ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「結果を出して定時に帰る時短仕事術」最新記事一覧

結果を出して定時に帰る時短仕事術:
バッファ管理で、想定外のトラブルを乗り切る――スケジュール管理の手順を図解する
計画は立てても、いつもスケジュール通りに終わらない――。所要時間の見積もりやスケジュール管理はとても重要なビジネススキル。本来であれば、将来の不測の事態に備え、トラブルに対応できるように余裕のあるスケジュールを組みたいものです。そんな「バッファ」を意識したスケジュールの立て方を図解で説明しましょう。(2010/10/4)

結果を出して定時に帰る時短仕事術:
生産性向上のためにお金をケチらない
大手企業でも売上の5%程度は研究開発費に回しています。継続的な成長のために、われわれビジネスパーソンも自分の“研究開発費”を確保しなければなりません。(2010/9/27)

結果を出して定時に帰る時短仕事術:
頭の整理には逆さまが有効
片付けや整理整頓が苦手な人は多いのではないでしょうか。頭の整理も同様で情報収集には意欲的なのに、それをコンパクトにまとめるのは難しいものです。さて今回は、こうした情報をどうやって整理するのか、考えてみましょう。(2010/9/21)

結果を出して定時に帰る時短仕事術:
無駄な会議を削減するはてなやGoogleの方法――立ち会議、ホワイトボード、マイクロミーティング
眠そうな人や時計ばかり気にしている人、自分の発言にしか興味がない人――そんな不毛な会議をしてませんか? はてなやGoogleをヒントに、集中力が持続する有益なミーティングの方法を考えて見ましょう。(2010/9/13)

結果を出して定時に帰る時短仕事術:
2割の時間で8割の全体像を見せる――パレート式仕事術
「パレートの法則」は、「社会全体の所得は、上位2割の人がその8割を占める」という経済学者パレートによって提唱された理論。この法則は所得だけでなく、仕事術にも応用できます。それが「パレート式仕事術」です。(2010/9/6)

結果を出して定時に帰る時短仕事術:
時短の達人はお風呂好き
「お風呂を制するものは、人生を制す」――と言っても過言ではないほど、バスタイムの活用や知的生産に欠かせないものなのです。(2010/8/31)

結果を出して定時に帰る時短仕事術:
30秒、250字で魅力を伝える――エレベーター・ピッチとは
あなたがエレベーターに乗った時、目的の階に着くまでに投資家に対してビジネスプランを簡潔に説明できますか? いつなんどき巡ってくるか分からないチャンスをつかむのも、こうしたエレベーター・ピッチなのです。(2010/8/23)

結果を出して定時に帰る時短仕事術:
上司に「会議を減らしませんか?」と進言してみよう
生産的ではない、社内向けの会議に辟易(へきえき)――。そんな人は、ぜひ「会議を減らして」と上司に進言してみよう。ポイントはコスト、時間、内容の3つです。(2010/8/16)

結果を出して定時に帰る時短仕事術:
生きている時間、死んでいる時間
所詮、数秒の違いでしょ――。PCのショートカットキーや辞書登録によって効率化する話をすると、こんな感想を抱く人もいます。確かに、なんでも単純に時短すれば生産性が高くなる、というのは誤った考え方。しかし、自分の時間を見直し、「死に時間」を少しでも省き「生き時間」に変えることは必要ではないでしょうか。(2010/8/11)

結果を出して定時に帰る時短仕事術:
もの忘れを根絶する3つのシンプルなしくみ
ものをどこに置いたのか忘れてしまうことありませんか。出かける時に、鍵がどこにあるか、ヘッドフォンがどこにあるか、財布がどこにあるか――。そこで作ったのが3つのシンプルなしくみ。大げさなものではありません。誰でも明日からできますよ。(2010/8/9)

結果を出して定時に帰る時短仕事術:
将来が心配なら、未来の自分に相談してみる
「こんなことやってて大丈夫なのか?」「もう、面倒くさいからいいや」と投げだしたくなることもありますよね。そんな時に、わたしは「将来の成功した自分」や「死ぬ間際の自分」をイメージしながら“相談”してみるのです。(2010/8/6)

