ニュース
» 2010年10月18日 11時42分 UPDATE

Android 2.2+7型タッチディスプレイ+重量450グラム、Samsung製タブレット――「SMT-i9100」

KDDIから発売されるAndroid 2.2搭載タブレット端末が「SMT-i9100」。携帯性と実用性を兼ねた7型サイズのボディに、1024×600ドットのマルチタッチ対応ディスプレイ、無線LAN+Bluetooth通信機能を採用する。

[ITmedia]

 OSにAndroid 2.2を採用するタッチパネル搭載タブレット端末がSamsung電子製の「SMT-i9100」だ。持ち運びと実用性を兼ねた7型サイズのボディを採用し、1024×600ドット表示とマルチタッチ操作に対応する7型ワイドの静電式タッチパネル搭載液晶ディスプレイを備える。

photophoto Android 2.2+7型ワイドのタッチパネルディスプレイを搭載する「SMT-i9100」

 主な仕様は、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LANとBluetooth v2.1+EDR、SDメモリーカードスロット(microSDHC・最大32Gバイト)、512Mバイトのメインメモリ、4Gバイトのフラッシュメモリ(ストレージ領域)、200万画素CMOSカメラ、1ワット+1ワットのスピーカーなど。(EV-DO Rev.Aなどの)ワイヤレスWAN通信機能は内蔵せず、家庭内の無線LAN、公衆無線LAN、モバイルルータ「Wi-Fi WALKER DATA05」、WiMAXルータなど各種無線LANアクセスポイントと組み合わせて通信できる。

 auブランドではなくSamsungブランドで展開する端末とするが、auのスマートフォン IS Seriesと同様にKDDI向けにカスタマイズされ、Flashコンテンツの再生のほか、モリサワフォントやOcean Observation UI、“パソコンで位置確認”機能などを搭載する。

 バッテリー動作時間は連続使用時で約2時間(暫定値、連続待受時間は約12時間)。本体サイズは199(幅)×129(高さ)×13.9(厚さ)ミリ、重量は約450グラム。

photophoto 「SMT-i9100」の特徴と利用イメージ(写真=左)。裏面はシンプルなデザイン(写真=右)
photophoto ホーム画面は横表示となっており、卓上ホルダには端末を横向きにセットする
photophotophoto microSDスロットと3.5ミリのイヤフォンジャック(写真=左)。外部インタフェースはMicro USBを採用(写真=中)。右側面のキーを押すとディスプレイが消灯する(写真=右)
photophoto ロック中の画面。アプリケーションによっては縦表示も可能(写真=左)。ディスプレイ右側にセンサーキーを備えている(写真=右)
photophotophoto IS01やIS03でもお馴染み、ホーム画面には「Ocean Observation UI」のカード型メニューを採用している(写真=左)。画面上部から下へフリックすると、ステータス画面が現れる(写真=中)。起動中のアプリを表示するタスクマネージャ(写真=右)
photophoto テンキーやQWERTYキーで入力可能

「SMT-i9100」の主な仕様
機種名 SMT-i9100
メーカー Samsung 電子
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約199×129.5×13.9ミリ
重さ 約450グラム
連続使用時間 約2時間(暫定値)
連続待受時間 約12時間
メインディスプレイ 約7インチ(1024×600ピクセル) 静電容量式タッチパネル搭載
メモリ 512Mバイト
ストレージ 4Gバイトフラッシュメモリ
通信機能 IEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN、Bluetooth v2.1+EDR
カメラ 200万画素CMOS
外部メモリ microSDHC(最32Gバイト)
主なインタフェース Micro USB、2ワット+2ワットステレオスピーカー
ボディカラー ブラック

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.