ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「トランプ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「トランプ」に関する情報が集まったページです。

北米市場の開拓狙いNYの建設コンサルと提携、技研製作所
騒音や振動などの建設公害を発生させずに杭・矢板を地中へ押し込む「圧入工法」のパイオニア、技研製作所が北米市場の開拓を加速する。ニューヨークの老舗建設コンサルタント会社と9月20日付で提携し、トランプ政権が表明した巨額のインフラ整備に備える構えだ。GIKENグループでは長期ビジョンで、全体の売上に占める海外の売上比率を7割まで引き上げることを目指す。(2018/10/15)

Facebook、不正行為のページとアカウントを約800件削除
米中間選挙を控え、Facebookがまたポリシー違反ページとアカウントを削除したと発表した。政治的な投稿のリンク先は広告サイトで、政治目的ではなく、金儲けのために不正行為を働いていたとして約800件を削除した。(2018/10/12)

世界を読み解くニュース・サロン:
フェイクニュース対策は「言論統制」に利用されてしまうのか
FacebookなどのSNSを悪用したフェイクニュース対策として、国内の言論統制を強化しようとする国が出てきている。法規制が強まると、言論弾圧につながる可能性もある。表現の自由を保障しながらフェイクニュース拡散を防ぐには、どうしたらいいのか。(2018/10/11)

世界を読み解くニュース・サロン:
政府が宣伝しているのに、中国の「好感度」が上がらないのはなぜか
トランプ米大統領が中国のプロパガンダ広告について発言し、注目された。中国のプロパガンダは今に始まったことではないが、最近は特に強化しているようだ。しかし、その成果はまったく出ていない。なぜなら……(2018/10/4)

HYDE×「不思議の国のアリス」とか最高かよ! 新曲MVで披露したマッドハッター仮装がぞくぞくする美しさ
映像作家の二階健さんとタッグ。(2018/10/3)

バブル崩壊後の最高値更新:
株一段高へ「3つのハードル」
東京株式市場は28日、日経平均株価が取引時間中にバブル経済崩壊後の最高値を更新した。円安の進行に加え、堅調な企業業績を背景にした日本株の先高感が相場を押し上げた格好だ。ただ、さらに高値を目指すには「3つのハードル」を超える必要があり、日本経済の地力が試される。(佐久間修志)(2018/10/1)

人気“再燃”「りぼん」の付録 グッズ通販に当時の少女ら「よくやった!」
少女漫画誌「りぼん」の「付録」の人気が“再燃”している。京都で開いた付録の展覧会が盛況で、雰囲気を巧みに再現したグッズの通販も好評だという。当時のファンらが感激しているようだ。(2018/9/28)

海外医療技術トレンド(39):
「Apple Watch Series 4」の心電図アプリはFDA認証をどうやって取得したのか
グローバルプラットフォーマーのウェアラブル型医療機器市場参入の裏側には、規制当局からイノベーション当局へのトランスフォーメーションをめざすFDAの政策がある。(2018/9/28)

雰囲気再現 :
人気“再燃” 少女漫画誌「りぼん」の付録 グッズ通販に当時の少女ら「よくやった!」
少女漫画の月刊誌「りぼん」(集英社)の「付録」の人気が“再燃”している。京都で開いた付録の展覧会が盛況で、雰囲気を巧みに再現したグッズの通販も好評だという。漫画自体は単行本などで復刻されても付録は永遠に思い出の中。それが再び形になり、当時のファンらが感激しているようだ。(2018/9/28)

“いま”が分かるビジネス塾:
牙をむき始めたトランプ政権 対日貿易交渉で自動車産業はどうなる?
米国・トランプ政権が日本をターゲットにした貿易交渉に動き始めた。日本側が米国の要求をすべて拒否するのは難しく、何を捨てて何を取るのかという選択になるのはほぼ確実といってよい。(2018/9/28)

MONOist×JOBS 転職市場動向:
トランプが仕掛けるも米国自動車メーカーが被る悲劇、米中貿易戦争
2018年7月に米国政府が中国からの輸入品に追加関税をかけたことに端を発し、米中貿易戦争が本格化した。米国が仕掛けた形ではあるが、追加関税の応酬や米中関係の悪化は米国産業にもダメージを与える。米中貿易戦争が米国の自動車メーカーに及ぼす影響についてまとめた。(2018/9/27)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
秋の夜長に「Windows Mixed Reality」で世界を飛び回ってみた
Windows 10の標準機能として加わって1年近くになる「Windows Mixed Reality(MR)」。秋の夜長にあらためてWindows MR対応のHMDをじっくり体験して感じたこととは?(2018/9/24)

世界を読み解くニュース・サロン:
“トランプ暴露本”で注目のスター記者から学ぶ「人心掌握術」
新たなトランプ暴露本が発売され、注目されている。著者のジャーナリスト、ボブ・ウッドワードに対して、政権幹部らはなぜ口を開いてしまうのか。知られていない情報を得るための“仕事術”とは……(2018/9/20)

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:
AMD復活の立役者がラティス新CEOに、問われるその手腕
Lattice Semiconductorの新CEOに、AMDを「Zen」で復活に導いたJim Anderson氏が就任する。技術畑の出身ながら低迷するAMDを立て直した手腕を見込まれての登用となるが、Zenのような“銀の弾丸”は用意できるのだろうか。(2018/9/18)

アゴが長くてCTスキャン通れない ワニの不便な人間生活を淡々と描くシリーズがじわる
アゴがジャマっ!(2018/9/13)

トランプ大統領「Appleは中国関税の影響が嫌なら国内で製造するがいい」とツイート
Appleが米通商代表部に送った、トランプ政権が検討している対中関税が製品の販売価格上昇につながるとして再検討を求める書簡について、トランプ大統領は「それなら製品を国内で製造すればいい」とツイートした。(2018/9/10)

TwitterのドーシーCEOとFacebookのサンドバーグCOO、議会公聴会で証言 Googleは欠席
米連邦議会委員会に招請されたTwitterのドーシーCEOとFacebookのサンドバーグCOOが公聴会でロシア介入問題やサービスの透明性についての質問に対応した。Googleも招請されたが出席せず、議員らは怒りを表明した。(2018/9/6)

石破茂元幹事長を牽制:
「トランプ氏が『シンゾー、ゴルフやろう』と」 安倍晋三首相へのゴルフの誘いを麻生太郎財務相明かす
麻生太郎副総理兼財務相は4日、福岡市内で開かれた自民党県連の会合で講演し、トランプ米大統領が党総裁選後に行う日米首脳会談の際にゴルフをしようと安倍晋三首相を誘っていることを明かした。(2018/9/5)

Twitter、さらに486件のアカウントを凍結 社会を分断するツイートでポリシー違反
不正ツイート拡散対策にフォーカス中のTwitterが、ポリシーに違反する486件のアカウントを凍結したと発表した。いずれも社会を分断するコンテンツを投稿していたとしている。(2018/8/29)

トランプ大統領、「Google検索結果はフェイクメディア優遇」と非難ツイート
トランプ米大統領が、先月「Twitterは共和党員をシャドーバンニングしている」とツイートしたのに続け、「Googleの検索結果はフェイクニュースメディアを優遇している」とツイートした。(2018/8/29)

自動車株、6社大幅安 貿易摩擦が重し 打開策打ち出せず
米中貿易摩擦が泥沼化してきたことで、トランプ米政権が検討している日本などからの輸入車に対する関税の大幅引き上げも現実味を帯びてきた。東京株式市場では、米政権の追加関税検討開始以降、上場乗用車メーカー7社中、米国で販売する6社の株価が大幅安となっている。各社が有効な対応策を打ち出せるかは不透明で、先行きへの不安が日本経済を支える自動車産業の成長期待を押し下げている格好だ。(2018/8/28)

電力業界のサイバーセキュリティ再考(3):
電力セキュリティ対策標準「NERC CIP」と、オバマ政権以降のセキュリティ政策動向
IoTの活用やデジタル化の進展に伴い、今後、電力業界でもさらに重要度が高まっているサイバーセキュリティ対策。本稿では、日本より取り組みが先行している米国において、北米の電力会社が行わなければならないセキュリティ対策を示した標準である「NERC CIP」について解説する。(2018/8/29)

TwitterのドーシーCEO、米連邦議会が公聴会に招請
米連邦議会下院エネルギーおよび商業対策委員会がTwitterのジャック・ドーシーCEOを9月5日の公聴会に招請し、同社のアルゴリズムとコンテンツ監視について質問すると発表した。(2018/8/27)

出遅れる日本:
米中報復関税 5Gインフラ、欧州大手攻勢 日本勢の“漁夫の利”は望み薄
米国と中国が23日、互いに第2弾の関税を発動し両国の通商摩擦がエスカレートした。今後、中国製品の対米輸出が減れば、代わって日本製品の米国でのシェアが拡大すると期待する声もある。だが、米国では次世代移動通信(5G)のインフラ整備をめぐり、既に欧州企業が参入を加速しているとされ、日本勢は後手に回っている。中国メーカーの勢いがそがれても日本が大きな恩恵を受けられるとはかぎらない。(2018/8/27)

市場撤退を決断:
英仏航空大手がイラン便休止へ 来月後半から 米制裁発動で収益見込めず
【パリ=三井美奈】欧州の航空大手、フランスの「エールフランス」と英国の「ブリティッシュ・エアウェイズ」は23日、両国の首都とイランを結ぶ直行便を来月後半から休止するとそれぞれ表明した。トランプ米政権のイラン制裁再開で、収益が見込めないとして市場撤退を決めた。(2018/8/27)

オーストラリア政府、5G設備でHuaweiとZTEを締め出し
オーストラリア政府が、中国HuaweiおよびZTEに5Gネットワーク設備の供給を禁止した。(2018/8/24)

ロシアから米中間選挙を守るのは手遅れだ──元Facebookのセキュリティ責任者が警告
MicrosoftやFacebook、Twitterがロシアにつながるドメインやアカウントなどを停止・削除したと発表したことを受け、Facebookの元最高セキュリティ責任者が「これはロシアやその他の米国の敵が、米国の選挙介入は簡単だとまだ考えている証拠だ」と警告し、対策を提言した。(2018/8/23)

トランプ氏インタビュー:
米大統領、ソーシャルメディアの利用禁止「非常に危険」
トランプ米大統領は、TwitterやFacebookなどのソーシャルメディア企業が一部のユーザーに自社サービスの利用を禁止した措置について「非常に危険」だと述べた。(2018/8/21)

トランプ氏インタビュー:
米朝首脳の再会談の可能性は「最も高い」=米大統領
トランプ米大統領は北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と再び会談する「可能性が最も高い」と述べた。(2018/8/21)

企業にはプラス面?:
四半期決算の廃止案、米国株投資に悪影響も
トランプ米大統領が企業の決算発表義務を四半期から半年に延ばすことを検討するよう証券取引委員会に要請したことが、市場関係者や金融専門家の間で波紋を広げている。(2018/8/21)

Googleは「中国の検閲に屈するのか!」 再参入観測で論争、ネット空間の“中国化”に悲観論も
Googleが中国再参入を検討していると報じられ、米議員や人権団体から批判を浴びている。同社が参入の条件として当局の検閲を受け入れることになると想定されるためだ。(2018/8/21)

大型案件は発生しにくい状況に:
半導体業界のM&A、ピークに達した可能性
市場調査会社のIC Insightsによると、ここ数年間で半導体業界に巻き起こった大規模M&Aの時代は、少なくとも取引規模ではピークに達している可能性がある。(2018/8/20)

TwitterのドーシーCEO、「アカウント対策にバイアスはかかっていない」
ドナルド・トランプ米大統領から「右派のユーザーをシャドーバンニングしている」と批判されているTwitterのジャック・ドーシーCEOがCNNのインタビューで、「われわれは政治的イデオロギーでユーザーを差別したりしない」と語った。(2018/8/20)

標的はApple? 中国「不買運動」米が懸念 使われるか「愛国者カード」
米中の貿易摩擦が報復合戦の様相を呈している中で、中国側が不買運動など米企業への圧迫を行うことが懸念されている。Appleなどが標的になる可能性が指摘されている。(2018/8/20)

消されるどころか大型アップデート 「政剣マニフェスティア」が第2章実装、新たな敵は「トランプ」
なんだかんだで2周年。お叱りの言葉が届くことなく続いているようです。(2018/8/19)

ハーゲンダッツに「不思議の国のアリス」と「白雪姫」をモチーフにしたアイスが登場 ご褒美に食べたいやつ
甘くておいしい童話の世界。(2018/8/17)

「A3!」とアニメイトのコラボカフェ 東京・大阪など5カ所で開催 ストーリー第2部からの新キャラも登場
ノベルティのコースターは全24種類。(2018/8/16)

ITりてらしぃのすゝめ:
「ネットマナー守って」の難しさ 今のSNSが生きづらいワケ
SNSの発言やイラストの投稿など、ネット上での人々の振る舞いをめぐるトラブルが後を絶たない。ネットにはびこるローカルルールとマナーの問題を考える。(2018/8/16)

攻撃力1vs5000兆! 「ポプテピ」クソカードゲームで遊んでみたらほんとクソ
マグマミキサー村田……。(2018/8/15)

トランプ大統領、米連邦政府機関でのZTEおよびHuawei製品使用禁止令に署名
トランプ米大統領が、中国ZTEおよびHuaweiの製品を政府機関が利用することを禁じる条項を含む国防権限法(NDAA)に署名した。(2018/8/15)

石油元売り全3社増収増益 4〜6月期 原油高、利幅改善追い風
石油元売り大手3社の2018年4〜6月期連結決算が14日、出そろった。(2018/8/15)

業界の懸命な訴えは届かず:
中国に対する関税措置、米半導体業界にダメージ
米国の半導体業界による懸命な訴えにもかかわらず、中国の輸入製品に対する関税措置の第2弾では、数十億米ドル相当の半導体も対象になる。米トランプ政権は2018年8月7日、年間輸入額160億米ドル相当の中国製品に25%の関税を適用する計画を2018年8月23日に開始することを最終決定した。(2018/8/10)

鉄鋼3社の4〜6月期決算、最終益で明暗 新日鉄住金、JFE増益確保
鉄鋼大手3社の2018年4〜6月期連結決算が2日、出そろった。(2018/8/3)

金利差拡大など:
ドル独歩高いつまで続く、相場動かす「5つの要因」
米国の成長見通しにはいくらか不透明感が漂うが、ドルはまだもう少し上昇を続けるかもしれない。(2018/8/1)

いずれ終息に向かう:
全面貿易戦争「回避」を想定か、ファンドは動揺見せず
資産運用会社は、関税引き上げをちらつかせるトランプ米大統領の通商交渉が全面的な貿易戦争の勃発にまで至ることはないとみており、オプションを使ったヘッジにもほとんど動いていない。(2018/8/1)

「米国企業の競争力にダメージ」:
米半導体業界、中国に対する関税措置第2弾に反対
米国の半導体メーカーと半導体製造装置メーカーは、米トランプ政権に対して、25%の関税措置の対象となっている160億米ドル相当の中国からの輸入品のリストから39の製品カテゴリーを削除するように求めた。(2018/7/31)

Twitter、「シャドーBAN」疑惑について否定 「故意に特定のアカウントを非表示にしている」との疑惑で
ドナルド・トランプ米大統領がツイートしたことから話題になっていました。(2018/7/27)

Twitter、トランプ大統領も批判する「シャドーバンニング」を否定
Twitterの検索途中で表示される結果候補に共和党員の名前が出てこないのは「シャドーバンニング」のせいだという批判を受け、Twitterがこれを否定し、「会話の健全性」についての取り組みについて説明した。(2018/7/27)

これ以上は延期できず:
QualcommがNXPの買収を断念、中国の承認が時間切れ
Qualcommは2018年7月26日(米国時間)、中国当局の承認を待たず、NXP Semiconductorsの買収を断念すると発表した。これによりQualcommは、同年7月26日にNXPに違約金20億米ドルを支払う。(2018/7/27)

建設現場の熱中症を未然に防ぐLED表示板
エコモットは、暑さ指数(WBGT)の現在値に加え、1時間後の予測値までLED表示板に同時投影可能な新システムを開発した。熱中症のリスクが高まる前に、作業員へ水分や塩分の適切な補給を促せることから、より安全な就労環境が実現する。(2018/7/18)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。