結果を出して定時に帰る時短仕事術:
作業にとりかかる前に自分自身に問いかけたい“5つの自問自答”
タスク管理は大変重要なことですが、そもそもタスクリストに入れるべきなのか、はたまたそのタスクはやるべきなのか、自問自答するようにしたいものです。今回は筆者が活用している“自問自答リスト”をご紹介しましょう。(2010/8/2)

結果を出して定時に帰る時短仕事術:
時短の達人になるために――73のチェックポイント
「人生の残り時間を意識するようにしている」「生産性向上のために、収入の一定割合を投資している」「もし、明日死ぬとしたら、今日すべきことが何か、明確になっている」――定時に帰るためのチェックポイントをまとめてみました。(2010/7/5)

結果を出して定時に帰る時短仕事術:
思考の「型」を身につける
業務の生産性が経験年数とともに自然と高まるのは、過去の経験則から「これはあのパターンと同じだな」と「型」にはめていけるから。そんな「型」をたくさん用意できれば、効率よく、的確にタスクを処理できるはずです。(2010/7/2)

結果を出して定時に帰る時短仕事術:
情報をいさぎよく捨てるための3ステップ
かつて、わたしの机はものすごく汚かったのですが、今ではスッキリして、仕事に集中できるようになりました。限られた収納スペースで増え続ける書類を整理するためには、「廃棄する」「人に渡す」「データとしてしまいこむ」の3ステップが効果的です。(2010/7/1)

結果を出して定時に帰る時短仕事術:
すきま時間を黄金に変える携帯グッズ、じっくり時間で成果を出すデスクトップ環境とは?
誰でも「すきま時間」を合計すると、1日に2〜3時間にはなるはずです。こうしたすきま時間を有効活用できるかどうかが重要。本やノート、スマートフォンなどもをしっかり活用していきましょう。後半はデスクトップで成果を出すための環境も紹介します。(2010/6/30)

結果を出して定時に帰る時短仕事術:
すきま時間を黄金に変える15分集中法
そもそも人間はどのくらい集中力を維持できるものなのでしょうか。短期集中力を発揮しやすい15分単位で作業をするとはかどります。この15分集中法にのっとって仕事を進めるコツをご紹介しましょう。(2010/6/29)

結果を出して定時に帰る時短仕事術:
知的生産性の方程式「Do more with less」――時短への誓い8カ条
成果は仕事の質と量の「かけ算」だから、質がゼロ(完全にNG)の場合は、量が多くても成果はゼロ。時間あたりのアウトプットの量を増やしても、質がともなわないと知的生産性は低いということ。(2010/6/28)

結果を出して定時に帰る時短仕事術:
理想の時間割は大事なものから“トップオフ”
基礎領域、業務領域、付加価値領域――。時間の使い方はこの3つの領域に分けられます。このうち最も重要なものを1日の時間割から“トップオフ”(天引き)するのです。あなたがトップオフするとしたらどの領域でしょうか。(2010/6/25)

結果を出して定時に帰る時短仕事術:
人生の前半では時間を売り、後半では時間を買う
どのような資産運用もハイリターンを狙えば、ハイリスクになりますが、自分自身の“労働資本”だけは確実。リスクは、業務続行が難しくなった時と能力の市場価値がなくなった場合だけなのです。(2010/6/24)

結果を出して定時に帰る時短仕事術:
時間ではなく、価値観を管理せよ
年々忙しくなるのに、給料は減っている――。そんな思いに駆られたことはないでしょうか。業務効率も必死で改善しているのに一向に改善しない。もしかしたら、顧客が求める「本当の価値」を見失っているのかもしれません。(2010/6/23)

結果を出して定時に帰る時短仕事術:
残された時間を価値あるものに
「ワークライフバランス」という言葉に代表されるように、仕事とプライベートの両立は、長い仕事人生を充実したものにするためにも、欠かせないコンセプト。本連載では、目標設定した時間内に、しっかり成果を出せる知的生産性の高いビジネスパーソンのためのタイムマネジメント方法をご紹介していきます。(2010/6/22)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。