ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  T

  • 関連の記事

「Thunderbolt 2」最新記事一覧

関連キーワード

ロイヤルティーフリーも検討:
Intel、いずれはThunderboltをCPUに統合へ
Intelの高速インタフェース「Thunderbolt」は、USBに比べて、対応製品の価格が高かったり、種類が少なかったりするなどの課題がある。同社はこれを解決すべく、将来的にはThunderboltをCPUに直接、統合する計画を立てているようだ。(2017/6/2)

高速シリアル伝送技術講座(1):
PCIe、USB、Ethernet、HDMI、LVDSなど高速伝送技術の基本を理解するために
本連載では、さまざまな高速通信規格に使用されている物理層の仕組みや性能、SerDesの機能や特徴とその種類、高速伝送での主要なパラメーター、伝送路を含んだ技術や設計手法などを分かりやすく解説していく。(2017/5/22)

センチュリー、Thunderbolt 2接続に対応した5ベイ搭載外付けHDDケース
センチュリーは、Thunderbolt 2外付け型となる5ベイ搭載HDDケース「Thunderbolt2 5bay Enclosure」を発表した。(2017/3/30)

「Touch Bar」はタッチスクリーン代わりになるのか
新MacBook Pro vs. Windows 2-in-1、ビジネスならどちらを選ぶ?
キーボード上部にタッチ対応の横長ディスプレイ「Touch Bar」を搭載する新型「MacBook Pro」。ビジネスで有効的に使えるのか、考えてみた。(2017/1/17)

Appleが描いた未来:
林信行のTouch Bar搭載「MacBook Pro」徹底レビュー
新しいMacBook Proの魅力は? Touch Barは本当に便利なのか? Thunderbolt 3全面移行の是非は? 林信行氏が徹底レビュー。(2016/11/18)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「Touch Bar」は予想以上に使いやすい 新MacBook Proレビュー
賛否両論の「Touch Bar」は実際に使ってみたら予想以上に使いやすかった? 新MacBook ProのTouch Bar搭載モデルをレビューする。(2016/11/17)

Apple、日本のオンラインストアでUSB-CとThunderbolt 3アクセサリを期間限定値下げ
MacBook Proから「勇気をもって」レガシーポートを外したAppleだが、ユーザーによる周辺機器移行が円滑に行く心づかいも忘れなかったようだ。(2016/11/6)

ディスプレイを買うなら必ずチェック!!:
PR:最新ディスプレイ講座――HDMI、DislplayPortから先進のUSB Type-Cまで映像入力インタフェース徹底解説
ディスプレイの購入を検討する際、どの映像入力に対応しているかは必ずチェックするべき重要項目の一つだ。現在主流のインタフェースや今後注目すべきインタフェースを中心に最新事情をまとめた。(2016/10/26)

次期MacBook Pro、10月末に出荷開始?
MACお宝鑑定団のスクープ。MacBook Airも改定される。(2016/10/18)

もう我慢できない人へ:
「Razer Blade 2016」は次世代MacBook Proを待てないユーザーの救世主か?
スタイリッシュでパワフルなゲーミングノートPC「Razer Blade」の2016年モデル。ひょっとしたら、これはMacBook Proのモデルチェンジを待てないユーザー向けかもしれません。(2016/8/6)

古田雄介のアキバPickUp!:
AMD系のゲーミングマザーが「意外に」好調!
長らく基幹パーツはインテル勢が圧倒的優位に立っているが、先週登場したAMD系のゲーミングマザー「GA-990FX-Gaming」と「GA-970-Gaming」の評価はそこそこ高い。なぜか?(2016/1/18)

サードウェーブデジノス、4K RAW動画編集向きのTITAN X搭載ハイエンドデスクトップ
サードウェーブデジノスは、クリエイター向けPC「raytrek」シリーズのラインアップに4K動画編集向けハイスペックモデルを追加した。(2016/1/15)

Type-C、WiGig、AirFuel……:
2016年に期待のPCテクノロジー“5選”
2015年のPCはWindows 10と第6世代Coreで盛り上がったが、2016年はその周辺技術が熱そうだ。(2016/1/4)

USB Type-Cの登場で評価試験はどう変わる?(3):
USB 3.1/Type-Cのトランスミッタテスト
今回は、「USB 3.1/Type-Cのトランスミッタテスト(送信品質評価)」について、テスト用フィクスチャを活用することで、より正確により早く測定/評価するための手法などについて述べる。(2015/12/18)

大きいiMacとすごく大きいiMac:
4K/5Kの新型iMacはどのくらい速くなった?
21.5インチiMac 4K Retinaと27インチiMac 5K Retinaを並べて評価。第1回はOS X環境下で簡単なベンチマークテストを実行し、システムパフォーマンスを見ていく。(2015/11/6)

デンノー、Thunderbolt 2外付け型のRAID対応2ベイHDDケース
デンノーは、RAIDON製となるThunderbolt 2接続対応の2ベイ搭載HDDケース「ST2-TB」の取り扱いを開始する。(2015/10/29)

iMacの新型発表! 21.5インチにRetina 4Kモデルが登場、27インチはすべてRetina 5Kに
新型のマウスとキーボードが付属。(2015/10/14)

