ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

  • 関連の記事

「FaceTime」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「FaceTime」に関する情報が集まったページです。

ビデオ会議でも活躍する画面キャプチャーソフト「Aiseesoft スクリーンレコーダー for Mac」を試す
QuickTimeでの画面キャプチャーで不足する機能を補える。(2021/1/12)

いつかイルカに乗ろうな! 「アクアマン」俳優、病気の少年へのサプライズ動画で全米を涙の海にしてしまう
約束だ!(2020/11/20)

Intelプロセッサモデルも併売:
「13インチMacBook Pro」がApple M1チップに移行して11月17日発売 税別13万4800円から
13型ディスプレイを搭載するMacBook Proが、Apple独自の「M1チップ」を搭載してリニューアル。特に機械学習の処理が高速化するという。Intelプロセッサモデルも引き続き販売される。(2020/11/11)

冷却ファンを省いて最長18時間の駆動を実現! 新型MacBook Airは税別10万4800円〜
13.3型ディスプレイを採用したMacBook Airが、Apple M1チップを搭載して生まれ変わった。新たにファンレス仕様となり、高い性能と長時間駆動を両立させた。(2020/11/11)

Apple Silicon搭載MacBook AirとMacBook Pro、Mac miniの違いは? 比較まとめ
これまでMacシリーズに採用していた米Intel製のプロセッサからApple Siliconに変わったことで、Macはどう変わったのか。各機種の製品仕様や発表会で得られた情報から比較する。(2020/11/11)

小型「iPhone 12 mini」と大型「iPhone 12 Pro Max」を試す ユーザーを選ぶからこそ価値あり
11月13日に発売される「iPhone 12 mini」と「iPhone 12 Pro Max」をレビュー。万人受けするiPhone 12や12 Proより、iPhone 12 miniやiPhone 12 Pro Maxは、どちらも人を選ぶ印象がある。iPhone 12 miniのサイズ感はどうなのか、iPhone 12 Pro Maxのカメラ性能は?(2020/11/9)

「iPhone 11 Pro」から「iPhone 12 Pro」に乗り換えて満足した/微妙だったこと
「iPhone 11 Pro」から「iPhone 12 Pro」に乗り換えた筆者。スクエアなデザインやカメラ、使い放題の5Gにも満足している。iPhone 12にすべきか12 Proにするかで悩んだが、決め手になったポイントは?(2020/11/4)

Apple決算、「iPhone 12」前の買い控えで増収減益、Macとサービスは過去最高
Appleの7〜9月の決算は売上高は1%増、純利益は7%減だった。iPhoneの新モデル発売が10月になり、買い控えが影響した。コロナ禍の巣ごもり需要でMacとサービスの売上高は過去最高だった。(2020/10/30)

iPhone 12 Pro実機をチェックして分かったiPhone 12との違い、「Pro」の証
サイズは同じ、プロセッサも同じ。では「Pro」の違いとは何か? 詳細に調べてみた。(2020/10/23)

全機種5G対応のiPhone 12シリーズ auで使うとどんなメリットが?――KDDI東海林副社長が解説
KDDIが「iPhone12 Pro/iPhone12発売イベント」を開催、東海林崇副社長が登壇した。改めて、au 5GでiPhone 12シリーズを使うメリットをアピールした。(2020/10/23)

iPhone 12実機を詳細チェックして分かった、カメラ仕様、MagSafe、5G
iPhone 12実機をお宝流マニアックな視点でチェック。(2020/10/23)

本田雅一の時事想々:
新型iPhoneは、スマホ市場のマンネリを打破できるのか
毎年、新しいiPhoneが発売され続けてきた結果、以前ほど市場の反応は敏感ではなくなってきている。iPhone、さらにいえばスマホ市場が成熟している中で、アップルはどのように“マンネリ”に対抗するのか。新iPhoneから考えを読み解く。(2020/10/22)

