ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「勉強法」最新記事一覧

“先生”は8歳年下? アプリ「メルカリ アッテ」でアラサー女子が大学生に会ってみた
出会い系ではありません。 アプリ「メルカリ アッテ」でアラサー女子が大学生に会ってみました。(2016/7/4)

メルマガバックナンバー:
モノづくり総合版 メールマガジン 2016/04/28
「EE Times Japan」「EDN Japan」「MONOist」編集部が毎週木曜日にお届けしている『モノづくり総合版 メールマガジン』の内容をご紹介!(メルマガ配信日:2016年4月28日)(2016/4/28)

Q&Aで学ぶマイコン講座(25):
マイコンの勉強法
マイコンユーザーのさまざまな疑問に対し、マイコンメーカーのエンジニアがお答えしていく本連載。今回は、超初級者の方からよく質問される「マイコンの勉強法/学習方法」です。(2016/4/21)

MAX・LINA「私なりのプロフェッショナル論」:
辛くて苦しいトレーニングでも、デビュー前から20年以上続けられた理由
「継続は力なり」と言いますが、私がデビュー前の下積み時代から今でもずっと続けているのはトレーニングです。アスリート並みにしごかれるので、決して楽ではありません。それでも続ける理由があるのです。(2016/3/31)

短期集中! 情報セキュリティマネジメント試験攻略法(3):
「情報セキュリティマネジメント試験」何を勉強すればいいの?――具体的な勉強法の解説
「情報セキュリティマネジメント試験」本番に向け、重要ポイントを総ざらいする本連載。第3回では、午前/午後それぞれに向けた具体的な勉強法を解説します。(2016/2/16)

海外の数学教師が考案した、レゴを使って視覚的に理解させる「算数」の教え方
その発想はなかった。(2015/12/29)

「コンサルタント」という生き方:
変革に挑むリーダーの支えが生きがい、“出会い系コンサルタント”の素顔――國生恭子さん
顧客が抱える課題の解決策を提供する職業、コンサルタント。名乗れば誰でもなれる職業ではあるが、その実態はよく分からないという人も多いのでは。今回はリピート率100%という驚異の実績を持つ“プロ”にその仕事内容とこだわりを聞いた。(2015/11/4)

就職とは何か?:
正しい知識を得て、適切な行動をとり、後悔しない選択をするために――「就ラボ」のススメ
正しい選択をするためには、正しい知識が必要だ。IT業界への就職活動に必要な知識をお届けするサイト、それが本日オープンする「就ラボ」だ。(2015/10/1)

お茶でも飲みながら会計入門(100):
実録 あるエンジニアが公認会計士に転身するまで
元ITエンジニアで現会計士の吉田延史さんが会計用語や事象を解説する本連載。第100回目は、筆者夫婦が別の専門職から公認会計士を目指した理由や、それぞれの勉強法などを解説します。※100回記念「ミニ絵本」無料プレゼント(2015/7/13)

水曜インタビュー劇場(読書公演):
知らず知らずのうちに“あの本”を読んでいる? ビジネス書の10年を振り返る
ビジネス書のベストセラーをみると、ちょっと気になることがあった。10年ほど前には「お金」に関する本が上位に並んでいるのに、いまは少ない。5年ほど前には「仕事術」に関する本が目立っていたのに、いまは少ない。その理由は……。(2015/5/27)

夏目漱石さんじゃないですか! プロフィールカードを使った新しい勉強法が新しい
試験対策にぜひ。(2015/5/26)

司法試験を目指す社会人 勉強のポイント
(2015/4/7)

司法試験予備 一発合格する猛者の勉強法
(2015/3/24)

資格試験に合格するために絶対してはいけないこと
残業続きのビジネスパーソンが難関資格に合格するための方法を、ベテラン資格試験の予備校講師、山田浩司さんに伺いました。(2015/2/26)

塾講師VS不良、“激闘”の行方は?
子どもの成績を伸ばした塾講師の地道な努力とは。(2015/2/26)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
権威を後ろ盾とした思考停止は、一刻も早く改めたほうがいい
経済政策とはいったい誰のために存在するのか考えてみてほしい。すべての人々や企業に平等に恩恵をもたらすユートピア的な経済政策などは存在しないことは分かっているが、このままでいいのだろうか。(2015/2/26)

自衛官たちの“素顔”が愛され「MAMOR」8周年!
バラエティにあふれた連載が楽しい「自衛隊公認専門雑誌」を紹介。(2015/2/3)

