ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

「Shuttle」最新記事一覧

無人運転バスサービス「Robot Shuttle」、DeNAが8月スタート 「まずは私有地、チャレンジはしない」
DeNAが、無人運転バスによる交通サービス「Robot Shuttle」(ロボットシャトル)を8月から運用する。(2016/7/7)

DeNA、“無人運転バス”を8月から運用 イオンモールが試験導入
ディー・エヌ・エーは、私有地での無人運転バスを使用した交通システム「Robot Shuttle(ロボットシャトル)」を8月から運用する。(2016/7/7)

古田雄介のアキバPickUp!:
NUCより薄くて2ドライブ入る超小型ベア新星に注目!
Shuttleから登場した超小型ベアボーン「NC01U」と「NC01U5」が話題を集めている。NUCやBRIXに切り込む有力株としてショップの期待は大きい。(2015/11/16)

アーク、ファンレス仕様の小型BTOデスクトップ「BUXTON BX」
タワーヒルは、Shuttle製のファンレスベアボーン筐体を採用した小型BTOデスクトップPC「BUXTON BX」シリーズ2製品を発売する。(2015/4/28)

Shuttle、スリムベアボーン「DS57U」にCore i5搭載モデルを追加
Celeron搭載モデルも登場。Core i5モデルは4K出力にも対応する。(2015/4/17)

テックウインド、ノートPCやタブレットを40台充電できるカートとキャビネット
充電が完了したデバイスには自動で電力供給をストップして過充電を防ぐPowerShuttle技術に対応する。(2015/2/12)

人とくるま展2014名古屋:
水素ステーションが足りない、それなら水素ステーション自身が走ればいい
大陽日酸は、「人とくるまのテクノロジー展2014 名古屋」、移動式水素ステーションに対応するパッケージ型水素ステーション「Hydro Shuttle」の技術展示を行った。(2014/12/16)

アーク、Core i3搭載で約7万円台からの省スペースBTOデスクトップ
タワーヒルは、Shuttle製ベアボーン筐体を採用したコンパクトPC「BUXTON BX-IHR2XH97V」の販売を開始した。(2014/11/5)

古田雄介のアキバPickUp!:
「1年前とも2年前とも全然違います」――超小型ベアボーンの現状
ASUSTeKの「Vivo PC」やShuttle「XPC」の新モデルが登場し、インテル「NUC」の特価が複数店で実施されるなど、超小型ベアボーンが活発だ。しかし……(2014/10/27)

相変わらず組み立て簡単:
日本Shuttleのコンパクトベアボーン「XH81」の拡張性を試した
コンパクトなのに“Haswell Refresh”CPUを搭載して処理性能も上々のベアボーンに拡張性が向上したモデルが登場。今回も組み立ては簡単だー!(2014/9/30)

Shuttle、拡張性重視のH81マザー搭載ベアボーンキット「XH81」
日本Shuttleは、省スペース筐体採用ベアボーンキット「XH81」を発表。スリム光学ドライブの搭載にも対応している。(2014/9/12)

アーク、Celeron搭載のファンレスミニPC「BUXTON BX-DS437T」など2モデル
タワーヒルは、Shuttle製小型ベアボーン筐体を採用したコンパクトPC「BUXTON BX-DS437T」「BUXTON BX-IHR2DS81」の2モデルを発売した。(2014/8/11)

最新PC速攻レビュー:
Shuttleの「DS81」で知る「ベアボーンの組み立ては簡単だ!」
みんなー! コンパクトなベアボーンでも全然簡単だから、一緒に作ろー!(2014/4/11)

サードウェーブデジノス、キューブ型のCore i7搭載デスクトップ「Diginnos Cube SH8」
サードウェーブデジノスは、Shuttle製キューブ型筐体を採用したコンパクトデスクトップPC「Diginnos Cube SH8」を発売した。(2014/1/10)

Shuttle、ハイスペック構成にも対応可能なZ87マザー採用キューブベアボーン「SZ87R6」
日本Shuttleは、Intel Z87マザーボードを搭載したキューブ型ベアボーンキット「Shuttle SZ87R6」を発売する。(2013/12/4)

Shuttle、デスクトップ向けIvy Bridgeを搭載可能な小型ベアボーン「DS61」
日本Shuttleは、小型筐体を採用したベアボーンキット「DS61」を発表。容量1.3リットルサイズのコンパクト筐体ながら、TDP 65ワットまでのCPUを搭載できる。(2012/12/10)

ストーム、コンパクト筐体を採用したエントリーNAS「Storm NAS KD20」
ストームシステムテクノロジーは、Shuttle製NASキットを採用した小型NAS「Storm NAS KD20」を発売する。(2012/11/7)

PC USER 週間ベスト10:
iPhone 5のLTEテザリング、気になる実力は?(2012年10月1日〜10月7日)
先週のアクセスランキングは、iPhone 5のLTEテザリング、VAIO Duo 11、ShuttleのNASキット、Windows 8対応マウス、Trinityなど、話題の新製品が上位をにぎわせました。(2012/10/8)

古田雄介のアキバPickUp!:
「これは本当に簡単」――気合いが伝わるShuttle入魂のNASキットが登場
先週アキバに登場した新製品で注目度ナンバーワンは、ShuttleのNASキット「OMNINAS」だ。店員さんから漏れ伝わる開発エピソードの豊富さから、メーカーの気合いがうかがいしれる。(2012/10/1)

Shuttle、RAID-0/1対応の静音NASケース「KD20」
日本Shuttleは、エントリー向けモデルとなるRAID-0/1対応NASケース「KD20」を発表。Android/iOSからのWebアクセスにも対応している。(2012/9/27)

イマドキのイタモノ【夏季休暇特別編】:
ベアボーンキット「SZ77R5」で始めるお手軽自作PC
暑い夏がやってきた。まとまった自由時間をとれる8月に自作PCをお勧めしないわけにはいかない。この夏はShuttleの「ベアボーンキット」でお手軽自作を始めてみよう。(2012/8/8)

Shuttle、RAW現像向きのSSD搭載コンパクトデスクトップ
日本Shuttleは、RAWデータ作業向きをうたうBTO対応デスクトップPC計3モデルの販売を開始した。(2012/8/6)

ワイシャツをきれいにたたんで持ち運べるケース「Shirt Shuttle」
「Shirt Shuttle」はきれいにたたまれた状態でシャツを持ち運べる、出張に便利そうなツールだ。(2012/5/1)

Shuttle、X79マザー搭載キューブベアボーンなど4製品を発売
日本Shuttleは、Intel X79/Z77搭載モデルなどキューブベアボーン計4製品を発売する。(2012/4/23)

Shuttle、「Z68でキューブ」「H61でコンパクト」なベアボーン
日本Shuttleは、同社のベアボーンにIntel Z68 Expressチップセット搭載のキューブ型とIntel H61 Expressチップセット搭載のコンパクトモデルを発表した。(2012/2/13)

Shuttle、Atom+ION2搭載のコンパクトベアボーン「XS35GT」
日本Shuttleは、デュアルコアAtomを標準搭載した薄型コンパクトベアボーンキット「XS35GT」を発売する。(2010/9/9)

Shuttle、超スリム筐体採用のデュアルコアAtom搭載ベアボーン「XS35」
日本Shuttleは、CPUとしてAtom D510を装備した超小型ベアボーンキット「Shuttle XS35」を発売する。(2010/8/6)

Shuttle、Core i7搭載も可能な“ハイエンド”キューブベアボーン「SX58J3」
日本Shuttleは、Intel X58チップセット搭載のmini-ITXマザーを内蔵したキューブベアボーンキット「SX58J3」を発売する。(2010/6/10)

Shuttle、mini-ITXマザー採用のキューブベアボーン「SG41J1」
日本Shuttleは、mini-ITXマザーボードを標準搭載したキューブ型ベアボーンキット「SG41J1」を発売する。(2010/2/26)

ノートPCにシフトするShuttleの2010年事業戦略説明会
Shuttleは、2010年から立ち上げる新しい事業戦略の説明会を行った。自社ブランド製品からODMノートPCにシフトし、ベアボーンラインアップは大幅に整理する。(2010/1/13)

Shuttle、100ワット電源搭載のシンプルキューブケース「Shuttle KP10」
日本Shuttleは、mini-ITXマザーに対応するキューブ型PCケース「Shuttle KP10」を発売する。(2009/9/18)

Shuttle、AM3対応のエントリーキューブベアボーン「SA76G2」
日本Shuttleは、AM3対応のキューブベアボーンキット「Shuttle XPC SA76G2」を発売する。(2009/6/16)

Shuttle、“リネージュ”推奨モデルなどゲーマー向け/クリエイター向けのコンセプトキューブPCを発売
日本Shuttleは、ゲーマー向けキューブPC「K4500C Lineage」、およびクリエイター向けモデル「H7 5800CX」の2製品を発表した。(2009/6/10)

COMPUTEX TAIPEI 2009:
Shuttleが提案する「最先端のNettopは自分で作れっ」
スマートで低価格な液晶一体型の登場でNettopも盛り上がりつつある。でも、性能やスペックが横並びでいいの? とShuttleが面白いマザーボードを出してきた。(2009/6/5)

Shuttle、約6万円のタッチパネル液晶内蔵ボードPC「X5000」――ベアボーンモデルも用意
日本Shuttleは、デュアルコアAtom搭載の液晶一体型スリムPC「X5000」を発表した。OSレスモデルとベアボーンキットモデルも合わせてラインアップする。(2009/4/6)

Shuttle、Core i7対応のハイスペックキューブベアボーン「SX58H7」
日本Shuttleは、X58チップセット採用のキューブベアボーンキット「Shuttle SX58H7」を発表した。(2009/3/23)

Shuttle、Atom搭載のMini-ITXマザー「Shuttle FM30S」を“法人限定”で発売
日本Shuttleは、CPUとしてAtom 230を標準搭載したMini-ITXマザーボード「Shuttle FM30S」を発表した。(2009/2/26)

2009 International CES:
MSIの「封筒Netbook」とShuttleの「かっこいいNettop」を見る
International CESは「家電の祭典」だが、2009年はPCの新製品発表も多く、それらの製品展示が例年より多かった。ここでは、HP、MSI、そしてShuttleのブースで展示されていた新しい「出荷待ち」製品を紹介しよう。(2009/1/13)

Shuttle、P45マザー搭載の“ニュースタンダード”キューブベアボーン「SP45H7」
日本Shuttleは、Intel P45チップセット搭載マザーを採用したキューブベアボーンキット「SP45H7」を発表した。(2008/12/19)

Shuttle、実売2万円台のデュアルコアAtom搭載スリムベアボーン「X27D」
日本Shuttleは、Atom 330を搭載したコンパクト筐体採用ベアボーンキット「Shuttle X27D」を発表した。(2008/10/28)

Shuttle、G45マザー搭載のキューブベアボーン「XPC SG45H7」
日本Shuttleは、Intel G45チップセット採用マザーボードを搭載したスタンダードキューブベアボーンキット「XPC SG45H7」を発表した。(2008/10/22)

Shuttle、7型タッチパネル液晶内蔵のキューブベアボーンキット「Shuttle D10」
日本Shuttleは、前面に7型タッチパネル液晶ディスプレイを装備したキューブベアボーンキット「Shuttle D10」を発表した。(2008/9/18)

Shuttle、Phenom X4対応キューブベアボーン「XPC SN78SH7」
日本Shuttleは、同社製ベアボーンキットとしては初となるPhenom X4対応のキューブベアボーン「Shuttle XPC SN78SH7」を発売した。(2008/7/22)

Shuttle、1万円台のエントリー向けキューブベアボーンキット「Shuttle KPC K48」
日本Shuttleは、エントリークラスのキューブベアボーンキット“KPC”シリーズの新モデル「Shuttle KPC K48」を発表した。(2008/7/10)

Shuttle、X48マザー搭載のハイエンドキューブベアボーン「XPC SX48P2 E」
日本Shuttleは、マザーボードにIntel X48チップセット搭載製品を採用したハイスペックキューブベアボーンキット「Shuttle XPC SX48P2 E」を発表した。(2008/6/13)

Shuttle、P35チップセット搭載の高機能キューブベアボーンキット「XPC SP35P2」
日本Shuttleは、Intel P35チップセット搭載マザーボードを装備する高機能キューブベアボーンキット「XPC SP35P2」を発売する。(2008/4/25)

Shuttle、初心者向けマニュアル同梱のエントリーキューブベアボーンキット「SD30G2 Plus」
日本Shuttleは、自作PC初心者層をターゲットとしたエントリーキューブベアボーンキット「SD30G2 Plus」を発表した。(2008/2/8)

CrossFireにも対応するハイスペックキューブベアボーン「SX38P2 Pro」――Shuttle
日本Shuttleは、Intel X38搭載マザーを採用したキューブベアボーンキット「Shuttle XPC SX38P2 Pro」を発表した。450ワット電源を装備しCrossFire構成にも対応する。(2007/12/7)

Shuttle、カフェソラーレ秋葉原店にて“Winter Festival”開催――12月9日
日本Shuttleは、同社初の独自イベントとなる“Shuttle Winter Festival”の開催を発表した。キューブベアボーン新モデルを中心とした展示/プレゼンのほかゲーム大会も実施する。(2007/12/7)

日本Shuttle、HDMI出力装備のGeForce 7050チップセット搭載キューブベアボーン
日本Shuttleは、GeForce 7050+nForce 630aチップセット搭載マザーボードを採用するSocket AM2対応キューブベアボーンキット「Shuttle XPC SN68PTG5」を発売する。(2007/10/18)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。