ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「GALAXY Note Edge SC-01G」最新記事一覧

レンタル即返却芸も可:
PCがなくてもできるよ モバブで動くワイヤレスDVDドライブで出張リッピング
PCなしで、CDを借りてリッピングし、すぐに返せるソリューション。(2016/5/20)

似た設計と機能を持つ2つのデバイスを徹底比較
「iPhone 6s」を選ぶべき人と、「Galaxy S7」を選ぶべき人 比べて分かったその理由
Appleの「iPhone 6s」とSamsungの「Galaxy S7」は、搭載しているOSの違いはあるが、似た性能を持つ機種だ。どちらの機種が優れているのか比較してみた。(2016/5/7)

開発陣に聞く:
Galaxy S7/S7 edgeは何が変わったのか? 防水/microSDスロット復活の経緯は?
Samsungの「Galaxy S7」と「Galaxy S7 edge」は、同社の最新技術を詰め込んだフラッグシップスマホ。S6シリーズから正統進化した2モデルだが、何が変わったのか? 韓国のSamsung本社で企画担当者に疑問をぶつけた。(2016/5/6)

その価格に見合う実力を備えているか
徹底レビュー:iPhoneファンも欲しがる「Samsung Galaxy S7 edge」に死角はない?
かつてiPhoneに対抗しうる数少ないAndroidスマートフォンだったGalaxyシリーズに最新モデルが登場した。そのシェアは絶対的ではなくなったものの高い処理能力と個性的なデザインは健在だ。その実力を確かめてみる。(2016/3/20)

全12機種が対象:
au、スマホ・タブレットのAndroid 6.0へのバージョンアップを予告
auのAndroidスマートフォン・タブレットのAndroid 6.0へのバージョンアップ予定が公表された。対象は全12機種。(2016/3/4)

Samsung、GalaxyシリーズのAndroid 6.0更新開始 エッジスクリーンに新機能も
Samsungが、Galaxyシリーズの「Android 6.0 Marshmallow」アップデートを発表した。まずは「Galaxy S6」および「 Galaxy S6 edge」のアップデートを2月15日に開始する。ただしアップデート対象モデルや時期は国や通信キャリアによって異なる。このアップデートで、エッジスクリーンの機能も強化された。(2016/2/16)

ドコモ、Android 6.0へのバージョンアップ予定機種を案内――3月上旬から順次
ドコモが、Android 6.0へのバージョンアップを予定しているスマートフォンとタブレットを案内。3月上旬頃から順次提供を開始する。(2016/2/10)

ソフトウェアでiPhoneを凌駕できる?
サムスンは逃げるAppleの“尻尾”に触ることができるのか
韓国Samsung Electronicsは、モバイル部門のトップを交代した。彼に与えられた任務はハードウェアではなくソフトウェアでGalaxyがAppleのiPhoneを凌駕すること、というが?(2015/12/15)

携帯料金はどうなる? 端末やサービスの戦略は?――NTTドコモ加藤社長に聞く
携帯料金見直しの議論がなされている中で、ドコモはどんなスタンスで取り組んでいくのか。さらなる低容量プランは生まれるのか? また、端末やサービスはどのような戦略で取り組んでいくのか。加藤社長に聞いた。(2015/11/18)

SIM通:
あのスマホが中古市場から消えた? 9月の中古端末
謎のau端末人気や、人気のあのシリーズが姿を消すなど、9月のランキングはいろいろ番狂わせが……。(2015/11/4)

LG、2画面、2フロントカメラのハイエンドAndroid端末「V10」発表
LG Electronicsが、5.7型ディスプレイの上に2.1型ディスプレイを搭載するハイエンドAndroid端末「V10」を発表した。500万画素のフロントカメラを2台搭載し、自撮り棒なしでもグループセルフィーが撮影できるのも売りの1つだ。(2015/10/2)

70インチスクリーンサイズの投影が可能
なぜ付けた? プロジェクター内蔵タブレット「Lenovo YOGA Tablet 3 Pro」のスゴイ仕組み
欧州家電見本市「IFA 2015」で発表されたプロジェクター内蔵タブレット「Lenovo YOGA Tablet 3 Pro」。大容量のバッテリー容量と美麗なディスプレイを持つタブレットの実力を探る。(2015/9/26)

