ニュース
» 2010年01月15日 17時21分 UPDATE

ソフトバンクモバイル、利用制限対象端末の確認サイトを提供

ソフトバンクモバイルが、不正に取得され、利用制限の対象となっている携帯電話を判別できるWebサイトを1月28日から提供する。

[ITmedia]

 ソフトバンクモバイルが1月15日、不正契約や盗難などで不正に取得され、利用制限の対象となっている携帯電話を容易に判別できるWebサイトを1月28日から提供すると発表した。

 このWebサイトでは、携帯電話の製造番号を検索でき、端末に利用制限がかかっていないかを調べることができる。サイトにはPCと携帯電話のどちらからでもアクセスできる。

 インターネットオークションサイトの「Yahoo!オークション」(ヤフー)、「楽天オークション」(楽天オークション)、「モバオク」(モバオク)、「ビッダーズ」(ディー・エヌ・エー)、「ムスビー」(SBIライフリビング)では、ソフトバンクモバイル向け端末を出品する際に、製造番号の記載を義務化して、利用制限の有無を事前に調べられるよう協力する。

 なおYahoo!オークションでは、不正防止の取り組みとして、ディズニー・モバイルを含むソフトバンクモバイル端末を、新品・中古品を問わず発売から12カ月間、出品禁止としていたが、確認サイトの導入に合わせて、2月1日からこの制限は撤廃する。

 NTTドコモでは、すでに2009年10月1日から同様のWebサイトを提供している。Yahoo!オークション、楽天オークション、モバオク、ビッダーズでは、ドコモ向け端末を出品する場合に製造番号の記載が義務化されており、不正に入手された携帯電話ではないか、入札前に確認できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう