ニュース
» 2015年01月19日 12時00分 UPDATE

初心者に安心のシンプルUIと物理キー搭載――au初のシニアスマホ「BASIO KYV32」

au初となるシニア向けスマホ「BASIO KYV32」は、シンプルなUIと押し心地のいい物理キーを採用したモデルだ。スペックは「URBANO V01」がベースとなっている。

[村上万純,ITmedia]

 KDDIは1月19日、auの2015年春向けスマートフォンとしてシニア向けモデル「BASIO KYV32」(京セラ製)を発表した。スペックは「URBANO V01」をベースとしており、スマホ初心者でも扱いやすいように、シンプルな専用ホーム画面と物理キーを採用した。発売は2月上旬の予定。

photo 「BASIO KYV32」
photophoto

 スペック面では、URBANO V01と同様に2.3GHz駆動のクアッドコアプロセッサ、5型フルHD(1080×1920ピクセル)表示のTFT液晶、有効約1300万画素のメインカメラ、2Gバイトのメインメモリ、16Gバイトのストレージなどを搭載。通話、ホーム、メール、カメラ、ボリューム、電源など頻繁に使う機能は物理キーとして正面下部と側面にそれぞれレイアウトした。着信があると通話キーが光るほか、側面キーの下には日本語で機能を表記している。

photo カラーはゴールド、ピンク、ブルーの3色

 ホーム画面は文字サイズやコントラストに配慮して視認性を確保しており、自分に合ったアイコン配置が簡単にできるよう、専用パターンをあらかじめいくつか用意した。京セラ端末ではおなじみのスマートソニックレシーバーや、相手の声がゆっくり聞こえるよう調整する「ゆっくり通話」、好みの音質に調整する「聞こえ調整」など、通話機能も充実させたほか、VoLTEにも対応する。「でか文字」や「拡大鏡」機能を使って文字も読みやすくできる。

photophotophoto LINEがプリインストールされており、Google Playも使える(写真=左)。auスマートパスのページは文字が少し大きくなり、シニア向けコンテンツをラインアップ(写真=中)。URBANO V01と異なり、おサイフケータイは非対応(写真=右)

 防水(IPX5/IPX8)/防じん(IP5X)/耐衝撃性能を備え、ディスプレイにも高強度な「DragontrailX」のガラスを採用して強度を高めた。卓上ホルダが同梱する。

 VoLTEに対応するので、国内の3G通信はサポートしない。下り最大150Mbpsの4G LTE通信のほか、キャリアアグリゲーション、WiMAX 2+に対応する。

photophoto 正面下部の物理キーは3つとも光る(写真=左)。アクセサリーはフラップケースやストラップなどを用意した(写真=右)
「BASIO KYV32」の主な仕様
機種名 BASIO KYV32
メーカー 京セラ
OS Android 4.4
プロセッサ Qualcomm Snapdragon MSM8974AB/2.3GHzクアッドコア
メインメモリ 2Gバイト
ストレージ 16Gバイト
外部メモリ microSDXC(最大128Gバイト)
ディスプレイ 約5型フルHD液晶
解像度 1080×1920ピクセル
連続通話時間 約1530分(VoLTE)
連続待受時間 LTE/WiMAX2+:約750時間
バッテリー容量 3000mAh
メインカメラ 有効約1300万画素CMOS
インカメラ 有効約97万画素CMOS
ボディカラー ゴールド、ピンク、ブルー
サイズ 約70(幅)×142(高さ)×10.4(奥行き)ミリ
重量 約152グラム
発売日 2月上旬

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.