ニュース
» 2012年12月25日 10時01分 UPDATE

国内3社のレンタルサービスを比較:海外で使うモバイルWi-Fiルーターはどれが便利?(韓国編) (1/3)

海外を訪れるときのネックになるのが通信手段。携帯会社が提供している海外パケット定額サービスも便利だが、モバイルWi-Fiルーターをレンタルする方が安く済むケースが多い。国内3社のレンタルサービスを使い、韓国で試してみた。

[ルータープリンス,ITmedia]

 年末年始に海外旅行を計画している人は多いのではないだろうか。その際に気になるのが現地での通信手段。携帯各社は海外向けのパケット定額サービスを提供しているが、例えば1週間ほど上限まで使い続けると、1万円を超えてしまう。そこで活用したいのが、海外で利用可能なモバイルWi-Fiルータや電話機のレンタルサービス。海外パケット定額サービスよりも安いケースがほとんどなので、利用する価値は大いにある。ではどのレンタルサービスがオススメなのか? 筆者はエアアジア・ジャパンの成田⇔釜山線就航を機に、11月29〜30日に韓国を訪問した。その際に、海外用のモバイルWi-Fiルータをレンタルしている各社の製品を利用したので、使い勝手やサービスを比較してみた。

 今回、韓国向けのモバイルWi-Fiルータをレンタルしたのは以下の3社。

  1. グローバルWiFi http://townwifi.com/
  2. テレコムスクエア http://www.telecomsquare.co.jp/
  3. グローバルデータ http://www.globaldata.jp/

レンタル料金は1日1000円以下、海外パケット定額より割安

 海外用のモバイルWi-Fiルータをレンタルする最大のメリットは、携帯各社が提供する海外パケット定額サービスと比べて安いことだ。

 例えば、韓国向けのモバイルWi-Fiルータのレンタル料金は、各社ともに1日あたり700円以下。ドコモなど国内の携帯電話キャリアが提供している海外でのパケット定額サービスの上限金額が、1日あたり2980円であることを考えると、レンタル料金だけで比較すると約4分の1以下で利用できる。日帰りや1泊2日程度の渡航では大きな差とはならないが、現地での滞在日数が長ければ長いほど、各キャリアの提供する海外パケット定額サービスを利用する場合と比較して、料金的なメリットが大きくなる。

 注意点としては、モバイルWi-Fiルータをレンタルした場合、通信の有無に関わらず、レンタル日数に応じてレンタル料金が発生すること。海外滞在中のうち、限られた日数のみ通信を利用するという場合は、各キャリアの提供する海外パケット定額サービスを利用した方が安くなることもあるので、よく検討する必要がある。

複数の端末で利用できるのがモバイルWi-Fiルータのメリット

 無線LAN対応機種なら、デバイスドライバやOSごとの対応を気にすることなく、簡単なパスワードの入力だけで通信できるのもモバイルWi-Fiルーターのメリットだ。実際に、筆者は海外で現地の通信会社の提供するUSBタイプのモデムを購入したが、使用していたPCのOS(Mac OS X Mountain Lion)に対応していなかったという経験があり、このときはせっかくUSBタイプのモデムを購入したにも関わらず、何の役にも立たなかった……という苦い経験がある。

 モバイルWi-Fiルータの場合は、そういった心配をする必要がない。PC、iPadなどのタブレット、iPhone、Android端末などのWi-Fi対応機器に接続して使えるので、海外旅行中の通信手段として非常に心強い存在になる。

3社の料金は各種手数料で差が生じる

 今回レンタルしたモバイルWi-Fiルータは以下の方法で受取と返却を手配した。

  • 受取:宅配にて受取
  • 返却:関西国際空港にて返却

 韓国向けのモバイルWi-Fiルータを1泊2日でレンタルした場合の各社の料金は以下のようになる。

韓国向けのモバイルWi-Fiルータレンタル 1泊2日の合計料金
サービス名 グローバルWiFi テレコムスクエア グローバルデータ
レンタル料金 670円/日 700円/日 680円/日
手数料 受渡手数料:525円
成田空港以外での返却手数料:525円
宅配料金:800円 受渡手数料:525円
合計金額 2390円 2200円 1885円
※各種料金は2012年11月30日時点のもの。

その他サービス詳細
サービス名 グローバルWiFi テレコムスクエア グローバルデータ
URL http://townwifi.com/ http://www.telecomsquare.co.jp/ http://www.globaldata.jp/
レンタル料金 670円/日 700円/日 680円/日
手数料 受渡手数料:525円
成田空港以外の空港での受取:525円
成田空港以外の空港での返却:525円
0円 受渡手数料:525円
その他手数料など なし 宅配送料:800円 なし
合計金額 2390円 2200円 1885円
宅配受取
空港カウンターでの受取時間 ・成田空港
第1ターミナル 4F 南ウィング 7:30〜20:30
第2ターミナル 1F 到着ロビー 7:00〜21:00
・羽田空港
国際線ターミナル 3F 出発ロビー 7:30〜22:00 & 22:00〜7:30
・中部国際空港
3F 出発ロビー 6:30〜21:30
・関西国際空港
第1ターミナル 4F 出発ロビー 6:30〜22:30
・福岡国際空港
国際線ターミナル1F 到着ロビー 8:00〜17:00
・博多港国際ターミナル
1F 7:30〜18:00
・成田空港
第1ターミナル 地下1F 7:30〜21:00
第1ターミナル 4F 北ウィング 7:30〜19:00
第1ターミナル 4F 南ウィング 7:30〜21:00
第1ターミナル 1F 到着ロビー 7:30〜21:00
第2ターミナル 地下1F 7:00〜21:00
第2ターミナル 3 F 出発ロビー 7:30〜21:00
第2ターミナル 1F 到着ロビー 7:30〜21:00
・羽田空港
国際線ターミナル 3F 6:30〜23:00
・関西国際空港
第1ターミナル 4F 出発ロビー 8:00〜20:00
第1ターミナル 1F 到着ロビー 7:00〜21:00
・中部国際空港
アクセスプラザ内 7:00〜22:00
・福岡国際空港
国際線ターミナル1F 到着ロビー 8:00〜18:00
・成田空港
第1ターミナル 4F 北ウィング 7:00〜 21:00
第1ターミナル 4F 南ウィング 7:00〜21:00
第2ターミナル 3F 出発ロビー 7:00〜21:00
・羽田空港
国際線ターミナル 3F 出発ロビー 24時間
・関西国際空港
エクスコムグローバル 受渡カウンター 7:00〜22:00
・中部国際空港
名鉄トラベルプラザ内 7:00〜20:00
空港カウンターでの当日申込 成田空港のみ可能(対象国は一部) すべてのカウンターで可能(在庫がない場合は不可) 成田空港のみ可能(京成たびるーむにて受渡)
問い合わせ先(TEL) 0120-510-670
24時間受付OK
03-3239-2333
[平日]9:00〜20:00
[土日祝]10:00〜18:00
0120-800-540
[平日]9:00〜20:00
[土日祝]10:00〜19:00
申込は不可能

 レンタル料金は1日あたり700円前後でほぼ横並びとなっているが、受渡手数料や、返却時の手数料の有無によって合計金額が異なる。モバイルWi-Fiルータのレンタルは、ルーターのレンタル代金以外に各種の手数料が設定されていることも多く、これらを加算した合計の支払金額が、予想していたよりも高くなることもあるので気をつけたい。また、今回は申込をしなかったが、紛失や盗難時の保険サービスも各社から提供さており、これらを申込した場合も追加料金が必要となる。

 今回レンタルした3社のうち、各種手数料の設定が最も少ないのはテレコムスクエアだ。まず、空港での受取と返却に伴う手数料が発生しない。1日あたりのレンタル料金は700円と他社よりも数10円高いが、1泊2日の場合、受取方法を宅配ではなく空港カウンターでの受取にした場合は、合計で1400円なので合計料金が最安になる。他社の場合は、受取方法を問わず受渡手数料が必要になるため、レンタル料金が安くても手数料を入れると高くなることもあるので、受取方法と料金を検討する必要がある。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.