ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「東北地方」最新記事一覧

太陽光:
南相馬の被災地に東北最大級のメガソーラー、2万世帯分を発電
福島県相馬市の被災地に、東北最大級のメガソーラーが完成。出力約59.9MWで、2万世帯分の使用電力量に相当する発電量を見込む。(2018/4/18)

【食べたら更新】朝井麻由美の「ウニ日記」
幸せのオレンジ色を記録していく場所です。(2018/4/15)

ガリガリ君史上初の地域限定味 「北海道メロンソーダ味」「瀬戸内レモンスカッシュ味」など4種類が誕生
ガリガリ君のために旅に出る日が来た。(2018/4/14)

列車の座席に紙置き席取り 仙台市老人クラブ連合会が謝罪
「敬老者が乗車します」と紙を置いて席取りする行為に批判が集まっていました。(2018/4/10)

アニメ「ゆるキャン△」効果で山梨に“聖地巡礼” キャンプ初心者にも話題
キャンプ好きの女子高生の日常を描いた漫画「ゆるキャン△」(あfろ作)がキャンプ人気に火をつけている。舞台になっている山梨県のキャンプ場は利用者数が一気に3倍以上に。(2018/4/10)

「カレーパンサンド」ってどういうことよ!? カレーパンを食パンではさむ狂気のパンをフジパンが東北限定販売
破壊力すごい。(2018/4/6)

地方発!次世代イノベーション×MONOist転職:
基盤技術企業の強化で安定雇用へ――高付加価値型ものづくり技術振興雇用創造プロジェクト(岩手県)
「次世代の地域創生」をテーマに、自治体の取り組みや産学連携事例などを紹介する連載の第18回。岩手県による雇用構造改善のための取り組み「高付加価値型ものづくり技術振興雇用創造プロジェクト」を紹介する。(2018/4/6)

蓄電・発電機器:
楽天イーグルスの本拠地、太陽光で作るCO2フリー水素を活用
プロ野球、東北楽天ゴールデンイーグルスの本拠地である「楽天生命パーク宮城」で、東芝の自立型水素エネルギー供給システム「H2One」が稼働を開始。球場内のデジタルサイネージや地域ラジオ局に電力を供給する。【訂正あり】(2018/4/4)

「とてもファンだとは思えない」  サンドウィッチマン伊達、大量の色紙を手にサインをねだる集団に戸惑い
伊達さん「ライブやイベントに来てくれたりするのとは違う」。(2018/4/2)

「ヒレアシ甲子園」の中間速報発表 よみうりランドのカリフォルニアアシカ「リップ」が1位に
ベストナインが発表されました。(2018/4/1)

Liイオン内包フラーレンをドープ:
ペロブスカイト太陽電池の寿命、従来比10倍に
東京大学大学院工学研究科の松尾豊特任教授らは、耐久性をこれまでの10倍に向上させたペロブスカイト太陽電池の作製に成功した。(2018/3/27)

キャリアアップも大切だけど:
PR:もっとユーザーの役に立ちたかった――元グローバルコンサルタントの転身
厳しい職場にあえて身を投じ、SAPのコンサルタントとして活躍していた河西法寿氏 は、ITの進化や自分が理想とする生き方とのギャップを感じて、新たなステージへの転職を決意した。「公」も「私」も充実させたい河西氏が選んだのは――。(2018/3/26)

3月なのに夏日続出 来週は記録的高温
3月なのに半袖で過ごせるところもありそう。(2018/3/24)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
なぜ中日ドラゴンズは松坂大輔を「救世主」として獲得したのか
松坂大輔投手が中日ドラゴンズに入団し、話題の中心となっている。キャンプやオープン戦の集客は好調だが、それだけではない。ドラゴンズで「怪物復活」を成し遂げれば、松坂は中日にとって「救世主」となる。(2018/3/23)

小売・流通アナリストの視点:
地方ドラッグストアの戦略がマス広告を遺物にする?
地方のドラッグストアチェーンがベンチャー企業と始めた、ある取り組みに注目している。これは従来のマス広告や広告業界に大きな影響を与える可能性を秘めているのではなかろうか。(2018/3/22)

労使協調は:
JR東日本の最大労組が計画した初のストライキ なぜ幻に終わったのか
JR東日本の最大労働組合が3月15日に計画していたとみられる初のストライキが回避された。(2018/3/20)

太陽光:
雪が解ける太陽光発電システム、除雪作業を軽減して発電量もアップ
環境システムヤマノは融雪機能を備える太陽光発電システムを開発。降雪地帯の除雪作業を軽減できるとともに、効率良く発電できるという。(2018/3/15)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(35):
マクロ編:ITエンジニアにおすすめの移住先を探せ!
始まりは徳島?――ご当地ライターが、リアルな情報をつづる「UIターンの理想と現実」。マクロ編は、ITエンジニアの移住事情やおすすめのIT先端地域を紹介します。(2018/3/12)

「我々は生きているから何でも出来る」 サンドウィッチマン伊達、東日本大震災から7年で被災地への思いをつづる
宮城県紙の河北新報で「復興に区切りなんてない」と訴えた伊達さん。(2018/3/11)

「行こうね」「そうだね」 香取、草なぎ、稲垣が“3.11”に寄せたメッセージ
現地へ足を運んだこともありました。(2018/3/11)

「東北好き!」 新聞のラテ欄に縦読みでメッセージ
「感動した」「泣ける」との声が。(2018/3/11)

常見陽平のサラリーマン研究所:
人事異動は“深読み”しなければいけない、これだけの理由
人事異動の季節である。「自分の上司は誰だ?」「あの人が出世するのか」といった話題がつきないかもしれないが、楽しんでばかりいてはいけない。人事異動を深読みすることで、自分の未来が変わるかもしれないからだ。どういうことかというと……。(2018/3/9)

米津玄師「BOOTLEG」が第10回CDショップ大賞受賞! 準大賞はPUNPEEと台風クラブ
米津さんはビデオメッセージで喜びのコメント。(2018/3/8)

PR:ドラゴンボールスクラッチオリジナルグッズがもらえる「かめはめ波デジタルチャレンジ」に挑戦してみた
実際に放ってみました。(2018/3/8)

凍った雪も簡単に剥がす特殊刃物「氷砕金棒 割るぞうくん」 盛岡市の吉田研磨工業
産業用の回転刃から家庭の包丁まで何でも研磨する盛岡市の吉田研磨工業。この冬の大雪と厳しい寒波で同社の氷砕金棒「割るぞうくん」は福井県や金沢市からも注文が舞い込むなど大人気だ。(2018/3/7)

外来種のアメリカザリガニ、日本で繁栄した驚きの習性とは
ペットとしても人気が高いアメリカザリガニ。全国各地で見かけるこの外来種は、いったいどうやって異国の地で今日の繁栄を築いたのか。その理由の一端が東京大の研究で明らかになった。(2018/3/6)

ヤフーが今年も「Search for 3.11 検索は応援になる。」を開催 羽生結弦選手らが出品するチャリティーオークションも
3月11日に「3.11」と検索すると1人につき10円が復興支援団体に寄付されます。(2018/3/5)

今度の「ボス電」は100万円分の楽天Edyチャージ付き――ソフトバンクとサントリー「BOSS」のコラボキャンペーン
ソフトバンクが、サントリーの缶コーヒー「BOSS」とコラボした「ボス電当たる!」キャンペーンを実施する。北海道、東北、九州のエリアをイメージしたオリジナルデザインのスマートフォンを各10人にプレゼントするという。(2018/3/6)

痛車、痛バイクが大集結! あの「川崎大師」でマジに交通安全を祈願してもらってきた
全てのドライバーが穏やかな心でハンドルを握れますように。(2018/3/5)

JKがPK(パンツ食い込む)と戦うPR動画のテンポがクセになる 食い込みにくいショーツ「non!PK」をワコールが発売
「ハイ、ノンピーケー」の響きが気持ちいい。(2018/3/1)

超・営業力:
「安ければ売れる」で痛い目を見たキノコ営業マンを変えた一言
キノコは冬場に飛ぶように売れるが、夏場は苦戦する。キノコメーカーであるホクトの東北エリアで営業リーダーを務める日柳さんは以前、夏場に何の理由もなく安売りをしたことで大失敗したという。(2018/3/1)

ギョーザ店にギョー列:
宇都宮のギョーザはなぜ日本一を奪還できたのか
「ギョーザのまち」として知られる宇都宮市は、1世帯(2人以上)平均のギョーザ購入額(総務省家計調査)が4年ぶりに1位になった。(2018/2/28)

コンデンサー事業を強化:
太陽誘電、債務超過のエルナーを子会社化へ
太陽誘電は2018年2月26日、エルナーが2018年4月に実施する第三者割当増資を引き受け、エルナーを子会社化すると発表した。(2018/2/26)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
両備グループ「抗議のためのバス廃止届」は得策か?
岡山県でバスなどを運行する両備グループは、ドル箱路線に格安バスの参入を認めようとする国交省中国運輸局の決定に抗議して、赤字運行のバス路線31本を廃止すると発表した。その大胆な戦術に驚くけれども、その直後に参入を決定した中国運輸局もすごい。まるで「テロには屈しない」という姿勢そのものだ。(2018/2/23)

新連載・これからのAIの話をしよう:
「もう自分では勝てません」 28歳の東大院生が最強の麻雀AIを作るまで
将棋や囲碁ではAIが人間のトッププロを超えたといわれている。運の要素がある麻雀にもAIの波が。麻雀AIは人間を超えられるのか。(2018/2/23)

やっぱりこぼれる:
なぜ待望された? 全国展開始まった「ルマンドアイス」
ブルボンのロングセラー菓子「ルマンド」をアイスにした「ルマンドアイス」。2月12日、唯一未販売だった関東地方で販売がスタートし、全国展開となった。地域限定だった商品が人気になった理由とは?(2018/2/22)

楽天モバイルが仙台にYogiboコラボ店をオープン 今後の店舗展開は?
楽天モバイルが2018年2月21日に「楽天モバイル 仙台駅前」をオープン。これに合わせて、今後の店舗展開についての方針を発表した。今後は専門店や量販店などの店舗を強化していく方針だ。(2018/2/21)

水曜インタビュー劇場(7万人公演):
データから分かってきた。有料会員は、パ・リーグの試合をこのように見ている
「パ・リーグTV」の会員数が伸びている。パ・リーグの試合をネット(有料)で見ることができるサービスだが、なぜ好調なのか。運営をしているパシフィックリーグマーケティングの担当者に話を聞いた。(2018/2/21)

JR東、山形新幹線と「スーパーあずさ」にも無料の無線LAN
JR東日本が無料の公衆無線LANサービスを、山形新幹線や中央線特急「スーパーあずさ」でも提供する。東北、秋田、北陸新幹線への導入開始時期は前倒しする。(2018/2/20)

行使なら初:
JR東日本の最大組合、JR東労組、スト検討 3月中旬か
JR東日本の最大労働組合「東日本旅客鉄道労働組合(JR東労組)」が、スト権行使の可能性を検討すると会社側に通告していたことが分かった。(2018/2/13)

北海道を中心に幅広い支持:
厳寒の12月に売れた! 意外な暖房器具とは
日本列島を厳しい寒さが襲うなか、意外な暖房器具が家電量販店で売れ行きを伸ばしている。その理由を探った。(2018/2/8)

2018年の桜開花予想を日本気象協会が発表
2018年の桜は強烈寒波で休眠バッチリ。開花トップは宮崎と熊本、高知で3月21日。東京や福岡は24日、大阪は28日の開花。全国的に平年並みの開花が予想されます。(2018/2/7)

あなたは大丈夫? 指示待ち人間を作るリーダー、5つのタイプ:
タイプ5 れんがを積むだけのリーダー
言っていることと、やっていることに矛盾があれば、あなたの言葉に説得力はない。(2018/2/7)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
雪上試乗会で考えるスバルの未来
スバルは、青森市内から八甲田山、十和田湖を経由して安比高原までのコースを走るアドベンチャー試乗会を開催した。日本屈指の過酷な積雪ルートでスバル自慢のAWDを検証してくれというわけだ。(2018/2/5)

幻想的な雪景色を求めて:
大正ロマン感じる山形・銀山温泉 観光客が増えたワケは
山形県尾花沢市の銀山温泉が注目を浴びている。歴史ある温泉街だが、近年の観光客数は横ばい状態だった。しかし16年度、急激に観光客が増加。そのワケとは?(2018/2/2)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
乗り合いタクシーとローカル鉄道は共存できるか
東京都町田市が乗り合いタクシーの運行実験を始める。乗り合いタクシーとはどのような仕組みだろうか。そして、鉄道やバスとの関係は競合か共存か。(2018/1/26)

医療機器ニュース:
産後うつや周産期のストレスを心拍測定で早期発見、「スマートテキスタイル」で
東北大学が企業と共同で、産後うつの研究向けに妊婦用スマートテキスタイルを開発した。ウェアラブル心拍センサーとフィルム状導電素材を使用し、圧迫感が小さく着脱しやすい自然な装着感と測定精度を両立する。(2018/1/26)

過去最強クラスの寒波襲来 酷寒週間に
寒ぅい!(2018/1/23)

自然エネルギー:
小型風力のFIT価格は撤廃へ、「FITからの自立は困難ではないか」
FIT価格が55円/kWhと高額な小型風力。政府はこの小型風力のFIT価格を撤廃し、20kW以上の風力と同じ区分にする方針を示した。(2018/1/23)

日本酒の特徴を都道府県別にチャート化 日本酒データベース「さけのわ」による解析結果が興味深い
近隣地域における味わいの類似性などに注目すると楽しい。(2018/1/22)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。