彩認証にも対応した「Galaxy Note7」登場
Samsung Electronicsが「Galaxy Note7」を8月19日に世界で発売する(日本での発売は未定)。左右の端が曲がったエッジディスプレイ(5.7型Super AMOLED)を採用。Sペンも防水・防塵対応となったほか、ペン先がさらに細く、筆圧感知も向上した。(2016/8/3)

PR:今夏の注目モデル「Galaxy S7 edge」はどこがスゴい? 明るいカメラ、高精彩ディスプレイ……その“本気ぶり”を徹底チェック
もっと性能の高いスマホを使いたい……そんなユーザーの“わがまま”に応えるべく開発されたのが「Galaxy S7 edge」だ。本記事では、同端末を実際に使用しているITジャーナリストの房野麻子氏が、他機種と一線を画すカメラ機能や高精彩ディスプレイといった注目ポイントを深掘り解説する。(2016/7/29)

石井英男の「週刊Gear VR」(第8回):
ディスカバリーチャンネルの番組をVRで楽しめる「Discovery VR」
GALAXYスマートフォンと組み合わせて気軽に本格VRが楽しめる「Gear VR」。本連載では、Gear VRで楽しめるアプリを毎週紹介していく。第8回目は、ディスカバリーチャンネルで過去に放送された番組の中から、特に人気の高い番組をVRで見ることができる「Discovery VR」を紹介する。(2016/7/21)

イード、「アイドルとドキドキ体験」VR参入でストップ高
イード(東証マザーズ)がストップ高。アイドル映像に特化した実写VRコンテンツプラットフォームに反応した。(2016/7/15)

サムスン、4K撮影もできる全天球カメラ「Gear 360」を7月15日発売 実売価格は4万円台後半
2016年2月にグローバル発表された全天球カメラ「Gear 360」が、いよいよ日本でも登場する。4K相当の解像度で360度動画を撮影できることが最大の特徴だ。(2016/7/14)

4K動画が撮れる全天球カメラ「Galaxy Gear 360」7月15日発売
サムスン電子ジャパンが、360度の写真や動画を撮れる「Galaxy Gear 360」を7月15日に発売。Galaxy端末やHMD「Gear VR」で撮影したコンテンツを視聴できる。(2016/7/14)

渋谷に「Galaxy Cafe」が期間限定オープン――Galaxyの最新スマホやVRを体験
「ハワイ」をテーマにしたVRコンテンツや「Galaxy S7 edge」などを体感できる「Galaxy Cafe」が渋谷ロフトにオープン。期間は7月14日〜8月3日。(2016/7/11)

米NBC、「Gear VR」向けにリオデジャネイロオリンピックの一部をVR放映へ
米テレビネットワーク大手のNBCが、8月5日から開催のリオデジャネイロオリンピックの85時間分をNBC Sports会員にVRコンテンツとして提供する。視聴するにはSamsungのHMD「Gear VR」が必要だ。(2016/7/1)

「モバイルプロジェクト・アワード2016」結果発表――「AbemaTV」「Gear VR」などが受賞
「モバイルプロジェクト・アワード2016」の受賞プロジェクトが決定。モバイルコンテンツ部門、モバイルプラットフォーム・ソリューション部門、モバイルハードウェア部門の最優秀賞・優秀賞のほか、社会貢献賞が選出された。(2016/6/29)

渋谷の“VR4Dシステム”で「攻殻機動隊」の世界にダイブ!
渋谷マルイの「I.Gストア」で、「攻殻機動隊」のVRコンテンツを視聴できる。(2016/6/29)

石井英男の「週刊Gear VR」(第7回):
太陽系を自由に飛び回れる! VRプラネタリウム「星座表」
GALAXYスマートフォンと組み合わせて気軽に本格VRが楽しめる「Gear VR」。本連載では、Gear VRで楽しめるアプリを毎週紹介していく。第7回目は、宇宙の広さを実感できるプラネタリウムアプリ「星座表」を紹介する。(2016/6/28)

バットマン仕様の「Galaxy S7 edge」、7月4日12時予約開始 限定100台
バットマンを連想させるブラックな「Gear VR」と、オリジナルスマホカバー、ゲーム用クーポンが付属する。(2016/6/27)

石井英男の「週刊Gear VR」(第6回):
気分はスターウォーズ! コントローラー対応の3Dスペースシューティング「Anshar Wars 2」
GALAXYスマートフォンと組み合わせて気軽に本格VRが楽しめる「Gear VR」。本連載では、Gear VRで楽しめるアプリを毎週紹介していく。第6回目は、ゲームコントローラーに対応した本格3Dスペースシューティングが楽しめる「Anshar Wars 2」を紹介する。(2016/6/20)

SIMフリー市場はどう攻める? 未来のGalaxyはどうなる?――サムスン堤CEOに聞く
2016年のフラグシップモデル「Galaxy S7 edge」が好調に売れているサムスン電子。同社はVR、カメラ、ウェアラブルなどスマホの周辺領域も拡充している。スマートフォンは今後、どのように進化するのか。サムスン電子ジャパンの堤浩幸に話を聞いた。(2016/6/17)

Gear VRの“本気”を体感できる:
サムスン、グランフロント大阪にS7 edgeやGear VRを体験できる「Galaxy Studio」を期間限定オープン
「Gakaxy S7 edge」や「Gear VR」を体験できるエンターテインメントパークの第2弾が、大阪駅前のグランフロント大阪に出現する。Gear VRの“本気”を体感できる4D VR Theaterなど、見どころはたくさんある。(2016/6/17)

技術の進歩には、いつも人間の欲求があった:
“ヴァーチャル・セックス”は、何を産み出す? 「アダルトVRフェスタ」で最前線にいるクリエイターに聞く
「歴史上、ポルノが繁栄しないメディアなど存在しない」――VRブームを迎えた今、水面下で盛り上がりを見せるのがアダルトコンテンツだ。VRは“大人の快楽”にどんなブレイクスルーをもたらすか。国内初となるイベント「アダルトVRフェスタ01」で、アダルトVRの最前線にいるクリエイターたちに話を聞いた。1ページ目はVRの現状、2ページ目以降はアダルトVRに関する話題を取り扱う。(2016/6/15)

見てる風景をまるごと投稿 Facebookで360度写真をシェアして楽しめるように
端末によってはVRでも見られます。(2016/6/11)

「360度・全方位写真」がトレンドに? Facebookが投稿・閲覧機能
Facebookはニュースフィード上に360度写真(全方位写真)を投稿・閲覧できる新サービスを始める。(2016/6/10)

Facebook、「360写真」でニュースフィードへの360度画像の投稿を可能に
Facebookが360度動画に続けて360度画像もニュースフィードでサポートした。リコーThetaなどのカメラやスマートフォンのカメラアプリで撮影したパノラマ/360度写真をFacebookに投稿すると自動的に加工され、視点を変えながら見られる写真になる。(2016/6/10)

石井英男の「週刊Gear VR」(第5回):
人気のサーカス「シルク・ドゥ・ソレイユ」の公演を特等席で楽しめる「Cirque du Soleil's Kurios」
GALAXYスマートフォンと組み合わせて気軽に本格VRが楽しめる「Gear VR」。本連載では、Gear VRで楽しめるアプリを毎週紹介していく。第5回目は、シルク・ドゥ・ソレイユの世界を楽しめる「Cirque du Soleil's Kurios」を紹介する。(2016/6/9)

ハコスコ出資と「Vive」店頭デモでVRの認知度アップ狙うKDDI
2020年に700億ドルに達するとみられるVR市場。大容量・低遅延の5G向けキラーアプリにという声も。(2016/6/7)

石井英男の「週刊Gear VR」(第4回):
リアルならぬVR脱出ゲーム!? 人気の謎解きアドベンチャーゲームが楽しめる「Floor Plan」
GALAXYスマートフォンと組み合わせて気軽に本格VRが楽しめる「Gear VR」。本連載では、Gear VRで楽しめるアプリを毎週紹介していく。第4回目は、VR脱出ゲーム「Floor Plan」を紹介する。(2016/6/2)

ブラックの端末にゴールドのシンボル! au限定で Galaxy S7 edge の「バットマンモデル」が発売決定
100台限定で発売。(2016/5/31)

バットマンモチーフの「Galaxy S7 edge Injustice Edition」、auで100台限定発売
au Online Shopで、バットマンをモチーフとした「Galaxy S7 edge Injustice Edition」が登場。6月下旬以降に100台限定で販売する。(2016/5/31)

ARM、モバイルVR/AR用GPU「Mali-G71」発表 Samsungもライセンス済み
ARMが、スマートフォンのVR/AR性能を強化するCPUおよびGPUを発表した。2017年のフラッグシップ端末に搭載される見込みだ。GPU「Mali-G71」はグラフィックスAPI「Valkan」に最適化されている。(2016/5/31)

携帯販売ランキング(5月16日〜5月22日):
ドコモとauが「Galaxy S7 edge」発売、「iPhone SE」抑えランキング上位に
ドコモとauが「Galaxy S7 edge」を発売。総合ランキングでは「iPhone SE(64GB)」を上回る3、4位で初登場となった。(2016/5/28)

日本でも発売予定:
デザイン、カメラ、サウンドを強化+VRにも対応――ZTEが「AXON 7」を発表
ZTEは5月26日、グローバル向けの新しいスマートフォン「AXON 7」を発表した。質感の高いボディーや強化したサウンド性能、そしてGoogleのVRプラットフォーム「Daydream」に初めて対応させたことなどが、大きな特徴となっている。(2016/5/27)

オリジナルVRコンテンツを無料配信「360Channel」 旅番組や工場見学、アイドルライブなど
360度動画配信サービス「360Channel」をオープンした。地震の被災地の記録映像、観光スポット案内、アイドルライブなどをVRで視聴できる。(2016/5/26)

VRプラットフォーム:
Googleの「Daydream」、Qualcommも苦心
Googleは、開発者向けイベント「Google I/O 2016」の基調講演で、VR(Virtual Reality)プラットフォーム「Daydream」を発表した。この実現に協力した半導体メーカーは、なかなかに苦労を強いられたようだ。(2016/5/25)

石井英男の「週刊Gear VR」(第3回):
美しいVR空間上でジグソーパズルが楽しめる「Starry」
GALAXYスマートフォンと組み合わせて気軽に本格VRが楽しめる「Gear VR」。本連載では、Gear VRでどんなアプリが楽しめるのかを毎週紹介していく。第3回目は、VR空間でジグソーパズルが楽しめる「Starry」を紹介する。(2016/5/20)

その場で買えます:
S7 edgeを体験できる「Galaxy Studio」現地レポート ダチョウ倶楽部もVRに驚き
サムスン電子のフラッグシップスマートフォン「Gakaxy S7 edge」を体験できるイベントが、東京駅前のKITTEで開催中だ。開催初日には、ダチョウ倶楽部の面々が駆けつけ、S7 edgeと「Gear VR」を“体験”した。(2016/5/19)

2016年秋より始動:
Google、Androidスマートフォン向けVRプラットフォーム「Daydream」発表 専用VR HMDにコントローラーも
「Daydream」には、モバイルOSの次期バージョン「Android N」に「VR Mode」が搭載されること、VR体験に最適なハードウェアを備えるDaydream Readyスマートフォンとコントローラー付きVR HMDの発売、VRアプリ配信プラットフォームなどが含まれる。(2016/5/19)

Google、VRプラットフォーム「Daydream」発表 HMDは端末セット形式で今秋登場
GoogleはVRプラットフォーム「Daydream」を発表した。ヘッドセットはスタンドアロンではなく、「Gear VR」のようにスマートフォンをセットする形式だ。小型のコントローラーが付属するシステムは今秋登場の予定だ。(2016/5/19)

Mobile Weekly Top10:
母の日に格安スマホ 「Xperia X Performance」海外版との違い【5/9〜5/15の人気記事】
今週は母の日に格安スマホ(2台目)をプレゼントした結果……という新入社員M記者のコラムがトップでした。(2016/5/17)

Google I/O直前うわさまとめ 「Android VR」やAmazon Echo対抗サービス?
日本時間の5月19日午前2時スタートのGoogle I/O 2016の基調講演で発表されそうな項目のうわさをまとめてみた。「Android VR」やProject Tangoのエリア認識技術の他、Android Wearのアップデートや新しいメッセージングアプリなどが予想されている。(2016/5/17)

オリジナルVRコンテンツを無料配信「360Channel」 コロプラ子会社がリリース
VRヘッドマウントディスプレイで楽しめるオリジナル360度動画の配信サービス「360Channel」が5月中にオープンする。(2016/5/16)

Acerが5K解像度、210度視野角のハイエンド向け「StarVR」でVR HMD参入 
スウェーデンのStarbreezeと組み、ハイエンドVR HMD製品を開発・販売する。(2016/5/16)

石井英男の「週刊Gear VR」(第2回):
無料とは思えない完成度! “スペハリ”と“Rez”を足して2で割ったようなVRシューティングゲーム「Smash Hit」
GALAXYスマートフォンと組み合わせて気軽に本格VRが楽しめる「Gear VR」。本連載では、Gear VRでどんなアプリが楽しめるのかを毎週紹介していく。第2回目は、シューティングゲームの「Smash Hit」を紹介する。(2016/5/15)

ITはみ出しコラム:
Googleが今度こそダンボールじゃないVR HMDを出してくる?
日本時間5月19日から始まるGoogle I/O 2016。期待したいのはやはり「VR」です。(2016/5/14)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。