ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

「MacBook Pro」最新記事一覧

-こちらもご覧ください-
Mac/iPad - ITmedia PC USER
MacBook - ITmedia PC USER
質問!Macintosh→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でMacintosh関連の質問をチェック
Apple Online Store × ITmedia PC USER

アップルPickUp!:
WWDC 2016では何が発表される? キーノート前に見ておきたい直前まとめ
新型MacBook Proは出るのかな。(2016/6/13)

OLEDタッチバーは確定? 次期MacBook Proの写真流出か
有力アナリストが予測した次期MacBook Proを裏付けしそうな写真が公開された。(2016/6/1)

Apple、年内に13インチと15インチの新「MacBook Pro」を発売か
Appleがハイエンドノート「MacBook Pro」を9〜12月期に大幅アップグレードすると、Apple製品予測で定評のある台湾KGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏が予測した。(2016/5/25)

@ITメルマガ購読キャンペーン:
高精細なRetinaが魅力の「MacBook Pro」、プレゼント!
今回は、アップルの「MacBook Pro」を抽選で1名さまにプレゼント致します。(2016/2/1)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Surface Book」でMicrosoftとPCメーカーの関係はどうなる?――OEM担当者に聞く
「MacBook Pro」に対抗意識を燃やすMicrosoftの「Surface Book」だが、OEMパートナーのWindows PCからもシェアを奪ってしまうのではないかとの懸念も耳にする。米MicrosoftのOEM担当者に直接こうした疑問を聞いた。(2015/10/26)

Apple、一部のMacBookおよびMacBook ProのRetinaディスプレイ交換プログラム開始か
MacBookおよびMacBook Proの多数のユーザーが、Retinaディスプレイのノングレアコーティングの浮きで染みができると訴えていたことを受け、Appleがディスプレイ交換プログラムをユーザー向けに個別に開始したとMacRumorsが報じた。(2015/10/19)

MicrosoftがWindows 10デバイス投入
「Surface Book」は「MacBook Pro」を意識し過ぎ? MS新戦略に胸騒ぎ
米MicrosoftのノートPCである「Surface Book」は米Appleの「MacBook Pro」に対抗する製品だ。そのハードウェア戦略を読み解く。(2015/10/13)

Egdeは本当に速い?:
「Boot Camp 6」でMacにWindows 10を入れてみた――ブラウザ対決編
「Boot Camp 6」で、MacBook Pro RetinaにWindows 10をインストールし、Edge、IE、Chrome、Firefox最新版の性能を比較してみた。(2015/8/18)

手順を解説:
「Boot Camp 6」でMacにWindows 10を入れてみた――インストール編
Windows 10に対応した「Boot Camp 6」で、MacBook Pro RetinaにWindows 10を入れてみた。まずはインストール手順を紹介する。(2015/8/18)

13インチモデルと比較:
新しい15インチMacBook Proはどのくらい速い? Windows編
後編ではWindows 8.1環境下で各種ベンチマークテストを実行し、新型15インチMacBook Pro上位モデルの性能を見ていく。(2015/7/1)

13インチモデルと比較:
新しい15インチMacBook Proはどのくらい速い?
外部GPUにRadeon R9 M370Xを採用した新型15インチMacBook Proの性能をベンチマークテストでチェック。SSDはえー……。(2015/6/24)

22万4800円から:
アップル、感圧タッチトラックパッドを採用した「15インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル」を発表
15インチMacBook Pro Retinaも感圧タッチトラックパッド仕様に。外部GPUを搭載する上位モデルはRadeon R9 M370Xを採用した。(2015/5/19)

Core Mの実力をチェック:
「新しいMacBook」のWindowsマシンとしての性能をPro/Airと比較した
Boot Camp環境下で新しいMacBookの性能をチェックした。最新MacBook Pro/Airとの比較も。(2015/5/19)

リンクス、MacBook Proのキートップが木製になる貼付型キースキン
リンクスインターナショナルは、Lazerwood製となるMacBook Pro用の木製キースキン「Keys for Apple MacBook Pro」の取り扱いを発表した。(2015/4/24)

ものになるモノ、ならないモノ(63):
“子持ちの働く主婦が2年の間に70のアプリを開発して得た収入でMacBook Proを購入した話”
「初期投資ゼロ」「開発環境すら充分に動かないPC」から始まる、ある主婦のサクセスストーリーを紹介しよう。(2015/4/24)

動画で360度チェック:
「13インチMacBook Pro」の新感覚トラックパッドをクリックしまくる
見た目は従来モデルと変わらない「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」だが、新感覚のトラックパッドと高速ストレージには思わず驚いた。(2015/3/30)

税別14万8800円から:
「13インチMacBook Pro Retina」に感圧パッドを採用、CPUは第5世代に
「13インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル」がアップデート。第5世代Coreを搭載し、「新しいMacBook(12型)」と同様の感圧タッチトラックパッドを採用した。(2015/3/10)

Apple、一部の「MacBook Pro」で無償修理プログラム ビデオ関連問題で
2011年〜2013年に発売されたMacBook Proの一部で画面が歪んだり突然再起動するなどの不具合があるとして、Appleが2月27日から対象製品の無償修理プログラムを実施する。(2015/2/20)

PC販売ランキング(2015年1月19日〜1月25日):
Retina化した「MacBook Pro」と「iMac」がそろってランクイン(2015年1月第4週版)
ノートPCとデスクトップPCの【2015年1月第4週版】販売ランキングTOP10を集計した。(2015/2/16)

PC販売ランキング(2014年12月15日〜12月21日):
Haswell Refresh世代の「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」がランクイン(2014年12月第3週版)
ノートPCとデスクトップPCの【2014年12月第3週版】販売ランキングTOP10を集計した。(2015/1/13)

Samsung、厚さ12ミリ、重さ934グラムの高精細12インチノートPC「ATIV Book 9」
「ATIV Book 9」シリーズの最新ノートは、12.2インチで解像度は13インチRetina MacBook Proと同じ2560×1600。重さは1キロを切り、厚さは12ミリと薄型軽量で、価格は約14万円から。(2014/12/31)

PC販売ランキング(2014年11月10日〜11月16日):
Haswell Refresh世代の「MacBook Pro Retina」が圏内浮上(2014年11月第2週版)
ノートPCとデスクトップPCの【2014年11月第2週版】販売ランキングTOP10を集計した。(2014/12/1)

PC販売ランキング(2014年10月27日〜11月2日):
Haswell Refresh世代の「MacBook Pro Retina」と「Mac mini」が登場(2014年10月第5週版)
ノートPCとデスクトップPCの【2014年10月第5週版】販売ランキングTOP10を集計した。(2014/11/17)

動画で360度チェック:
Haswell Refresh世代となった13インチMacBook Proの曲線美に改めてしびれる
アップルから7月29日に発表されたノート型Mac「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」。その13インチモデルを動画で見ていこう。(2014/9/3)

動画で360度チェック:
MacBook Pro RetinaのSSDを「JetDrive 725」で約1Tバイトにしちゃった
SSDの換装というとハードルが高いと思いがちだが、オールインワンセットのトランセンド「JetDrive 725」ならば、意外と簡単にできちゃうかも。(2014/8/29)

一部のモデルはメモリ容量もアップ:
アップル、Haswell Refresh世代の「MacBook Pro Retina」を投入
「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」がラインアップを一新。Haswell Refreshを採用するサイレントアップデートを行った。価格は据え置きで、最上位モデルのみ3000円の値下げ。(2014/7/29)

MacBook Pro Retina、価格据え置きで少し高速化
AppleがMacBook Pro Retinaの全モデルのプロセッサにIntelのHaswell Refreshを採用した。15インチのハイエンドは3000円値下げし、他は価格据え置きだ。(2014/7/29)

トランセンド、MacBook用SSDアップグレードキット「JetDrive」にMacBook Pro Retina 15インチ用モデルを追加
トランセンド、MacBook用SSDアップグレードキット「JetDrive」シリーズの新モデル「JetDrive 725」を発表した。(2014/7/11)

ロジテック、MacBook Proのストレージを高速/大容量の「WD Black2」に換装するサービス
ロジテックがMac専用の「WD Black2換装サービス」を開始。MacBook ProやMacBookのストレージを「WD Black2」に換装して、性能と速度を両立できるのがポイント。(2014/5/29)

バード電子、MacBook Pro Retina用のアクリル製キーボードルーフ
バード電子は、MacBook Pro Retina 15インチモデル用となるアクリル製キーボードカバー「RF-MBPR15」を発売する。(2014/5/20)

週末アップルPickUp!:
OS X 10.9.3で「4Kディスプレイが快適すぎる」
Mavericksの最新版がリリースされました。15インチMacBook Pro Retina+4Kディスプレイが快適だそうです。(2014/5/16)

PC販売ランキング(2014年2月3日〜2月9日):
第4世代Core採用MacBook Pro、MacBook Airがランクイン(2014年2月第1週版)
今回は2月第1週の集計。ノートPCは、Apple製品2モデルがランクインしていることに注目だ。(2014/2/24)

ドリキンが斬る!(7):
初物買いするならどっち? ドリキン流iPadの選び方
2013年末にアップルから発表されたMacBook Pro RetinaとiPadの新ラインアップ。前回ご紹介したMacBook Proの選び方に続き、今回はiPad編をお届けします。同時に、タブレット端末の今後のあり方についても触れてみます。(2014/2/21)

注目PCレビュー:
「15インチMacBook Pro Retina」――美しいディスプレイを搭載したHaswell世代の15.4型ノートPC
新型MacBook Proのシステム性能や液晶ディスプレイの品質をチェック!!(2014/2/4)

ドリキンが斬る!(6):
初物買いするならどっち? ドリキン流MacBook Proの選び方
去年末にAppleから発表されたMacBook Pro RetinaとiPadの新ラインアップ。いずれも魅力的で、どれを選ぶか悩んだ人も多いのではないでしょうか。今回は僕の選択基準についてお伝えし、皆さんの新年最初のApple製品購入の参考にしていただければと思います。(2014/1/14)

PC販売ランキング(2013年11月25日〜12月1日):
Haswell世代の新型「MacBook Pro」がランクイン(2013年11月第4週版)
今回は11月第4週の集計。ノートPCは半分が2013年秋冬モデルに。アップルの新型「MacBook Pro」も登場した。(2013/12/9)

新MacBook Proの13インチと15インチのそれぞれの問題解消アップデートが公開
13インチのキーボードとトラックパッドが無反応になる問題を解消するアップデートと、15インチのグラフィックス関連の問題解消アップデートがそれぞれMac App Storeで公開された。(2013/11/8)

Apple、新MacBook Pro(13インチ)のキーボードの問題について説明
先日発売の「13インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル」でキーボードとトラックパッドが無反応になる問題が確認されたが、アップデートで解決する見込みであるとAppleが発表した。(2013/10/31)

新MacBook ProをiFixitが解剖──ヘッドフォンジャックが壊れたらロジックボード交換
Appleが22日に発売した新しいMacBook Pro Retinaディスプレイモデルをガジェット修理を手掛けるiFixitがさっそく分解し、13インチ、15インチともに修理しやすさは先代と同じ10点中1点(最低点)と評価した。(2013/10/26)

抽選で1名さまに「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」をプレゼント!:
@ITから読者調査2013のお知らせ
@ITでは、今後のよりよいメディアづくりのため、読者アンケートを実施しています。ご回答いただいた方の中から抽選で1名さまに、最新モデル「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル 13インチ 2.4 GHz」を進呈いたします。(2013/10/24)

OWC、MacBook Pro用のHDD増設マウントキット
リンクスインターナショナルは、MacBook Proの光学ドライブを取り外してHDD/SSDを増設できるマウントキット「DDAMBS0GB」の取り扱いを開始する。(2013/10/23)

グラフィックス性能が最大90%アップ:
Haswell世代の新型「MacBook Pro」が登場
MacBook Pro Retinaディスプレイモデルが基本システムを刷新。グラフィックス性能を向上したほか、PCIe接続のSSDや11ac対応無線LAN、最新のThunderbolt 2ポートを搭載した。(2013/10/23)

Appleが新製品発表イベント ニコニコニュースも実況特番
米Appleの新製品発表イベントにあわせ、ニコニコニュースが特番を配信。Web上に流れる情報を追いかけ、発表内容を実況・検証する(現地映像はなし)。このイベントでは、RetinaディスプレイのiPad mini、新MacBook Pro、6月のWWDCで披露された次期OS X「Mavericks」と新Mac Proの発売が発表されるとみられている。出演者はITジャーナリストの石川温さん、フリーアナウンサー増子瑞穂さん。配信は10月23日1時30分〜。(2013/10/22)

@ITからサイトリニューアルのお知らせ:
@IT“ReBorn”、しました
リニューアル記念プレゼントとして、MacBook ProのRetineディスプレイモデルをご用意しました。このページの最後にある応募フォームから、お申し込みください。(2013/10/7)

店頭/直販モデルをガッツリ比較:
「FMV LIFEBOOK UH90/L(WU1/L)」を斬る――14型“3200×1800”IGZO液晶の新鋭Ultrabook
MacBook Pro Retinaを超える高精細表示が可能な「FMV LIFEBOOK UH90/L(WU1/L)」。高画素密度IGZO液晶と上質なスリムボディを備えたUltrabookの注目モデルに迫る。(2013/7/24)

カラバリ全7色:
クールなMacBook Proをポップに“変身”――「MacBook対応 カラフルキーボードカバー」
上海問屋がMacBook Pro対応のキーボードカバーを発売した。カラーバリエーションは全部で7種類だ。価格は699円。(2013/5/9)

Windowsに最適なノートPCは13インチMacBook Pro──Solutoの結論
Solutoが、PC管理ツールをインストールしている18億台の端末のデータを分析した結果、WindowsノートPCとして最も推奨できるのはAppleの13インチMacBook Proという結論に達した。(2013/4/26)

PC USER 週間ベスト10:
個性派の周辺機器が上位にチラホラ(2013年3月25日〜3月31日)
先週のアクセスランキングは、「Kindle Fire HD 8.9」をはじめ、「MacBook Pro」のWindows 8導入+タッチパネル化、斬新なスキャナを搭載した複合機、「Surface RT」など個性的な製品が目立ちました。(2013/4/1)

「Touch 8」がすごい:
「MacBook Pro」にWindows 8を入れて“タッチ化”してみた
Windows 8を正式サポートした最新Boot CampでMacBook Pro RetinaにWindows 8をインストール……だけだとつまらないので、タッチ操作もできるようにしてみたよ。(2013/3/25)

MacBook Pro Retinaディスプレイモデルを包み込むように保護するポリカーボネート製ケース
MacBook Pro Retinaディスプレイモデルを包み込むように保護する「SwitchEasy cocoon for MacBook Pro 15 with Retina display」が発売された。ポリカーボネート製で表面には傷を防止するテクスチャーフィニッシュを施した。(2013/3/14)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。