ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

「MacBook Pro」最新記事一覧

-こちらもご覧ください-
Mac/iPad - ITmedia PC USER
MacBook - ITmedia PC USER
質問!Macintosh→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でMacintosh関連の質問をチェック
Apple Online Store × ITmedia PC USER

関連キーワード

Tokyo Mac、HDMI/Thunderbolt 3ポートも備えたMacBook Pro 2016専用の拡張ドック
Tokyo Macは、MacBook Pro 2016専用となる外付け型拡張ドック「HYPER DRIVE サンダーボルト3 USB-C HUB」の販売を開始した。(2017/4/3)

ロア、MacBook Pro 13インチ用スタンドとしても使える収納ケース
ロア・インターナショナルは、MacBook Pro 13インチ用収納ケース「2016 MacBook Pro 13インチ専用 スタンドポーチ2」の取り扱いを開始した。(2017/2/22)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
新MacBook Proで「Touch Bar対応Office」を試してみた
MacにはPages、Numbers、KeynoteといったApple純正アプリケーションがあるが、業務ではOffice for Macを利用しているケースも少なくないだろう。新MacBook Proの「Touch Bar」でOfficeのさまざまな機能が使えるようになったので、実際に試してみた。(2017/2/22)

Apple、iOS/macOS/watchOS/tvOSをアップデート
Appleが一連のOSのアップデートを実施した。主にセキュリティと安定性に関連するアップデートで、macOSでは新しい「MacBook Pro」の「Touch Bar」の問題修正も含まれる。(2017/1/24)

Appleの「Logic Pro X」が「Touch Bar」対応、「GarageBand」にはAlchemy
Appleの音楽制作アプリ、「Logic Pro X」と「GarageBand」がそれぞれ大幅にアップデートした。Logic Pro XはMacBook Proの「Touch Bar」に対応し、タイムラインを俯瞰したり、キーボードやドラムにしたりできる。(2017/1/19)

フォーカルポイント、MacBook Proに直挿しできるUSB Type-C拡張ドック「ALMIGHTY DOCK TB1」
フォーカルポイントは、MacBook Pro用となるUSB Type-C接続対応の拡張ドック「ALMIGHTY DOCK TB1」を発表した。(2017/1/19)

Apple、MacBook Pro (Late 2016) の修理受付、やっと開始
Touch Barモデルを含む新型MacBook Proの修理ができない問題がようやく解消された。(2017/1/19)

「Touch Bar」はタッチスクリーン代わりになるのか
新MacBook Pro vs. Windows 2-in-1、ビジネスならどちらを選ぶ?
キーボード上部にタッチ対応の横長ディスプレイ「Touch Bar」を搭載する新型「MacBook Pro」。ビジネスで有効的に使えるのか、考えてみた。(2017/1/17)

「MacBook Pro」、バッテリー関連のバグ修正でConsumer Reportsの“お勧め”獲得
Appleが昨年10月に発売した「MacBook Pro」のバッテリー持続時間が不安定だとして“お勧めできない”と判定したConsumer Reportsが、Appleがリリースしたバグ修正を適用して再テストし、評価を“お勧め”に変更した。(2017/1/13)

Apple、“お勧めできない”とされた「MacBook Pro」のバッテリーバグを数週間中に修正へ
「MacBook Pro」はバッテリー持続時間が不安定だとして“お勧めできない”としたConsumer Reportsに対し、Appleが原因は「Safari」ブラウザのキャッシュを無効にすると発生するバグのせいであり、バグを修正したと報告した。Consumer Reportsは再テストするとしている。(2017/1/11)

新MacBook Proの修理受付がいまだに始まらない理由
昨年10月から出荷されているLate 2016のMacBook Proだが、修理が受け付けられない状況だ。様々な憶測を呼んでいるが、MACお宝鑑定団ではその理由を探り当てた。(2017/1/10)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
WindowsでApple Payのような仕組みが使えるのはいつ?
新型MacBook ProはTouch IDおよびApple Payに対応したが、Windows PCでも同様の取り組みが進んでいる。(2016/12/30)

プロフェッショナル向けから家族向けへと変貌か
徹底レビュー:新型「MacBook Pro」は、僕らが知っている“Pro”ではない
2016年モデルの「MacBook Pro」はより薄型軽量になったり、小型タッチディスプレイ「Touch Bar」が備わったりと、さまざまな変化を遂げた。その印象は、従来モデルが与えるものとは異なるかもしれない。(2016/12/29)

新しい「MacBook Pro」、シリーズで初のConsumer Reportsがお勧めできないPCに──バッテリーテスト結果で
Appleが10月に発売した新しい「MacBook Pro」をレビューした米消費者団体の情報誌「Consumer Reports」が、バッテリー持続時間テストで4時間も持たなかった回があったとしてMacBookシリーズとして初めてお勧めできないPCという評価を下した。(2016/12/26)

AppleはMacを以前より重視していない──Bloomberg報道
Apple関連の情報で定評のあるマーク・ガーマン氏が、デスクトップモデルのMacがアップデートされない理由や、MacBook Proのバッテリーの持ちが予想より短いことについて解説した。(2016/12/21)

ブラシの選択やショートカットコマンドなどを素早く操作可能:
Adobe Photoshop CC、MacBook Proの「Touch Bar」に対応
Adobe PhotoshopがMacBook Proの「Touch Bar」に対応。「レイヤーのプロパティ」「ブラシ」「お気に入り」の3つセクションの機能をTouch Barで操作できるようになった。(2016/12/15)

Adobe、新MacBook Proの「Touch Bar」に対応する「Photoshop CC」最新版公開
「TouchBar」が利用できる最新版の「Photoshop CC」が公開された。(2016/12/14)

iFixitが分解:
Touch Bar搭載「MacBook Pro」を分解
Appleから発売されたばかりの新型「MacBook Pro」。今回は、iFixitによる「Touch Bar」を搭載した機種の分解を紹介する。(2016/12/7)

MacBook Proに搭載:
新チップ「T1」でApple製品の可能性は広がる?
「Touch Bar」などの新しい機能を搭載したAppleの「MacBook Pro」。MacBook Proには、新しいチップ「T1」が搭載されている。このT1の性能を生かした用途は、MacBook Pro以外にもさまざまなものが考えられそうだ。(2016/12/1)

11型Airから新MacBook Proに移行――USB PDはサードパーティー品でも使える?
ついに登場したAppleの新型MacBook Pro。筆者が日々持ち歩いて活用してきた11型のMacBook Airはラインアップから外れてしまった。果たして新MacBook Proへの移行はうまくいくのか、モバイルで活用する筆者の視点からレビューした。(2016/11/29)

Touch Bar付きMacBook Proの店頭販売は今週末から
この週末から、Apple Storeなど販売店でTouch Barにタッチできるようだ。(2016/11/18)

Appleが描いた未来:
林信行のTouch Bar搭載「MacBook Pro」徹底レビュー
新しいMacBook Proの魅力は? Touch Barは本当に便利なのか? Thunderbolt 3全面移行の是非は? 林信行氏が徹底レビュー。(2016/11/18)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「Touch Bar」は予想以上に使いやすい 新MacBook Proレビュー
賛否両論の「Touch Bar」は実際に使ってみたら予想以上に使いやすかった? 新MacBook ProのTouch Bar搭載モデルをレビューする。(2016/11/17)

未完の大器と、進化の片りんと――新型MacBook Proに感じる「新時代への期待」
新型MacBook Proの本命である「Touch Bar付き」の出荷が始まる。ノートPC分野におけるAppleの次世代への提案は、実際に使ってみてどうなのか。それを見ていきたい。(2016/11/17)

Touch Bar付き13インチ「MacBook Pro」をiFixitが分解──SSDの交換はほぼ無理
Appleの新しいTouch Bar付き13インチ「MacBook Pro」をiFixitが分解した。“修理しやすさ”は最低の1/10点。プロセッサやRAMだけでなく、SSDもメインボードにはんだ付けされている他、パワースイッチ周りも修理が難しいとしている。(2016/11/17)

Apple Payアプリ開発入門(2):
MacBook ProのTouch Barでもできる、Safari上でのApple Pay決済の流れとApple Pay JSの使い方
2016年10月25日から日本でも利用可能になったApple Payについて、JavaScriptを利用したWeb上での決済の流れを、実装フレームワークApple Pay JSの使い方とともに解説します (2016/11/17)

@ITメルマガ購読キャンペーン:
Touch Barという新UIを得た「MacBook Pro」、プレゼント!
@ITのメールマガジン会員の方を対象にプレゼントキャンペーンを実施中です。まだ入会していないという方も、文中の応募ボタンからお申し込みください。併せて入会のお申し込みが可能です。(2016/11/11)

MacBook ProのTouch Barで動く「Nyan Cat」がGitHubに登場
Appleの新しい「MacBook Pro」の細長いOLEDディスプレイ「Touch Bar」上で動く「Nyan Cat」のコードがGitHubで公開された。(2016/11/8)

ビジネス向けではオーバースペック?
新MacBook Proがビジネス市場でWindows PCと勝負しない理由
法人市場では依然としてWindows PCがMacよりも優勢だ。対して、一般消費者向けの市場ではMacも広く使われている。Appleの戦略とは? Macがどのような市場で強いのかを含めて紹介する。(2016/11/8)

Apple、日本のオンラインストアでUSB-CとThunderbolt 3アクセサリを期間限定値下げ
MacBook Proから「勇気をもって」レガシーポートを外したAppleだが、ユーザーによる周辺機器移行が円滑に行く心づかいも忘れなかったようだ。(2016/11/6)

ITはみ出しコラム:
新MacBook ProがSDカードスロットを省いてイヤフォンジャックを残した理由
おなじみのフィル・シラー氏が説明しています。(2016/11/6)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
新MacBook Proの「Touch Bar」はWindowsでも使える?
何やらキーボードが面白いことになっている新しい「MacBook Pro」。斬新な「Touch Bar」は、Boot CampなどでWindowsを使う際に動作するのだろうか。(2016/11/2)