高校生の発想ってすごい……修正テープを使った驚きの勉強法が話題に
投稿主「こんなの絶対頭に入ってこない」(2015/1/30)

「忙しくて勉強する時間がない」問題の解決方法
勉強のモチベーションを高めるコツをご紹介。(2015/1/29)

深夜まで残業している人でも資格試験に合格できるコツとは?
誰でもすぐ実行できる勉強法、ありますよ。(2015/1/27)

第53回HTML5とか勉強会リポート:
インタラクティブな演出を極めし達人からデザインのヒントを探る
「第53回HTML5とか勉強会〜インタラクティブの世界から学ぶコンテンツ制作」で紹介された2人のクリエイターのコンテンツ制作事例講演「クリエイティブと人生」「“ヤフー トレンドコースター” のつくりかた。」から現在の“クリエイティブ”やWebデザインに役立つヒントを探ってみよう。(2015/1/26)

“会社”と“個人事業”、得をするのはどっち?
起業することのメリットとデメリットとは。(2015/1/6)

ビジネス書を飽きずに読み込む方法
「新刊ラジオ」というPodcast番組でブックナビゲーターとして沢山の本を紹介している矢島雅弘さん。たくさんの本を飽きずに読み込む方法とは? ご本人にお話を伺いました。(2015/1/6)

天才小学生に負けない:
もう一度中高からやり直したい人向け、無料のおすすめ「数学学習サイト」7選
中学〜高校レベルの数学を無料で自習できるWeb教材サイトをまとめてご紹介。問題集や公式集ではなく、「解説」や「考え方」が充実しているサイトだけを選びました。(2014/12/16)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
物事の本質を見極めれば、グローバルに成功できる
世界のエリートと呼ばれる人たちは、天才的な頭脳を持っているわけではない。本質を見極める力の養い方を知っていて、それを実践するために日々努力を重ねている。大局的な視点、俯瞰的な視点を持つためには?(2014/11/27)

面倒だけど魅力たっぷり「青色申告」が手軽になる秘訣
ゆうつな確定申告を分かりやすく解説してくれる一冊を紹介。(2014/10/30)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
説得せずに説得する
相手が饒舌であればあるほど不信感を抱いたことはないだろうか。話し方や伝え方が上達すれば説得できるのだろうか。弁護士として多くの人を説得してきたその秘訣とは?(2014/10/30)

CCENT/CCNA 試験対策 2014年版(1):
CCENT/CCNA取得を目指す皆さんへ
シスコの認定資格「CCENT/CCNA」のポイントを、新米ネットワークエンジニアと共に学びましょう。(2014/10/30)

翔泳社、ビジネス書の電子版が半額になる「花金eBookセール」第1弾
今後も月1回開催する予定。(2014/10/24)

INSIGHT NOW!:
テストで高得点を取る極意
試験で100点満点を取る――。これは一見難しいことのように思うかもしれないが、ある方法で実現可能になる。このノウハウを身に付ければ、司法試験の合格も夢ではない……!?(2014/10/24)

3分LifeHacking:
「知ったかぶり」って思われない? 恐れずに知識をシェアすることの利点
「こんなこと、きっともうみんな知っているよね」「知ったかぶりって思われるのが怖い」――そう考えて、新しく知ったことを伝えたがらない人がいます。実は伝えることによるメリットには過小評価できないものがあります。見方を変えて「教える」人になってみるのはどうでしょうか。(2014/10/24)

OYATSU HACKER:
勉強に最適なのは「朝」「夜」どっち?
「朝活」がブームになっているけれど、勉強をする時間もやっぱり夜より朝のほうが向いているの? その真相を、脳の働きから解き明かす!(2014/8/25)

数々の難関試験を突破した“効率の良い試験勉強”とは?
資格試験のオンラインビジネス「資格スクエア」創業者が語る、誰もが実践すべき合理的な勉強法とは? 鬼頭政人さんご本人にお話をうかがいました。(2014/8/14)

最強の英語勉強法を伝授、ニコ生で
「世界の非ネイティブエリートがやっている英語勉強法」(KADOKAWA)の著者、斉藤淳さんが英語勉強法をニコニコ生放送で大公開。視聴者からの質問にも答える。配信は8月10日20時0分〜。(2014/8/8)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「本物の勉強法」──「試験」「仕事」に、一生使える勉強法
「必殺技」は存在しないが「効率的で王道の勉強法」は存在する。これを実現できれば才能に関係なく、仕事でも大きな成果が得られる。(2014/8/7)

