ニュース
» 2010年10月08日 10時00分 UPDATE

CEATEC JAPAN 2010:「汎用性の高さが魅力」――ドコモ、ワイヤレス充電技術を披露

ケータイを台に置くだけで充電ができる非接触充電がドコモブースで紹介されている。バッテリーと充電台の送電コイルを磁力で引き合わせることで充電が可能になる。

[田中聡,ITmedia]
photo

 NTTドコモは、ケータイを置くだけで充電できる「ワイヤレス充電ケータイ」を同社のブースで展示していた。今回の技術を披露するのは初めて。

 ワイヤレス充電では、専用のバッテリーを装着したケータイを充電台に置くと、自動で充電が始まる。バッテリーと充電台が備える送電コイルを磁力で合わせる「磁気結合」によって電流を起こし、充電が可能になる。伝送効率は約80%。ケータイを置くと、バッテリーと充電台のコイルが磁力で引かれ合うので、充電台(約120×120ミリ)のどの場所にケータイを置いてもよい。説明員は「充電用の接点を備えていない機種が多いスマートフォンで特に便利に使えるのでは」と話していた。

photophotophoto 充電台にケータイを置くだけで充電される(写真=左、中)。コイルの周りには発光ダイオードが付けられており、端末(バッテリー)を置くと、バッテリーと台の表面に青い光が点灯する(写真=右)

 このバッテリーと充電台は、ワイヤレス充電の標準化団体「WPC(Wireless Power Consortium)」の方式に準拠しており、これに準拠した製品には「Qi」のロゴが付けられる。説明員は「Qiマークがあれば、どの機種でも使える。過去の機種でも対応できる」と汎用性の高さをアピールしていた。同じ準拠製品を使えば、通信キャリアを問わず、1つの充電台で充電できるのもメリットといえる。ちなみに「Qi」は、ワイヤレスでパワーを送ることから、「気功」の「気」を意味するという。

photophoto WPC準拠の機器には「Qi」ロゴが付けられる

 バッテリーの容量は800mAhで、「一般的なケータイよりも1割ほど減らしている」(説明員)。現在のところバッテリーは1種類のみなので、さらに大容量のバッテリーが登場することも期待される。ケータイが満充電されるまでの時間は、一般的なケータイ向けACアダプタと同じ。充電台にはACアダプタから給電する。バッテリーと充電台は三洋電機製で、それぞれ「eneloop」のロゴがあった。

photophoto ドコモとeneloopのロゴ(写真=左)。「FOMA 補助充電アダプタ」「FOMA 補助充電アダプタ02」をワイヤレス充電するデモも実施(写真=右)

 専用バッテリーの容量がやや少ないことが課題だが、バッテリーを使わず、ケータイなどのバッテリーカバーにコイルを付けることでもワイヤレス充電が可能になるという。WPC準拠の充電台はカフェなどに設置し、外出先での利用を想定している。この充電台が個人向けに販売されるかは未定。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう