ニュース
» 2011年05月12日 22時43分 UPDATE

KDDI、auケータイ73機種のアップデートを実施

5月12日から順次、auケータイの通話品質を改善させるなどのアップデートが開始される。

[田中聡,ITmedia]

 KDDIは5月12日、auケータイのケータイアップデートを順次実施することを発表した。

 ケータイアップデートの内容は以下のとおり。

  1. au携帯電話の通話品質を向上させる新音声技術「EVRC-B」に対応する。
  2. 基地局との通信を最適化し、通話品質を向上させる。
  3. 2012年5月に予定している、Wi-Fi WINの認証仕様の変更に対応する。

 EVRC-Bに対応することで、従来の1.4倍相当の音声情報を現行の伝送レートで伝送可能になり、通話品質が向上する。Wi-Fi WINの認証仕様については、ケータイアップデートを実施しないとWi-Fi WINが利用できなくなるので注意したい。

 ケータイアップデートの対象機種は73台で、実施済みのものも含まれる。準備ができ次第、「auからのお知らせ」が送信され、画面のガイダンスに従って更新をする。該当するアップデート内容は機種によって異なるので、詳細はKDDIのお知らせ(外部リンク)を参照してほしい。

 5月12日から実施する機種は、カシオ計算機製「EXILIMケータイ CA003」「EXILIMケータイ CA004」「EXILIMケータイ CA005」「EXILIMケータイ CA006」、日立コンシューマエレクトロニクス製「beskey」、京セラ製「E07K」「K007」「簡単ケータイ K003」「簡単ケータイ K004」、シャープ製「AQUOSケータイ W64SH」「SH001」「SOLAR PHONE SH002」「Sportio water beat」「W62SH」、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製「BRAVIA Phone S004」「BRAVIA Phone S005」「Cyber-shotケータイ S003」「URBANO BARONE」「URBANO MOND」、東芝製「REGZA Phone T004」「T003」、iida「LIGHT POOL」「lotta」「PLY」「PRISMOID」。

 5月19日から実施する機種はソニー・エリクソン製「BRAVIA Phone U1」「Cyber-shotケータイ S001」「フルチェンケータイ re」、iida「G9」。5月26日から実施する機種は京セラ製「SA001」「SA002」「W54SA」「W61SA」「W63SA」「W64SA」。その他の機種についてはKDDIのWebサイト(外部リンク※PDF)を参照。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう