ニュース
» 2013年05月20日 11時00分 UPDATE

厳選4モデル! KDDI、auスマートフォンの2013年夏モデルを発表

KDDIは、2013年夏モデルのAndroidスマートフォン4機種を発表した。IGZOと大容量バッテリーの長時間駆動、F1.9のレンズ、1秒15コマ連写など新機能を導入したモデルがそろった。

[長浜和也,ITmedia]

 KDDIは5月20日に、auの2013年夏モデルを発表した。機種数を大幅に絞ったAndroidスマートフォン4機種をラインアップした。すべてのモデルで「4G LTE」に対応するほか、NFCをサポートした。なお、NTTドコモとソフトバンクモバイルの2013年夏モデルで登場した“フルセグ”対応について、KDDIでは、対応モデルを投入していない。

kn_kddi2013smr_01.jpg KDDIが投入するau2013年夏モデル。左からAQUOS PHONE SERIE SHL22、HTC J One HTL22、Xperia UL SOL22、URBANO L01

 HTCの「HTC J One HTL22」は、メインカメラの有効画素を400万画素と抑える代わりに、画素あたりの集光量を高めて、自然な色合いで写真を撮れるようにした。撮影モードでは、シャッターを押す1秒前から4秒間の間で20枚の連写と3秒間の動画を1回のシャッターで撮影できる「HTC Zoe」モードを導入する。音響面では、フロント側に2基のステレオスピーカーを内蔵したほか、HTC J Oneに最適化したアンプを用意して、大きな音量でも音割れが起きないようにしている。ホーム画面では、ニュースやSNSの情報を見やすくレイアウトし、自動で情報を更新する「HTC BlinkFeed」を利用できる。

 Xperia UL SOL22は、ドコモ向けにも供給されたグローバルモデルの「Xperia Z」をベースにauモデルとして独自に進化させたモデル。ULは“Ultimate”からとった名称だ。カメラでは、秒間15枚を無制限で連写できる。Xperia Zと同じく、イメージセンサーに「Exmor RS for mobile」を採用した。プレミアムおまかせオート機能は、36パターンのシーン撮影から最適なモードを自動で選択してくれる。また、動画のHDR撮影にも対応した。映像補正エンジンとして「モバイルブラビアエンジン2」を実装して、映像の明るさ分布をリアルタイムで解析してコントラストを調整。人の肌や原色に近い部分など、表示する色ごとに適切な色調整ができる。

 シャープの「AQUOS PHONE SERIE SHL22」は、IGZOディスプレイと容量3080mAhのバッテリーの採用で長時間駆動を実現したモデルだ。急速充電にも対応し、約60分で1日の動作に必要な充電が可能だ。また、カメラでは、F1.9のレンズを採用したことで、暗いシーンや動きの速いシーンでも撮影が可能になった。UI(ユーザーインタフェース)では、ディスプレイをなぞったりボディをタップしたりすると画面表示のオンとオフを切り替える操作や2画面表示(特定アプリの組み合わせに限る)の「アナザービュー」を導入した。

 京セラの「URBANO L01」は、容量2700mAhのバッテリーと「省電力ナビ」機能を備え、こちらも長時間駆動を目指したモデルだ。初めてスマートフォンを利用するユーザーを想定して、見やすく使いやすいデザインを取り入れたほか、ディスプレイが振動して音を伝える「スマートソニックレシーバー」と、通話で相手の音声が聞きやすいように補正する機能を導入。本体には、ホーム、戻る、メニューの物理キーを備えた。本体デザインでは、各部に金属パーツを採用して質感を高めたほか、幅65ミリで背面に丸みを持たせたことで本体を持ちやすくしている。

au 2013年夏モデルの主な特徴
機種名 特徴 詳細記事 写真記事
HTC J One HTL22 4.7インチで解像度1080×1920ピクセルのディスプレイを搭載。OSはAndroid 4.1。プロセッサーはクアッドコアのAPQ8064(1.7GHz)。ROMは32GバイトでRAMは2Gバイト。防水と防塵には対応しない。 詳細記事
Xperia UL SOL22 約5インチで解像度1080×1920ピクセルのディスプレイを搭載。OSはAndroid 4.1。プロセッサーはクアッドコアのAPQ8064(1.5GHz)。ROMは16GバイトでRAMは2Gバイト。防水IPX5/IPX7と防塵IP5Xをクリア。「Exmor R for mobile」「モバイルブラビアエンジン2」「WALKMAN」アプリを導入する 詳細記事 写真解説
AQUOS PHONE SERIE SHL22 約4.9インチで解像度720×1280ピクセルのIGZOディスプレイを搭載。OSはAndroid 4.2。プロセッサーはクアッドコアのAPQ8064(1.7GHz)。ROMは16GバイトでRAMは2Gバイト。防水IPX5/IPX7と防塵IP5Xをクリア。IGZOディスプレイと3080mAhバッテリーで長時間駆動を目指したモデル。F1.9レンズ搭載カメラで撮影シーンを広げた。 詳細記事 写真記事
URBANO L01 約4.7インチで解像度720×1280ピクセルのディスプレイを搭載。OSはAndroid 4.2。プロセッサーはデュアルコアのMSM8960(1.5GHz)。ROMは16GバイトでRAMは2Gバイト。防水IPX5/IPX7と防塵IP5Xをクリア。金属製のハードキーを本体正面に3基搭載。本体のデザインにあわせたロック画面を用意。スマートフォンを初めて使うユーザーを想定したオリジナルUIも導入した。 詳細記事 写真記事

(記事掲載当初、SHL22の解像度表記に誤りがありました。おわびして訂正いたします)


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.