ニュース
» 2012年01月26日 11時14分 UPDATE

最大252万人に影響:ドコモの通信障害、原因は新型パケット交換機への切り替え

ドコモが、1月25日に東京都の一部地域で発生した通信障害の経緯と原因を案内した。発端は1月25日未明に新型パケット交換機に切り替えたことだという。

[田中聡,ITmedia]

 NTTドコモが1月26日、前日の25日8時26分から13時8分までに東京都の一部地域で発生した通信障害の経緯と原因をあらためて案内した。

 今回の通信障害により、東京都(葛飾区・江戸川区・江東区・港区・新宿区・千代田区・中央区・品川区・文京区・墨田区・大田区・目黒区・渋谷区・世田谷区)の一部地域において、FOMAの音声とパケット通信サービスが利用しにくい事象が発生した。影響を受けた人数は最大252万人。

 障害発生の経緯は以下のとおり。まず、スマートフォン契約者の増加に対応するために、ドコモは1月25日未明から新型パケット交換機に切り替えたが、トラフィックの上昇に伴い、8時26分ごろから新型パケット交換機の動作が不安定な状態となった。9時ごろからトラフィックがさらに上昇したため輻輳状態となり、ネットワークの自動規制により、パケットサービスと音声サービスが利用しにくい状態となった。輻輳状態を改善するため、10時56分ごろからパケット交換機を以前のものに戻し、完了した交換機配下の基地局から規制を順次解除した。13時8分には全基地局の規制を解除し、通信が回復した。

 通信障害の原因をドコモは以下のとおりに説明している。VoIPやチャットなど、頻繁に「制御信号」を必要とするスマートフォン向けアプリが急激に普及したことに伴い、ネットワーク上の制御信号が増加している。こうした状況下で新型パケット交換機に切り替えたため、制御信号がパケット交換機の処理能力をオーバーフローしたという。

 今後の対策として、ドコモは全国のパケット交換機を2月中旬まで一斉総点検し、必要に応じて速やかに設備を増やす。また、スマートフォンの増加に伴って急増している制御信号量を監視し、より適切な信号量予測を設備に反映させていくとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう