レビュー
» 2012年09月24日 12時48分 UPDATE

「iPhone 5」徹底レビュー:「iPhone 5」通信速度はどっちが速い? au vs. ソフトバンク 山手線編

KDDIは「都内なら負けない」といい、ソフトバンクモバイルは「基地局の数はうちのほうが多い」という。だったら試してみようじゃありませんか。

[園部修,ITmedia]

 KDDIとソフトバンクモバイルは9月21日、「iPhone 5」の発売に合わせて、国内でLTEサービスの提供を開始した。両社ともLTEサービスには「4G LTE」という名称を冠し、既存の3Gの通信よりも高速なデータ通信が行えることをウリにしている。

 まだ使い始めてから数日しか試していないが、処理速度が向上したiPhone 5とLTEの組み合わせは、アプリの使用もWebブラウズもすこぶる快適だ。3Gの通信もかなり高速化が進んでいるが、やはりLTEでは“1ケタ違う”通信速度が享受できることも多く、LTEエリアから出てしまうとかなりがっかり感がある。残念ながら、エリアは構築途上にあるため、日本全国津々浦々でLTEが利用できるわけではないが、KDDI、ソフトバンクモバイルとも、毎日のように基地局を開設しており、急速にエリアは広がっている。

PhotoPhoto iPhone 5のKDDI版とソフトバンクモバイル版。LTEで通信できると快適度がさらに増す

 そんな発展途上の中ではあるが、まずは都内での通信速度をざっと計測してみるべく、山手線の主要駅における通信速度を「RBB TODAY SPEED TEST」で測ってみた。また駅の中でも、場所によって電波の状態は変わること、毎日基地局が新しくできているような状況なので、結果は日々変わる可能性があることなどは留意してほしい。

 計測は、駅ホームの端に近い部分、空が見える場所で行った。電車が入線すると通信速度は低下する傾向が見られたので、駅に電車がいないとき(ターミナル駅では電車が少ないタイミング)を狙ってテストしている。テストは5回実施し、そのなかから極端に高い値、もしくは極端に低い値を除いて上位3回分のテスト結果の平均を求めた。

 なおこの結果はあくまでも「9月23日午後時点の山手線での結果」であり、これを持って日本全国のネットワークの状態を判断できるものではない。通信速度は時間・場所・タイミング(そのときの基地局利用者の多寡、他のユーザーが何をしているか)などでも変わるものなので、あくまでも参考程度に見てほしい。

通信速度
山手線
浜松町
キャリア au ソフトバンク
通信回線(アンテナ) LTE(5本) 3G(5本)
下り 15.54Mbps 8.28Mbps
上り 7.87Mbps 1.22Mbps
東京
キャリア au ソフトバンク
通信回線(アンテナ) LTE(4本) 3G(5本)
下り 8.81Mbps 6.80Mbps
上り 7.32Mbps 0.33Mbps
秋葉原
キャリア au ソフトバンク
通信回線(アンテナ) LTE(5本) LTE(5本)
下り 17.24Mbps 14.26Mbps
上り 7.35Mbps 7.01Mbps
上野
キャリア au ソフトバンク
通信回線(アンテナ) LTE(4本) LTE(4本)
下り 6.51Mbps 18.10Mbps
上り 4.39Mbps 4.85Mbps
田端
キャリア au ソフトバンク
通信回線(アンテナ) LTE(4本) LTE(4本)
下り 11.47Mbps 11.98Mbps
上り 7.14Mbps 5.17Mbps
池袋
キャリア au ソフトバンク
通信回線(アンテナ) 3G(4本) 3G(5本)
下り 0.51Mbps 6.69Mbps
上り 0.29Mbps 1.06Mbps
新宿
キャリア au ソフトバンク
通信回線(アンテナ) LTE(3本) 3G(4本)
下り 5.87Mbps 2.12Mbps
上り 2.35Mbps 0.29Mbps
渋谷
キャリア au ソフトバンク
通信回線(アンテナ) LTE(4本) LTE(5本)
下り 8.01Mbps 17.16Mbps
上り 6.40Mbps 7.49Mbps
五反田
キャリア au ソフトバンク
通信回線(アンテナ) LTE(5本) 3G(5本)
下り 16.72Mbps 8.26Mbps
上り 6.66Mbps 1.94Mbps

 KDDIは「都内では負けない」と豪語していただけのことはあり、山手線をカバーするLTEエリアはかなりたくさんある。KDDIの場合、iPhone 5がLTEで利用する2.1GHz帯の周波数は、トラフィックが多いエリアに重点的に設置されているため、ネットワークが混雑している場所ほどLTEが入る可能性があるという有利な状況だ。ただ、裏を返すと都内以外はまだ手薄であるとも考えられる。

 一方ソフトバンクモバイルは、基地局の数が多いことをアピールしていたが、特にトラフィックが多い山手線の南部では3GからLTEへの切り替え工事が難航していて、今回のテストでもLTEが利用できたのは秋葉原、上野、田端、渋谷のみだった。ただ、ここも数カ月以内には改善される見通しとのことなので、テザリングが利用可能になる1月までにはおそらくLTEが使えるようになるだろう。

 ちなみに9月22日に訪れた幕張メッセのコンコース(東京ゲームショウ開催中)では、KDDIが3G(アンテナ5本)で下り2.57Mbps/上り1.32Mbps、ソフトバンクが3G(アンテナ5本)で下り11.02Mbps/上り2.74Mbpsだった。どちらもLTEではつながらなかった。数万人の人出の展示会場で普通に通信できる方が驚くべき状況ではあるが、ソフトバンクモバイルは比較的空いているプラチナバンドをつかんでいた可能性が考えられる。

 次回は少し山手線から離れた場所で、改めてテストをしてみたい。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.