ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「仮想通貨」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「仮想通貨」に関する情報が集まったページです。

Zaifの仮想通貨流出、70億円に 当初発表から3億円拡大
仮想通貨取引所「Zaif」が不正アクセスを受け、仮想通貨が流出した事件で、被害額が約70億円とみられるとテックビューロが発表した。20日の発表から約3億円拡大した。(2018/9/22)

9月12日に分離:
フィスコ、グループ企業の仮想通貨交換所は「Zaifと無関係で安全」と強調
フィスコの出資先であるテックビューロの「Zaif」から仮想通貨の流出が発生した。これを受けてフィスコは、「グループ企業が運営する取引所は本件とは無関係で安全」との声明文を発表した。9月12日に分離していたという。(2018/9/20)

コインチェックに次ぐ事件だ:
Zaifから仮想通貨流出 海外メディアはどう報じたのか
仮想通貨取引所「Zaif」を運営するテックビューロが、不正アクセスを受けて67億円相当の仮想通貨が流出したと発表した。現在は原因の調査と顧客資産相当の財源確保に努めているという。海外メディアも、この件について大きく報じた。(2018/9/20)

Zaif、不正アクセスで仮想通貨約67億円流出 入出金機能は一時停止中
流出した仮想通貨はビットコイン、モナコイン、ビットコインキャッシュの3種。(2018/9/20)

Zaif、不正アクセスでビットコインなど約67億円相当流出
Zaifから約67億円相当の仮想通貨が流出。ホットウォレットがハッキングを受けたという。(2018/9/20)

関係者「現状を把握したい」:
韓国政府、ICOの取り締まり強化か ブロックチェーン企業の非開示情報を収集
韓国の金融監督当局がICOに関する捜査の一環として、国内のブロックチェーン(分散型取引台帳)関連企業に接触を図っている。もし仮想通貨の発行において規制を破っていると見なされれば、企業はの制裁を受けることになるという。(2018/9/13)

イーサリアムのネットワーク利用:
米仮想通貨取引所Gemini、米ドル連動の仮想通貨「ジェミニドル」発表
米仮想通貨取引所Geminiが、米ドルに連動する仮想通貨「ジェミニドル」がニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)よって承認されたと発表。イーサリアムの仮想通貨ネットワークを利用し、米ドルの送金を可能にする。(2018/9/11)

ビットコイン価格は低調なまま:
ゴールドマン・サックスのチャベスCFO、「仮想通貨事業撤退報道は“フェイクニュース”」
ビットコイン価格は9月5日、1000ドル以上も下落した。その一因とされていた米Goldman Sachsの仮想通貨事業撤退報道について、チャベスCFOが口を開いた。(2018/9/7)

もっと段階を踏むべき:
ビットコインが1000ドル下落 「ゴールドマン・サックスが参入中止」報道の影響か
7300ドル台で堅調に推移していたビットコイン価格は9月5日、1日で1000ドル以上も下落した。米Goldman Sachsの仮想通貨トレーディングデスク開設計画撤回に関する報道が要因だったようだ。(2018/9/6)

「Apache Struts 2」の脆弱性、仮想通貨採掘攻撃に悪用される
「企業はこれまで以上に警戒を強め、影響を受けるシステムには直ちにパッチを適用しなければならない」とF5は呼び掛けている。(2018/9/6)

8月には中国で規制強化:
フィリピン政府、仮想通貨の規制強化へ 取引所やICOなど対象か
フィリピン証券取引委員会(SEC)が、仮想通貨に対する新たな取引規制を設けるようだ。来週末(9月16日)までに発表する予定という。取引やICOが対象となる。(2018/9/5)

国内でフィッシング詐欺が急増、クラウドサービスのアカウントが脅威対象に――トレンドマイクロ調べ
トレンドマイクロが発表した2018年上半期(1月〜6月)のセキュリティ動向によると、国内では、クレジットカード情報やクラウドサービスの認証情報を狙う「フィッシング詐欺」が急増。また、「不正マイニング」などの仮想通貨を狙う脅威は、世界的に拡大傾向にあることが判明した。(2018/9/4)

失ってもいい金額から始めるといい:
“ビットコイン長者”が仮想通貨初心者に指南 「5年間は持っておけ」
「ボラティリティの高さに惑わされることなく、5年間は仮想通貨を保有するべきだ」――。米仮想通貨取引所BitInstantの創設者で、数百万ドル相当のビットコインを持つとうわさされるチャーリー・シュリム氏は、8月に米国内で行われた講演会で、仮想通貨投資初心者に向けてこんなアドバイスをした。(2018/9/4)

仮想通貨への規制を「赤旗法」にしてはならない
コインチェックの巨額仮想通貨盗難事件以来、国内の仮想通貨を巡る規制は厳しくなってきている。しかしその結果、国内のスタートアップやテック企業によるブロックチェーンを使ったイノベーションには重い足かせがかかるようになった。(2018/9/4)

「Kamikaze」突如リリース:
ビットコインの高騰に、エミネムの新アルバムが影響? 一時7300ドルを上回る
8月末から上昇を続けるビットコイン価格は9月2日に7300ドルを上回り、約1カ月ぶりの高水準を記録した。今回の価格上昇について、英仮想通貨メディアのCryptoGlobeは、世界的に有名な米ラッパーのエミネム(EMINEM)が8月31日にリリースした新アルバム「Kamikaze」が影響しているとの説を提唱している。(2018/9/3)

楽天、仮想通貨交換業に参入 「みんなのビットコイン」買収で
楽天が、仮想通貨交換所を運営する「みんなのビットコイン」を買収し、仮想通貨交換業に参入する。早期に仮想通貨交換業者としての登録を目指す。(2018/9/3)

みなし仮想通貨交換業者:
楽天、「みんなのビットコイン」を連結子会社化 仮想通貨交換業へ参入
楽天は8月31日、子会社の楽天カードを通じて仮想通貨交換取引所「みんなのビットコイン」を運営するみんなのビットコイン(東京都港区)を連結子会社化すると発表した。10月1日付でみんなのビットコイン株式の100%を2億6500万円で取得する。(2018/8/31)

聴聞会は9月11日:
インド準備銀行、仮想通貨取引に対する懸念を表明 規制強化の前触れか
インド準備銀行(RBI)は8月29日に発表した報告書の中で仮想通貨に対する懸念を表明した。さらなる規制強化については明言していないものの、仮想通貨取引の不透明性は今後も注意深く監督し続ける必要があると訴えている。(2018/8/31)

世界5位:
ハッカーに34億円相当を盗まれた仮想通貨取引所「Bithumb」、新規顧客受け付け再開
今年6月に350億ウォン(約34億円)相当の仮想通貨をハッカーに盗まれる被害に遭った韓国の大手仮想通貨取引所「Bithumb」が、一時停止していた新規顧客受け付けを再開していたと米CNBCが報じた。(2018/8/30)

完全にブルマーケットに戻る:
「ビットコイン価格は1万ドルまで上がる」 米仮想通貨トレーダーが予測
8月下旬に入ってから上昇傾向を見せており、足元では7000ドル前後での推移が続いているビットコイン価格。今後もこの好調は続くのだろうか。(2018/8/30)

企業ネットへの侵入許す脆弱性を狙った攻撃が増加:
2018年7月の脆弱性順位でIoT関係が3件ランクイン――チェック・ポイント調べ
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、既知の脆弱(ぜいじゃく)性を狙った攻撃検出数とマルウェアのランキングを発表した。対象期間は2018年7月。マルウェアの上位は仮想通貨関連が占めた。脆弱性悪用ランキングの上位10種には、IoT関連の脆弱性が新たに3件ランクインした。(2018/8/30)

就職活動に有利?:
「仮想通貨」に興味を持つ大学生、世界的に増加 授業は大人気、買う人も多発
米仮想通貨取引所coinbaseと英調査会社Qriouslyが行った調査で、世界中の大学生の間で仮想通貨やブロックチェーン(分散型取引台帳)への関心が高まっている実態が明らかになった。(2018/8/29)

ブルマーケットの兆し:
ビットコイン、ついに7000ドルを上回る さらに上昇する可能性も
ビットコイン価格は8月28日、ついに7000ドルを上回った。抵抗線とされていた6750ドルを超えた後、6900〜6950ドル台を推移し、最終的に7100ドル近くまで上昇した。その他の仮想通貨もポジティブな動きを見せている。(2018/8/29)

「株式会社リード」が実施:
「毎月30万円分のビットコインがもらえる」投資案件はうそ 消費者庁が注意喚起
「株式会社リード」と称する企業がWeb上に「仮想通貨で稼げる」などの広告を展開し、同社のアプリ経由で、ビットコインのマイニング事業者に投資すれば、毎月最低30万円分のリターンが得られるとうたっていたが、実績はうそであることが分かった。(2018/8/28)

