レビュー
» 2009年05月21日 16時22分 UPDATE

写真で解説する「T-01A」(外観編)

ドコモの東芝製「T-01A」は、タッチパネル対応の4.1インチワイドVGA液晶を搭載したスマートフォン。大画面ディスプレイを採用したボディは厚さ9.9ミリと、国内スマートフォンとしては最薄なのが特徴。ほかのスマートフォンとサイズを比較してみた。

[平賀洋一,ITmedia]
photo 「T-01A」を手にする劇団ひとりさん

 NTTドコモのPROシリーズから登場した東芝製の「T-01A」は、OSにWindows Mobile Professional Edition 6.1を採用したスマートフォン。東芝がドコモに端末を供給するには実に7年ぶり、またWindows Mobileを搭載したスマートフォンのリリースは、ソフトバンクモバイル向けの「X01T」以来だ。なおウィルコム向けには、Windows CEを搭載した「WILLCOM NS」を供給している。

 ドコモのスマートフォンでは国内初のAndroidケータイ「HT-03A」が注目を集めているが、T-01Aもなかなかどうしてかなり興味深い端末といえる。ハードウェアの仕様は、東芝が2月に発表した「TG01」とほぼ同じもの。一番の特徴は、約4.1インチのタッチパネル対応ワイドVGA(480×800ピクセル)表示液晶の採用した点にある。大画面を生かしたMID的な使用感は、昨今のスマートフォンにはない魅力だ。ディスプレイが大きいスマートフォンといえばウィルコムの「W-ZERO3」(WS003SH、WS004SH)が思い出されるが、W-ZERO3のタッチパネルは約3.7インチと一回り小さい。

 大画面を採用したことで気になるのが、本体のサイズだ。T-01Aのボディサイズは幅約70ミリ、高さ約130ミリとかなりの存在感だが、厚さが9.9ミリとスマートフォンとしては国内最薄。また自己主張が少ないミニマルなデザインとボディカラーのためか、スペックで感じる以上にスリムで、小さい印象を受ける。また重量は約129グラムとハイスペックな音声端末と同じかやや軽いため、大きめのボディと比較してかなり軽く感じられた。

photophoto 東芝製の「T-01A」。4インチオーバーのタッチパネル液晶を搭載するボディは、ミニマルなデザインのためかすっきりとした印象
photophoto 横画面にしても違和感がない(写真=左)。ボディの厚さは約9.9ミリ。さらに徐々に薄くなっていく形状を採用し、スリムさを強調している(写真=右)
photophoto 左側面に電源ボタンとボリュームキー(写真=左)、右側面にカメラキーと外部接続端子を備えている(写真=右)
photophoto 先端部(写真=左)と底面(写真=右)。とくになにもない
photophoto カメラはAF付きの有効320万画素CMOSを採用。セルフタイマーや9枚までの連射撮影、640×480ピクセルの動画撮影が行える(写真=左)。背面は一体型の電池カバーとなっている。バッテリーは1000mAhと大容量のもので、連続待受時間は約250時間(W-CDMA)、連続通話時間は約210分(W-CDMA)。外部メモリーとして最大16GバイトまでのmicroSDHCが利用できるが、バッテリーを外さないと着脱できない(写真=右)
photophoto 手にした場合のサイズ感

他社スマートフォンとのサイズ比較

photo
photophoto 同じドコモのPROシリーズであるHTC製「HT-01A」「HT-02A」との比較
photo
photo ソフトバンクモバイルの「iPhone 3G」、イー・モバイルの「Touch Diamond(S21HT)」との比較
photophoto
photo ウィルコムの「W-ZERO3」との比較

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.