NVM Express SSDやThunderbolt 3も採用:
デル、第6世代Core/Xeon搭載の4Kモバイルワークステーションなど6機種
デルのワークステーション「Precision」シリーズに第6世代Core/Xeon搭載モデル6製品が登場した。先進的なスペックが特徴だ。(2015/10/8)

バッファロー、RAID-6構成にも対応したThunderbolt 2外付け6ベイHDD「HD-HT/R6」
バッファローは、Thunderbolt 2接続に対応した6ベイ搭載外付け型HDD「HD-HT/R6」シリーズを発表した。(2015/9/16)

デンノー、Thunderbolt 2接続対応のRAID対応HDDケース「MTBP-352B」など5製品
デンノーは、Thunderbolt 2外付け型HDDケース「MTBP-352B」など計5製品を発表した。(2015/9/15)

ウエスタンデジタル、クリエイター向けの大容量Thunderbolt 2外付けHDD「My Book Pro」
ウエスタンデジタルジャパンは、Thunderbolt 2接続対応の外付けHDD「My Book Pro」新モデルを発表した。(2015/9/3)

センチュリー、Thunderbolt 2外付けHDDケース「AKiTiO Thunder2」2製品を発売
センチュリーは、Thunderbolt 2接続に対応した外付け型HDDケース「AKiTiO Thunder2」シリーズ2製品の販売を開始する。(2015/8/5)

“プロの仕事”がどこでもできる:
クリエイターをデスクから解放するモバイルワークステーション徹底検証
サイコムが販売するMSIの15.6型ノートPC「WS60 2OJ-018JP」は、クリエイティブワークに特化したGPUを採用するモバイルワークステーションだ。今なら初回20台限定でメモリを16Gバイトに無料アップグレード!!(2015/6/29)

バッファロー、高速転送に対応した10ドライブ構成のThunderbolt 2/USB 3.0外付けHDD
バッファローは、RAID-5/6構成に対応した10ドライブ構成の外付けHDD「HD-DT/R6」シリーズを発表した。(2015/6/24)

13インチモデルと比較:
新しい15インチMacBook Proはどのくらい速い?
外部GPUにRadeon R9 M370Xを採用した新型15インチMacBook Proの性能をベンチマークテストでチェック。SSDはえー……。(2015/6/24)

COMPUTEX TAIPEI 2015:
Intelが「Thunderbolt 3」を発表――USB 3.1 Type-Cとの共存で延命へ【詳報】
新しいMacBookがコネクタをUSB-Cに集約したことで、Thunderboltの存続が危ぶまれる声もあるが、「Thunderbolt 3」はUSBコネクタとの共通化により生き残りを図る。(2015/6/3)

LaCie、Thunderbolt2外付け型のRAID対応HDDなど4製品
エレコムは、Thunderbolt2接続対応の外付けストレージ計4製品の取り扱いを開始。RAID対応の高速転送対応SSDモデルも用意した。(2015/5/26)

手が届きやすくなった?:
「iMac Retina 5Kディスプレイモデル」に23万8800円の下位モデル
アップルの「iMac Retina 5Kディスプレイモデル」に、スペックを抑えて低価格化した下位モデルが加わった。(2015/5/19)

22万4800円から:
アップル、感圧タッチトラックパッドを採用した「15インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル」を発表
15インチMacBook Pro Retinaも感圧タッチトラックパッド仕様に。外部GPUを搭載する上位モデルはRadeon R9 M370Xを採用した。(2015/5/19)

センチュリー、Thunderbolt 2接続対応の外付け拡張ドック「AKiTiO THUNDER2 DOCK」
センチュリーは、Thunderbolt 2接続に対応したMac用拡張ドック「AKiTiO THUNDER2 DOCK」の販売を開始する。(2015/5/18)

動画で360度チェック:
アップルの新型「11インチMacBook Air」に哀愁を感じた
マイナーアップデートなうえに値上げと厳しい状況が続く新型「11インチMacBook Air」だが、実際のところはどうなのだろうか。動画で見ていこう。(2015/4/6)

動画で360度チェック:
「13インチMacBook Pro」の新感覚トラックパッドをクリックしまくる
見た目は従来モデルと変わらない「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」だが、新感覚のトラックパッドと高速ストレージには思わず驚いた。(2015/3/30)

PR:“非デザイナー”でもできる! ゼロから始める「Photoshop & Illustrator」入門
「このプレゼン資料、もう少しかっこよくキマれば……」。そんな“非デザイナー”の皆さんにこそ活用してほしい「Adobe Creative Cloud」の最新機能を紹介します。(2015/3/25)

PC USER 週間ベスト10:
新しいMacBook、Apple Watch、そしてVAIO Phone……話題に事欠かない1週間(2015年3月9日〜3月15日)
今回のアクセスランキングは、アップル関連記事がトップ10のほとんどを占める結果となりました。その中で上位に食い込んだ「VAIO Phone」も目立っています。(2015/3/16)

