ニュース
» 2015年02月12日 15時00分 UPDATE

ランニングのお供に:ソニー、ヘッドフォン一体型のスポーツデバイス「Smart B-Trainer」を3月7日に発売

耳に装着して走行ログを取ったり、楽曲を自動で選定したりしてくれるヘッドフォン一体型の「Smart B-Trainer」が日本で3月7日に発売される。価格は2万7000円前後。【17:53更新】

[田中聡,ITmedia]
photo 「Smart B-Trainer」

 ソニーが2月12日、ヘッドフォン一体型のウェアラブルデバイス「Smart B-Trainer」を発表。3月7日に発売する。実売想定価格は2万7000円前後(税別)。カラーはブルー、ブラック、ピンク、ホワイトの4色。

 Smart B-Trainerは、ランニングをサポートする機能を搭載した、ネックバンド型のスポーツデバイス。この形状は、WalkmanのWシリーズで培ったノウハウを生かしたものだという。2015 International CESにて先行展示していたものだ。走行ルートや心拍数などのランニングログを計測してくれるほか、音声や音楽でランニングをサポートしてくれる。

 ソニーマーケティング モバイルエンタテインメントプロダクツマーケティング部の植松孝文氏は、「国内のランニング人口は増加傾向が続いており、1年以内に走り始めた人は約2割を占めている。ソニーが培ってきたオーディオの技術と、最新のセンシング技術、ソフトウェア技術を融合させることで、スポーツシーンに新しい体験をもたらしたい」と商品導入の狙いを語った。

photo ソニーマーケティングの植松氏
photophoto ホワイトとブラック
photophoto ピンクとブルー

専用アプリでトレーニングの計画やランニングログの閲覧が可能

 スマートフォン向けの専用アプリ「Smart B-Trainer for running」をダウンロードして、Smart B-TrainerとBluetoothでペアリング。目的に合ったプランをアプリで選んだら、Smart B-Trainerを装着してランニング開始。ランニング後はアプリから履歴を確認できる。アプリはAndroid 4.1以降のスマートフォンとiOS 7以降のiPhone/iPadが対応。タブレットでの利用はサポートしていない。

 Smart B-Trainerは心拍、GPS、加速度、ジャイロ、電子コンパス、気圧という6種類のセンサーを内蔵している。心拍計はヘッドフォンドライバーに搭載した。ランニング中はスマートフォンを携帯しなくても、心拍数、消費カロリー、距離、時間、スピード、ペース、ピッチ、歩数、ストライド、走行ルート、高度といったデータを記録できる。スマートフォンと再接続したらログがアプリへ転送され、累積記録、ラップタイム、再生した楽曲リストなどを確認できる。

photo Smart B-Trainer利用の流れ

 アプリでは、ランニングの目標値や後述する心拍トレーニングなどの設定ができる「ベーシックトレーニングメニュー」と、ナイキランニングアドバイザーの金哲彦氏が監修をしたプレミアムトレーニングメニューを用意した。

 プレミアムトレーニングメニューでは目的や走力によって段階的なトレーニングができ、金氏の音声コーチングも受けられる。発売時には「経験ゼロ→30分走れるようになりたい」「ダイエットしたい(屋外編)」「より健康になりたい(屋外編)」などのメニューを提供する。同メニューは有料だが、Smart B-Trainerの購入者は無料で利用できる。

 2015年春には、アシックスが開発したトレーニングプランサービス「MY ASICS」とも連携。MY ASICSで作成したトレーニングプランをSmart B-Trainerで体験でき、ランニングログをMY ASICSで管理、保管することもできる。

photo
photophoto

心拍数に応じて自動で選曲してくれる

 Smart B-Trainerならではの機能として、心拍数に応じて楽曲を自動で選んでくれる「心拍トレーニング連動再生」を用意した。アプリに心拍数を登録し、心拍トレーニングプランを選ぶと、目標値が設定される。心拍トレーニングは、運動中の心拍数から運動の強度を判定するもの。例えばダイエットには心拍数は低い方がよく、持久力向上には心拍数は高い方がいいなど、ランニングの目的に合った心拍数が求められる。

 Smart B-Trainerでは、目標よりも心拍数が低いとテンポの速い楽曲を選び、目標よりも心拍数が高いとテンポの遅い楽曲を選んでくれるので、流れている楽曲から走行ペースをつかめる。ランニング用に制作したオリジナルの楽曲が30曲プリセットされているので、自分が転送した楽曲のテンポに偏りがあっても問題ない。楽曲のテンポは130〜150BPM(1分あたりの心拍数)の中で数段階あり、転送した楽曲ごとにBPMが認識される。プリセットの30曲も、130〜150BPMに合う曲として制作されたものだ。

photo テンポに合わせて走るだけで効果的なトレーニングができる
photophoto 目標の心拍数から離れていないかをチェック(写真=左)。時間、距離、消費カロリーなどの情報を音声で逐一教えてくれる(写真=右)

ハンズフリー通話もOK、音楽プレーヤーとしても活用できる

 マイクを内蔵しているので、スマートフォンと一緒に利用すれば、スマホにかかってきた電話をSmart B-Trainer側で受けて通話することも可能。1回あたり約10〜120秒の録音ができるボイスメモ機能も備えている。

 音楽再生機能を備えているので、Walkmanのようにも活用できる。再生できるファイルはMP3、WMA、ATRAC、リニアPCM、AAC。ハイレゾ音源の再生には対応していない。内蔵ストレージは16Gバイト。

 重量は約43グラム。IPX5/IPX8の防水性能もサポートしている。バッテリーの持続時間は、トレーニングメニュー動作中はGPSオン時に約3時間(Bluetoothオン)、約4.5時間(Bluetoothオフ)。音楽再生はGPSオン時に約3.5時間(Bluetoothオン)、約6時間(Bluetoothオフ)。GPSとBluetoothが両方オフだと、トレーニングメニューは約6時間、音楽再生は約13.5時間まで持続する。

photophoto

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.