伸び悩む市場のリーダー
企業ユーザーは「Galaxy」よりも「iPhone」、Samsungはどこで道を誤ったのか?
企業は韓国Samsung Electronicsのデバイスに興味を持たず、同社はGalaxy S6の発売にもかかわらず、グローバルなスマートフォン市場でのシェアがさらに低下した。(2015/9/18)

デジタル文具:
紙に書いたメモを電子化する新カテゴリの製品――ワコム「Bamboo Spark」を発表
紙とボールペンで書いたメモがデジタルデータになる「Bamboo Spark」ほか、新製品を発表した。コンシューマー向けタブレットの「Intuos」シリーズも刷新。(2015/9/4)

KDDI、「GALAXY Note Edge」のAndroid 5.0アップデートを開始
端末単体でアップデートする場合のファイルサイズは約1.2Gバイト。(2015/8/28)

「Samsung Gear S2」の予告も:
大画面と小型のジレンマを解消?――「Galaxy S6 edge+」「GALAXY Note 5」はココが進化した
ニューヨークで発表されたSamsung Electronicsのフラッグシップ製品2つ。「Galaxy S6 edge+」と「GALAXY Note 5」は何が進化したのか? 発表内容と実機を中心にリポートする。(2015/8/14)

バラして見ずにはいられない:
「Galaxy S6 Edge」は中身も“世界初”のオンパレード
世界初のデュアルエッジスクリーンを搭載したSamsungのフラッグシップモデル「Galaxy S6 Edge」。分解・調査の結果、中身も世界初の部品が多数採用されていた。(2015/7/24)

ドコモ、「GALAXY Note Edge SC-01G」をAndroid 5.0へバージョンアップ
NTTドコモは、サムスン電子製スマートフォン「GALAXY Note Edge SC-01G」をAndroid 5.0にするOSバージョンアップを実施した。(2015/7/23)

Samsung、“iPhone 6S”回避で次期「GALAXY Note」を8月中旬発売か
Samsung Electronicsが、例年は9月の「GALAXY Note」シリーズの新モデル発売を、8月中旬に前倒しすることでAppleの次期iPhoneに先んじようとしているとWall Street Journalが報じた。(2015/7/12)

全部で10機種:
KDDI、Android 5.0へのバージョンアップを予告
KDDI(au)は、スマホ・タブレットのAndroid 5.0へのバージョンアップ予定を公表した。全10機種が対象で、開始時期などは後日発表となる。(2015/6/4)

全部で15機種:
ドコモ、Android 5.0へのバージョンアップを予告 2機種は開始済み
NTTドコモは、スマホ・タブレットのAndroid 5.0へのバージョンアップ予定を公表した。全15機種が対象で、うち2機種は6月4日からバージョンアップを開始している。(2015/6/4)

手帳のデザインをスマホに――「MARK'S」の文具雑貨が発信する“新しいスマートライフ”
デザインステーショナリーメーカー「MARK'S」のスマートフォン向けケースが、Smart Laboで販売されている。今回はそのMARK'Sの商品企画担当者に、製品作りのこだわりを聞いた。(2015/5/29)

5カ月連続で「Xperia Z3 Compact SO-02G」が1位――SBIの2015年4月中古携帯/スマホ売上ランキング
2015年4月中古携帯/スマホ売上ランキングでは、NTTドコモの「Xperia Z3 Compact SO-02G」が5カ月連続で1位に。2位は先月に引き続き「Xperia Z3 SO-01G」となっている。(2015/5/7)

エッジスクリーンは違和感ある?――「Galaxy S6 edge」の“ここ”が知りたい(1)
画面の両端がカーブしているエッジスクリーンを持つ「Galaxy S6 edge」。まわりからは「けっこう違和感あるんじゃないの?」という声が多く寄せられる。本当にそうなのか? 実際に試してみた。(2015/4/28)

NTTドコモ、月々サポートを最大1万368円増額する「U25デビュー割」開始
NTTドコモは、25歳以下のユーザーが対象機種を購入した際に「月々サポート」を最大1万368円増額して月額料金を安くする「U25デビュー割」をスタートした。(2015/4/3)

モバイル版MS-DOSや鋭すぎるGALAXY Edgeなど、海外エイプリルフールネタをご紹介
時差の関係で1日遅れになるが、海外エイプリルフールネタを厳選してご紹介する。Microsoftのモバイル版MS-DOSは実際にLumiaシリーズにインストールして使える。(2015/4/2)

神尾寿×吉岡綾乃が対談:
PR:月額400円で読み放題! ビジネスパーソンの強い味方「dマガジン」とは
月額400円で120誌以上の人気雑誌を読むことができる「dマガジン」(ドコモ)。「タブレットのユーザーならば契約して損はない」というジャーナリストの神尾寿氏と、dマガジン愛用者Business Media 誠の吉岡綾乃編集長が、dマガジンを使っての情報収集術などを語り合った。(2015/3/31)

最新スマートフォン徹底比較(2014年冬モデル編):
ドコモおすすめ5機種レビュー(第2回)――バッテリー持ち&ベンチマークはどう?
5機種ともハイスペック、さらに4機種が3000mAhを超えスタミナも十分なドコモ冬春モデル。今回は、YouTubeの連続再生・静止画の連続表示・待受時の消費電力テストと、ベンチマークテストを実施。どのスマホが優秀か?(2015/3/20)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
スマホカメラ徹底比較2015春の陣(後編)――自撮り最強カメラはコレだ!!
最近のスマホはカメラ機能が進化して、一見しただけでは端末間の違いが分かりにくい。作例を見ながらカメラが自慢の6モデルを比較してみよう。(2015/3/9)

Mobile World Congress 2015:
美しく生まれ変わったSamsungの新生フラッグシップ「Galaxy S6 edge」「Galaxy S6」を写真で速攻チェック
ロゴを一新したSamsungの「Galaxy」シリーズ新モデル2機種が発表された。背面にガラス素材、側面にメタル素材を採用したフラッグシップ機「Galaxy S6 edge」「Galaxy S6」の特徴を早速写真でチェックしていこう。(2015/3/2)

ブランドロゴ変更:
Samsung、デュアルカーブディスプレイの「Galaxy S6 edge」発表――通常ディスプレイの「Galaxy S6」も
Samsungの新製品発表会「Galaxy Unpacked 2015」が開催され、画面左右が側面にカーブしている「Galaxy S6 edge」と通常ディスプレイの「Galaxy S6」が発表された。(2015/3/2)

Mobile World Congress 2015:
注目すべき発表を総復習!――「MWC 2015」開幕前日レポート
Samusungの「Unpacked」イベントに始まり、ソニー、HTCなど各社が新端末をお披露目するとうわさされているMWC 2015の見どころを予習していこう。(2015/3/1)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
スマホカメラ徹底比較2015春の陣(前編)――機能、スペック、画質すべてを丸裸に
スマホカメラの進化は著しい。もはやどの端末も大差ないでしょ? なんて思う人がいるかもしれないが、とんでもない。最新スマホ6モデルを撮り比べて徹底比較してみた。(2015/2/24)

週間記事ランキング
曲面ディスプレーが売りの「GALAXY Note Edge」、その完成度は微妙?
Samsung Electronicsが独創的な工夫を加えた意欲作「GALAXY Note Edge」を徹底レビュー。直近1週間の人気コンテンツをランキング形式で紹介します。(2015/2/20)

最新スマートフォン徹底比較(2014年冬モデル編):
ドコモおすすめ5機種レビュー(第1回)――基本スペックや持ちやすさを比較する
ドコモ冬春モデルの5機種はどんなユーザーに最適か? 本特集では「ARROWS NX F-02G」「GALAXY Note Edge SC-01G」「AQUOS ZETA SH-01G」「Xperia Z3 SO-01G」「Xperia Z3 Compact SO-02G」の計5機種を比較。まずは基本スペック、注目機能をチェックしてみよう。(2015/2/18)

奇抜なデザインのエッジは一長一短
徹底レビュー:曲面ディスプレー「GALAXY Note Edge」は意欲作だが、完成度に難?
Samsungが独創的な工夫を加えた意欲作「GALAXY Note Edge」。本体の右端から側面に回り込んだ曲面ディスプレーが印象的だ。しかし、曲面ディスプレーは機能性に乏しく、他にも小さな欠点が幾つかある。(2015/2/14)

次期GALAXYは左右の側面もディスプレイに?
Samsungの次期GALAXYフラッグシップ機はメタルボディに5.1インチディスプレイを搭載する2モデルで、うち1モデルは左右の側面もディスプレイになっているという。(2015/2/12)