「iPhone 12/12 Pro」先行レビュー カメラからMagSafe、5Gまでを速攻試した
10月23日に発売される「iPhone 12」と「iPhone 12 Pro」を発売に先立ち試用することができた。デザインが一新し、特にiPhone 12の進化が大きいと感じた。カメラやMagSafe、5Gについても短い時間ではあるが試してみた。(2020/10/20)

auは「iPhone 12」でどう攻めるのか? 既存周波数を5Gに使う意義は? 高橋誠社長インタビュー
KDDIは、iPhone 12シリーズに導入されるAPIを使い、5Gエリアでかつデータ容量無制限のプランに入っている場合のみ、動画などが高画質化・低遅延化される仕組みを導入する。同時にKDDIは、4Gからの周波数転用を活用して、5Gのエリア拡大のペースを上げていく方針だ。iPhone 12や5Gに対する意気込みを、高橋誠社長に聞いた。(2020/10/19)

auがiPhone 12に導入した秘策 4G周波数の転用は“なんちゃって5G”にあらず?
KDDIは、iPhone 12シリーズ向けに、5Gエリアで動画サービスを自動で高品質にする機能を設ける。これはauの無制限プランを利用しているユーザーが対象になる。端末側でプランを判定して、5Gエリアでは映像の品質を上げるという。(2020/10/16)

石野純也のMobile Eye:
iPhone 12シリーズは5G普及の起爆剤になるか 日本市場へのインパクトを読み解く
iPhone 12シリーズは、「iPhone X」の登場以降、初めてベースのデザインを大きく変えたフルモデルチェンジの端末になる。特に大きなトピックが、5Gへの対応だ。AppleのCEO、ティム・クック氏が「新しい時代のiPhoneの幕開け」と語っていたことが、その期待感の大きさを表している。(2020/10/16)

魅力のディテールを整理:
「映像美」を再定義するiPhone 12シリーズの新たな可能性
Appleが10月13日(現地時間)に行ったスペシャルイベントで、新型iPhoneとHomePod miniが発表された。そこから見えてくることについて、林信行氏がまとめた。(2020/10/15)

新しい最安iPad、実機チェックして分かったこと 第7世代とどこが違う?
第8世代iPadはどこが新しくなったのか。外見と同梱物を中心にチェックしてみた。(2020/9/23)

17日から配信 「iOS 14」の新機能をまとめてチェック!
日本時間の9月17日から、iPhone/iPod touch向け新OS「iOS 14」の配信が始まる。その主な新機能を改めてチェックしてみよう。(2020/9/16)

Apple、第8世代iPadとオールスクリーンデザインの新型iPad Airを発表
第8世代iPadは3万4800円から、新型iPad Airは6万2800円から。(2020/9/16)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「27インチiMac」は2020年にどんな進化を遂げたのか 初の10コアCPUモデルで性能を確かめる
外観は変わらないものの、中身は全面的なアップグレードとなった新型の「27インチiMac」。初採用となる10コアの第10世代Core i9をはじめ、ハイスペックな構成のテスト機でその性能をチェックした。(2020/8/14)

A-Styleフォーラム 2020:
withコロナに“地方工務店”はどう向き合ったか?旧態とITのハイブリッド式で乗り切れ
コロナ禍は、漠然と考えられていたIT化を一気に進める契機となり得る。茨城県下妻市に本社を置き、木材店から出発し、良質な木の家づくりにこだわる柴木材店は、対面での活動が制限されるなか、ITを使って業務をどうこなし、業績を確保したのかを講演で説いた。(2020/8/14)

iMac (Retina 5K, 27-inch, 2020) を細部に至るまでチェックした
恒例、MACお宝鑑定団流のMac新製品チェック。コントローラーのバージョンまで目を通します。(2020/8/11)

27インチiMacがパワフルにモデルチェンジ 第10世代Coreプロセッサ搭載で「反射抑制ガラス」も選択可
Appleが27型の「iMac」をモデルチェンジし、受注を開始した。第10世代Coreプロセッサを搭載し、CTO(カスタマイズ)モデルでは画面への反射を抑制する「Nano-textureガラス」を搭載することもできる。(2020/8/5)

Apple、第10世代Intel Core採用の「iMac (Retina 5K, 27-inch, 2020)」を発表 iMacからFusion Driveは消える
T2セキュリティチップも搭載された新iMac。(2020/8/5)

Apple決算は“巣ごもり需要”で2桁台の増収増益だが「次期iPhoneは昨年より数週間遅れる」
Appleの4〜6月期決算は、コロナ禍の巣ごもり需要により、ハードウェアとサービスともに好調で、同四半期としては過去最高の増収増益だった。電話会見でCFOが次期iPhoneの発売が昨年より数週間遅れると語った。(2020/7/31)

石野純也のMobile Eye:
iOS 14とiPadOS 14のパブリックβ版を試す 「ホーム画面」と「Apple Pencil」の使い勝手はどう変わった?
7月10日に、「iOS 14」や「iPadOS 14」のパブリックβ版がリリースされた。iOS 14ではウィジェットやAppライブラリーに対応したことで、使い勝手が大きく変わった。iPadOS 14は、iPadの魅力でもあるApple Pencilや大画面に特化したアップデートがあり、iOS 14とは異なる方向に進化している。(2020/7/18)

「号泣で目がパンパン」 鈴木紗理奈、イギリス留学中の息子が終業式を迎え涙止まらず
ママもお疲れさまです。(2020/6/30)

WWDC 2020:
Apple、ジェスチャー命令や空間手描きを可能に Vision Frameworkの新機能を紹介
ARKitにも類似の機能があるが、それとはどこが違うのか。(2020/6/26)

WWDC 2020:
「AirPods Pro」に秋の“大型アプデ” 「空間オーディオ」で映画のサラウンド再生も
米Appleが年次開発者会議「WWDC 2020」で「AirPods Pro」に「空間オーディオ」(spatial audio)と呼ぶバーチャルサラウンド再生機能などいくつかの新機能を追加すると発表した。アップデートは今秋実施する。(2020/6/25)

デフォルトのブラウザ変更、AirPodsやボイスメモの音質向上も 「iOS 14」その他の注目機能
2020年秋にリリース予定の「iOS 14」は、App Libraryやウィジェット、App Clipなどが目玉機能。一方、WWDC20の基調講演では語られなかったが、Safari、カメラ、App Storeなど、使用頻度の高いアプリにもアップデートがある。ここでは、iOS 14に関するその他の注目機能を紹介したい。(2020/6/23)

WWDC 2020:
WWDC 2020まとめ(OS更新+「Apple Silicon」)
Appleの年次開発者会議「WWDC 2020」の約2時間の基調講演で発表されたことを簡単にまとめた。各OSのアップデート、プライバシー関連の新機能、うわさのMacの新プロセッサ「Apple Silicon」への移行などが発表された。(2020/6/23)

T-Mobileの通話とメッセージが長時間ダウン中「ルーティングの問題を解決するまでFaceTimeなどを使って」【UPDATE:ほぼ復旧】
全米3位の通信キャリアT-Mobileの通話とメッセージングが6時間以上ダウンしている。同社は原因を「ルーティングの問題」とし、解決するまで「FaceTime、WhatsApp、Signalなどのサードパーティー通話アプリを使っていてください」とツイートした。(2020/6/16)

個人ユーザーにも無料開放 「Google Meet」をスマホで使う方法と注意点
オンラインミーティングアプリはZoomが有名になったが、Googleの提供する「Google Meet」も手軽に利用できるWeb会議システムだ。今回はこのGoogle Meetの使い方からその機能までご紹介していこう。(2020/6/9)

iPhoneからノッチが消える? Appleはディスプレイ埋め込み型カメラをテスト中か
フロントカメラをディスプレイの下に埋め込むことでノッチがなくなるかもしれない。(2020/6/8)

EOSをWebカメラにするソフト、Macに対応 「Macで高画質会議」選択肢増える
Macユーザーにとって、一眼、ミラーレスをWebカメラとして使う選択肢はこれまでSIGMA fp一択だった。それが変わる。(2020/5/28)

