ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「東京おもちゃショー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「東京おもちゃショー」に関する情報が集まったページです。

野原ひろしのクサい靴下VS花王アタック&シャープの洗濯機、“最臭決洗”の結果は?
洗えば何とかなるという希望が生まれた。(2018/7/2)

「ひろしの靴下」vsシャープの洗濯機&花王「アタック」、7月2日開戦 連合軍は悪臭を落とせるのか?
Twitter公式アカウント同士の交流がカオスなバトルへ発展。(2018/6/27)

ただ者じゃない最新トイや“自立する”漫画家の今を「NEWS TV」で確かめた
(2018/6/12)

6月12日15時ごろ放送:
【番組告知】キーワードはAIとYouTuber!? ただ者じゃない最新トイを「NEWS TV」でチェックする
(2018/6/12)

「まさかのダンゴムシです」 商品化を勝ち取った虫嫌いの開発者
ダンゴムシを10倍に拡大し、精密なギミックとともに立体化したバンダイのカプセル玩具「だんごむし」。しかし、開発者は大の虫嫌いだった。商品化の謎に迫る。(2018/6/10)

かわいいの過剰摂取で死にそう リーメント「ポケモン」新作グッズが大人ポケモン女子の財布を殺しに来てる
財布の中身、逃げてー!(2018/6/8)

ミッキーマウスと原付バイクが融合!? ディズニーモータース「チムチム」ライフサイズモデルを初披露
世界で1台だけの超レア品。(2018/6/8)

マーケターが語る「こだわり」:
12年ぶりに復活「ゾイド」は“ワイルドさ”で現代っ子の心をつかめるか
動物や恐竜がモチーフの組み立て式玩具「ゾイド」が12年ぶりに復活する。かつて高い人気を獲得した旧シリーズとは、どんな点が異なるのか。マーティング担当者に話を聞いた。(2018/6/7)

セガトイズ「野原ひろしの劇臭くつした」を完全再現しちゃう暴挙にでる クレしん公式監修のガチなやつ
嗅いだ記者「ぅお!えっふぇ…これはあかんやつやで」(2018/6/7)

東京おもちゃショー2018:
“おしゃべり玩具”トレンドに 東京おもちゃショー2018
「東京おもちゃショー2018」では、音声でコミュニケーションする玩具が目立った。世間ではスマートスピーカーが話題だが、玩具界にもおしゃべり玩具の波が来ている。(2018/6/7)

巨大「ダンゴムシ」カプセルトイがおもちゃショーに登場 さまざまな角度からリアルなダンゴムシ写真をどうぞ
ゾクッとくるかも。(2018/6/7)

これで君もダース・ベイダー! 「着れちゃう! ダンボール」にベイダー版登場
ダンボールパーツを組み立てるだけ!(2018/6/7)

東京おもちゃショー2018:
「YouTuberが効いています!!」――紹介動画で売り上げ急増、玩具メーカー注目
「YouTuberが効いています!!」――玩具の見本市「東京おもちゃショー2018」のタカラトミーアーツのブースで、そんな一文が目を引いた。(2018/6/7)

トミカ48年目の進化 実車の音と振動でリアリティを追求したハイエンドモデル「トミカ4D」誕生
音と振動でリアリティのあるトミカに。(2018/6/7)

東京おもちゃショー2018:
「YouTuberごっこ」にプログラミング遊びも 女児向けタブレットトイ セガトイズから
自撮り動画を撮影でき、プログラミングをはじめとする学習アプリも搭載したタブレットトイをセガトイズが発売する。(2018/6/7)

東京おもちゃショー2018:
さらにできるようになったな! AI搭載「ハロ」と戯れてきた
AI搭載ロボットになったガンダムのペットロボット「ハロ」が東京おもちゃショーに登場。ハロとガンダムトークで盛り上がれる。(2018/6/7)

東京おもちゃショー2018:
「GT-R」のエンジン音、実際に鳴る「トミカ4D」 「テストコースを貸し切り、音を収録」日産が太鼓判
タカラトミーが、エンジン音と振動を再現した「トミカ4D」を10月に発売する。日産「GT-R」のミニカーは、実際のエンジン音、走行音を収録した。(2018/6/7)

開発2年「奇跡が起きた」:
話題のカプセルトイ「だんごむし」なぜ開発? 生みの親に聞いてきた
バンダイが発表した、ダンゴムシを1000%スケールで立体化したカプセルトイ「だんごむし」が話題だ。商品コンセプトはいかにして思いついたのか。開発の裏に何があったのか。開発担当者に話を聞いた。(2018/6/7)

漫画『おじさまと猫』の猫ちゃん「ふくまる」のもっちりぬいぐるみが誕生
いっぱいハグしたい。(2018/6/5)

でけえ! 全長140ミリの巨大「ダンゴムシ」カプセルトイ登場 昆虫嫌いな担当者が2年かけて開発
カプセルトイでカプセルレス販売。(2018/6/4)

ダンゴムシを10倍の大きさで立体化したカプセルトイ 丸くなる体を忠実に再現
バンダイがダンゴムシを1000%スケールで立体化したカプセルトイ「だんごむし」を発売する。ダンゴムシの構造を徹底的に研究。丸くなる体を再現してしまった。(2018/6/4)

TechFactory 人気記事TOP10【2017年8月版】:
いまさら聞けない「組み込みLinux」――その正体と開発の難しさ
TechFactoryオリジナル記事コンテンツの人気ランキングTOP10をご紹介。今回は、数ある組み込みシステムの中でも、タッチパネルやネットワークなど、ある程度リッチな機能が必要となる際に選択されることの多い「組み込みLinux」を取り上げた記事が人気を集めました。(2017/9/20)

驚異の12分間回転――「ハンドスピナー」開発にアツくなる企業の正体
回転時間は12分間以上、価格は1万7280円(税込)――そんな型破りなハンドスピナーを製造したのは、大手玩具メーカー……ではない。製造業向けの「ベアリング」を手掛ける企業が、ハンドスピナーの開発にアツくなるまでの経緯を聞いた。(2017/9/6)

プロジェクトリーダーに聞く:
ソニーが作ったおもちゃ「toio」のロボットはなぜシンプルで四角いのか?
おもちゃ好きのエンジニアたちの放課後活動から生まれたソニーのトイ・プラットフォーム「toio(トイオ)」。「ソニーらしい新しい製品を作りたい」という思い、そして同社が長年培ってきたロボットとエンターテインメント技術の融合により生まれたtoioの特長やこれまでの取り組みについて、toioプロジェクトのリーダーを務める田中章愛氏に聞いた。(2017/8/24)

TechFactory通信 編集後記:
ソニーの箱型ロボットが子どもの心に火を付ける
主役はロボットではなく、子どもたちが作ったおもちゃ。(2017/8/5)

「toio」をきっかけにソニーも変わる? 体感型おもちゃが示す本当の価値
(2017/6/21)

40年前のコレジャナイ感を払拭! DX超合金魂「コン・バトラーV」の完成度がビクトリー
(2017/6/4)

テレビカメラに向けてサインして! スマホでスター選手の気分が味わえる「エアーサインキット」
(2017/6/3)

スケボーと一輪車を合体させた未来感 「JYRO Roll」日本初披露
乗りこなしたい。(2017/6/2)

荒ぶる4重連結ハンドスピナー! 東京おもちゃショーで最新スピナー事情を見てきた
ベアリングが熱くなるな!(2017/6/1)

なぜ今、ソニーがおもちゃを作るのか 「toio」開発の狙い
ソニーが「東京おもちゃショー2017」で玩具の新製品「toio」を発表した。なぜ今、子供向け玩具なのか。同社の狙いは。(2017/6/1)

ロビン・パワー全開! 筋肉アイドル才木玲佳、よゐこ濱口にタワーブリッジをお見舞いする
これがロンドン名物……!(2017/6/1)

東京おもちゃショー2017:
おもちゃ界にもIoTの波 VR/ARにロボットも
「東京おもちゃショー2017」で見つけた最新玩具を紹介。VR、AR、IoTなど最新の技術トレンドが盛り込まれている。(2017/6/1)

「お二人のヘアアレンジもさせて」 リカちゃん人形、ブルゾンちえみ&with Bっぽい構図でトレンディーエンジェルをいじる
また髪の毛の話してる。(2017/6/1)

ソニー「toio」発表 レゴやピタゴラな発想で遊ぶ新感覚ロボットゲーム
子どもと盛り上がれそう。(2017/6/1)

ソニーのおもちゃ、それは子どもたちの“工夫する心”に火を付ける小さなロボットだった
(2017/6/1)

小学生でもガールズライフを満喫! フェイスフィルター搭載の本格的スマホトイ「Mepod ミー☆ポッド」登場――「ぷっちょ」や「JENNI」とコラボ
(2017/5/29)

電動スケートボード? 体重移動のみで走る「JYRO Roll」が日本上陸
(2017/5/29)

伝統工芸の技で作った「プラレール」、おもちゃショーで披露
(2017/5/26)

プラレールと江戸切子・箱根寄木細工など伝統工芸が融合 もはや“おもちゃ”でなく“アート”
東京おもちゃショー2017に出展。販売の予定はないとのこと。(2017/5/27)

「ガシャポン40周年」、過去にもっとも話題を集めた商品を復活へ
(2017/5/16)

五輪で東京ビッグサイトが使用できない問題 1年ぶりに計画見直されるも大規模イベントの開催は困難
問題に詳しい同人印刷会社「栄光」の社長にも取材しました。(2017/4/28)

等身大の「To LOVEる」モモから真っ赤な「RG シナンジュ」まで 注目フィギュアまとめ
250万円の「To LOVEる」モモ等身大フィギュアから、ガンプラ「RG シナンジュ」まで、注目のフィギュア3選を紹介します。(2016/7/5)

小学生の「プログラミング教育」その前に:
2016年、手で触るプログラミングおもちゃが続々登場
「プログラミングの考え方」を身に付けるのに、PCやキーボードを使う必要はない。小学生になる前でも“おもちゃ”を通じて「プログラミングの考え方」を身に付けられることを目指した製品が、2016年になって続々と発表されている。(2016/6/27)

初心者はご遠慮ください――地獄のジグソーパズル「お箸で白米地獄」「お箸で大豆地獄」
ビバリーから「地獄パズル」シリーズの最新作「お箸で白米地獄」と「お箸で大豆地獄」が登場する。お箸を使って完成させる300ピースのジグソーパズル。手掛かりは「ピースの形」のみ。(2016/6/21)

技術の進歩には、いつも人間の欲求があった:
“ヴァーチャル・セックス”は、何を産み出す? 「アダルトVRフェスタ」で最前線にいるクリエイターに聞く
「歴史上、ポルノが繁栄しないメディアなど存在しない」――VRブームを迎えた今、水面下で盛り上がりを見せるのがアダルトコンテンツだ。VRは“大人の快楽”にどんなブレイクスルーをもたらすか。国内初となるイベント「アダルトVRフェスタ01」で、アダルトVRの最前線にいるクリエイターたちに話を聞いた。1ページ目はVRの現状、2ページ目以降はアダルトVRに関する話題を取り扱う。(2016/6/15)

東京おもちゃショー2016:
最新おもちゃが勢ぞろい! 「東京おもちゃショー2016」ブースまとめ
「東京おもちゃショー2016」で見つけた話題のおもちゃをブースごとにまとめた。子供から大人まで楽しめる最新グッズを紹介する。(2016/6/13)

セクシーナース服を着たモリガンのフィギュア登場 どうでもいいから早く採血してください
ついでにダークネスイリュージョンもお願いします。(2016/6/11)

東京おもちゃショー2016:
運転手と乗客の視点が楽しめる「ダブルカメラドクターイエロー」、プラレールから
タカラトミーの「プラレール」がまた進化した。新製品の「ダブルカメラドクターイエロー」は、名前の通り車体の2カ所にカメラを搭載し、スマートフォンを通じて運転士の目線と車窓の両方が楽しめる。(2016/6/11)

東京おもちゃショー2016:
これなんて罰ゲーム? 「ロシアンぬ〜れっと」
タカラトミーが7月7日に発売する「ロシアンぬ〜れっと」は、あの「黒ひげ危機一発」の流れを汲む、ハラハラドキドキのパーティーゲームだ。(2016/6/11)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。