Samsung、次期GALAXYフラッグシップはカーブが特徴? 3月1日に発表イベント
Samsungは昨年に続けて、バルセロナで3月開催のMobile World Congressで次期フラッグシップ端末を発表するようだ。告知画像にはカーブしたシルエットが描かれている。(2015/2/3)

MMD、ドコモ回線を利用した各MVNOの通信速度調査を実施――ダウンロード平均スピードに差
MMD研究所は、NTTドコモの回線を利用した格安SIMサービスの通信速度テストを実施。同じ回線を利用しながらダウンロード平均スピードに差が出るという結果になった。(2015/1/30)

NTTドコモ「Xperia Z2 Tablet SO-05F」が1月26日にVoLTE対応アップデートを実施
NTTドコモのタブレット「Xperia Z2 Tablet SO-05F」が、1月26日のアップデートでVoLTEを利用できるようになる。(2015/1/23)

開発陣に聞く「Xperia Z3」(3):
“光学式手ブレ補正要らず”なXperia Z3のカメラ――「デジカメレベル」の性能に迫る
かねてから高感度な写真を撮影できることに定評のあったXperia Zシリーズのカメラが、Z3ではさらに進化した。そのポイントは「高感度撮影」と「手ブレ補正」。これら2つを中心に、Xperia Z3のカメラで注目すべき点を聞いた。(2015/1/14)

KDDI、1月19日に春モデルを発表
KDDIが1月19日に「au発表会 2015 Spring」を開催し、12時からライブ配信を行う。(2015/1/13)

2015 CES:
Samsung、金属ボディ+セルフィー強化の「GALAXY A」シリーズほかIoT時代を先取りした展示
Samsung Electronicsは2015 CESで、金属ボディを採用した「GALAXY A」シリーズや、北米向けの「GALAXY Note」シリーズ、豊富なアクセサリなどを展示した。(2015/1/8)

スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2014(後編):
発表! 2014年を代表するスマートフォンは?
2014年に発売されたスマートフォンの中からベストな一台を決める「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー」。後編では審査結果を発表する。(2014/12/27)

年末・年始特別企画:
【アンケート】2014年に買ったスマホの「良い点」「悪い点」を教えてください
ITmedia Mobileでは、2014年にスマートフォン・ケータイを購入した方を対象に、端末に関するアンケートを実施しています。使っていて感じた「良い点」「悪い点」をお聞かせください。(2014/12/26)

スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2014(前編):
大画面トレンド、iPhone、日本メーカー、格安スマホ――2014年のスマホを振り返る
2014年に発売されたスマートフォンの中からベストなモデルを決める「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー」。今年のスマホはどんなトピックが目立ったのか。審査会では2014年のスマホについて、ざっくばらんに語ってもらった。前編ではその様子をお届けする。(2014/12/25)

ITmediaスタッフが選ぶ、2014年の“注目端末&トピック”(ライター山根編):
スマートフォンの大画面化が目立った2014年――ウェアラブルの“左腕争奪戦”も
2年ぶりにフルモデルチェンジしたiPhoneを筆頭に、今年のスマートフォンはディスプレイの大型化が目立った。またGoogleの本格参入が始まったスマートウォッチは新製品が相次ぎ、市場がようやく盛り上がりを見せ始めている。(2014/12/25)

最新スマートフォン徹底比較(2014年冬モデル編):
スマホ冬モデル全17機種丸分かり比較――通信サービス、基本機能、連携機能編
2014冬モデルのスマホ17機種スペック比較第3回では、各社が最も力を入れる通信回りを確認していく。防水対応や外部連携機能なども合わせて見ていこう。(2014/12/25)

ITmediaスタッフが選ぶ、2014年の“注目端末&トピック”(ライター今西編):
“写真”を通じたSNS上のコミュニケーションが多様化――セルフィーや動画撮影でスマホの新たな可能性を発見!
2014年はスマホ写真の扱い方に多様性が生まれた1年だった。海外で話題になった “セルフィー”が日本にも広まるなど、新たなブームが登場した。(2014/12/22)

ITmediaスタッフが選ぶ、2014年の“注目端末&トピック”(ライターせう編):
2014年のARROWSとフィーチャーフォン、スマホの大画面化&高解像度化に思うこと
スマートフォンの大型化がより一層進んだ2014年。コンパクトさも人気だった“人気のスマホ”ですら大きくなった。でも、それって本当に“スマート”なのだろうか。(2014/12/22)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。