ニュース
» 2012年10月04日 23時38分 UPDATE

Amazon、Androidアプリ配信ポータル「Amazon Appstore」を日本向けにも展開

Amazon.comが、アプリ配信用ポータルサイト「Amazon Appstore」を日本でもサービスすることを明らかにした。同日、アプリの開発者に対して年内に配信予定のアプリ登録受け付けを開始した。

[エースラッシュ,ITmedia]

 Amazon.comは10月4日、Androidアプリ配信用ポータルサイト「Amazon Appstore」を日本でも展開すると発表した。同日から、年内に配信予定のアプリ登録受け付けを始めた。

 Amazon Appstoreは、米国や欧州ですでにサービスを開始しているAndroidアプリケーションの配信プラットフォーム。Amazon.comは現在、同サイトのグローバル展開を進めている。Amazon Appstoreでは、簡単にアプリに組み込めるアプリ内課金APIを提供しており、仮想アイテムや定期購読コンテンツなどの販売が可能だ。ゲームアプリでは、ユーザーが達成項目確認やスコアランキングなどを比較できるリーダーボード機能が利用できる。また、複数端末間でのゲームプレイを同期できるAPI「GameCircle」も用意している。

 アプリを購入するユーザーは、おすすめ機能、カスタマーレビュー、1−Click決済といった、Amazonではおなじみのショッピング機能が利用可能。アプリは事前に審査して安全性を確保しているほか、ユーザーからの問い合わせに応じるカスタマーサービスも提供する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.