ニュース
» 2009年05月07日 23時00分 UPDATE

App Town 仕事効率化:iPhoneにもパーソナルデータベース──「Bento for iPhone and iPod touch」配信開始

ファイルメーカーがiPhoneやiPod touchで活用できるパーソナルデータベースアプリ「Bento」の配信を開始した。Mac用アプリケーションソフト「Bento 2」との同期もできる。

[園部修,ITmedia]

 ファイルメーカーは5月7日、iPhoneやiPod touchで活用できるパーソナルデータベースアプリ「Bento」の配信を開始したことを明らかにした。App Storeで600円で購入できる。

 Bento for iPhone and iPod touch(以下Bento for iPhone)は、連絡先(アドレス帳)から写真、蔵書目録、ToDo、買い物リストなどを含む、さまざまな情報をまとめて管理できるパーソナルデータベース。iPhoneやiPod touchの連絡先やカレンダー、地図、メール、Safariなどともシームレスに連携できるのが特徴で、Bento上で連絡先を編集するとiPhoneの連絡先情報も更新される。カメラを開いて写真を撮ったり、電話番号をタップして電話をかけたりも可能だ。

 iPhoneアプリ単体でも動作し、データベース作成に関する知識がなくても、ToDo管理、レシピメモ、ダイエットログ、小遣い帳などに利用できる25種類のテンプレートが用意されており、簡単に使い始められる。アプリのユーザーインタフェースは英語だが、日本語のデータも問題なく扱える。

 Mac用のアプリケーションソフト、Bento 2(以下Bento 2 for Mac)を組み合わせると、さらに活用の幅が広がる。Bento 2 for MacとBento for iPhoneはデータの同期ができ、もちろんiPhone上でもデータの編集が可能だ。Bento 2 for Macならフォームを自分の使いやすいデザインや項目配置にも変更できるので、Macユーザーで、なおかつより深くBento for iPhoneを使いこなしたければ、ぜひ入手しておきたい。Bento 2 for Macの希望小売価格は5040円。パッケージを購入後、ファイルメーカーのWebサイトから、無料アップデーターをダウンロードしてBento 2.0 v4にアップデートすることで、Bento for iPhoneとの同期が可能になる。

 なおBento 2 for Macで作成できる計算フィールドや、メディアフィールドに入っている動画や音声、関連レコードリストフィールドなどはBento for iPhoneでは表示のみが可能で、新たに作成したりはできない。またiCalのイベントやタスク、ファイルリスト、自動カウンター、メッセージリストなどのフィールドや、スマートコレクションなどは同期されないという制限がある。

PhotoPhotoPhotoPhoto Bento for iPhone and iPod touchを起動すると、さまざまなデータの集まりをCover Flowのようにめくりながら選択できるHome画面が現れる。初期状態では何もデータがないが、あらかじめ用意されているテンプレートを使ってさまざまなデータベースが簡単に作れる。Bento 2 for Macと同期することも可能で、同期すればMacとのデータ共有や、Bento 2 for Macで作成したデータベースの持ち出しなども容易になる

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-