ニュース
» 2013年05月29日 21時38分 UPDATE

ワイヤレスジャパン2013:“画面”で見る「Firefox OS」

Mozilla Japanは、来場者が操作できるFirefox OSを導入した開発者向け端末を用意。そこで、日本語入力ソフトなど「日本語で使うFirefox OS」を紹介しよう。

[長浜和也,ITmedia]

日本語入力ソフトも用意したFirefox OS

 Firefox OSは、2013年2月のMobile World Congressですでに発表済みで、開発者向けの端末も複数のスマートフォンベンダーが提供を表明している。しかし、ワイヤレスジャパン 2013では、日本語に対応したFirefox OSを実際に操作できるとあって、多くの関係者が注目していた。

 展示機では、表示が日本語であるだけでなく、毎日新聞などが、ワイヤレスジャパン2013のために用意したFirefox OS対応アプリなども導入していたほか、オムロンが試験的に開発した日本語入力ソフトも参考出展しており、実際に操作することができた。

 ここでは、日本語表示となったFirefox OSの設定画面をはじめとして、Firefox OSが用意しているカメラアプリ、参考展示の日本語入力ソフトや毎日新聞のFirefox OSアプリなどを、“画面”を中心に紹介しよう。

日本語入力ソフト

kn_ffxosdvs_01.jpgkn_ffxosdvs_05.jpgkn_ffxosdvs_06.jpg 参考出展としてオムロンが用意した日本語入力ソフト。日本語入力は携帯電話のテンキー入力と同じで子音の連打で文字を決める(写真=左)。濁点、半濁点は表示した候補から選ぶ(写真=中央)。変換候補は多数表示できる(写真=右)

kn_ffxosdvs_02.jpgkn_ffxosdvs_03.jpgkn_ffxosdvs_04.jpg QWERTYキーも用意しているが、現時点では英字のみの入力だった(写真=左)。記号モード(写真=中央)と、そのALTモード(写真=右)

設定画面

kn_ffxosdvs_07.jpgkn_ffxosdvs_08.jpgkn_ffxosdvs_09.jpg 設定項目のカテゴリーとしては、主にネットワーク設定とデバイス設定、セキュリティー、ストレージ、そして、端末情報と、Androidに近い分類をしている

kn_ffxosdvs_10.jpgkn_ffxosdvs_11.jpgkn_ffxosdvs_12.jpg インターネット共有では、Wi-Fiルータ機能とUSBテザリングに対応する(写真=左)。電力管理では節電モードを用意するほか(写真=中央)、ディスプレイ輝度の自動調整やバックライト消灯までの時間設定も可能だ(写真=右)

ホーム画面

kn_ffxosdvs_16.jpgkn_ffxosdvs_17.jpgkn_ffxosdvs_18.jpg ホーム画面では下にショートカットを配置できる。ユーザーのカスタマイズも可能だ(写真=左)。左にフリックするとMozillaが適合型検索サービスと呼ぶ「everything.me」があって、入力したキーワードに関連する情報やコンテンツ、アプリをリストできる(写真=中央)。右にフリックすると、Firefox OSに対応するアプリが並ぶ(写真=右)

Firefox OS対応アプリ

kn_ffxosdvs_20.jpgkn_ffxosdvs_19.jpgkn_ffxosdvs_21.jpg 毎日新聞がワイヤレスジャパン2013の展示にあわせてFirefox OSアプリを用意した(写真=左)。さらに右にフリックすると開発者向け端末に標準で用意したアクセサリアプリが並ぶ(写真=中央)。標準の動画アプリも機能はシンプルなら共有機能を利用できる(写真=右)

kn_ffxosdvs_13.jpgkn_ffxosdvs_15.jpgkn_ffxosdvs_14.jpg 開発評価用ということで、カメラアプリの機能はフラッシュのオンオフとメインカメラとインカメラの切り替えのみだ(写真=左)。ここから動画撮影と撮影した画像を確認するギャラリーアプリを呼び出せる(写真=中央)。ギャラリーアプリでは、共有メニューで投稿するSNSや添付するメールソフトの起動も可能だ(写真=右)

kn_ffxosdvs_22.jpgkn_ffxosdvs_23.jpgkn_ffxosdvs_24.jpg 標準のサウンドプレイヤーアプリ

Firefox Market Place

kn_ffxosdvs_25.jpgkn_ffxosdvs_26.jpgkn_ffxosdvs_27.jpg Webアプリを利用するFirefox OSだが、Firefox Market Placeから入手することも可能だ(写真=左)。現在β版で数多くあるカテゴリーごとに表示できる(写真=中央)。サウンドカテゴリーでは所有するコンテンツの共有設定も用意している(写真=右)


 Firefox OSでは、対応アプリを誰もが自由に提供できることを重視している。そのため、開発者向け端末では、動作検証や参考にする基本的なアプリを用意するにすぎない。また、Firefox OSは誰もが自由にダウンロードできるが、端末に導入するには自分でビルドをする必要があるため、だれもが簡単に利用できるわけではない。ここで紹介した内容は、このことを踏まえた上で参考にしていただきたい。

 Firefox OSは、通信事業者やスマートフォンベンダー向けの提供を想定しているため、このタイミングでエンドユーザーが直接使う機会はなかなかない。そういう意味で、開発者でなくてもワイヤレスジャパン 2013でFirefox OSを体験できるのは、とても貴重な機会といえるだろう。

 なお、Firefox OSは、Android 4.1以上を導入したARMプロセッサー搭載デバイスへの導入を想定している。Mozillaは、iOSデバイスに対して当面対応しないことを表明しているが、最近登場したAndroid導入のAtom搭載デバイスでは、カーネルとHALに対してIntelがカスタマイズを独自に行っているため、Firefox OSの導入は難しいだろうと説明スタッフは答えている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.