ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「札幌ドーム」最新記事一覧

日本ハム、「新球場を建設」報道にコメント
北海道日本ハムファイターズが新球場の建設を検討しているという報道に対し、親会社の日本ハムがコメント。(2016/5/24)

日ハムが最先端ロボットピッチャーを募集→セガが1984年の「ロボピッチャ」で応募する
キャッチャーまで届くのかどうか、それが問題だ……。(2016/5/21)

GLAYと日ハムがコラボ! 5月5日札幌ドームの試合前にはライブパフォーマンスと始球式が!
投げるのはTERUさん。(2016/3/22)

雪ミク×日本ハムファイターズのコラボみたび発動! バッティングセンターで雪ミクさんが全力投球しますぞ!
天使の雪ミクさん、バーチャル投手として北の大地に登場。(2016/2/6)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
まだ間に合う、やはり小久保監督は辞任すべき
初の国際大会「プレミア12」で、日本代表の侍ジャパンは3位に終わった。大会前から「世界一を獲る」とぶち上げ続けていた小久保監督に対し、批判が集中。ネット上では今も沈静化する気配はまったくない。(2015/11/26)

侍ジャパンのキャラクター「応援侍たまべヱ」がホームラン級のユルさ 歌には謎の中毒性も
つば九郎も嫉妬する魅力。(2015/11/9)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
ハンカチ王子はこのまま“終焉”を迎えるのか
ハンカチ王子こと斎藤佑樹投手が、再び一軍のマウンドに立つ。今季でプロ5年目。これまで目立った活躍をしていない彼に残された道は、結果を出すことしかない。果たして……。(2015/8/6)

球界初、日ハム選手会がオリジナル絵本制作へ
シーズンオフには選手による読み聞かせイベントも開催予定。(2015/5/16)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
ファウルボールでケガ→賠償 プロ野球界はどう向き合うべきか
ファウルボールにご注意ください――。プロ野球観戦に行くと、このような場内アナウンスが球場で流れる。しかし、いくら注意をしても打球による事故は起こる。これまで打球事故に関する訴訟が何度も起こされてきたが、先日注目すべき判決が下された。それは……。(2015/4/2)

「4Kではできない、を潰していく」――4K番組制作の現場
NexTV-F主催の「第2回4K・8Kコンテンツ制作者・技術者ミーティング」では、番組制作に直接携わった技術者やディレクターが現状を語った。4Kならではの利点、そして4Kだからこその難しさとは?(2015/3/10)

日ハムCS進出記念――電子書店「たびのたね」で球団公認の「るるぶ」が80円に
球団の歴史や選手紹介のほか、もちろんグルメや観光情報まで押さえたガイドブック『るるぶ北海道日本ハムファイターズ』が、栗山監督の背番号を意識した「80」円で発売中。(2014/10/17)

日ハムが伝説企画「カップルでキスしたら入場無料!」&「仮装で入場無料!」を復活
俺らはコスプレでワンチャンあるから(震え声)。(2014/7/22)

PR:最新AQUOS PHONE×DTSサウンドを体験――スノーボードイベント「TOYOTA BIG AIR 2014」
2月22日〜23日に、札幌ドームでスノーボードイベント「TOYOTA BIG AIR 2014」が開催された。会場内には最新の音響技術「DTS Sound」を搭載したAQUOS PHONEを体験できるブースが登場。来場者はどんな感想を持ったのだろうか?(2014/2/27)

最新のAQUOS PHONEも体験できる――2月22〜23日に「トヨタ・ビッグ・エア」開催
スノーボードストレートジャンプ競技大会「第18回トヨタ・ビッグ・エア」が2月22〜23日に札幌ドームで開催される。会場ではシャープのAQUOS PHONEでDTS Soundを体験できる。(2014/2/18)

復活! 道産子バーチャルアイドル「北乃カムイ」第2章がスタート
一度は引退を発表した北海道の萌えキャラ「北乃カムイ」が、復活を宣言。(2013/11/15)

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
楽天・田中将大の「10倍返し」――常に意識するのは『超向上心』
プロ野球史上3人目となる開幕15連勝を果たした楽天・田中将大投手。「全試合で全球種を完ぺきに投げ分ける」と高い評価を得ている今季のマー君に何があったのか?(2013/8/8)

学生の視点でWindows 8を訴求:
キーワードは“オールインワン”――大学生にWindows 8の魅力を伝えるには
学生のWindows利用推進を促す、大学生主体のマーケティングチーム「Windows Ambassador」の活動報告会が開催された。彼らは複数の学園祭でWindows 8搭載PCのタッチ&トライイベントを行い、感想を聞いたという。今の学生にWindows 8はどう映ったのか。(2012/12/4)

相場英雄の時事日想:
ダルビッシュ会見にみる、“伝わる・伝わらない”の分水嶺
大リーグへの移籍が決まったダルビッシュ有投手が、札幌で会見を開いた。その映像を見て「ファンを大切にしているなあ」と感じた人も多いのでは。彼が会見で示した姿勢……それは日本の政治家に欠けているモノではないだろうか。(2012/2/2)

初音ミクがスノボ競技会のイメージキャラに
初音ミクがスノーボード競技会「TOYOTA BIG AIR」のイメージキャラに起用された。スノボに乗った姿で広告やチケットに登場する。(2011/12/27)

球場経営、リーグビジネス……楽天が変えたプロ野球の仕組みとは
かつて日本では絶対的な人気を誇っていたものの、娯楽の多様化や地上波放送の回数減などで変化が生じているプロ野球。そのビジネスも変わりつつあるが、その変化をけん引している東北楽天ゴールデンイーグルスの井上智治オーナー代行が球場経営やリーグビジネスの考え方など、楽天が変えたプロ野球の仕組みについて語った。(2011/9/16)

フルチェンケータイにファイターズモデル――札幌ドームで購入も
端末の外観からメニュー、個装箱までファイターズ一色――。auから日本ハムファイターズ仕様のフルチェンケータイが登場する。(2009/3/12)

入場業務を効率化:
札幌ドーム、QRコードによる入場認証でチケットレスを実現へ
QRコードを使って入場認証ができるサービスを、札幌ドームが2009年2月に開始する。(2008/12/26)

イー・モバイル、11月のサービス拡大エリアを発表――サンシャインシティなどを追加
イー・モバイルは、11月1日から11月末日までに同社のサービスが利用可能になったエリアや施設を公開した。(2008/12/17)

「W63CA」「W64SH」「W63H」が“ファイターズケータイ”に対応
KDDIは、au携帯を北海道日本ハムファイターズ仕様にカスタマイズできる「ファイターズケータイ」の対応機種に「EXILIMケータイ W63CA」「AQUOSケータイ W64SH」「Woooケータイ W63H」を追加した。(2008/11/21)

au携帯向け「ファイターズケータイ」登場
KDDIと北海道日本ハムファイターズは、au携帯を“ファイターズ仕様”にカスタマイズできる「ファイターズケータイ」サービスを開始した。ファイターズデザインの待受画面やメニューUI、試合速報や専用ファンサイトへアクセスできるau oneガジェットデータなどが使える。利用料は無料。(2008/9/12)

道新が電子新聞実験 電子ペーパー端末「iLiad」活用
北海道新聞社とイーストは、携帯型の電子ペーパー端末「iLiad」に洞爺湖サミット関連記事を配信する電子新聞実験を行う。(2008/6/17)

みんなで作る地球のあした、企業発“巻き込みエコ”最前線:
第6回 毎日マイエコ自己申告――ブラザー工業の植樹活動
ブラザー工業では、従業員やその家族が毎日のエコ活動を自己申告し、貯めたエコポイントで植樹する「エコポイント活動」を展開中だ。6月16日からは新たに、顧客から回収した使用済み消耗品もポイント対象に加えた。同社のエコ活動に迫る。(2008/6/17)

カプコンが次世代ワールドホビーフェアの出展内容決定
(2008/6/16)

東京・札幌で開催決定――「次世代ワールドホビーフェア'08 Summer」
(2008/6/9)

「マスターガイド」やノベルティプレゼントも──「X02HT」のタッチ&トライキャンペーン
HTC Nipponは9月22日〜24日と9月29日〜30日の5日間、原宿、渋谷、六本木と札幌でストレート型スマートフォン「X02HT」のタッチ&トライキャンペーンを開催する。(2007/9/19)

ポケモンブースが「第24回次世代ワールドホビーフェア」に登場
(2006/6/13)

日ハム主催試合をYahoo!動画で無料配信
(2006/6/9)

第24回 次世代ワールドホビーフェアのセガブース出展内容発表
(2006/6/2)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。