Weekly Access Top10:
やっぱりSDカードスロットは欲しかった? 賛否両論の新型「MacBook Pro」
ついに新型MacBook Proが姿を表しました。(2016/10/31)

立ちどまるよふりむくよ:
Macintoshの起動音を作った人たち
新しいMacBook Proにはスタートアップサウンドが用意されていないそうだ。これから出てくるMacはすべてそうなりそう。これから先、この音に関するドラマはもう生まれないのか。(2016/10/31)

MacBook ProのTouch BarはwatchOS(の変種)で稼働?
Appleの新しい「MacBook Pro」に搭載のマルチタッチディスプレイ「Touch Bar」は、macOSとは別にwatchOSで動いていると、コードを解析したという開発者がツイートした。(2016/10/31)

Apple、MacBook Pro (Late 2016)シリーズから起動音を廃止
1984年の初代Macから、音色を変えながらも続いていた「起動音」(スタートアップサウンド、スタートアップチャイム)が消えるようだ。新しいMacBook Proに関する公式サポートドキュメントがそれを示している。(2016/10/31)

ITはみ出しコラム:
新MacBook Proにお似合いのスマホはiPhone 7よりNexus 5X?
Thunderbolt 3(USB Type-C)は先進的なインタフェースなのですが……。(2016/10/30)

Apple、LG電子製「MacBook Pro」用外付け27インチディスプレイを発売へ
Appleが、「MacBook Pro」のThunderbolt 3ポートに接続して使えるLG Electronics製27インチ5Kディスプレイ「LG UltraFine 5K Display」を12月に公式オンラインストアで発売する。Appleは純製の「Thunderbolt Display」を販売終了しており、今後はこうしたサードパーティー製ディスプレイを販売していくようだ。(2016/10/29)

最小のボディーに最大の挑戦:
林信行の新型「MacBook Pro」最速レビュー
過去25年間、ノート型Macの多くがそうであったように、この新しいMacBook Proも、ノートPCの新しいスタンダードとなるのだろうか。(2016/10/29)

これぞ伝統的MacBookの集大成――新型MacBook Pro(Touch Barなし) 13型 ファーストルック
新型のMacBook Proは、フルモデルチェンジに恥じないものになっている。今回、発表されたばかりのMacBook Pro 13型(Touch Barなし)を借りていち早く試す機会を得た。まずはファーストインプレッションをお届けしたい。(2016/10/29)

新型13インチMacBook Pro (Retina, Late 2016) のCPU、GPU、ディスク性能をベンチマーク
MACお宝鑑定団がいち早く新型MacBook Proのベンチマークを実施した。(2016/10/28)

Apple Storeの「MacBook Pro (Retina, Late 2016)」展示をマニアな視点で観察
底面からのぞき込んだMACお宝鑑定団ならではのマニアな観察っぷりも。(2016/10/28)

それは見事なまでの調和――新型MacBook Proを触れて感じた“上手な革新”
今回発表された新生MacBook Proの魅力はどのようなものなのか。とりわけiPhoneユーザーが買うノートPCとして、どのような価値があるのか。Apple Special Eventの発表を交えながら、ハンズオン会場でのファーストインプレッションをお届けしたい。(2016/10/28)

Apple、「Touch Bar」が付いた新MacBook Proを発表 なくなったファンクションキーに賛否の声
使う人は使う「F」キー。(2016/10/28)

日本では表参道店だけ:
アップルストア表参道で新型「MacBook Pro」展示開始
新型入力インタフェース「Touch Bar」を内蔵するMacBook Proの実機展示がアップルストア表参道で始まった。見るだけかぁ。(2016/10/28)

Apple、アプリ横断で映画や番組を検索・視聴できるアプリ「TV」や「Apple TV」のSiri強化を発表
AppleのMacBook Pro発表イベントでは、「Apple TV」の新機能も発表された。新アプリ「TV」は米国でのみ提供だが、日本でもSiriで「今日の野球」などで試合のスケジュールやスコアをチェックできるようになった。(2016/10/28)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
新MacBook Proが得たものと失ったもの
長らく変更のなかった「MacBook Pro」がついに刷新された。基本スペックはもちろん、キーボード周りやコネクタの構成も大きく変わっており、それらの影響を考える。(2016/10/28)

税別14万8800円から:
最も薄くて軽い「MacBook Pro」が登場 キーボード上部にTouch Barを搭載
新型MacBook Proはアプリに応じて機能が変わるガラスのバーを内蔵。(2016/10/28)

「11インチMacBook Air」が公式オンラインショップから消滅
Appleが新しい「MacBook Pro」を発表した後、オンラインショップから「11インチMacBook Air」が姿を消した。(2016/10/28)

Apple、新型「MacBook Pro」発表 タッチバー搭載、指紋認証をサポート
指紋認証「Touch ID」に対応する「MacBook Pro」を米Appleが発表した。(2016/10/28)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。