製品解剖:
「MacBook Air(Early 2015)」13インチモデルを分解
Appleの「MacBook Air(Early 2015)」13インチモデル。Thunderbolt 2を搭載し、SSDも高速になったといわれている。発売されたばかりの同モデルを、iFixitが分解した。(2015/3/13)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「新しいMacBook」は過去を捨て、どのように変わったか?
新世代MacBook Airとうわさされた12型の薄型軽量ノートは、予想外の「MacBook」だった。その大胆な仕様は万人に受け入れられるまで少し時間がかかるかもしれないが、今後のノートブックコンピュータを変えていく可能性も秘めている。(2015/3/10)

Apple Watchに新型MacBook:
通勤時間にまとめて復習、Appleイベントを振り返る
Appleが行った発表会で、事前の予想通り「Apple Watch」と「新型MacBook」が発表された。そのポイントを見ていこう。(2015/3/10)

ボディや液晶はそのまま:
「MacBook Air」に第5世代CoreとThunderbolt 2を搭載
Core M搭載でファンレス設計の薄型軽量ボディをまとった「新しいMacBook(12型)」の発表に伴い、「MacBook Air」にはCPUとインタフェースを強化した新モデルが登場。モデルチェンジとともに値上げも行った。(2015/3/10)

税別14万8800円から:
「13インチMacBook Pro Retina」に感圧パッドを採用、CPUは第5世代に
「13インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル」がアップデート。第5世代Coreを搭載し、「新しいMacBook(12型)」と同様の感圧タッチトラックパッドを採用した。(2015/3/10)

Core M採用で初のファンレス設計、3色展開、USB-Cも:
Mac史上、最も薄く最も軽い「12インチMacBook」が登場
Core Mプロセッサと12型Retinaディスプレイを搭載し、新しいキーボードとトラックパッド、USB-Cコネクタも備えた、ファンレス設計の超薄型軽量「MacBook」が誕生した。(2015/3/10)

デンノー、Thunderboltを2基搭載する4ベイRAIDケース「ST4-TB」
最大32Tバイト容量の高速ストレージを構築可能。(2015/3/6)

デル、IGZO 4Kタッチパネル液晶などを備えたモバイルWS「Precision M3800」新モデルを発表
デルは、15.6型モバイルWS「Dell Precision M3800」の新モデルを発表。Thunderbolt 2.0インタフェースを標準で備えるほか、4K液晶ディスプレイも選択可能となっている。(2015/2/19)

レキサー、カードリーダー4基の同時アクセスも可能な“ワークフローリーダーハブ”にThunderbolt 2対応モデルを追加
マイクロンジャパンは、同社製カードリーダーを最大4基まで格納可能な拡張ユニット「ワークフローリーダーハブ」の新モデルを発表した。(2015/2/10)

デンノー、Thunderbolt 2外付け型の多機能ドッキングステーション
デンノーは、Thunderbolt 2接続に対応したドッキングステーション「Thunderboltstation2」を発表。HDMI出力や有線LAN、USB 3.0ポートなどを利用することが可能だ。(2015/2/2)

日本ギガバイト、1000円QUOカード付属のマザーボードを発売
ほかに、X99シリーズマザーボード対応のThunderbolt増設カードも登場する。(2014/12/24)

サードウェーブデジノス、クリエイター向けPC「Raytrek」に“Thunderbolt 2”インタフェース搭載モデル2製品
サードウェーブデジノスは、同社製クリエイター向けデスクトップPC「Raytrek」シリーズの新モデル2製品を発表。ともにThunderbolt 2インタフェースを標準で装備したモデルだ。(2014/12/5)

圧倒的な没入感と解像感:
LGが国内初ディスプレイなど2機種を投入――21:9の34型“曲面”モデルと31型“4096×2160”4Kモデル
LGエレクトロニクス・ジャパンは、曲面ディスプレイを採用した「34UC97-S」と、デジタルシネマ4K対応モデル「31MU97-B」の2機種を発表した。(2014/10/30)

動画で360度チェック:
これは思わずグッと来る「iMac Retina 5Kディスプレイモデル」を動画で実感
アップルから発表された5K(5120×2880ピクセル)ディスプレイ搭載の27型iMac。その繊細でヌルヌルと動く様子を動画で見ていこう。(2014/10/21)

ラインアップは3モデル:
Mac miniも第4世代CoreとYosemiteにアップデート
2012年10月以来、約2年ぶりに省スペースPC「Mac mini」に新モデルが登場した。ラインアップは、従来の2モデルから3モデルに拡張された。価格は5万2800円(税別)から。(2014/10/17)

待たせたね:
Apple、新「Mac mini」発表──5万2800円から
Appleが「Mac mini」の2012年10月以来の新モデルを発表した。「90%高速化」し、3モデルの最下位モデルは5万2800円(税別)から。(2014/10/17)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。