難関資格 合格する人はココが違う
狭き門である「公認会計士」「弁護士」といった難関資格。時間を無駄なく成果に結びつけるための勉強法や時間の使い方を教えてくれる書籍を紹介します。(2014/7/31)

要注意! 成長を止める3つの考え方
目標を達成できる人とそうでない人の考え方の違いとは。書籍『合格(ウカ)る思考』から紹介します。(2014/7/29)

テストで高得点を取れる人が実践する技術
試験勉強を必死でやっても点数が伸びない、そんな人は勉強法を変えてみるのはどうでしょうか。書籍『頭のよさとは「ヤマを張る技術」のことである』から紹介します。(2014/7/29)

「やる気が続かない……」を改善する3つのポイント
やる気が続かない勉強を継続するために必要な心構えとは? 勉強が嫌いだったにも関わらず、東大入試、司法試験と、難関試験を突破し続けた白川敬裕さんの著書から紹介します。(2014/7/10)

3年で辞めさせない、職場で活躍する新人の育て方:
PR:資格試験を積極活用して、自ら考え行動する新人を育成する――富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ
富士通ソーシアルサイエンスラボラトリの新人研修は「自ら考え行動させる」のが特徴だ。その研修の内容は、そこに至った経緯は、そして効果はどのようなものなのだろうか。(2014/5/21)

海外の電子書籍市場で日本の小説を売るということ――プロデューサー清涼院流水に聞く
作家自ら作品を英訳し、電子書籍として海外の市場で販売するという、清涼院流水氏が立ち上げたプロジェクト「The BBB」。その取り組みと展望について聞いた。(2014/5/16)

“敵”が“先生”になる日――コンピュータ将棋ソフト開発者 一丸貴則さん・山本一成さん(後編)
人間のプロ棋士とコンピュータソフトが戦った「将棋電王戦」。2人のソフト開発者はどんなことを考えて対局当日に臨み、そしてその結果に何を感じたのか。今後の人間とコンピュータとの関わり方についても考える。(2014/4/25)

小寺信良「ケータイの力学」:
教育のIT化を再考する(2)
教育現場の電子化には、どんなアプリを使うかも重要になってくる。ノートを“IT化”するのにぴったりな手書き対応のアプリを紹介しながら、具体的な利用シーンを検証してみよう。(2014/2/17)

最前線で活躍する86歳作家が勧める“50代からの学び”
50代以降の人生を有意義に過ごすには? 86歳を超えてなお最前線で活躍を続ける作家・童門冬二氏による“50代からの学び”を紹介します。(2014/2/13)

小寺信良「ケータイの力学」:
教育のIT化を再考する(1)
国が2020年の導入を目指している電子教科書。紙の教科書から使い方、教え方が大きく変わることから反対意見も多い。それならまず、ノートをIT化するのはどうだろうか。(2014/2/3)

Biz.ID Weekly Top10:
東京にいれば、電子マネーだけで生活できるかも
読み取り機にかざせば決済ができる電子マネー。東京で生活をしていると、コンビニやスーパー、薬局など多くの場所で使えるので、あらためて便利だなと感じたのでした。(2014/1/20)

それいけ! 誠くん:
PR:ビジネス英語を短期間で身につける方法
ビジネスで英語を使えるようになりたい、仕事で急に英語が必要になった……そんな人にピッタリの勉強法を紹介しよう。自宅のPCでSkypeが使える環境であれば、無料で試すことができる。(2014/1/14)

プロフェッショナルサラリーマン――実践Q&A編:
日経よりも効果的! 経済オンチ改善法
新卒で働き始めたものの、経済などの情報にうとく、基本的な経済情報がまったく分からなくて不安――、こんな人は少なくない。昔は「日本経済新聞を読め」などと言われたものだが、基本的な経済情報は、具体的にはどのように学ぶのがいいのだろうか。(2014/1/8)

プロフェッショナルサラリーマン――実践Q&A編:
「ゆとり」部下をどうマネジメントするか
どこの部署でも使いものにならず、あちこちでたらい回しにされた揚げ句、自分の部署で引き取ることになった……。このような人物を更正させるには、どのように教育すればいいのだろうか。(2014/1/6)

プロフェッショナルサラリーマン――実践Q&A編:
無能な経営者はなぜ反省しないのか?
「上司や部下の考えていることが分からない」「サラリーマンって、なんて理不尽なんだ」――そんな悩みをもつ人も多いのでは。本連載は、サラリーマンの悩みに触れることで、会社の中で生き抜くヒントを紹介しています。(2014/1/3)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。