ニュース
» 2010年11月08日 12時45分 UPDATE

ドコモ スマートフォン:FeliCaとワンセグを搭載、防水機能も備えたAndroidスマートフォン――「REGZA Phone T-01C」

富士通東芝モバイルコミュニケーションズ製のスマートフォン「REGZA Phone」が、auのIS seriesだけでなく、ドコモ向けにも登場する。4インチのフルワイドVGA液晶にワンセグ、FeliCa、赤外線通信など、日本独自の仕様を盛り込んだAndroidスマートフォンだ。

[園部修,ITmedia]

 富士通東芝モバイルコミュニケーションズがドコモ向けに供給する新たなスマートフォン「REGZA Phone T-01C」は、これまでの東芝製スマートフォン「dynapocket T-01A」や「dynapocket T-01B」のWindows Mobile路線から一転、AndroidをOSに採用したモデルとなっている。

※初出時にT-01Bの型番が間違っていました。お詫びして訂正いたします(11/29 13:20)

PhotoPhoto ボディカラーはメローボルドー、モイストブラックの2色

 ディスプレイは4インチのフルワイドVGA(480×854ピクセル)で、モバイルレグザエンジン3.0を採用。ワンセグやYouTubeの映像を高画質で視聴できる。またカメラには有効約1220万画素のAF対応CMOSを搭載しており、高画質な写真撮影が可能だ。ハイビジョン動画の撮影にも対応している。FeliCaを搭載しているため、電子マネーやケータイクレジットなどの各種サービスが利用可能。さらにワンセグや赤外線通信ポートなども備える。

Photo 電源ボタン、シャッターキー、ボリュームキーなどは右側面に備える

 もちろんiモードと同じ「@docomo.ne.jp」のメールアドレスが利用できるspモードにも対応しており、ドコモが提供する専用のアプリケーションマーケット「ドコモマーケット」もサポート。IPX5/IPX7等級の防水性能も備え、ハイエンドケータイに勝るとも劣らない高機能が魅力の1つだ。FOMAハイスピードのHSUPA 5.7Mbpsに対応しており、上りの通信が速いのも特筆すべきポイントだ。

 また富士通東芝が独自に開発したNX!UIを備える点も特徴の1つ。ホーム画面のウィジェットやショートカットを自分の使い方に合わせて配置できるほか、テキストや手書き文字、写真、動画など、気になるものを簡単にメモできる「STARMEMO」をプリインストール。mixiやTwitterのアカウントは、アドレス帳にまとめて管理できるのもポイントだ。日本語入力システムにはAndroid版のATOKを採用する。

 製品には、T-01Cをテレビのように設置できる卓上ホルダも同梱している。

「REGZA Phone T-01C」の主な仕様
機種名 REGZA Phone T-01C
OS Android 2.1
CPU Qualcomm QSD8250 1GHz
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約62×126×11.9ミリ(最厚部約14.7ミリ)
重さ 約149グラム
連続通話時間 W-CDMA:約280分、GSM:約260分
連続待受時間 W-CDMA:約370時間、GSM:約250時間
カメラ 有効約1220万画素CMOS
外部メモリ microSDHC(16Gバイト同梱/最大32Gバイト)
ディスプレイ 約4インチフルワイドVGA(480×854ピクセル)TFT液晶
ボディカラー Moist Black、Mellow Bordeaux
主な機能 防水(IPX5/IPX7)、WORLD WING(3G+GSM)、FOMAハイスピード(HSDPA 7.2Mbps/HSUPA 5.7Mbps)、GPS、Bluetooth、ワンセグ、Wi-Fi、ドコモマーケット、spモード、FeliCa ほか

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-