ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「商標」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「商標」に関する情報が集まったページです。

「♪エ・バ・ラ、焼肉のたれ」サウンドロゴが音商標として認可
焼き肉食べたくなる。(2018/5/22)

お客との「絆」:
「エ・バ・ラ、焼き肉のたれ♪」が“音商標”に 50年前からCMで使用
エバラ食品工業のサウンドロゴ「エ・バ・ラ、焼き肉のたれ」が商標登録された。1968年にテレビCMで使用して以来、50年間にわたって使用されてきた。(2018/5/21)

「誰が見てもきのこの山と分かる」:
「きのこの山」が立体商標に 「登録拒絶」乗り越え
明治の「きのこの山」が立体商標に登録。一度は登録を拒絶されたものの、「見ただけできのこの山だと分かる」識別力を有していることが認められた。(2018/5/10)

次の仮面ライダーは「仮面ライダージオウ」か? 東映の商標出願が確認される
つづりは「ZI-O」。(2018/5/8)

キッコーマンの「しょうゆ卓上びん」が立体商標として登録 文字がなくても何だか分かる
50年以上変わらぬデザインです。(2018/4/18)

文字や図形なし、容器のみ:
キッコーマンの「しょうゆ卓上びん」が立体商標に “ひと目見たら分かる”
キッコーマンが「しょうゆ卓上びん」が立体商標に登録されたと発表。1961年に世に出て以降、55年以上にわたって消費者に親しまれてきた。同社は「容器をひと目見ただけで“キッコーマンの卓上びん”と認識できることが認められた」としている。(2018/4/17)

六花亭、「そだねー」商標出願についてコメント 独占の意図なしと説明
六花亭は「なんもなんも」など方言を製品名に使っており、「そだねー」も愛着ある言葉として使いたいと説明。(2018/3/22)

「北海道のおやつとして親しんで」:
「そだねー」商標申請で批判続く六花亭、「独占のつもりない」と声明文発表
「そだねー」を商標申請中の六花亭製菓が声明文を発表。「独占という印象は避けにくいが、弊社が申請中の他の商標は他社にぜひ使ってほしいと伝えたところだった」という。申請を巡り、ネット上では「そこまでして独占したいのか」などの批判が集まっていた。(2018/3/22)

改変OSのPC販売 不正送金の踏み台に 脆弱性知りつつ対策放置のツケ
Windowsを改変したPCを販売したとして、商標法違反容疑でIT会社「ビレイ」の社長らが逮捕された。改変によって生じたソフトの脆弱性が中国人犯罪グループに目をつけられ、不正送金の「中継点」として利用されていた。(2018/2/21)

社長ら逮捕:
改変OSのPC販売 不正送金の踏み台に 脆弱性知りつつ対策放置のツケ
Windowsを改変したPCを販売したとして、商標法違反容疑でIT会社の社長らが逮捕された。(2018/2/20)

販売差し止め求める:
キングジム、商標権侵害でエレコムら提訴 「テプラ PRO」に似たロゴ無断使用
文具メーカーのキングジムが、カラークリエーションとエレコムを提訴。前者が製造、後者が販売を担う、「テプラPRO」と互換性のあるテープカートリッジのロゴが本家に酷似しているため。商品名・ロゴの使用許可を求める問い合わせはなかったという。(2018/1/19)

集英社が「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」の商標を出願 「5部アニメ化か」とファンから期待の声
これでアニメ化が確定したわけではありませんが、可能性はかなり高くなったと言えそうです。(2018/1/12)

サイトは停止中:
ミクシィ、チケキャン問題で調査委を設置
チケット転売仲介サイト「チケットキャンプ」が商標法違反容疑などで捜索を受けた問題で、親会社のミクシィが調査委を設置。(2017/12/12)

チケットキャンプ、サービス一時停止 商標法など違反の疑い
ミクシィが、チケット売買サービス「チケットキャンプ」のサイト上の表示について、商標法違反・不正競争防止法違反の容疑で捜査当局の捜査を受けた。(2017/12/7)

「チケットキャンプ」に当局の捜査 サービスを一時停止に
商標法違反と不正競争防止法違反の容疑で当局の捜査を受けました。(2017/12/7)

サービスは一時停止:
「チケットキャンプ」商標法・不正競争防止法違反容疑で捜査
ミクシィグループのフンザが運営する「チケットキャンプ」が、商標法違反と不正競争防止法違反の容疑で捜査。新規出品、新規会員登録、新規購入申し込みを一時停止する。(2017/12/7)

続く「2ch」の商標権争い ひろゆき氏、Race Queenを提訴していた
「2ちゃんねる」の商標権争いが続いている。ひろゆき氏がRace Queenを相手取り、「2ちゃんねる」「2ch」の商標権の差し止めを求める訴訟を、東京地裁に起こしている。(2017/11/28)

3分で商標出願 AI活用「Cotobox」 弁理士がリリース
商標登録出願の準備が簡単にできるオンラインサービス「Cotobox」β版が公開された。出願書類の作成が最短3分で可能という。(2017/11/20)

「アプリ★ゲット」のスパイシーソフト、競合メディア「MoguraVR」の商標取得していた 露骨な“競合つぶし”ではとの声も
スパイシーソフトはVR情報サイト「VR Inside」を運営しており、「Mogura VR」とは競合関係にありました。(2017/11/15)

競合メディアにサイト名を商標登録された――「Mogura VR」が異議申し立て
VR関連メディア「VR Inside」を運営するスパイシーソフトが、競合メディア「MoguraVR」の商標を登録していた件で、Mogura VRが無効審判請求を特許庁に提出。(2017/11/14)

「2ちゃんねる」商標争いでひろゆき氏が勝訴
「2ちゃんねる」「2ch」ともにひろゆき氏に商標権が認められた形に。(2017/11/8)

全ソースコードをコミュニティーに公開
NoSQLデータベース「Riak」をBet365が買収、エンタープライズ版もオープンソース化
BashoからRiakのソースコードや商標権を買収したのは、ソフトウェア企業ではなくブックメーカー企業のBet365だった。(2017/10/27)

「故意に侵害された」:
日本企業がApple提訴 「animoji」の登録商標巡り
東京に拠点を置くソフト会社が「animoji」の商標を巡り、米Appleを訴えた。(2017/10/23)

任天堂が“初代ゲームボーイのデザイン”を商標出願 「ミニゲームボーイ」発売の布石か
来るのか……?(2017/10/10)

ついに「モバイルPASMO」登場か! 商標出願されたことが明らかに
私鉄利用者の僕ら歓喜。【追記】(2017/10/4)

報ステ、「熱盛」商標出願について「営利目的の無断使用」があるためと説明
「皆様に個人的に楽しんで頂いていることや、球場やSNSでの盛り上がりは私たちも嬉しく思います」(2017/10/2)

「熱盛」マーク、テレ朝の商標出願が判明 ネットのブーム受けてか 「熱盛」ファンによるサービスも公開中止に
すみません、「熱盛」と商標出願してしまいました。(2017/9/29)

初となる「音楽的要素のみからなる音商標」が商標登録へ 大幸薬品「ラッパのメロディ」やインテルのサウンドロゴを認定
音声無しの、メロディーやリズム等で認められた初の音商標です。(2017/9/28)

「それはベルクロじゃない」 老舗ブランドの『We Are the World』風動画が話題に
面ファスナーと言われてもわからないが、マジックテープやベルクロと言われればわかる人は多いはず。だが、そのどちらも商標だ。面ファスナーの本家Velcro社が商標としてのベルクロについてもっと知ってもらおうと考えついたのは「歌」だ。(2017/9/28)

Android Oのお菓子ネームは「Oreo」(オレオ)に
Googleは8月21日、次期モバイルOSの正式名称を「Android 8.0 Oreo」と発表した。オレオはNaviscoのクッキー。商標を採用したのは2013年のAndroid 4.4 KitKat以来だ。(2017/8/22)

文字なし「モノ消しゴム」発売 受験生向けに
カバーが青白黒のストライプのみで、文字が印刷されていない「モノ消しゴム」が発売。おなじみの3色柄は「色彩の商標登録」に初認定された図案だ。(2017/8/7)

任天堂が欧州で64コントローラーの商標を出願 「NINTENDO64ミニ」への布石?
そうだったらいいのにな。(2017/7/23)

ボーカロイドのパロディで生まれた「重音テト」、商用製品の権利保護のため商標化へ 同人での使用はこれまで通り
エイプリルフールネタで生まれたキャラクターがついにここまで。(2017/7/3)

Amazonのドローン配送用高層物流センターの特許出願文書が公開
2013年にドローン配送構想を発表したAmazonが米特許商標局に出願したドローン向け高層物流センターの特許書類が公開された。(2017/6/25)

電通が「肯定ペンギン」を商標出願し困惑広がる → 実は「肯定ペンギンのあかちゃん」よりも前から存在
ネット上では一時「電通がパクった」といった誤解も広がる事態に。(2017/6/23)

電通が「肯定ペンギン」商標登録していた 17年に追加出願 なぜ?
電通が「肯定ペンギン」を2015年に商標登録し、17年に追加出願していたことが分かった。(2017/6/23)

特許庁、不備ある「商標大量出願」に対策 審査運用を一部見直し
一部の出願人が「出願手数料の支払いがない商標登録出願」を大量に行っているという。(2017/6/22)

特許庁が商標出願の審査開始までの運用を一部変更 “一部の出願人”対策
一部の出願人が出願手数料のない商標登録出願を大量に行っていることへの対策。(2017/6/21)

ジーン・シモンズ、親指直角版メロイックサインを商標登録出願
KISSのジーン・シモンズが、“人差し指と小指を上に向けて開き、親指を直角に開いた形の手ぶりで構成される”サインを自分の発明だとして米特許商標庁に出願した。(2017/6/15)

「商標速報bot」開発者がサイト構築へ 支援募集中
「商標速報bot」開発者が、商標検索サイトの構築に向け、「CAMPFIRE」で支援を募っている。(2017/5/9)

「サイバーパンク」が商標登録、海外で物議 権利元のゲーム開発会社「自己防衛が目的で攻撃的に使う意図はない」
メーカーは新作「CYBERPUNK 2077」を予定しており、他者に「CYBERPUNK」の商標を取られ、続編が命名しにくくなることを懸念しての商標登録と説明しています。(2017/4/11)

iPhoneをはめ込んでCPUやトラックパッドにするAppleのMacBook的な何かの特許が公開される
米特許商標局が、Appleが昨年9月に出願した「携帯可能な薄いコンピューティング端末に内部コンポーネントを提供するシステムおよび方法の様々な実施形態」の特許を公開した。(2017/3/24)

「マリカー」商標への任天堂の異議申し立て、棄却されていた
他社が保有する「マリカー」の商標への任天堂の異議申し立てが棄却されていたことが分かった。(2017/3/8)

「MONO消しゴム」の青・白・黒色のストライプ模様が商標に 日本で初めて「色彩」が商標登録
セブン-イレブンの色彩とともに登録が実現しました。(2017/3/1)

おなじみの色が商標に:
初の「色彩商標」、トンボの消しゴムとセブン-イレブン
企業や商品を象徴する色彩を商標として認める「色彩商標」第1号が認められた。(2017/3/1)

いまの霜降肉は脂肪多すぎ? 老舗すき焼き店が赤身とのバランスを考慮した「適サシ肉」提唱 他店でも使える商標に
脂肪が多すぎることなどから、消費者の“霜降離れ”が起こっているとか。(2017/2/14)

消費トレンドから見る企業戦略の読み解き方:
巨艦メーカーの猛攻 アイホンが生き残る道は
名古屋市に本社を構えるインターホン専門メーカーのアイホン。あのグローバル企業との商標争いで同社を知った人も多いだろうが、インターホン・ドアホン業界で国内トップシェアを競う会社なのだ。(2017/2/3)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
苦戦するWindows 10スマホは「二つ折りケータイ」の進化系を目指す?
Microsoft純正スマートフォン「Lumia」の販売終了が続く中、米特許商標庁に登録された新たなデバイスの姿が話題となっている。(2017/1/18)

明治が「きのこの里」「たけのこの山」を商標出願 「きのこの山」「たけのこの里」に新種誕生・和解・侵略かでネット民ざわつく
この戦いにもついに終わりの時が……!?(2016/12/28)

「つま恋」の名のまま再始動 ヤマハ、リゾート施設の不動産および商標権を譲渡
2017年4月1日からは、譲渡を受けたホテルマネージメントインターナショナルが「つま恋」商標を使用して営業開始。(2016/12/28)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。