コラム
» 2014年07月04日 16時43分 UPDATE

ふぉーんなハナシ:セブン-イレブンで「au WALLET」と「nanaco」のどちらを使うべきか?

KDDIが「au WALLET」を開始してから、セブン-イレブンで「nanaco」を使うべきか、「au WALLET」を使うべきかは悩ましい問題。どちらがお得なのだろうか?

[田中聡,ITmedia]

 筆者はコンビニではセブン-イレブンをよく利用しており、5月まではおサイフケータイの「nanacoモバイル」で支払っていた。しかし6月にauの新しい電子マネーサービス「au WALLET」を使い始めてから、セブン-イレブンではどちらを使うべきか、悩んでしまった。というわけで、au WALLETとnanacoのセブン-イレブンのポイントサービスを整理してみた。

photo 筆者のauスマホには、au WALLETとnanacoのアプリが同居している

 まずはau WALLETから。セブン-イレブンは、通常の「200円(税込)の買い物で1ポイント」よりも多くWALLET ポイントがたまる「ポイントアップ店」に含まれており、200円(税込)につき2ポイントがたまる。さらに、6月1日から30日までにセブン-イレブンでau WALLET カードを利用すると、200円(税込)の利用で10ポイントがたまるキャンペーンを実施していた(セブン-イレブン×au WALLET キャンペーン)。

 一方、nanacoのポイントは、100円(税別)の買い物につき1ポイントがたまる。ポイント還元率はau WALLETの200円(税込)で2ポイントと同じ1%だが、nanacoなら100円(税別)の買い物でもポイントがたまる。ただ、セブン-イレブン×au WALLET キャンペーンではau WALLETのポイント還元率は5%に上がるので、6月30日までに200円以上の買い物をすれば、au WALLETの方が断然お得だった。

 では今はどうか。実はnanacoもau WALLETに負けじと(?)キャンペーンを展開している。6月23日から8月31日までにセブン-イレブンでnanacoを使って買い物をすると、100円(税別)につき2ポイントがたまる(ポイント2倍キャンペーン)。ポイント還元率は2%で、au WALLETの200円につき2ポイントよりもお得だ。

photo

 さらに、7月1日から8月31日までは、セブン-イレブンでソフトドリンクをnanacoで買うと、通常の5倍のポイントがたまる「ソフトドリンク全品nanacoポイント5倍プレゼントキャンペーン」を実施している(ポイント2倍キャンペーンとの併用はできない)。例えば140円(税別)のドリンクを買うと、1%換算の1.4×5の7ポイントが加算される。単純に100円ごとに5ポイントがたまるわけではないので、よりポイントがたまりやすくなる。

photo

 6月2日から7月4日までは、対象商品をnanacoで買うと、ボーナスポイントをプレゼントするnanacoボーナスポイントキャンペーンも実施している。なので、購入する商品によっては、セブン-イレブン×au WALLET キャンペーンよりもお得になる場合があった。

6〜8月のポイントサービス、キャンペーン
au WALLET キャンペーン内容 セブン-イレブン×au WALLET キャンペーン(6月1日〜30日) WALLET ポイントアップ店(サービス開始時〜)
ポイント還元率 5%(税込200円で10ポイント) 1%(税込200円で2ポイント)
nanaco ポイントサービス、キャンペーン内容 nanacoボーナスポイントキャンペーン(6月2日〜7月4日) 通常のポイントサービス ポイント2倍キャンペーン(6月23日〜8月31日) ソフトドリンク全品nanacoポイント5倍プレゼントキャンペーン(7月1日〜8月31日)
ポイント還元率 商品によって異なる 1%(税別100円で1ポイント) 2%(税別100円で2ポイント) 価格(税別)の1%の5倍

 というわけで、現在のところ、7月1日から8月31日まではau WALLETよりもnanacoで買い物をする方がお得になる。nanacoは頻繁にキャンペーンを実施しているので、折を見てWebサイトをチェックしておきたい。ただしau WALLETでは2014年12月31日まで、じぶん銀行からチャージをすると(1回あたり5000円〜2万5000円)チャージ額の5%が増額されるので(じぶん銀行プレミアムチャージ)、じぶん銀行とau WALLETのユーザーは、nanacoよりau WALLETの方がお得になる場合が多い。

※じぶん銀行プレミアムチャージの記述を追記しました(7/8 14:43)。

 ちなみに、au WALLETでは公共料金、マルチコピー機の使用料、切手やハガキ、各種プリペイドカード、指定ゴミ袋・ゴミ処理券などは支払えない。一方nanacoでは、ポイントは加算されないものの、上記の支払いには対応している。

 nanacoとau WALLETどちらも、1ポイント=1円としてポイントを電子マネーに交換ができる。今回のように、期間やキャンペーンによってau WALLETがお得になったりnanacoがお得になったりするときは、どちらかを集中して使いたい。だから、au WALLETとnanacoのポイントを互いに移行できるようになると、さらに利便性が高まると感じた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.