ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「Windows 10 S」最新記事一覧

「Windows 10 S」搭載端末、HPの275ドルのモデルなどが年内発売へ
軽量版Windows「Windows 10 S」搭載の企業向けノートPCがHP、Lenovo、Acer、富士通などから発売される。まずは10月にHPが「Stream 14 Pro」を275ドルで発売する。(2017/9/26)

「Microsoft 365」の教育向けと「F1」向け新プラン登場
Microsoftは企業向けイベント「Ignite」で、8月にリリースした「Microsoft 365」の新プラン「Education」と「F1」(旧K1)を発表した。(2017/9/26)

米国では279ドルで販売
Windows 10 S格安PC「VivoBook W202NA」の学校以外でも使いたくなる魅力的な特徴
ASUS「VivoBook W202NA」は「Windows 10 S」を搭載した低価格PCだ。教育現場での使用を想定した、高い耐久性とメンテナンス性が特徴だ。(2017/9/17)

「Surface Laptop」の「Windows 10 Pro」への無料更新、来年3月末までに延長
Microsoftが「Surface Laptop」の「Windows 10 S」から「Windows 10 Pro」への無料アップグレード期間を、当初の2017年12月31日までから2018年3月31日までに3カ月延長した。(2017/9/6)

IT担当者はここで判断すべし
「Windows 10」移行先に仮想環境を選ぶと得する“4つの根拠”
Windows 10の仮想環境での利用には重要なメリットがある。例えば、デプロイメントプロセス全体をより簡単にしたりパッチ管理を容易にしたりすることなどだ。(2017/8/30)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(91):
「Device Guard」はWindows 10 Enterpriseの“限定”機能か、否か?
主に教育分野向けのWindows 10の新しいエディション(SKU)である「Windows 10 S」を評価中、あることに気が付きました。Windows 10 Enterpriseの限定機能と思っていた「Device Guard」ですが、一部制限はあるものの、Windows 10 Homeを含む全てのエディションが備えているようなのです。(2017/8/28)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Windows 10 Fall Creators Update」の完成を見届けるか、その先の世界へ向かうか
Windows 10の秋季アップデートが迫る中、Microsoftから幾つか新しいトピックが入ってきたので、まとめて紹介しよう。(2017/8/28)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Windows 10 Pro for Workstations」は何がスゴイのか
機能を絞り込んだ教育市場向けの「Windows 10 S」に続き、今度は機能を拡張したワークステーション向けの「Windows 10 Pro for Workstations」が登場する。(2017/8/22)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10秋の大型アップデートに合わせて登場する「次世代Surface」とは?
2016年10月は「Surface Studio」を発表した米Microsoft。2017年10月にも新製品を発表するか。(2017/8/15)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10の「Fall Creators Update」が完成間近 サポートに関する変更も
2017年秋に配信が始まるWindows 10次期大型アップデート「Fall Creators Update」の開発もいよいよ大詰め。ここへ来てサポートポリシーに関する変更も出てきた。【更新】(2017/8/2)

もう「シンクライアント」として使えない?
「Chromebook」でAndroidアプリが使えることを素直に喜べない人々
2017年以降に発売される「Chromebook」の全モデルでAndroidアプリを使えるようにする――。Googleのこの判断は、Chromebookのユーザー企業にとっては必ずしも歓迎できるものではないようだ。(2017/8/2)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
教育市場に限らない? 実は「Windows 10 S」が向いている特定ビジネス用途
Windowsファミリーに加わった新エディション「Windows 10 S」。基本的には教育機関向けという立ち位置だが、特定のビジネス用途も狙っているようだ。(2017/7/25)

Enterprise IT Kaleidoscope:
「Windows 10 S」が企業での利用に向いている理由
教育機関や学生向けとうたわれている「Windows 10 S」だが、その機能を見てみると、安全性や管理のしやすさなどに配慮されていることが分かる。将来的には、企業向けのWindows 10にも、10 Sの機能が取り入れられていくことだろう。(2017/7/5)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Windows 10 S」を機能不足と見るか、セキュアと見るか
既存のデスクトップアプリを自由にインストールできない「Windows 10 S」は、その代わりとしてセキュリティに優れるという。どれくらいセキュアなOSなのだろうか。(2017/6/28)

MicrosoftのSlack対抗「Teams」、教育機関向け「Office 365」でも提供開始
Microsoftが3月にまず企業向けに提供開始したチームコラボレーションツール「Microsoft Teams」が、教育機関向け「Office 365」でも使えるようになった。「Windows 10 S」でも利用可能だ。(2017/6/26)

Microsoft Focus:
MSが満を持して投入するコラボツール「Microsoft Teams」の実力は
日本マイクロソフトが満を持して投入したチャットベースのワークスペース「Microsoft Teams」。働き方を変えるどんな機能があるのか?(2017/6/24)

「アプリの選択肢はVDIで増やす」は是か非か
軽量OS「Windows 10 S」に大喜びする人、がっかりする人の違い
「Windows 10 S」はWindowsストアから入手可能なアプリケーションしかインストールできない。VDIを導入すれば従来のWindowsアプリケーションも利用できるが、その方法には賛否それぞれの見方がある。(2017/6/14)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
MicrosoftがハイエンドPC向けの新Windows 10を開発中か
「Windows 10 S」は始まりにすぎなかった? 今度はWindows 10のワークステーション級マシン向けエディションをMicrosoftが開発中、とのウワサが聞こえてきている。(2017/6/12)

「ASUS ZenBook Flip S」、“世界最薄”10.9ミリの2in1ノート
ASUSが回転式2in1ノートとしては世界最薄を謳う「ZenBook Flip S」を9月に発売する。Windows 10搭載で価格は1099ドル(約12万円)から。(2017/5/30)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
新Surface ProはなぜUSB Type-Cを搭載しないのか 米Microsoftのキーマンに聞く
「Surface Pro」「Surface Studio」「Surface Laptop」の国内発表を一気に行った日本マイクロソフト。米Microsoft本社から来日したSurface担当者にさまざまな疑問をぶつけてみた。(2017/5/29)

ITはみ出しコラム:
「Surface Laptop」は「Windows 10 S」のままで使いたい?
2017年内は無料でWindows 10 Proにアップグレードできるわけですが……。(2017/5/28)

「Surface Laptop」日本で7月20日発売 12万6800円から
日本マイクロソフトは、Surface新製品の日本展開について発表した。(2017/5/26)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
モバイルは諦めモード? 1年で変わったWindows 10のモダンアプリ戦略
「Desktop Bridge」を使って既存のデスクトップアプリケーションから変換された「UWP」アプリがWindowsストアに登場しているが、この変換ツールの目的は当初から変わっている。(2017/5/25)

「TravelMate Spin B1」との組み合わせで見えた可能性
「Windows 10 S」はChromebookから“学校一押しデバイス”の座を奪うか?
Microsoftが教育市場に向けて発表した「Windows 10 S」は、適切なデバイスとの組み合わせで、教育機関からの支持を集める「Chromebook」に取って代わる可能性がある。(2017/5/21)

ターゲットは“未来のユーザー”?
新OS「Windows 10 S」と「Surface Laptop」に賛否両論の訳
Microsoftは「Windows 10」を軽量化した新しいOS「Windows 10 S」と、これを搭載した新しいノートPC「Surface Laptop」を発表した。だが、専門家が示した意見は厳しいものだった。(2017/5/18)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Windows 10 S」「Surface Laptop」に対する期待と不安
日本での発表も期待される「Windows 10 S」と「Surface Laptop」。今回は戦略的な意義と今後の可能性から、これらを考えてみる。(2017/5/17)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10本命アップデート「Fall Creators Update」の気になる中身
毎年恒例となったMicrosoftの開発者会議「Build」。2017年はクラウドとAIへの注力がより鮮明になったが、まずは身近なWindowsの話題から見ていこう。(2017/5/16)

2017年後半にリリース予定のWindowsの次期大型アップデート:
「Windows 10 Fall Creators Update」に搭載される新機能まとめ
マイクロソフトはWindowsの次期大型アップデート「Windows 10 Fall Creators Update」を2017年後半にリリースすると発表。Windows MRやiOS/Androidも包括したマルチプラットフォーム対応など、コンシューマー/技術者それぞれに向けた新機能を多数リリースする。(2017/5/15)

「Windows 10」と「MR」が中心:
「Build 2017」2日目基調講演まとめ
Microsoftの年次開発者会議「Build 2017」の「Windows 10」と「複合現実(MR)」に関する基調講演で発表されたことを時系列にまとめた。(2017/5/12)

iTunesがWindows Storeに登場予定 Windows 10 Sでも利用可能に
(2017/5/12)

写真で見るSurface Laptop
米Microsoftが、クラムシェル型のノートPC「Surface Laptop」を5月2日に発表。Microsoft Storeで実機に触ってきたので、その様子を写真でお伝えしよう。(2017/5/11)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Surface Laptopは序章だった? 5月23日に「新Surface Pro」発表か
年次開発者会議の「Build 2017」を直前に控えたMicrosoftだが、ハードウェア新製品の目玉は5月23日に上海で行うイベントまで取っておくつもりかもしれない。(2017/5/10)

Microsoftの「Build 2017」直前予測
Microsoftの年次開発者会議「Build 2017」の基調講演は日本時間の5月11日午前0時からライブ配信される。(2017/5/10)

Microsoft Focus:
MS、新OSとSurface Laptopで教育市場に本腰 巻き返しなるか
教育市場向け施策でグーグルの後じんを拝していたMicrosoftが、本気の施策を打ち出した。その戦略とは?(2017/5/6)

「Surface Laptop」は「Windows 10 S」搭載で999ドル、6月15日発売
Microsoftは「Windows 10 S」搭載の13.5インチのオリジナルノートPC「Surface Laptop」を発表した。(2017/5/3)

文教向け「Windows 10 S」発表 搭載PCは189ドルから
米Microsoftが「Windows 10 S」を発表。米国の新学期にあわせて2017年夏に搭載PCが各社から登場する。(2017/5/3)

Microsoft、軽量OS「Windows 10 S」発表 「Chrome OS」対抗
Microsoftの「Chrome OS」対抗OSは「Windows 10 S」という名称で、189ドルからの「Windows 10 education PC」に搭載される。(2017/5/2)

Microsoft、新型「Surface Laptop」発表 クラムシェル型、カラバリ4色、新OS搭載
米Microsoftが「Surface Laptop」を発表した。(2017/5/2)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。