ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「Smarter Planet」最新記事一覧

中国の投資会社に約2900億円で:
NXP、汎用ロジック/ディスクリート事業売却
NXP Semiconductorsは2016年6月14日、中国の投資家コンソーシアムに、スタンダード・プロダクト事業部門を約27億5000万米ドルで売却することで合意したと発表した。(2016/6/14)

2016年 新春インタビュー特集:
Watsonが導く、次世代の“ヘルスケア”ビジネス――IBM・与那嶺社長
IBMが注力するコグニティブ・テクノロジー「Watson」。これは今後どのような価値をわれわれにもたらしてくれるのか。同社のポール与那嶺社長が特に注目しているのは、身近な話題かつ、社会貢献とビジネスが両立しやすい“ヘルスケア分野”への応用だという。(2016/1/2)

Freescale買収も事業重複「一切なし」:
1+1を4にする! 新生NXPの日本法人が会見
NXP Semiconductorsの日本法人は2015年12月9日、Freescale Semiconductorの買収、統合後の事業戦略に関する説明会を実施した。(2015/12/10)

IBM「Watson」が、あなただけの“ソムリエ”になる
医療や金融など、さまざまなビジネス分野で活躍しているIBMの認知型テクノロジー「Watson」。APIを公開することで、今後は多くの人にWatsonを使ったアプリを開発してもらう狙いがある。IBMがその先に見ているのは、ビジネスに「コグニティブ」が適用されるのが“当たり前”となる世界のようだ。(2015/10/28)

NXPセミコンダクターズジャパン セキュリティ&コネクティビティ事業部長 山本尚氏:
PR:セキュア・コネクションで実現するIoT社会
NXPセミコンダクターズは、「Secure Connections for a Smarter World」(よりスマートな世界を実現するセキュア・コネクション)を全社スローガンに掲げて、ソリューションビジネスを展開する。IoT社会の実現に向けて、同社が強みとするアイデンティフィケーションを基盤技術として、リーダーシップを発揮していく方針である。NXPセミコンダクターズジャパンでセキュリティ&コネクティビティ事業部の事業部長を務める山本尚氏に、技術/製品戦略などを聞いた。(2015/8/24)

ドライバーの生体情報を“安全運転”に生かす 東芝とIBMが協業
過度なストレスがかかる道路を避けた運行ルートの作成、生体センサーの情報にもとづく休憩の指示、睡眠データによるシフトの組み替えなどに対応する運行ソリューションの開発を目指す。(2015/5/14)

車載情報機器:
ドライバーの生体情報を自動車運行管理に活用、東芝が2015年に欧州で実験
東芝と日本IBMは、ドライブレコーダーやGPSなどの従来情報に、ドライバーの生体情報を加えた、安心・安全・省エネルギーを特徴とする自動車運行管理ソリューションの開発で協力すると発表した。2015年中に、東芝が欧州などで同ソリューションの実証実験を開始する予定。(2015/5/14)

IDTやCSRも買収候補だった!:
NXP CEOに聞く“フリースケール買収の舞台裏”
NXPセミコンダクターズによるフリースケール・セミコンダクタの買収は、半導体業界から大きな注目を集めている。スペイン バルセロナで開催中の「Mobile World Congress (MWC) 2015」にて、NXPのCEOを務めるRick Clemmer氏に今回の買収について聞いた。(2015/3/5)

NXPセミコンダクターズジャパン 代表取締役社長 原島弘明氏:
PR:売上倍増計画を1年前倒しで達成! 実績あるコネクション技術でさらなる躍進を目指す
NXPセミコンダクターズジャパンは、「2015年12月期の売上高を2012年12月期と比べ2倍とする」シナリオを、1年早めて達成できる可能性が出てきた。これを受けて2017年12月期には、2012年12月期の3.5倍となる売上高を目指す。主力分野の車載向けICに加え、安全で堅牢なコネクション技術を中心に、ソリューション・ビジネスを強化していく。また、世界トップシェアとなったロジックやディスクリートなどのスタンダード製品の販売も引き続き強化する。(2015/1/13)

【連載】海外事例に学ぶマーケティングイノベーション:
第22回 ダイナミック・コンテンツ――新しい時代のリアルタイムなマーケティング
「リアルタイム・マーケティング」の時代においては、マーケターはこれまでのマーケティング概念を打ち捨て、今この瞬間を生きることを学ばなくてはならない。最先端のキャンペーンを参考にしながら、リアルタイム・マーケティングの特徴を探る。(2014/10/27)

津田建二の技術解説コラム【入門編】:
PR:半導体の基礎知識(4)――IoTを定義しよう
IoT(Internet of Things)とは何か。きちんとした定義がなわれていないようにも思えます。今回は、IntelやIBM、MEMSICなど、米国を中心にした企業への取材を基に、IoTを定義してみます。(2014/7/14)

IBM決算、前期に続く減収減益だが通年予測は上方修正
IBMの4〜6月期決算は、売上高は3.3%減、純利益は16.9%減だが、純利益はアナリスト予測を上回り、同社は通年の予測を上方修正した。(2013/7/18)

【連載】ちょっと気になるWebキャンペーン:
第14回 IBMの「People for Smarter Cities」キャンペーンは、企業が社会設計に参加する新しい「広告」の形か
IBMが展開する「People for Smarter Cities」キャンペーンから、企業と社会の新しい関係を考える。(2013/6/18)

IBM決算は減収減益 成約ずれこみで
IBMの1〜3月期決算は、ソフトウェアとメインフレームの新規契約が4〜6月期にずれこんだため、減収減益に。特にハードウェア部門の売上高が17.2%と大きく落ち込んだ。(2013/4/19)

IBM PartnerWorld Leadership Conference 2013 Report:
クイズ番組を卒業? 今度は医学部に入学したIBM Watson
Powerに支えられたWatsonが今年から実用段階に入った。米国最大手の医療保険会社は、Watsonを医療の現場で活用し始めている。Smarter Planetでは、コンピューティングの活躍する領域は、もはや企業のバックオフィスにはとどまらない。(2013/3/1)

IBM PartnerWorld Leadership Conference 2013 Report:
シェフに売り込むビッグデータ分析? IT部門以外にビジネス機会が広がる
IBM年次パートナーカンファレンスのオープニングで最初にステージに招き上げられた顧客は、大手レストランチェーンのシェフだった。さまざまなビジネスの現場でコンピューティングが活用されるようになる中、ITの新しいバイヤーが登場している。(2013/2/28)

ITマネジャー覆面座談会 第2回:
PR:ただのビッグデータには価値がない、生かすためには人が重要だ
(2013/2/26)

PR:元カブドットコム・IT戦略担当が語るプロジェクト成功の要諦とは?
ソーシャルメディア情報を活用した株価分析サービスから移動営業所による証券窓口サービスに至るまで、数多くのプロジェクトを統率した敏腕ITマネジャーが示すプロジェクト成功のポイントとは。(2013/2/25)

ITマネジャー覆面座談会 第1回:
PR:グローバル化に少子高齢化、組織の課題……、ITマネジャーが苦悩を吐露
(2013/2/18)

IBM決算、ソフトウェア事業へのシフトが奏功し予想を上回る増益
IBMの10〜12月期の決算は、売上高は0.6%減だったが、粗利益率が51.8%で純利益は6.3%増の58億3300万ドルだった。(2013/1/23)

世界のトップリーダーが見つめる近未来 IBMの新旧CEOが講演
米IBMのパルミサーノ会長とロメッティCEOがそろって来日。日本企業の経営者など約300人を前に、リーダーシップ論とコンピューティングシステムの未来について語った。(2012/9/12)

危機は突然企業を襲う、ITを駆使した変革が生き残りのカギ
日本のお家芸のひとつだった家電やAV機器が急速にその競争力を失っている。その凋落に驚くばかりだが、企業が生き残るためには他社が出来ないことをやらなければならない。「ITを駆使した変革がカギ」と日本IBMでソフトウェア事業を統括するマハジャン専務は話す。(2012/9/10)

無線通信技術 M2M:
世界を包む電子の神経網 ―― “モノのインターネット”が秘める可能性
各種センサー端末から家電、インフラ機器まで、あらゆるモノに通信機能を組み込んでネットワーク化する、いわゆる“モノのインターネット”は、この地球に張り巡らされるエレクトロニクスの神経網だ。そこで捉えた膨大な情報から価値のある情報を抽出すれば、人類にとってさまざまな課題を解決する有力な手段になるだろう。(2012/5/14)

Gartnerアナリストが提言:
ユーザー企業はIBM、Microsoft、Oracle、SAPとどう向き合うべきか
4大アプリケーションベンダーの戦略が似通ってきている――Gartnerのデニス・ゴーハン氏はこう指摘する。ユーザー企業は自社のIT課題とベンダーの戦略との整合性に注視すべきだとアドバイスする。(2012/3/2)

IBM PartnerWorld Leadership Conference 2012 Report:
「われわれだけがコンピューティングの未来を切り開くパートナー」とロメッティ新CEO
ニューオリンズの「IBM PartnerWorld Leadership Conference 2012」は2日目を迎え、ロメッティ新CEOが登場した。「われわれだけがコンピューティングの未来を切り開くパートナーだ」とし、IBMとビジネスパートナーそれぞれの使命感に火をつけた。(2012/3/1)

IBM PartnerWorld Leadership Conference 2012 Report:
パートナーの豊かな業界知識が顧客企業に競争力をもたらす
IBMの年次パートナーカンファレンス「IBM PartnerWorld Leadership Conference 2012」がニューオリンズで開幕した。IBMでパートナー事業を統括するマーク・ヘネシーGMは、同社の成長には業界の知識が豊富なビジネスパートナーが不可欠だと話した。(2012/2/29)

ソーシャルメディアガイドライン:
炎上リスクへの体制はこう作る――IBMに学ぶソーシャルメディア活用
早期からブログやSNSなどを積極活用してきたIBM。同社では社員向けに独自のガイドラインを設け、社員のソーシャルメディア利用を推奨している。その背景にある理由は何だろうか?(2012/2/28)

ビッグデータが切り開く新たな経営の地平:
PR:リアルタイムデータの分析がもたらす情報活用の未来とは
企業における情報の価値がますます高まる中で、センサーやソーシャルメディアなどによってもたらされる非構造化データをリアルタイムに分析する動きが盛り上がりを見せている。その実現の壁であった技術的な問題を独自のアプローチで解決したのがIBMだ。では一体、データのリアルタイム分析によって企業は何を享受できるのか――。(2011/12/26)

IBM中堅企業フォーラム レポート:
PR:これからのビジネス成長に不可欠な“真の顧客起点”とは?
右肩上がりの時代は終わり、多くの日本企業が市場での生き残りにしのぎを削る中、ビジネスの原点である顧客の視点に立った取り組みが改めて重視されている。日本IBMが開催した「中堅企業フォーラム」では、ビジネスとITの両面から、今後企業が進むべき方向についてのヒントが数多く紹介された。(2011/12/15)

組み込み技術:
スマート革命に備えよ、データが新たな“通貨”に
センサーが収集するデータをリアルタイムに解析し、価値のある情報を自動的に抽出する。そんな機能を備えた「スマートシステム」が新たな世代を築きつつある。その新世代では、データが通貨の役割を担う。データセンターの解析エンジンと組み込みコンピュータを連携させ、新たな金脈を掘り起す取り組みが始まった。(2011/11/21)

IBM Pulse Japan 2011 Report:
PR:サービスマネジメントは、ポスト3.11の日本企業のビジネス価値を高めるか
2011年10月6日に開催された、サービスマネジメントを主題とするIBMのカンファレンス「Pulse Japan 2011」で示されたのは、ITのみならず電力や水をもビジネス価値の源泉として捉え、事業の継続を果たす新世代のサービスマネジメントだ。(2011/10/24)

IBM決算、増収増益で通年見通しを上方修正
IBMの7〜9月期の決算は、ソフトウェアやサービス部門が好調で増収増益となった。(2011/10/18)

IBM Pulse Japan 2011 Preview:
PR:ポスト3.11を見据えた本当の事業継続――「実行力」の鍵はサービスマネジメントにあり
東日本大震災以降、企業の事業継続性をITで確立する動きが高まっている。だがIBMは、この流れを一過性のものとしては捉えず、企業のレジリエンシー(再生力)を向上させるという観点から、継続して取り組む構えのようだ。ここで重要になるのが「実行力」。今年のPulse Japanでは、成長につながる本当の事業継続ソリューションが一堂に会す。(2011/8/24)

BI製品紹介:日本アイ・ビー・エム
「Cognos 10」に見た、ビジネスアナリティクス(BA)を成長戦略に掲げるIBMの本気度
Cognosは最新バージョンのリリースによって、従来のプラットフォームからビジネスアナリティクス(BA)にふさわしい意志決定システムへと進化した。(2011/2/4)

IBM決算、サーバやメインフレームが好調で過去最高の業績
2010年に100周年を迎えるIBMの10〜12月期決算は、売上高が7%増、純利益が9%増の増収増益。ハードウェア部門が21%増と特に好調だった。(2011/1/19)

2011年の展望と目標:
成長のカギは「本当のグローバル化」――主要ITトップのメッセージ
日本経済の低迷から2010年の国内IT市場は厳しい状況が続いた。2011年にIT各社が注目するのが、顧客企業における“真のグローバル化”への取り組みだ。各社トップが表明した年頭のメッセージを紹介しよう。(2011/1/5)

チャンス到来! 「ソフトウェア」をエンジンに日本企業は再加速する!
今、企業は組織・業務を根本から見直す、再生への改革と情報システム基盤の効率化、そして情報から優れた洞察を得るための変革を迫られている。ここで、日本企業を再生するソフトウェア製品群を紹介する。(2011/3/1)

「アナリティクス」を成長戦略に掲げるIBM
世界同時不況という逆風をはねのけて増収増益を続けるIBM。そのビジネス成長を支える柱となるのがビジネス・インテリジェンスの進化系ともいえる新機軸である。(2010/11/11)

変革期をリードするIT経営者:
【第6回】スマートなビジネスモデルの実現
これまで6回にわたり、ビジネスモデルの変革期をリードするIT経営者に求められる要件と取組テーマについて事例を踏まえながら解説させていただきました。(2010/11/11)

中堅企業を成功に導く「IBM Smarter Systems for a Smarter Planet」
“スマート”な世界で中堅企業を成長させるITインフラ像とは?
中堅企業でもITを導入して成功した事例は少なくない。だがその成功が環境改善に貢献するとしたら――。IBMが考える「スマート」な世界では中堅企業がビジネスチャンスをつかみ、ひいては世界的な問題を改善できるという。(2010/11/12)

IBMによるNetezzaの買収はEMCとOracleへの明確なメッセージ
IBMはDWH・分析アプライアンス分野のリーダーを買収することで、EMCとOracleに宣戦布告した。(2010/9/24)

中堅企業の多様な経営課題のために
利益をあげる中堅企業向けITソリューション
中堅企業のIT活用を支援する、日本アイ・ビー・エムとそのパートナー企業が結集。幅広いソリューションにより、あらゆる角度から中堅企業の業務課題を解決する。(2011/10/13)

IBM、マーケティング自動化ソフトのUnicaを4億8000万ドルで買収
IBMはマーケティング関連のBPMベンダーUnicaを買収し、ソフトウェアポートフォリオの拡充とコンサルティング部門の強化を図る。(2010/8/16)

IBM、医療向けクラウドサービスを発表
IBMが医療データ管理サービスのActiveHealthと協力し、クラウド上で患者のデータを一元管理、分析できる医療従事者向けの診察支援サービス「Collaborative Care Solution」を立ち上げた。(2010/8/6)

IBM Rational Innovate 2010 Report:
21世紀の黄金郷、フロリダに現る――Smarter Planetの象徴的なアイコンに
IBMが提唱する「Smarter Planet」の目標、それは、デジタルなインフラと人間を含めた物理的なインフラのコンポーネント化、さらにそれらが融合した世界だ。そして、そのビジョンを具現化する都市がフロリダ南西部に生まれようとしている。(2010/7/31)

クラウド時代の「連合艦隊」、日本IBMが最新メインフレームを披露
すべてのワークロードを1台で処理するために開発されたIBMの最新メインフレームは、UNIXサーバやx86サーバを従えた連合艦隊として、新たな局面に入ろうとしている。(2010/7/23)

IBM、データセンター向けメインフレームサーバシステム「zEnterprise System」を発表
IBMは、メインフレームをコアサーバに、異機種混合環境を一元的に管理できるシステム「zEnterprise System」を発表した。(2010/7/23)

戦略コンサルタントの視点:
「和風グローバル商材」の開発は日本ベンダー成長の源
IT大手4社の業績は、売上高が横ばいの富士通、NTTデータ、売上減少の日立製作所、NECと差が出ています。今回は将来的な業績も左右する大手システムベンダーのグローバル戦略について考察します。(2010/7/21)

IBM、1億ドル規模の医療品質向上イニシアチブを発表
IBMが、「Smarter Planet」の一環として、向こう3年間で1億ドルを投資する医療関連ソリューション開発の取り組みを発表した。(2010/7/16)

ENZEE UNIVERSE 2010 REPORT:
Big MathとBig Dataの融合でDWHは真のアナリティクスへ
「増え続けるデータにCIOは悪夢をみている」と話すのは、データウェアハウスベンダーの雄、米Netezzaのジム・バウムCEO。Big MathとBig Dataの融合により、BIはAdvanced Analyticsに進化すると説く。(2010/6/23)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。