連載
» 2014年01月14日 13時03分 UPDATE

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:第40回 レトロ系や銀河系、フィルタ系アプリで遊ぼう(1) (1/2)

撮った写真をレタッチするのはさほど難しいことじゃないのだけど、手の込んだ効果が欲しいならフィルタ系アプリを使う方が簡単だ。そこで今回はそんなアプリのご紹介。

[荻窪圭,ITmedia]

 撮った写真はちょいとレタッチして見目麗しくしてからみんなに見せようとばかり、3分レタッチング的な話を何度かしたのだが、ややこしい画像処理となるともうアプリでいぢいぢやってるよりどかんと専門アプリに任せた方が簡単にカッコよくしてくれるわけで、ワンタッチで写真を仕上げてくれるデジタルフィルタ系アプリをテーマ別に紹介してみよう第一弾である(編:フリが長いです)。

 iPhone用写真一発加工アプリといっても無数にあって、それぞれ得手不得手があって、お遊び系(荻窪圭のiPhoneカメラ講座:第37回 クリスマス仕様の写真アプリでリア充になるで紹介した「Zombie Booth」なんかがそうだ)、レトロ系、フィルムシミュレーション系、プリクラ系、LINE系、ゆるふわ系、絵画系、銀河系(?)など多種多様なのである。

 今回はレトロ系シミュレーション系といった老舗どころと、銀河系あたりを紹介してみる。

超老舗レトロ系アプリの「CameraBag」

 わたしがiPhone 3Gを買ったとき、最初にいれた写真系アプリが「CameraBag」だった。今は「CameraBag2」へとバージョンアップして、フィルターもぐっと増えている。CameraBagは「カメラがたくさん入ったバッグから好きなものを選んで使ってね」的なニュアンスだと思えばOK。だから使い方は極めて簡単。

 うちの猫2匹が肩を組んで寝てる写真をひっぱりだしてみた。

photo CameraBagで元写真を開く。写真を左右にフリックしてフィルターを切り替えてもいいし、画面下中央のボタンで一覧を呼び出してもOK

 で、どんなフィルターをかけられるか、バリエーション一覧をお見せするのである。まずは、1937年風から1974年風まで。その頃のフィルムで撮った写真風に仕上げてくれるものだ。

photo 1937年風から1974年風までその他もろもろ
photo 1937年風白黒写真
photo 1958年風カラー写真

 さらにいろんなフィルムのシミュレーションやらHelga(Holga風ってことだ)とか、インスタント写真風とかピンホールカメラ風とか、元ネタがよくわかんないのも含めて、56種類ある。

photo
photo
photo Helga(Holga風)。写真に応じたフレームもつけてくれる

 さらにそれぞれに対して、好きなフレームを付けたり、フィルターの強さを調節したり、露出を調節したり、フィルターによってはもうちょっと細かく効果を調整できるのだ。

photo 「Saloon」フィルタをかけてみた
photo 右下の共有アイコンをタップすると、保存するかシェアするかなどを選べる

 で気に入ったものができたら出力。Saloonを選んで彩度を高めにしたらこんなロマンチックなモノクローム写真になりました。

photo 旧き良きロマンチシズム的なセピア写真のできあがり

 もちろん、FacebookやTwitter、それにInstagramでの共有も可能だ。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.