ニュース
» 2012年06月29日 12時25分 UPDATE

ドコモ、通話を自動録音する法人向け「通話録音サービス」を提供

NTTドコモは、契約した携帯電話/スマートフォンの通話内容を自動で録音する法人向けサービスを7月から開始する。録音した記録は、音声ファイルとして企業が指定したサーバに送信する。

[エースラッシュ,ITmedia]

 NTTドコモは、法人向け「通話録音サービス」を7月より提供開始する。

 通話録音サービスは、FOMA、Xiの総合利用プランで契約中の携帯/スマートフォンの通話内容を、ドコモのネットワークに自動録音するもの。サービスの品質向上や、証跡として通話内容を保存・利用したい企業を対象としている。

Photo 法人向け「通話録音サービス」の概要

 サービス利用時は、携帯電話/スマートフォンの利用者と通話相手双方に「通話の内容を録音する」という旨のガイダンスが10秒ほど流れ、その後に通話が可能になる。録音した内容は、企業が指定したサーバなどにWAVE形式の音声ファイルで送信する。

 作成した音声ファイルはドコモ側で保管せず、受信や管理、視聴用アプリなどの提供もない。そのため企業はドコモへのアクセス回線、およびファイルを格納する環境を用意する必要がある。

 初期費用は、登録手数料が3150円/グループ、アクセス回線登録料が0〜3万1500円/接続。月額費用は、通話録音機能使用料が525円/回線、グループ利用料が525円/グループ、アクセス回線接続プランは0円〜10万3950円/接続となる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう