ニュース
» 2012年11月09日 14時53分 UPDATE

GALAXY Note II WORLD TOUR 2012 TOKYO:初代Noteの3倍売れているGALAXY Note II、日本でも「かなりいけると思う」――Samsung石井氏 (1/3)

日本で11月16日に発売予定のGALAXY Note IIは、世界ではすでに300万台が売れており、販売台数は初代Noteの同期比と比べて3倍。GALAXY Note II WORLD TOUR 2012 TOKYOでは、サムスン電子ジャパンの石井専務も日本でのヒットに自信を見せた。

[田中聡,ITmedia]

 サムスン電子ジャパンが11月8日、「GALAXY Note II WORLD TOUR 2012 TOKYO」を開催した。GALAXY Note IIの魅力を伝えるWORLD TOURは、8月末にドイツでの展示会「IFA」でGALAXY Note IIが発表されてから、世界各国で開催されており、日本が最後の開催国となる。日本ではNTTドコモから「GALAXY Note II SC-02E」が11月16日に発売される予定だ。

photophoto 「GALAXY Note II SC-02E」。日本向けのオリジナルカラーとして「Amber Brown」が用意される

Note IIは世界で最も優れた強力なスマートフォン――チョウ氏

 サムスン電子ジャパン 代表取締役のチョウ・ホンシク氏は「8月29日にベルリン(IFA)でGALAXY Note IIを発表した際に、世界128カ国で投入することをお伝えしたが、すでに世界中から素晴らしい反響をいただいている。最初の1カ月で世界における販売台数は300万台を突破した。これは(初代)GALAXY Noteの同期比で3倍の販売台数だ」と好調ぶりをアピールした。「前モデルよりも一回り大きい5.5インチ有機EL、進化したSペンなどにより、現在世界で最も優れた、強力なスマートフォンとなったことは間違いない。ユーザーの潜在能力や創造性を自由に表現できるようお手伝いしたい」と意気込みを話した。

photophoto チョウ・ホンシク氏
photo 石井圭介氏

 サムスン電子ジャパン 専務の石井圭介氏はGALAXY Note IIの特長について「既存のスマートフォンという枠組みでは語り尽くせない、大きな可能性を持ったデバイス。アナログとデジタルが融合した新カテゴリーと言える」と語った。スペック面では「全世界のすべての通信キャリアのLTEネットワークに接続できる」ことや、3100mAhの大容量バッテリーに触れ「究極の省電力設計で、1日中使っても問題ないレベルに達した」ことなどをアピールした。

photophoto 5.5インチHD SUPER AMOLEDや3100mAhのバッテリーなどがスペック上の特長だ

サードパーティとも積極的に協業

 GALAXY Note IIのSペンは初代Noteから8ミリ長くなり、先端をプラスチックからラバーに変更し、筆圧は128段階から1024段階に増えるなど、使い勝手が向上している。このSペンは今回もワコムとの協業で開発された。会場にはワコム 代表取締役社長の山田正彦氏も登壇し、Sペンに対する想いを語った。

 山田氏はGALAXY Noteについて、自分を自由に表現して分かち合いたいと思うすべての人に、クリエイティブな力と発信する力を与える画期的なプラットフォームだと絶賛。「弊社は30年にわたって世界中のクリエイティブなユーザーに製品を提供してきた。その中で、私たちの技術はいかに高度なものであっても、シンプルで分かりやすく直感的でなければいけないことを学んだ」と話す山田氏。Sペンに提供している“ワコムフィールテクノロジー”は、世界のクリエイティブなユーザーが30年にわたって育て上げてきた技術、ノウハウ、その直感性のすべてがバックボーンにあるという。

 ワコムが考えるペンは「創造と表現のためのツール」。ペンを使うことで、文字やアイデアを書いたり、絵を描いたり、写真を加工したりといった表現ができるが、「そのツールは、何よりも繊細で直感的で、そしてクリエイティブでなければならない」(山田氏)。ペンの性能や書き味など細部にこだわり、プロ向けに匹敵する表現力をコンパクトに、そして誰でも分かる形で伝えたい……それがワコム製品の大きなテーマ。「Sペンは、Samsungとワコムが1つのチームとして成し遂げた多くの成果だと信じている。1人でも多くのユーザーがSペンの自由な表現力を存分に楽しんで、分かち合い、発信してほしい」と山田氏は語った。

photophoto Sペンへの想いを語るワコムの山田社長

 GALAXY Note IIの特長の1つとして「5.5インチの大画面」が挙げられるが、この画面に最適化したアプリも搭載されている。その1つが、ソーシャルニュースマガジンの「Flipboard」だ。基本的なUIはAndroid向け標準アプリと同じだが、GALAXY Note IIのディスプレイで美しく表示できるよう最適化されているという。フリップボード社 副社長のエリック・アレクサンダー氏は「Samsung電子さんと密に協力し、完全に日本向けにカスタマイズしたFlipboardを載せられることを嬉しく思う」と喜びを話した。アレクサンダー氏によると、Flipboardは世界160カ国で使われているが、日本のユーザー数は世界4位だという。さらに、Flipboard上で記事を読む、コメントする、シェアする、『いいね!』を押すといった行動は日本が最多だという。アレクサンダー氏は「(Flipboardにおける)日本人は世界中で最もソーシャルなユーザーだ」と評した。

photophoto フリップボードのエリック・アレクサンダー氏(写真=左)。Flipboard上で情報を共有するユーザーは日本が一番多いという(写真=右)
photophoto GALAXY Note II(SC-02E)にプリインストールされているFlipboard

 イラストや図版を描ける「SketchBook Pro」「SketchBook Mobile」を開発しているオートデスク社の中国消費者グループ 商品開発ディレクター、トビーレイ・ワン氏は、GALAXY Note IIのSペンについて「ユニークな特長が筆圧検知機能。1024段階の筆圧を感知でき、よりスムーズかつ忠実に反応する」と感想を話した。Note IIの一番クールな機能は、ペンで囲った部分を切り取れる「Easy Clip」だとし、Easy Clipで切り取った画像はNote IIのSketchBook上でも使用できる。「最高のユーザーエクスペリエンスを提供するにはハードとソフトが必要。GALAXY Note IIとスケッチブックを組み合わせることで、理想的なツールになる」(ワン氏)

photophotophoto オートデスクのトビーレイ・ワン氏(写真=左)。SketchBook Proは世界中で大きな支持を集めている(写真=中)。Easy Clipでキャプチャした画像をSketchBookで使用できる(写真=右)
photophotophoto GALAXY Note II(SC-02E)に搭載されるSketchBookアプリ
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.