ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「サウンドカード」最新記事一覧

質問!サウンドカード→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でサウンドカード関連の質問をチェック

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第21回 Dockerで3Dゲームを動かす――構築編
前回はDocker環境で3Dゲームを稼働させるゴールや方法などについてご紹介しました。今回はその環境を構築していく上でのポイントや注意点を解説します。(2016/4/27)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第20回 Dockerで3Dゲームを動かす――準備編
非常に深い関係にあるゲームとコンピュータ。今回からDockerの環境で3Dゲームを稼働させる方法についてご紹介していきます。まずはその目的や方法、必要な環境などについてみていきましょう。(2016/4/13)

ASUS、7.1ch出力にも対応した高品位ゲーミングサウンドカード「STRIX RAID DLX」など3製品
ASUSTeKは、PCI Experss接続対応の内蔵型サウンドカード「STRIX RAID DLX」など計3製品の発表を行った。(2016/3/18)

限定特価品:
ドスパラパーツ館がリニューアルオープン 480GB SSDが1万2980円など引越しセールも開催
秋葉原のドスパラパーツ館がドスパラ別館に移転統合し、1月23日にリニューアルオープンする。23日と24日には数量限定の特価品セールも用意する。(2016/1/23)

爆速なのに! 静か!:
性能と静音を究極レベルで両立! 新世代デュアル水冷モデル「G-Master Hydro Z170」徹底検証
サイコムの「G-Master Hydro」シリーズにSkylake世代の最新モデルが登場。デュアル水冷システムにより高性能と静音性を両立した注目のモデルだ。(2016/1/20)

サイコムの白いヤツ:
高性能で超静音! 北欧デザインが美しい――オトナのためのぜいたくなPC「Premium-Line」徹底レビュー
サイコムが立ち上げた新PCブランド「Premium-Line」は、高品質なパーツで定評のある北欧メーカー、Fractal Designの全面協力のもと実現したPCだ。性能、機能、信頼性、そして独自のサポートサービス、そのすべてがプレミアム!(2015/9/30)

ヒツジの皮をかぶったオオカミ:
全100号で“ハコスカ”を完成させる週刊「NISSAN スカイライン2000GT-R KPGC10」を試してみた
全100回で日産の伝説的車「ハコスカ」を組み立てられるパートワークマガジン「週刊NISSAN スカイライン2000GT-R KPGC10」を買ってみた。(2015/6/11)

ロマン系USBデバイス:
ギターエフェクターにしか見えないUSBフットペダル「Tone Pedal+」
メーカーいわく、「ゲーマー待望の浪漫(ろまん)型ギターエフェクタースタイル」とのこと。(2015/5/29)

初の“ハイレゾロゴ”付きPC「ADIVA」、アビーから登場
アビーが「ハイレゾ」ロゴマークを取得したオーディオ用PC「ADIVA」シリーズを発表した。オンキヨーのDACやアクティブスピーカーと組み合わせた静音PCだ。(2015/4/22)

古田雄介のアキバPickUp!:
Broadwell版NUCとBRIXにCore i5モデルが登場!
新型NUCはCore i3、BRIXはCore i7モデルが2月に先行投入されたが、先週ようやくラインアップが拡充された。ハイスペック系超小型ベアボーンのトレンドに注目したい。(2015/3/9)

ハイレゾ対応ポタアン検証:
ハイレゾ対応、超多機能な“リアルモバイル”ポタアン「SoundBlaster E3」をしゃぶり尽くす
「Sound Blaster」シリーズを擁するクリエイティブからポタアンが登場した。今回はハイレゾ対応のエントリーモデル「SoundBlaster E3」を取り上げ、オーディオメーカーにはあまり見られない機能を含めて紹介していこう。(2015/3/2)

古田雄介のアキバPickUp!:
高いけどカッコイイ! 超高級デザインケース「S-Frame GOLD」がアキバで話題
デザイン性と価格が飛び抜けたPCケース「S-Frame GOLD」がIN WINから登場した。過去の名品と同じく「高いけれど売れそう」と期待されている。(2015/2/16)

村田学園の情シスを救ったシンクライアントの威力――40台のPC設定、3日から3分に
情シススタッフが少ない教育現場では、いかにPCの運用管理の手間と時間を軽減できるかが重視される。村田学園ではシンクライアントを採用したことで、運用の飛躍的に楽になったという。(2015/2/16)

これはいいものだ:
高性能なのに超静音――デュアル水冷ゲーミングPC「G-Master Hydro-Z97」
サイコムのデュアル水冷モデルがリニューアル。フラクタルデザインの最新ケースを採用した「G-Master Hydro-Z97」をチェック!(2015/1/28)

キューブPCの最高峰:
サイコム×Corsairのコラボが生んだ最強コンパクトゲーミングマシン――「G-Master Vengeance-Mini」徹底レビュー
サイコムのゲーミングPCブランド「G-Master」にユニークなキューブ型モデルが加わった。Devil's Canyon+GeForce GTX 980の高性能“鉄板”構成と、ピカピカ光るケースに注目!!(2014/10/21)

おっさんホイホイ再び:
VMにRAにRXにDOが大集合──「98祭り」やっています
「かつての国民機」の展示即売イベントが東京ラジオデパートの地下1階で行っている。場所も渋いが実機も渋い。(2014/7/19)

A10-6800K Black Edtionの特価販売も:
「未来を変えられるのはAMDだけ」――アキバでRadeon Rシリーズ店頭イベント
AMDがアキバの「ドスパラ パーツ館」店頭で、最新GPU「AMD Radeon R」シリーズの特徴を解説する店頭イベントを実施。(2013/12/20)

サードウェーブデジノス、クリエイター向けPC「Raytrek」に音声合成ソフト「CeVIO Creative Studio」動作確認モデル
サードウェーブデジノスは、音声合成ソフト「CeVIO Creative Studio」の動作確認済みとなるクリエイター向けデスクトップPCを発売する。(2013/12/13)

FFXIVとBF4をバッチリ楽しむ:
バランスのよさが魅力!! 「GALLERIA XT-A」の実ゲーム性能とコスパをチェック
バトルフィールド4やファイナルファンタジーXIVといった人気タイトルを存分に楽しみたいなら、高めのスペックはやはり必要。でも価格を考えると“最高”を目指すのはちょっと……そんな人にオススメなのがドスパラのゲーミングPC「GALLERIA XT-A」シリーズだ(2013/11/22)

クリエイティブ、5.1chサラウンドにも対応したUSBオーディオアダプタ「Sound Blaster Omni Surround 5.1」
クリエイティブメディアは、USB 2.0接続に対応した外付け型オーディオアダプタ「Sound Blaster Omni Surround 5.1」など3製品を発表した。(2013/9/5)

ASUS、Z87チップセット採用のゲーミングMini-ITXマザー「MAXIMUS VI IMPACT」
ASUSTeKは、オーバークロッカー向けマザーボード「R.O.G.」シリーズのラインアップにZ87チップセット搭載のMini-ITXモデル「MAXIMUS VI IMPACT」を追加した。(2013/9/2)

テレビを載せるスピーカー:
マクセル「SoundBoard」に60V型まで対応する「MXSP-SB3000」が登場
日立マクセルは、テレビ用サラウンドスピーカー「SoundBoard」(サウンドボード)の新製品「MXSP-BS3000」を8月25日に発売する。より大型のテレビに対応したほか、Bluetoothも内蔵。(2013/8/20)

ユーザーイベントを8月10〜11日に開催:
“日本未発売”モデルが続々――ASUSのアキバ週末イベントに1日早く潜入してきた
ASUSがアキバでユーザー参加型のイベントを開催する。COMPUTEX TAIPEI 2013で発表した未発売製品を多数展示しているが、各製品の投入時期や想定価格を聞いてみた。(2013/8/9)

クリエイティブ、同社製サウンドカード「PCIe Sound Blaster ZxR」など6製品が“新生FF XIV”推奨認定を獲得
クリエイティブメディアは、同社製サウンドカード/スピーカーなど計6製品が、オンラインRPG「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア」推奨製品として認定されたと発表した。(2013/6/17)

サードウェーブデジノス、“FF XIV: 新生エオルゼア”推奨のゲーミングPCを発売
サードウェーブデジノスは、ゲーミングPC「GALLERIA」のラインアップにオンラインRPG「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア」推奨のハイスペックモデルを追加した。(2013/6/14)

クリエイティブメディア、PCIeサウンドカード「Sound Blaster Recon3D」新パッケージ版を発売
クリエイティブメディアは、PCI Express接続対応サウンドカード「Sound Blaster Recon3D r2」を発売する。(2013/6/10)

週末アキバ特価リポート:
“Haswell”購入で「GTX 680」が3万9980円――世代交代の交差点が熱い!
第4世代Coreにからめたセールが各ショップで行われているが、特価対象は対応マザーボードに限らない。誰も損しない便乗は正義だ!!(2013/6/8)

ASUS、ヘッドセット接続ボックスも付属したゲーマー向け高音質PCIeサウンドカード
ASUSTeKは、PCI Express接続に対応した高音質サウンドカード「ROG Xonar Phoebus UBI」を発表した。(2013/5/21)

いい音色だろう?:
「G1-Killer」の“次世代マザー”を先行公開
台湾GIGABYTEがマザーボードの次期製品として「G1. Sniper 5」などを公開。オペアンプを換装して自分好みの音質にできるユニークな仕様だ。あ、大人の事情でチップセットは内緒だよ。(2013/5/2)

矢野渉の「金属魂」Vol.30:
金属に頼りすぎた結末――「WiNDy」の光と影
PC USERのカメラマンとして活躍している矢野渉氏が、被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。記念すべき第30回は、かつて自作PC市場を大いに盛り上げた、あのブランドをしのぶ。(2013/3/18)

古田雄介のアキバPickUp!:
「欲しいと思ったらコレしかない」は強い――オンリーワン系アイテムが続々
ロジクールのメカニカルゲーミングキーボードや、電源オフ時の3アンペア給電が可能なベイアイテムなど、旧正月シーズンながら個性派の新製品が続々と登場している。(2013/2/18)

プジョーのピアノが未来的で今にも走り出しそう
仏Peugeotと老舗のピアノメーカーPleyelがデザインしたピアノが、近未来デザインでかっこいい。(2013/1/20)

古田雄介のアキバPickUp!:
音や映像に合わせて光を変える間接照明に注目!
PCのオーディオ環境を引き上げるアイテムがじわじわ人気を高めるなか、壁一面に照らされる間接光で雰囲気を盛り上がる「Cyborg amBX Gaming Lights」が登場した。(2012/12/25)

ドスパラ、ONKYO製サウンドカードを標準搭載した静音ミニタワーPC「Magnate Sound Edition」
サードウェーブデジノスは、オーディオ再生向きをうたう静音仕様のミニタワー型デスクトップPC「Magnate Sound Edition」を発売した。(2012/12/21)

クリエイティブ、24ビット/192kHz出力対応のハイエンドサウンドカード「Sound Blaster Z」シリーズ
クリエイティブメディアが新世代のPC用サウンドカード「Sound Blaster Z」シリーズを発表。ハイエンドPCゲーマーのほか、PCオーディオユーザーにも訴求する“スタジオグレードクオリティ”をうたう。(2012/10/12)

野村ケンジのぶらんにゅ〜PCオーディオ Review:
エイスースの本格派USB DAC、“整数倍アップサンプリング機能”の効果は?──ASUS「Xonar Essence One」
音楽は“いい音”で聞きたい──。それならば、自作に続くオトナのPC遊び「PCオーディオ」に挑戦してはいかがだろう。今回は、ASUS製の多機能・高性能志向のUSB DACをチェックする。(2012/10/10)

“六角柱1本”の意外なスタイル:
PCもスマホも、広範囲に使える多機能ワイヤレススピーカー「Sound BlasterAxx」シリーズを試す
六角柱ボディが印象的なワイヤレススピーカー「Sound BlasterAxx」シリーズが登場。PCとスマートデバイスを併用する人に便利なBluetooth内蔵上位モデル「SBX 20」の使い勝手を検証する。(2012/8/21)

古田雄介のアキバPickUp!:
「改造前後じゃ全然違う」――“カラ割りIvy Bridge”が売り出される
“カラ割り”により冷却性能を高めた改造版の「Core i5-3570K」がPC DIY SHOP FreeTで販売されている。リテールクーラーで4.8GHzか……。(2012/6/11)

1TバイトiVも登場:
日立マクセル、スマホ持ち出しに対応したiVレコーダー「VDR-R3000」
日立マクセルは、iVハードディスクレコーダーの新製品として、録画番組のスマートフォン“持ち出し”機能に対応した「VDR-R3000」を6月25日に発売する。(2012/5/30)

野村ケンジのぶらんにゅ〜PCオーディオ Review:
オーディオPCの“スゴイ世界”を体感できる、音楽再生徹底特化PC──em「acroama」
音楽は“いい音”で聞きたい──。それならば、自作に続くオトナのPC遊び「PCオーディオ」に挑戦してはいかがだろう。今回は、内部の使用パーツも同社がオーディオ再生用に厳選したというエミライのオーディオ特化PC「acroama」を視聴する。(2012/5/17)

CeBIT 2012:
戦力拡大! “X79”マザーボード図鑑
未発表マザーボードの展示で吹き荒れるCeBIT 2012。注目はIntel 7 シリーズ搭載モデルだけじゃない。製品が増えたX79マザーも大変なことになっているのだ。(2012/3/13)

オリオスペック、高音質を追求した静音デスクトップ「canarino2」
オリオスペックは、音楽再生に特化した静音デスクトップPC「canarino2」を発売する。(2012/2/13)

野村ケンジのぶらんにゅ〜PCオーディオコラム:
キーワードは“ミニチュア”と“セパレート”、ついでにアレ──2012年「PCオーディオのトレンド」を考察する
音楽は“いい音”で聞きたい──。それならば、自作に続くオトナのPC遊び「PCオーディオ」に挑戦してはいかがだろう。今回は2011年の振り返りととともに「2012年のPCオーディオ」はどんな部分がトレンドになるかを考察する。(2012/2/7)

自作PCパーツ販売ランキング(2012年1月16日〜1月22日):
「GeForce GTX 550 Ti」が人気、グラフィックスカードの売れ筋(2012年1月第4週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の【2012年1月第4週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2012/1/31)

自作PCパーツ販売ランキング(2012年1月9日〜1月15日):
2011年のベストセラーCPU「Core i7-2600K」、人気いまだ継続(2012年1月第3週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の【2012年1月第3週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2012/1/24)

ASRock、X79チップセット採用ATXマザー「X79 Extreme6」など5製品
マスタードシードは、ASRock製ATXマザーボード「X79 Extreme6」「Z68 Pro3 Gen3」など計5製品の取り扱いを開始する。(2012/1/23)

自作PCパーツ販売ランキング(2012年1月2日〜1月8日):
AMDのCPU/APUがじわりと浮上、「A8-3870K」と「FX-6100」がTOP10入り(2012年1月第2週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の【2012年1月第2週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2012/1/17)

自作PCパーツ販売ランキング(2011年12月26日〜2012年1月1日):
AMD「A8-3870K」が初登場ランクイン(2012年1月第1週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の【2012年1月第1週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2012/1/11)

自作PCパーツ販売ランキング(2011年12月19日〜12月25日):
iPhone/iPad対応のフルセグチューナー──「SB-TV02-WFPL」が初登場ランクイン(2011年12月第4週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の【2011年12月第4週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2012/1/6)

自作PCパーツ販売ランキング(2011年12月12日〜12月18日):
さて、2012年用に自宅PCを一新しますか──「Core i7-2600K」「Z68マザー」「GeForce GTX 560 Ti」が売れ筋(2011年12月第3週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の【2011年12月第3週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2011/12/27)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。