Apple、バッテリー状態管理機能を追加した「macOS 10.15.5 アップデート」を配布開始
MacBookユーザーにとってはメリットが大きいアップデートになりそうだ。(2020/5/27)

iOSとiPadOSの「13.5」配信開始 マスク着用時のロック解除簡易化やグループFaceTime改善など
AppleがiOSとiPadOSの「13.5」の配信を開始した。マスク着用でFace IDが使えない場合のために、ロック画面の下端から上へのスワイプでパスコードフィールドを表示できるようになる。iOSでは厚生労働省が公開する見込みの新型コロナ感染者接触通知アプリに対応するAPIも追加された。(2020/5/21)

iPhone、マスク着用時のFace ID改善と新型コロナ接触追跡に対応 iOS 13.5アップデートで
Appleは、マスク着用時にFace ID搭載端末のアクセスを改善した「iOS 13.5 ソフトウェア・アップデート」を配布開始した。(2020/5/21)

Googleさん:
Meet、Duo、ハングアウト――3つのGoogleビデオ会議サービス、どう使い分けたらいいの?
Googleがビデオ会議アプリ「Google Meet」の無料版をリリースし、すぐ後に「Google Duo」をパワーアップ。Googleには「ハングアウト」というビデオチャット・テキストチャットアプリもあります。どう棲み分けているんでしょうか?(2020/5/10)

規制緩和でリスクが増大
新型コロナ禍で医療従事者の自宅PCがサイバー攻撃の標的に 対策は?
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、米国の医療機関は医療従事者の在宅勤務体制を整えつつある。一方で医療従事者の自宅用PCが攻撃された場合、医療システムへの侵入口となる恐れがある。どう対処すべきか。(2020/5/4)

Apple決算は微増収減益、サービスの売上高は過去最高
Appleの1〜3月期決算は、ハードウェア製品の需要と供給ともに新型コロナウイルスの影響を受け、3%の減益だった。一方Apple MusicやiCloudなどのサービスは巣ごもり需要で過去最高だった。(2020/5/1)

Spotify傘下のAnchor、ZoomやSkypeのビデオ会議をポッドキャストにする機能搭載
Spotify傘下のポッドキャスト作成ツール企業Anchorが、ZoomやGoogle Meetなどでのビデオ会議の録画データをWebアプリにアップロードすることでポッドキャストに編集できる機能を追加した。動画ファイルが自動的に音声ファイルに変換されるので、後は通常通りポッドキャストに編集できる。(2020/4/29)

助けて! チンアナゴが人の存在を忘れそう すみだ水族館で初の試み
すみだ水族館が「緊急開催!チンアナゴ顔見せ祭り!」を5月3日から3日間にわたって開催する。ビデオ通話でチンアナゴたちに会える。(2020/4/28)

iPhone SE2 Plusは、COVID-19の影響で2021年後半に延期?
(2020/4/23)

僧侶手配サービスが「電話法要」開始 故人の供養と遺族の安全、どちらも大事な方に
法要もリモートへ。(2020/4/15)

ワンオペフリーランスが2週間の外出自粛&自宅保育中に「心を守る」ために試した16の工夫
目標は「心を守る」こと。(2020/4/10)

iOSとiPadOSの「13.4.1」配信開始 FaceTimeとBluetoothのバグ修正
Appleが、iPhoneとiPadのそれぞれのOSを「13.4.1」にアップデートする配信を開始した。FaceTimeとBluetoothのバグが修正される。セキュリティ関連の修正はないとしている。(2020/4/8)

iOSとiPadOS、バージョン13.4.1にアップデート
iPhoneとiPad向けOSがバグ修正。(2020/4/8)

「Zoom」の「Web会議をエンドツーエンドで暗号化している」表記は誤解を招くと専門家
新型コロナ対策でユーザーが急増中のWeb会議サービス「Zoom」。公式サイトには「すべてのミーティングに対するエンドツーエンドの暗号化」とあるが、実際にはそうではないとInterceptが報じた。(2020/4/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。