ニュース
» 2015年01月29日 08時52分 UPDATE

Appleが「iOS 8.1.3」をリリース――アップデートに必要なストレージ容量低減など

AppleがiOSのソフトウェアアップデートを提供。「iOS 8.1.3」へアップデート可能になる。

[田中聡,ITmedia]

 Appleが、iOSデバイス向けに「iOS 8.1.3」をリリースした。対象となるのはiPhone 4s以降、iPad 2以降、iPad mini以降、iPod touch(第5世代)。

photo

 アップデート内容は以下のとおり。

  • ソフトウェアアップデートの実行に必要なストレージ容量を低減
  • 一部のユーザが「メッセージ」と「FaceTime」のApple IDパスワードを入力できない問題を修正
  • SpotlightでAppの結果が表示されない問題を改善
  • iPadでマルチタスク用ジェスチャが機能しない問題を修正
  • 統一学力テスト用の構成オプションを追加

 アップデートは端末単体(Wi-Fi経由)かiTunesから行える。端末から行う場合、「設定」→「一般」→「ソフトウェアアップデート」からアップデートファイルをダウンロードできる。その際のファイルサイズはiPhone 6が247Mバイト、iPad Airが244Mバイト。

 なお、IIJは通信サービス「IIJmio」でのiOS 8.1.3の動作検証を「てくろぐ」とTwitterで発表。「今回も特に挙動に変わりはなく、今までと同様にお使いいただけます」としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.