ニュース
» 2011年04月18日 15時42分 UPDATE

パナソニック、“VIERA”“DIGA”を操作するiPhoneアプリを発表

パナソニックは、iPhone/iPod touch/iPadから同社薄型テレビ“VIERA”を操作できるアプリを発表した。4月下旬以降に無料で配信する。

[ITmedia]
photo iPhone/iPod touch/iPadからVIERAを操作できる「ビエラリモート」

 パナソニックは4月18日、iPhoneやiPadから同社薄型テレビ“VIERA”やBlu-ray Discレコーダー“DIGA”を操作できるアプリを発表した。4月下旬以降にAppStoreから無料提供する。

 発表されたアプリは、iPhone/iPod touch/iPad用の「ビエラリモート」、iPad用の「ディーガリモート」、iPhone/iPod touch用の「パナソニック ブルーレイリモート2011(Panasonic Blu-ray remote)」の3種類。いずれも無線LANで通信するため、端末を対象機器に向けなくとも操作できる。

 ビエラリモートは、iOS端末のタッチパネルをなぞることで、VIERAのチャンネル切り替えや音量調節が行えるアプリ。端末を振るシェイク操作でテレビの電源を消すこともできる。番組検索をする際の文字入力を、使い慣れたiOS端末のUIから行えるほか、VIERAに付属する「らくらくリモコン」のように十字ボタンを表示してのオーソドックスな操作も可能だ。対象のVIERAは、VT3シリーズ/GT3シリーズ/ST3シリーズ/DT3シリーズ。

photophotophoto シェイク操作での電源オフ/オフや(左)、十字キーを表示させたVIERA付属リモコンのような操作(中)、iOS端末からの番組検索(右)などが行える

 ディーガリモートは、DIGAの録画一覧をiPadに表示し、再生・早送りなどの操作をするアプリ。同社運営のテレビ番組情報サービス「ミモーラ」にも対応し、内容一覧から見たいシーンをタッチすることで、DIGAで再生できる。対象のDIGAは、BW970/870/770/BWT3000/2000/1000/BW880/780/680/BWT3100/2100/1100/BW890/690/BF200。ミモーラ連携には、BZT900/800/700/600/BWT500/BRT300が対応する。

 パナソニック ブルーレイリモート2011は、同社のブルーレイプレーヤー「BDT110」を操作するアプリ。再生/停止などの基本的なリモコン操作に加え、早送り/早戻しをスライド操作で行える。

 利用にはアプリをiOS端末へインストールするほか、端末と対象機器が無線LANのホームネットワークに接続されている必要がある。

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-