「毎月30万円分のビットコイン稼げる」 架空の体験談でアプリ販売 消費者庁が注意喚起
仮想通貨のマイニングを行う事業者に投資すると、毎月最低30万円分のビットコインを受け取り続けられる――そんな架空の体験談を掲載し、アプリを販売していた事業者に関する相談が昨年11月から相次いでいる。消費者庁が8月28日に注意喚起した。(2018/8/28)

金銭目的の攻撃が目立つ:
対象がWindows以外の機器に広がる傾向、キヤノンITSがマルウェア動向レポート公開
キヤノンITソリューションズが2018年上半期の国内マルウェア動向に関するレポートを公開した。全体の検出数は減少傾向にあるものの、ネットバンキングや仮想通貨を狙ったマルウェアが増えている。SMBの脆弱(ぜいじゃく)性を狙った攻撃も続いている。(2018/8/27)

SNSではアカウント停止が続く:
中国の北京市で仮想通貨・ブロックチェーン関連のイベント規制を強化
中国政府が北京市朝陽区での仮想通貨とブロックチェーン(分散型取引台帳)関連の全ての商用的なイベントを禁止すると発表した。同地区の仮想通貨関連企業のオフィスなども厳しく制限される。(2018/8/24)

電気やガスの支払いなど:
オーストラリアで仮想通貨による請求書払いが可能に 今後は海外展開も検討
オーストラリアの仮想通貨取引所Cointreeは8月20日、請求書自動払いプラットフォームを運営するGobbillと提携したことを発表した。同取引所の仮想通貨保有者は電気やガスなど家計に関わる請求書の支払いを仮想通貨で対応できるようになるという。(2018/8/22)

bitFlyer USAも参加:
米大手仮想通貨取引所、自主規制機関設立に向け始動 9月にミーティング開催
ウィンクルボス兄弟が設立した米仮想通貨交換所Geminiは、米国の仮想通貨市場を監督するための自主規制機関設立などについてを検討するミーティングを9月初めに開催する。(2018/8/21)

「明日はわが身」の情報セキュリティ
仮想通貨不正流出事件から考える、従業員のセキュリティ教育を軽視してはいけない理由
いまだ記憶に新しい、仮想通貨「NEM」(ネム)の不正流出事件。「自分は仮想通貨取引をしていないから関係ない」と考える人もいるかもしれませんが、実は、誰にとっても教訓となる重要なポイントがあります。(2018/8/15)

LINE、ブロックチェーンのベンチャーファンド設立
LINEは、グループ会社で、ブロックチェーン技術開発を手掛ける韓国企業が、仮想通貨・ブロックチェーン関連のベンチャーファンドを7月に香港に設立したと発表した。(2018/8/17)

SNSで売買持ちかけドロン……仮想通貨取引でトラブル急増
仮想通貨の投資をめぐるトラブルが多発している。業者がSNSで上場前の通貨の購入を持ちかけ、支払いを受けた後に連絡を絶つといった悪質事例が相次いでいる。(2018/8/17)

「1人の役職員が33億円を管理」 仮想通貨交換業者の実態、金融庁が明らかに
金融庁は、仮想通貨交換業に新規参入する事業者の登録審査を厳しくする。既に登録している業者やみなし業者のデータを調べたところ、少ない役職員で多額の利用者財産を管理しているといった実態が浮き彫りになった。(2018/8/13)

百数十社が審査待ち:
仮想通貨の新規登録業者、登録後早い段階で立ち入り検査=金融庁
金融庁は、仮想通貨交換業者としての新規の登録を希望する事業者に対し、書面で確認を行うだけではなく、役員ヒアリングや実地調査も強化する。(2018/8/13)

NYSE運営のICE、MicrosoftやStarbucksと共に仮想通貨企業Bakkt立ち上げ
Intercontinental Exchange(ICE)が、Microsoft、Boston Consulting Group、Starbucksらと提携し、仮想通貨のグローバルなプラットフォーム構築を目指す新企業Bakkt(バクト)の立ち上げを発表した。(2018/8/6)

実際のパスワードが……:
仮想通貨を要求する脅迫メールが拡散
JPCERTコーディネーションセンターによると、7月21日ごろからビットコインを要求する不審な英文メールが出回っているようだ。(2018/8/3)

ビットコイン市場は今後拡大:
米著名投資家が指摘 「ビットコインとイーサリアムを除くほとんどの仮想通貨には価値はない」
米著名投資家のビル・ミラー氏がほとんどの仮想通貨に価値はないとするも、ビットコイン投資に対しては「正しく投資できれば興味深いもの」とポジティブな見方を示した。(2018/7/30)

2018年4〜6月の結果と7月以降の予測:
GDPRや仮想通貨を狙う次世代のサイバー攻撃、NTTデータがレポート公開
NTTデータは、サイバーセキュリティに関する「グローバルセキュリティ動向レポート」を公開した。GDPRや仮想通貨を狙ったサイバー攻撃がエスカレートすることを予測した。既存の攻撃に対してはランサムウェア対策を続けるべきだという。(2018/7/30)

自分は人とは違う……:
韓国人が仮想通貨にハマる3つの理由
仮想通貨市場は昨年2017年に一気に盛り上がりをみせたが、17年末時点の取引の3分の1は韓国勢によるものだったという。(2018/7/27)

管理体制の改善進む:
コインチェック、8月には登録受け事業再開したい=マネックス社長
マネックスグループの松本大社長は、4月に買収した仮想通貨取引所コインチェックについて「8月には登録を受けて事業を再開したい」と述べた。(2018/7/27)

営業収益は9億4200万円:
コインチェック、4―6月は2億5900万円の税引前損失=マネックスG
マネックスグループは、買収した仮想通貨取引所コインチェックの2018年4〜6月期税引前損益が2億5900万円の赤字だったと発表した。(2018/7/27)

GMO、スマホゲーム内でビットコイン配布 300万円相当かけた大会も
GMOインターネットは7月27日、同社が提供しているiOS/Androidスマートフォン向けゲーム「Whimsical War」(ウィムジカルウォー)内の報酬として、仮想通貨のビットコインを配布すると発表した。(2018/7/27)

2度目の拒否:
SEC、ウィンクルボス兄弟のビットコインETF申請を拒否 ビットコイン価格は7900ドルを下回る
米証券取引委員会(SEC)は7月26日、双子の仮想通貨長者であるタイラー・ウィンクルボス氏とキャメロン・ウィンクルボス氏が創設した米仮想通貨取引所Geminiが提案していたビットコインETF(上場投資信託)申請を拒否した。(2018/7/27)

コインチェック事件から半年……顧客保護の一方、参入困難に
コインチェックで約580億円分の仮想通貨「NEM」流出が発覚してから半年が過ぎた。その間、事業者のずさんな管理体制が次々に表面化し、金融庁は業務停止命令などの処分を実施。業界健全化が進む一方、新規参入を妨げている側面もある。(2018/7/27)

CMEの動向なども参考に:
仮想通貨の証拠金倍率設定、「検討はしている」=業界団体
日本仮想通貨交換業協会が仮想通貨の証拠金取引における証拠金倍率を4倍内に設定する自主ルールを設ける方向で調整に入ったと、一部報道機関が7月24日に報じた。(2018/7/25)

クリプトジャッキングの抑止につながるか
GoogleがChromeでの「クリプトマイニング」を全面禁止 その理由は?
GoogleはWebブラウザ「Chrome」向け拡張機能で、仮想通貨を採掘する「クリプトマイニング」の全面的な禁止に踏み切った。禁止措置の目的とは何か。(2018/7/25)

だが年末には5万ドルまで上昇:
まだ安心できない? ビットコイン、5000ドルまで下落する可能性も
ビットコインを含む主要仮想通貨は上昇局面に入ったようだ。ビットコインは7月18日におよそ1カ月ぶりに7400ドル台を回復し、その後も堅調な推移を続けている。(2018/7/20)

仮想通貨「Stronghold USD」:
IBM、新たな仮想通貨の開発に着手 米ドルにペッグする安定した仮想通貨を
米IBMと米フィンテック企業Strongholdは7月17日、共同で米ドルにペッグする仮想通貨の開発に乗り出すと発表した。(2018/7/18)

LINE、仮想通貨取引所「BITBOX」開設 日米除く全世界で
LINEは、日米を除く全世界で使える仮想通貨取引所「BITBOX」をオープン。約30種類の仮想通貨の交換のみを行える。英語や中国語など日本語以外の15言語に対応する。(2018/7/18)

仮想通貨採掘でプレイ無料 ゲーム運営の新しい収益源に スマイルメーカーの新サービス
ソーシャルゲームの開発・運営などを手掛けるスマイルメーカーがプレイヤーのPCで仮想通貨のマイニングを行い、ゲームパブリッシャーの新たな収益源とするサービス「HecatonCave」を発表した。(2018/7/17)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。