ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「東北地方」最新記事一覧

まさかの弱体化! ラプラスの悲劇【みんなのポケGO写真】
祭りは終わり、また始まる?(2017/2/18)

ちくわとカラムーチョを錬成した「カラムーチョちくわ」をつまみにして飲みたい
ちくわが辛くてなぜおいしい。(2017/2/15)

自然エネルギー:
電力の自給率100%に向けて、福島・南相馬市に2つ目の巨大メガソーラー
脱原発都市を宣言した福島県の南相馬市で再生可能エネルギーの導入プロジェクトが着々と進んでいる。発電能力32MWのメガソーラーの建設工事が沿岸部の市有地で始まった。2018年12月に運転を開始して、1万世帯分を超える電力を供給できる。市内では59MWのメガソーラーも建設中だ。(2017/2/15)

自然エネルギー:
東京都が他県の再生可能エネルギーに出資、青森から神奈川まで8県に拡大
電力の一大消費地である東京都が官民連携のファンドを通じて他県の再生可能エネルギーに投資案件を拡大中だ。新たに栃木県で建設中のメガソーラーに出資したことを公表した。民間企業2社と連携して2014年度から運営しているファンドで、東京都以外のプロジェクトが8県に広がった。(2017/2/13)

ラプラス・システム Solar Pro:
太陽光発電シミュレーションソフトを半額に、新機能も
ラプラス・システムが太陽光発電システムシミュレーションソフトウェア「Solar Pro」を約50%値下げ。また新機能として需要が拡大しているソーラーシェアリングへの対応や、より簡単に設計・シミュレーションを行える機能を追加した。(2017/2/13)

大雪警戒 西日本を中心に雪が強まる、太平洋側の平地で積雪も
中国地方の山陰の山沿いでは、1日で100センチもの雪が一気に降ることが予想されています。(2017/2/10)

太陽光:
雲と積雪を見分ける宇宙の目、日射量が分かる
太陽光発電所の出力を広範囲に予測するには、日射量を推定すればよい。気象衛星の出番だ。日本気象協会はひまわり8号が備える近赤外光の観測装置を利用して、地表の積雪と上空の雲を区別する情報提供サービスを開始。北海道や東北などで威力を発揮しそうだ。(2017/2/9)

IT活用:
将来の事業収支を予測、サミットエナジーがIBMの管理システムを導入
住友商事グループで電力販売や発電事業を手掛けるサミットエナジーは、日本IBMの収支管理システムを導入した。需給管理や顧客管理といった関連システムから連携される需要や電源の契約・実績情報などを利用し、将来の事業収支をさまざまなパターンで予測できるという。(2017/2/8)

ハンファQセルズ 太陽電池モジュール:
狙うは太陽光の自家消費、ハンファQセルズが住宅向け新モジュール
太陽光パネルメーカーのハンファQセルズジャパンは、住宅向け太陽電池モジュールの新製品を2017年2月から販売する。効率を高めた新製品を投入し、売電から自家消費にシフトすると見られ、国内の住宅太陽光市場でシェア拡大を目指す方針だ。(2017/2/8)

IIJmio、SIMフリースマホセットの取り扱い郵便局を全国に拡大
IIJは、同社の「IIJmioモバイルサービス」とSIMロックフリースマートフォンのセットを取り扱う郵便局を拡大。2月24日から全都道府県で行う。(2017/2/6)

開発残酷物語(2):
「鶴の一声」が通用しない現場――山本一郎氏が聞く、中小企業におけるIT導入失敗事例の傾向と対策
トラブルの原因は何だったのか、どうすれば良かったのか、同じトラブルを起こさないようにどういう手だてを取ったのか。実在する開発会社がリアルに体験した開発失敗事例を基に、より良いプロジェクトの進め方を山本一郎氏が探ります。(2017/2/6)

久松郁実、「週プレ」で色気ムンムンな黒チャイナ! ラブライブ声優・小宮有紗のビキニ姿にもうっとり
台湾の夜に黒い華が咲いた。(2017/2/5)

悲報、関東・九州で花粉シーズン突入 「花粉に敏感な人に症状が出始めるレベル」に
まだの地域でも早めの花粉対策を!(2017/1/31)

プロ野球初、チケット価格を「時価」に 楽天がスタート
東北楽天ゴールデンイーグルスは、チケット価格を需要に応じて変動させる「価格変動制」を始めた。(2017/1/30)

動き出す電力システム改革(78):
家庭向けのシェア2.7%、新電力300社以上が自由化6カ月目に
電力の小売全面自由化から6カ月後の競争状況を国の委員会が検証した。新電力の数は300社を超える一方、家庭向けの販売シェアは2.7%にとどまっている。東京・関西・北海道でシェアが高く、その他の地域は低い。地方では自治体が出資する事業者が増えて、シェアの上昇に期待がかかる。(2017/1/27)

自然エネルギー:
風力発電が2016年度に30万kW増加、過去7年間で最大の伸び
震災後に伸び悩んでいた風力発電の導入量が再び拡大し始めた。2016年度の新規導入量は30万kWに達して、前年度から倍増する勢いだ。秋田県や島根県で大規模な風力発電所が運転を開始したほか、福島県の沖合では浮体式による3基目の洋上風力発電設備が実証運転に入る。(2017/1/26)

無料の「東北 Wi-Fi」1月下旬スタート 16年度末までに1000カ所で
公衆無線LANサービス「東北 Wi-Fi」が1月下旬から順次スタート。2016年度末までに1000カ所での提供を目指す。(2017/1/23)

太陽光:
東芝が1位に、住宅太陽光メーカーの満足度調査
リフォーム関連サービスを展開するローカルワークスは国内の住宅用太陽光のユーザーを対象に、メーカー満足度調査を実施した。満足度1位は東芝で、国内メーカーが上位を占めた。(2017/1/23)

PR:気鋭のグロースハッカー集団、その正体は「お母さん」たち!? 福岡発「ママグロースハッカーズ」の挑戦
(2017/1/25)

明電舎 EtherCAT採用 制御保護システム:
水力発電所を止めずに更新、EtherCAT採用の制御保護システム
明電舎は産業用の高速フィールドネットワーク(EtherCAT)を活用した中小水力発電用の制御保護システムの新製品を開発した。中部電力と共同開発を進めてきたもので、従来より大幅な小型化を図ったのが特徴だ。これにより既設を稼働させたまま新盤据付工事が行えるなどのメリットがあるという。(2017/1/23)

北日本昼頃まで雪 明日は都心も雪予想
今日(19日)北日本は昼頃まで雪やふぶき。雷が鳴る所も。明日(20日)は都心も雪か冷たい雨。(2017/1/19)

阪神・淡路大震災から22年 地震への備えと発生時の行動ポイント
阪神・淡路大震災から1月17日で22年が経過します。日本では、いつでも・どこでも地震が発生する可能性があるので、地震への備えや発生した場合にとるべき行動を日ごろから確認しておきましょう。(2017/1/17)

そして私は起業した:
ビズリーチ社長が明かす創業秘話
金融業界、プロ野球界、人材業界――と、さまざまな領域で活動をしてきた異色の経歴の持つ起業家、南壮一郎氏――。会員制転職サイトを運営するビズリーチを立ち上げるまでにどんな苦労があったのか。創業秘話と今後の展望を聞いた。(2017/1/17)

日本海側の大雪 きょうも続く
北陸から北海道にかけて日本海側を中心に大雪に。関東から九州は平年を下回る厳しい寒さが続きそうです。(2017/1/16)

土日は「今季最強寒波」がピークに 大雪・猛吹雪への警戒を
関東や近畿の北部でも大雪の可能性。(2017/1/13)

2017年のエネルギートレンド(4):
電力を地産地消する動きが加速、原子力に依存しない分散型へ移行
日本の電力供給の構造が大きく変わり始めた。特定の地域に集中する大規模な発電所による供給体制から、再生可能エネルギーの電力を地産地消する分散型へ移行する。災害が発生しても停電のリスクが低く、新しい産業の創出にもつながる。特に原子力発電所の周辺地域で取り組みが活発だ。(2017/1/13)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
鉄道と生まれ変わった宮城県女川町を旅した
東日本大震災で市街の大半が消失し、復興の過程にある宮城県女川町。石巻線の全線復旧から1年10カ月、駅前商業施設「シーパルピア女川」のオープンから1年が過ぎた。新しい町に人々が列車で訪れる様子を見て、鉄道がある町の活気を感じた。(2017/1/13)

日本唯一の「廃墟テーマパーク」オープンへ 廃墟遊園地「化女沼レジャーランド」購入のための支援をクラウドファンディングで募集中
購入金額の不足分1億2000万円の支援を目指します。※追記(2017/1/11)

もしも戦前の鉄道敷設計画がすべて実現していたら? 緻密に再現した地図の制作者に話を聞いた
もし計画通りになっていたら、日本全国どこでも鉄道で行けたのか……。(2017/1/11)

北日本を中心に暴風雪や大雪に警戒
きょうの日本付近は冬型の気圧配置が強まります。北日本や北陸は暴風雪や大雪、猛吹雪などに警戒を。(2017/1/11)

IT支出の地域間格差を是正するには、何が必要か:
国内IT市場、2017年も大都市圏との地域間格差が広がる IDCが予測
IDCジャパンが2020年までの地域別IT市場予測を発表。2016年のハードウェア市場は、東京都のプラス成長に対して、大都市圏以外では対前年比3%以上の減少。2017年も前年に続き、大都市圏とそれ以外の地域格差が広がると予測され、今後、地域格差を是正する対策も必要と提言した。(2017/1/11)

今季最強の寒波が襲来 雪少ない地域も注意必要
今シーズン最強で最長の寒波が1月15日ごろに襲来。普段、雪の少ない地域でも注意が必要になりそうです。(2017/1/10)

今シーズン最強&最長の寒波襲来へ 11日〜15日は全国的に警戒を
センター試験に臨む受験生は特に注意を!(2017/1/10)

地域格差広がる:
国内IT市場にブレーキ 東京都以外はマイナス成長に
2016〜20年の国内IT市場は地域別にどのように成長するのか?――IDC Japanが発表。(2017/1/10)

ちびまる子ちゃんたちが猫に!? 猫耳が付いたかわいいドーナツ 期間限定で登場!
たまちゃん・丸尾君・野口さんもいます。(2017/1/9)

「タリーズスノーマンラテ」が全国展開に 雪だるまの表情はその場で手描き
2015年は北海道限定で、2016年は東北・北信越にもエリアを拡大して販売された雪だるまが全国展開。(2017/1/6)

自然エネルギー:
風力発電市場は2030年に10兆円に迫る、国内市場は7倍に
富士経済は風力発電システムの世界市場の調査結果を発表した。2016年は前年比で減少傾向にあるものの、長期的に市場拡大が続き、2030年には9兆7200億円にまで拡大すると予測している。(2017/1/6)

オンリーワン技術×MONOist転職(7):
“光のプロ”の遊び心が産んだ反射率99%ミラー――吉城光科学
日本の“オンリーワンなモノづくり技術”にフォーカスしていく連載の第7回。今回は、超精密ガラス部品で世界的に高いシェアを持ち、常識を覆す超高反射ミラーなど特殊技術を有する吉城光科学を紹介する。(2017/1/4)

飯テロはまだまだ続く! ドラマ「孤独のグルメ」シーズン6の制作が決定
また太っちゃうな。(2017/1/3)

うおォン 「孤独のグルメ」のスペシャルドラマだけをまとめたBlu-ray&DVD BOXが発売決定だ
ゴローちゃん再び!(2017/1/3)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」2017年新春特別編:
「列車の動力」革新の時代へ
2017年3月ダイヤ改正は新幹線開業などの大きなトピックがない。しかし、今後の鉄道の将来を見据えると「蓄電池電車」の本格導入に注目だ。地方の非電化路線から気動車が消える。大都市の鉄道路線から架線が消える。そんな時代へのステップになるだろう。(2017/1/2)

茨城県北部で震度6弱、マグニチュードは6.3と推定
この地震による津波の心配はないとのことです。(2016/12/28)

超臨界CO2サイクル火力発電システム:
世界初CO2を100%回収できる火力発電、米国で2017年に実証運転
米国テキサス州で建設中の「超臨界CO2サイクル火力発電システム」の実証運転が2017年に始まる。東芝と米国の3社が共同で開発を進めているシステムで、発電時に排出するCO2を循環させて高効率に発電できる世界初の技術を実装する。東芝は中核の発電機の製造を完了して米国に出荷した。(2016/12/26)

電力供給サービス:
電力会社に再編を促す東京電力の改革案、発電・送配電の統合は必至
政府は福島第一原子力発電所の廃炉・賠償・除染に必要な22兆円の資金を確保するため、東京電力に火力発電・原子力発電・送配電事業を他社と統合して競争力を高めるように強く求めた。電力市場の自由化と再生可能エネルギーの導入を推進するうえでも電力会社の再編・統合が欠かせなくなった。(2016/12/22)

3分で分かるこれからの電力業界(3):
数字で見る電力業界
「電力小売業界」への就職・転職を目指す方に、急速に変化・多様化する業界動向を分かりやすくお伝えする連載の第3回。今回は業界の市場規模や電力消費量、さまざまなランキングといった数値データから電力業界を俯瞰してみる。(2016/12/22)

「サムッサムゥウア!!(バッシャアアア)」 “東北の脱衣を描いた漫画”が寒さに苦しむ人たちから共感を集める
分かるとしか言えない。(2016/12/21)

自然エネルギー:
農林業を発展させるメガソーラー、町が認定して3万8000世帯分の電力
岩手県の農山村で巨大なメガソーラーの建設プロジェクトが始まった。2019年に運転を開始して年間に3万8000世帯分の電力を供給する計画だ。農林業を健全に発展させるため、自治体が再生可能エネルギーの導入区域を決めて発電事業を認定した。売電収入の一部をCO2削減と雇用創出に生かす。(2016/12/21)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
「補強に30億円も」巨人が崩壊する危険性
プロ野球の巨人が今オフ、例年にない大型補強を敢行中だ。関係者からは「まだまだ終わらない」といった声も出ているが、主力選手をたくさん獲得することでチームはうまく機能するのだろうか。過去の歴史をさかのぼると……。(2016/12/21)

電子ブックレット/自然エネルギー:
地熱発電プロジェクト最前線 −Part 6−
地熱資源が豊富な東北や九州、さらに海外では米国やトルコで新しい地熱発電所の建設プロジェクトが進んでいる。福島県の温泉跡地で掘削調査が進み、大分県では地下水を使わない地熱発電システムの実証運転を実施した。米国では地熱と水力のハイブリッド発電設備が運転を開始している。(2016/12/21)

石巻市、ポケGO“ラプラス効果”で10万人 経済効果は20億円
レアポケモン「ラプラス」が東北地方に出現しやすくなるPokemon GOのイベントで、宮城県石巻市には11日間で約10万人の観光客が訪れたという。(2016/12/20)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。